会社に行きたくない 吐き気。 仕事に行きたくない…吐き気もある…それは危険信号!今すぐやるべき【重要対策】メンタルから立ち直った筆者が教えます!

「会社行きたくない」ならとっとと辞めよう!最後試してみるべき7つの方法はコレ!

会社に行きたくない 吐き気

こんにちは うつで仕事を辞めた経験のある石原です。 さて、この記事を読んでいるあなたは、毎日仕事に行く中で、「あぁ…今日も仕事行きたくないな」なんて思っているのかもしれません。 という私も、毎朝「今日休みたいなぁ」と思っています。 シフト制などの休みが不定期な人も、月曜から金曜まで働いて休日は土日に固定されている人も、心も身体も知らず知らずのうちに疲労を貯めこんでいます。 「今日一日ぐらい休んでも大丈夫かしら?」なんて思っても実際に仕事を休める人は、少ないのではないでしょうか。 休みを取れたとしても休み明けに出勤するとき、なんとなく後ろめたい気持ちがあったり「周りの人たちは私が休んだことに対してどう思っているのだろう」などと気になって、ますます出勤するのが嫌になりますよね。 休んだら次の日会社に行きづらくなってしまうのはわかっているけれど、それでも休みたい!行きたくない! 連休明けや週初めなどに、「仕事に行きたくない」という気持ちになる方は多いと思います。 中には「仕事に行かなきゃいけない」と思うだけで、吐き気がしたり、涙が出てきたり、という人もいるんです。 そのように感情のコントロールが、うまくいかなくなるところまで来てしまうと、それは深刻な心の病をかかえてしまっている可能性もあります。 この記事に書いてあること• 仕事に行きたくなくなる原因 仕事に行きたくなくなる原因は人それぞれですが、• 仕事の内容が自分の能力に合っていない• 職場での人間関係に悩んでいる• 働きすぎ、過重労働などで疲れている• 通勤時間が長すぎて負担が大きい などが大きな理由としてあげられるでしょう。 仕事の内容が自分の能力に合っていない 「仕事内容が自分の能力に合っていない」というのは、その人の能力があまりにも高すぎて任される仕事内容が物足りない、といった場合もあります。 ですがその場合は、「自分には物足りないので転職しようかな、職場をかわろうかな?」などと思うことはあっても、「仕事に行きたくない」と思うことはないでしょう。 つまりここでいうのは、• 自分の能力以上のことを要求される• 自分の能力以上の仕事を任される という場合のことです。 自分のキャパシティ以上のことを要求されると、最初はなんとかついて行けたとしても、そのうちしんどくなってしまいます。 職場では常に、 「次は何をさせられるのだろう・・・」 「できなかったらどうしよう・・・」 とドキドキしっぱなしです。 また自分の能力以上の仕事を振られると、ミスをしてしまうこともあるでしょう。 そのミスを上司から必要以上に咎められたことがあれば、それがトラウマになってしまうことも考えられます。 またミスをしたことで、上司や同僚などとの人間関係が円滑に進まなくなったりということもあるでしょう。 全力を出してもダメだったら、それが今のあなたの実力なんだからそれでいいの。 がっかりさせちゃうかもしれないけど、今までが過大評価されていただけなのよ。 職場での人間関係に悩んでいる 従業員数の多い・少ないにかかわらず、どの職場でも必ずと言っていいほど「派閥」のようなものがあると思います。 表面上はみんな仲良くしているように見えても裏では「誰々さんが誰々さんの悪口を言っていた」などということはよくある話ですよね。 本人に落ち度がなくても、何かがキッカケで誰かに疎まれたりするようなことがあると、その人だけでなく周りの人みんなから無視されたり冷たく当たられたりという可能性は大いにあります。 まるで中学生のいじめのようなことをしている大人たちも実はたくさん、しかも案外身近にいたりするものです。 また職場では、 『新卒採用からずっとその会社に在籍している人』 『中途採用で途中から入社してくる人』 などさまざまですが、『年下の上司』も珍しい話では決してありません。 職場ではあなたのほうが年上でも、その会社でのキャリアで考えると年下の上司の方が先輩だというケースです。 このようなシチュエーションに耐えられない人は、年下の上司との関係性や接し方について悩んでしまうかもしれません。 どうしても年下の上司の指示に従うことに抵抗があるというような人は、仕事がイヤになりやすいです。 先ほど「仕事の内容が自分の能力に合っていない」のところでも少し触れましたが、自分の能力以上の仕事を割り振られてミスを犯したりした場合に、そのミスが原因で周りとのコミュニケーションに支障が出る場合があります。 どちらかといえば、仕事上でミスをすることよりも、ミスをしたことにより上司叱られた、周りから責められたという経験が、人間関係の悩みにつながり仕事に行きたくないと感じてしまうことが多いようです。 2018-09-14 12:28 3. 働きすぎ、過重労働などで疲れている 「オーバーワーク」のことです。 朝早く出勤して、十分にお昼休憩も取れないまま、毎日残業続き・・・家に帰宅するころには、日付が変わってるという人も今の時代は多いですよね。 残業続きでも、しっかり残業代が支払われていればまだ納得もできますが、なんだかんだ理由を付けたり圧力をかけて残業代を出さないような会社も中には存在します。 私たちには1日24時間しかありません。 社員に無償で過重労働を課す会社など、表に出てこなくてもごまんとあるでしょう。 このあたりは国の対策が期待されます。 仕事だからと割り切って頑張っていても、そのうち燃え尽きてしまうことも考えられます。 働きすぎ、過重労働では、心も体もくたくたになってしまいます。 そのうちに「仕事に行きたくない」と感じ出す人が多いことは想像に難くはありませんよね。 結局家に帰るのは遅くなって、家でやらないといけないこと(宿題もよ!)がたくさんある。 明日も朝早い…という日が続くと精神的にも肉体的にもストレスになるのよ。 仕事に行きたくない時の対策 それでは実際に「仕事に行きたくない」となった場合、どうすればいいのでしょうか。 心が悲鳴をあげて心身のバランスを崩してしまうほどの拒絶反応が出ているのであれば、周りに多少迷惑をかけようがどんなふうに思われようが、それは仕事を休んでも、なんならもう仕事をやめてしまっていいと思います。 一番大切なのは、仕事よりも何よりも自分自身です。 自分の心と体の健康状態を一番知っているのは自分ですし、それを守れるのも自分しかいません。 結局いざとなると誰も助けてくれないのですから、自己防衛するもしないもすべてあなたの自己責任です。 ただそこまでの、切羽詰まった状態にまだなっていないのであれば、やっぱり仕事を休んだり辞めたりというのは本当に最終手段にすぎません。 では一体どうすれば、仕事に行きたくない日も乗り切れるのでしょうか。 仕事を休んだときのメリット・デメリットを考える もし今日仕事を休んだらどうなるのか、メリットとデメリットをよくよく比べてみましょう。 おそらく今日一日仕事を休むことのメリットよりもデメリットの方が多いのではないでしょうか。 仕事を休んだ場合、心は少し楽になるかもしれません。 体も一日あればちょっと体力も回復するかもしれません。 しかし、このようなことを繰り返すと、• 仮病だとみなされ上司や同僚から冷ややかな目で見られる可能性がある• 「あの人すぐ休むよね、いつも仮病じゃない?」とレッテルを張られ職場での信用を無くす可能性がある• 職場での人間関係にも影響が出るかもしれない• 仕事が遅れてしまう• 自分が穴を開けた分他の誰かがその穴埋めをしなければなくなるので迷惑をかけることになる ちょっと考えただけでもこれだけ思い浮かびます。 どうでしょうか? メリットよりもデメリットの方が目立ちませんか? 出勤した方が結果的にラクという場合があります。 気持ちの切り替え方法 身体の疲れは休日にしっかりとり、心の疲れはなるだけ早いうちに少しずつ解消していきましょう。 仕事に行きたくないという朝は、その日仕事が終わった後に何か「楽しみ」を作りましょう。 仕事が終わったらずっとほしかった本やCDを買いに行くでも良いし、ウインドウショッピングを楽しむでも良いです。 早々に帰宅してビールを片手にお気に入りのソファに座って映画を見るもよし、奮発して焼肉に行ってもいいですね。 とにかくつらい一日を乗り切った後に自分を思いっきり甘やかしてあげましょう。 他には、今まで仕事で出してきた成果(上司に褒められたこと、お客様に喜ばれた経験など)を思い出し、過去の栄光を思い浮かべてみることです。 今日も仕事に行きたくなかったけど、案外職場に行ってしまえばそうでもなかったり…ということもあると思います。 家を出るまでが一番面倒なだけで、行ってしまえば案外バリバリ仕事をこなせるということもあると思います。 もしくは、職場で一番面倒な上司を想像してみてください。 一日ちょっと休んだだけでイヤミをネチネチいつまで言われるのか、想像してみてください。 なんとか頑張って出社した方がその上司のイヤミをネチネチ聞き続けるより、怒られ続けるよりは良くはありませんか? それでも無理そうなら、仮病を使ってでも休むという最終手段を取りましょう。 しかし、休んだ時間も有意義に使ってください。 転職をしたいと思うなら、次の職探しの時間に当てたり、これからもその会社で頑張るつもりならしっかりと充電できるように自分のしたいことを好きなだけしましょう。 2018-09-16 17:00 ただ欠勤が続いたり遅刻が続くようだと、それこそ取返しがつかない事態にもなりかねません。 今日一日休んだら、明日からはまた頑張って時間通りに出社しましょう。 仕事に行きたくなくなるにはそれなりの理由があるはずです。 なぜ仕事に行きたくないのか、理由を明確にしましょう。 理由がわかれば対処法がわかります。 仕事がきつすぎてついていけないのが理由であれば、上司に相談すれば何とかできそうな仕事を回してくれたり色々と指導してくれるかもしれません。 通勤時間や距離がネックなら、上司に相談して部署の異動、勤務先の異動をお願いすることもできるかもしれません。 人間関係で躓いているのなら、なんとかその人間関係を修復するために努めなければなりません。 どうにもならないこともありますが、できる限りの手を尽くすことができます。

次の

会社・仕事に行きたくない。考えるだけで吐き気がするほどツラい時の処方箋

会社に行きたくない 吐き気

「仕事に行きたくなさすぎて吐きそう……」 仕事が好きな人なんて日本にはそういません。 9割型の人は「仕事に行きたくない……」という悩みに直面したことがあるはずです。 しかも大体は人間関係が原因。 かくいう私も、 仕事に行きたくなさすぎて吐いてた時期がありました。 20代後半の時、当時働いていた会社は先輩社員とペアを組んで仕事をする謎方式があり、運悪く一番嫌いな上司と1年間のペアになってしまいました。 その人はとにかく理不尽にキレるわ嫌味ったらしいわと絵に描いたようなクソ上司で、もう入社当時からなるべく避けていた人でした(タイプ的にも顔の系統もタレントの坂上忍にめちゃ似ていた)。 そんなクソ上司と1年間のペアに決まってから地獄の毎日でした。 もう毎日のように嫌味ったらしく詰められすぎて、寝ても覚めても、平日も休日も365日24時間クソ上司のストレスと恐怖で心が落ち着かない。 仕事のこと考えるだけで涙が出るし、朝の出勤前になると心臓がザワザワなりはじめるし。 満員電車の埼京線に乗っていましたが、会社の駅が近いてくると吐き気がこみ上げてきて駅のトイレで吐いたことも多々ありました。 今書きながら思い返しても胃がキリキリします。 それくらいストレスだった。 で、結局当時の私は潔く逃げました。 転職です。 その後も人間関係でストレスを被るのが嫌すぎて組織で働くのは無理だと思い、最終的にはサラリーマンからも逃げて今は独立してストレスフリーに仕事をしています。 私は上から嫌われやすい性分(生意気なんです)なので人間関係こじらせやすいんですよね。 でも、そういう時の対処法というか「心の持ちよう」みたいなものを身につけてきました。 同じ日本の空の下、仕事に行きたくなさすぎて吐きそうになっている人に向けて、アドバイスめいたことを取り留めもなく書いていきます。 スポンサーリンク 会社がツラい人にまず知っておいて欲しいこと あなたが今嫌いな人たちは、あなたの人生にさほど影響しません あなたの悩みは十中八九、人間関係のはずです。 職場全体でイジメられているか、クソ上司みたいな死ぬほど嫌いな特定の人物がいるか。 いずれにせよまず知っておいて欲しいのは、そんな死ぬほど嫌いな人たちは、 あなたの長い人生の中でほんの一時的に(たった数年だけ!)同じ電車に乗り合わせただけの「他人」にすぎないということです。 そいつが一生あなたの人生に関わってくるわけでは決してありません。 たまたま、人生という長い旅路のほんの一駅分くらい一緒に乗り合わせてしまっただけの他人にすぎません。 これがもし「身内」であれば、始発から終点まで人生ずっと乗り合わせなければいけないので正直ツラい。 それはもう同情してしまいます。 でも、会社の人間なんて身内でもなんでもない「他人」です。 人生のうちのほんの一瞬を同じ場所で過ごすだけの他人。 ひとたび会社を辞めればもう一生会わないでしょう。 所詮はそれくらいの存在です。 私は小学5年〜6年の時の担任の先生が大嫌いでした。 めちゃくちゃ厳しくて怒鳴りまくるクソ上司みたいな先生で大嫌いで仕方がありませんでした。 でも、時が経った今思い返せば「本当最悪だったなあいつ」と懐かしむくらいです。 当たり前ですが、今の私の毎日には1ミリも影響していません。 今の私からすれば、クソ上司も小学校の担任も全く同じです。 過去の一時期をたまたま一緒に過ごしただけの他人に過ぎず、ただの「思い出の中の人」と化しています。 つまり何が言いたいのかというと、 今死ぬほど嫌いなその人は、将来のあなたの人生にはさほど影響しません。 なので、嫌いな上司や先輩を前にして、まるで「私の人生終わり」かのように考えないで下さい。 あなたの人生はこんなことでは全然終わりません。 数年後には「あいつ最悪だったな〜」と話のネタとして思い返しているでしょう。 身内でもない。 恋人でもない。 友達でもない。 仕事で接しているだけの人間なんて、職場から一歩離れればあなたの人生に無関係の「他人」です。 そんな他人ごときに、あなたの人生は壊されません。 断言します。 「私がいなくなったら困る」は妄想です 「嫌なら辞めればいいのに」ができない理由として、「私がいま消えたら会社(職場)が困るから」と考える人がいますが、これははっきり言って自意識過剰すぎです。 ただの妄想です。 断言しますが、 あなたがいなくなっても会社(職場)は大して困りません。 あなたが今日突然辞めても、会社は今日も明日もいつも通り営業します。 あなたが抜けた穴はすかさず他の人員がカバーし、1週間もすれば何事もない日常に戻ります。 それが「組織」というものです。 もし上司が「君がいなくなると困るんだよぉ」と止めてきたら、それは単純に(君がいなくなると俺の仕事が増えて面倒臭いじゃないか)という意味です。 真に受けないように。 そもそも「あなたがいなくなったら困る」なんて会社の都合でしかなく、本来あなたには関係ないことです。 社員たった1人抜けただけで崩壊するような脆弱な組織なら、それもそれで会社が悪い話です。 たんに辞める勇気がないことを、それらしい理由に正当化するのはやめましょう。 自分が辞められない原因を、人のせいにしてはいけません 「 私が辞めたら、お世話になった人に申し訳ない」……これも自意識過剰の妄想です。 お世話になった人たちは、あなたが会社を辞めてもそこまで大袈裟に思いません。 自分が辞められない原因を、人のせいにしちゃダメです。 もし仮に恩のある先輩が「先輩にお世話になったのに辞めたら申し訳ないと思って辞められませんでした」なんて聞かされたら、「え、つまりそれ、私のせい……?」と困ってしまうでしょう。 繰り返しますが、自分が辞められない原因を他にすり替えたり正当化しようとするのはやめましょう。 あなたは、あなたの気持ち一つで今日にでも職場を辞められます。 そのことで大変困る人もいません。 そのことをまず知って下さい。 スポンサーリンク 一度冷静になって、考えられる対策を考えてみましょう 仕事へのストレスや不安が溜まりすぎると、24時間常にクソ上司や職場の嫌な空気が脳裏にフラッシュバックしていて何も考えられなくなりがちです。 そんな時は、休みの日にでも一人で温泉に行き、絶対に邪魔が入らない一人だけのリラックス空間で「考える時間」を作ってみてください。 この時ばかりは嫌なこと、泣きたい気持ちなど感情的なことは一旦隅に置いておいて、一度冷静な頭で現実的な「対処法」を考えてみましょう。 今の職場のツラい状況を解決する具体的方法です。 感情は一度置いておいて、冷静に現実的に「策」を考えてみてください。 私の例を出しましょう。 冒頭でも言いましたが私の場合、最も嫌いだったクソ上司(坂上忍似)と1年間のペアになってしまいました。 このツラすぎる状況を解決するにはどういう方法があるでしょうか? 考えられる策は? 休みの日に温泉に行って、湯船に浸かりながら冷静に考えてみました。 他の人とペアに組み直せないか上層部にかけあう(ペアの解消)• 他の部署に異動願いを出す(社内転職)• 会社を辞めて転職する• 逆に言うとこの4つ以外に道はなく、早急にどれか1つを選ばなければなりません。 ここからは消去法です。 冷静に冷静に考えて、難易度の高いと思われる選択肢から消していきます。 その結果、 最後に残った最も現実的な選択肢は「 会社を辞めて転職する」でした。 私はお風呂から上がったその手でスマホを取り出し、転職エージェント( )に登録しました。 一度決めてしまえばあとは進むだけです。 あっけないほどすぐに、より待遇のいい転職先が決まったので速攻会社辞めてやりました 笑。 あのとき悩みに乗って色々動いてくれた転職エージェントの担当さんには今も感謝してます。 もちろん、転職だけが道ではありません。 人によってはもっと他の解決策の方が有効な場合もあるでしょう。 ということです。 我慢して震えていればそのうち誰か気づいて助けてくれるだろうとか、そのうちいつか状況が変わってくれるだろうとか、 外からいつか救世主が来てくれるのをただ待ち続けるのは一番やってはいけないことです。 来ないものを待っている間に過労死です。 そんな都合のいい救世主は現れません。 幸福は外から勝手にはやってきません。 状況を打開できるのは、いつだって自分の行動だけです。 行動にはひとさじの勇気が必要ですが、逆に言えばひとさじ勇気さえ出せれば仕事程度の問題なら何だって打開できます。 人を殺したわけでもないですし、言ってしまえば辞表1枚出せば全て解決できる程度の問題です。 楽勝です。 仕事がツラすぎる時は泣きまくって感情を解放することも必要ですが、多少スッキリしたらどこかで一度冷静になって現実的にどうすればいいのか「対応策」を考えてみて下さい。 休みの日にふらっと1人温泉に行き、湯船に浸かりながらゆっくり考えてみましょう。 知ってる知ってる。 だから今回もきっとどうにかできるはず……」 と、過去の経験が「自信」になります。 よく言う「成功体験が自信につながる」というやつです。 もしあなたが今死ぬほど仕事で地獄にハマっていて、自らの行動で地獄を抜け出せたとしたら、その経験は今後の人生で「自信」という大きな財産になります。 言い方かえると 「慣れ」というやつです。 私はクソ上司との人間関係から業務上の大失敗までそれはもう色々な仕事ストレスを体験をしてきましたから、今となってはどんな恐怖がぶつかってきても、 「ハイハイまたですか。 またこの感じですか。 なるほどね」 と心に余裕を持って構えられますし、大体は冷静に対処できます。 ちょっとした勇気を出すのももう慣れました。 上司の顔見たくなくて駅のトイレで吐いていたあの日々も、今となっては大事な経験になっているわけです。 なので今の苦しい状況も、のちの人生から振り返れば「あれも必要な経験だった。 必要な修行だった」と思えるはず。 そう考えれば少しは活力が湧いてきませんか? こないですか? さいごに 仕事に行きたくなさすぎて息もできなかった当時、100万回くらい読んだ2ちゃんのコピペがあります。 もし仕事に行きたくなくなったら、そのまま反対の電車に乗って、 海を見に行くといいよ。 海辺の酒屋でビールとピーナツ買って、海岸に座って 陽に当たりながら飲むといいよ。 ビールが無くなったら、そのまま仰向けに寝ころんで、 流れる雲をずっと眺めるといいよ。 そんな穏やかな時間がキミを待ってるのに、何も無理して 仕事になんか行く必要ないよ。 (出典不明) 私はこの文章に感化されて一人で温泉に行き、そこで転職を決意しました。 メモ帳にコピーして行きの電車でも繰り返し読んでたのを覚えていますね。 たった数行ですが、とても惹き込まれるコピペです。 この世に「辞められない会社」はありません。 「辞められない自分」がいるだけです。 そのことに気づけたことがとても大きいです。 ひとまず、本当に仕事に行きたくなければ1日や2日休んだって全然大丈夫なんですよ。

次の

会社に行きたくなくて吐き気が止まらない…けど休めない…と思っているあなたへ。

会社に行きたくない 吐き気

会社で嫌なことがあったり、人間関係のトラブルが発生すると、会社に行くのが憂鬱になるものです。 それでも生活がありますから、グッと我慢して毎日出社して仕事をして…という一連の流れは、社会人であれば誰もが経験したことがあると思います。 しかし、会社に行こうとすると吐き気や頭痛、めまい、パニックなどの症状が起こる場合は、深刻な病気の前触れである可能性が高いです。 深刻な病気…それは鬱病です。 会社で大きなストレスを受けてしまい、一度、限界のラインを超えてしまうと、人の脳というのは会社に行く時に『ストップのサイン』を出します。 それが吐き気や頭痛といった症状です。 脳が「ストレスが限界だから、一度、休ませてよ」と言っているわけです。 ところが、これを無視して無理やり出社し、嫌なことにも我慢をして仕事をしていると、 ある日、突然、布団から起きれなくなります。 起きようとしても、起きられない… 身体が言うことを聞かない… 無気力感が身体を支配するという、恐ろしい症状です。 これが鬱病の始まりで、そこまで病気が進行してしまうと、もはや仕事を続けることはおろか、生活にも支障が出てしまいます。 最悪の事態を防ぐには、どうしたら良いのでしょうか? 今回は、 会社に行こうとすると吐き気や頭痛、めまいがした時の原因・治し方と対処法を紹介します。 無意識のうちにストレスは脳に蓄積されている ・毎日、上司に怒鳴られたり嫌味を言われている。 ・いつも残業を3時間以上やらなければいけない。 ・仕事が上手くいかず悩む事が多い。 ・職場で孤立している。 こういった小さな悩みの種でも、実は自分が気付いていないだけで、大きなストレスになっている事が多々あります。 特に日本は「真面目に我慢してコツコツ働くのが美徳」という圧力が強く、自分が悩んでいることを周囲に相談しても「甘いんじゃない?」「社会人なら、それくらい当然」と突っぱねられてしまうケースが多く、自分のストレス状態に対して甘く見積もってしまう人がとても多いです。 しかし、 ストレスというのは脳にとっても身体にとっても、じわじわ染みこんでくる毒のようなもので、最初はめまい、集中力低下などの「疲れ」に似た症状を引き起こします。 やがて無気力、集中力の大幅な低下、不眠症、常に頭が真っ白…と状態が悪化していきます。 これは首にある自律神経という、全身の血流の流れや、身体の調子を整える「司令塔」のような神経が、ストレスによって異常状態になってしまうからです。 常に気が張っており、ストレスで刺激され続けると、やがて自律神経は休む時の状態になれなくなってしまい、不眠症や脳の機能低下を引き起こします。 他にも消化器系の不調や、イライラ、加害妄想など、身体と精神の両方を蝕みます。 ここでストレスが原因…という事に気付き、休職が出来る人なら早期の治療が出来ます。 しかし、ここで 「頑張らないと」 「栄養ドリンクを飲んで気合を入れよう」 といったように無理やり働き続ける人は、さらに悪化して、表題のような症状…すなわち会社に行こうとすると吐き気・頭痛がするようになって、やがて本格的な鬱病になってしまうのです。 鬱病の知識がなかったり、まさか私が鬱病になんてならないだろう、という人ほど、無意識に溜まっていくストレスに対して見て見ぬふりをしてしまい、最悪の状況まで到達してしまう傾向があります。 これを防ぐには、身体から発せられるサインをしっかり認識し、早期に対処する必要があります。 身体が発する「限界」のサインとは? ストレスが限界突破すると、下記のような症状が出てきます。 ・便秘、胃もたれなどの消化器系の不調 ・肌荒れ ・常にイライラするようになる ・不眠症 ・早朝覚醒(朝早く起きてしまう) ・眠りが浅く疲れが取れない ・仕事関係の悪夢を見る ・無意識の歯ぎしり ・無意識に泣いてしまう ・休日に何もする気が起きない ・散財する ・暴飲暴食をするようになる 大小あれど、どれもストレスが少ない状態なら起きないであろう症状です。 上記のサインが慢性的に出るようであれば、休息が必要です。 しかし、社会人の、それも正社員となるとそう簡単に休みは取れないもの。 かといって、重症化して鬱病になってから休職をしても意味がありません。 重度の鬱病まで到達してしまうと、治療に時間がかかりますから、結果的に損するのは自分になります。 では、どうすればいいのか? 答えはシンプル。 ・上司に訴えて異動や問題解決を頼む。 ・それもダメなら、今の仕事を辞める・転職する。 この2つに1つです。 鬱病になる前に、会社を辞める事を考え始めるべきです 正社員の場合、軽々しく仕事を辞める事は出来ない…それは誰もが思う事です。 3年以上、そこで働いているならともかく、1年未満で辞めたら職歴にも傷がつくし、正社員の仕事がまた見つかるか不安…そう思って踏みとどまる人は多いでしょう。 しかし、よく考えてみてください。 仕事が出来るのは、健康な身体と精神があってこそ。 労働時間の短いアルバイトや派遣社員ですら、精神が病んでいたら到底こなすことは出来ません。 身体は資本、という言葉があるように私達労働者は、健康であってこそお金を稼ぐ事が出来るのです。 健康を失えば、すなわちお金を稼ぐことは出来なくなってしまいます。 今、仕事を辞めて一度ストレスをリセットすれば、鬱病にならず早期に仕事に復帰出来ます。 しかし、我慢して仕事を続けてストレスへの対処を先送りにしていると、鬱病になってしまい1年以上、治療をする事になってしまった…という事になったら経済的にも健康的にも、損失は計り知れません。 会社を辞める事と、鬱病になるリスクを背負ってでも今の会社に尽くす事。 一度、この2つを天秤にかけて見てください。 会社は鬱病が治るまでの1年、待ってはくれません。 環境の改善を訴えても無視するような会社なら、なおさらです。 責任を持って頑張って働いても、会社は守ってくれませんし、誰も褒めてはくれません。 自己犠牲で損をするのはあなた自身なのです。 会社を辞める。 これは、重大な決断です。 しかし、親から貰った大切な身体、精神を傷つけてまで続けなければいけない仕事なんて、あるのでしょうか? 会社に行こうとすると吐き気がする、頭痛がする。 朝起きれない。 不眠症。 こんなサインが出ているということは、心の何処かで、今の仕事を続けるのは無理だ…と思っているのではないでしょうか? 会社を辞めてはいけない、という固定概念を捨てて、 会社を辞めてもいい。 自分の健康が一番大切。 ということを改めて再認識しましょう。 退職の申し出は、辛い作業です。 自分で自分を情けないと思うかもしれません。 しかし、今まさに限界のサインが出ている以上、勇気を出さなければ結末は最悪です。 自分の身を守れるのは自分だけ。 退職の恥は一時の恥ですよ。 転職を「よく分からないけど難しいだろう」と思い込むのはやめよう 一番良いのは、症状が軽度のうちに「転職」という選択肢を視野に入れて、応募可能な求人をチェックしたり転職活動のノウハウを仕入れておくことです。 どうせ私に転職なんてできっこない…と思っている人もいるでしょう。 しかし、実は 応募可能な求人がたくさんあるのに、単に転職市場を知らないだけ…というケースが物凄く多いのです。 そもそも、転職は人生において回数が限られたイベントです。 転職市場や自分のキャリアの価値について「単に知らないだけ」「出来ないという思い込みをしているだけ」という人が本当に多く、もったいないと感じています。 また、転職のノウハウ…例えば職務経歴書の書き方や面接での受け答えは、ほとんどがテクニックとして確立しており、努力次第でいくらでも内定率を上げることが出来ます。 「転職について、よく分からないけど、どうせ難しいんでしょう」 と思考停止になっていても、問題は解決しません。 会社に行こうとすると吐き気がする、体調を崩す…そんな限界時の、一番良い対処法は『転職する』『仕事(職場)を変える』事です。 なぜなら、ストレスの大本である仕事を変えなければ、改善は難しいからです。 しかし、転職といってもどんな求人があって、今の自分のキャリアなら、どんな仕事に応募できるのかを素人が即座に判断するのは難しく、なかなか一歩踏み出す勇気が出ないものです。 また今の生活もありますから、もし転職が長期化した時にお金の不安も出てきますよね。 そこでオススメなのが、在職中に転職エージェントに登録して応募出来る求人を紹介してもらうことです。 転職エージェントに登録して転職をサポートしてもらう 転職エージェントは、キャリア相談、履歴書などの作り方、面接の練習から求人の紹介まで転職の全てをサポートしてもらえるサービスです。 利用料は最初から最後まで無料です。 転職エージェントは人材を募集している企業からお金を貰っているので、求職者である私達は一円も払わずサポートを受けることが出来るのです。 転職エージェントは土日でも利用することができ、求人者はキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。 登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、応募可能な求人などを紹介してくれます。 それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。 自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、就職活動のプロであるエージェントに相談すれば、自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。 また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、スタート時の年収がアップする確率がグッと上がります。 時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、就職活動で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。 オススメの転職エージェントはSpring転職エージェントです。 『Spring転職エージェント』は株式会社アデコが運営するはスイス資本の外資系転職エージェントです。 日本法人であるアデコジャパンは、1985年から転職エージェントを展開しており、 他社の転職エージェントには無い独自の求人を多く持っているのが特徴です。 転職エージェントの規模としてはかなり大きく、非公開求人を多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。 年収アップや自身の人材価値を高めるキャリアの構築、外資系企業への転職など『キャリアアップの転職』にはもちろん。 「転職活動を始めたけど、初めてで何をすればいいのか分からない」 「フリーター、第二新卒で職歴に自信がない」 「ブラック企業から脱出したい。 定時で上がれる楽な仕事を紹介してほしい」 といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。 登録から、わずか7ステップで就職・転職を成功させる事が出来ます。 アデコが抱えている求人は、アサヒビールやバンダイナムコゲームス、NTTドコモなど業界問わず大企業の求人から、大企業の関連会社、優良中小企業など、 業績が安定しており待遇の良い求人(残業なし・ボーナス4ヶ月以上支給・有給の取りやすい職場など)が多くそろっています。 またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。 非公開求人には優良求人がたくさんありますから、アデコを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。 『Spring転職エージェント』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。 アーカイブ• 114• 18 カテゴリー•

次の