せっかち メリット。 せっかちな性格を直す5つの心得

“できる社長”の特徴とは?

せっかち メリット

先の事を考え過ぎない事 せっかちな人にありがちなのは、凄く先々の事まで考え過ぎる傾向にあります。 例えば友達との約束にしてもかなり前から約束を取り付けていないと気がすまないなど、前もって策などを打って安心していたいといった気持ちも見られます。 ですので、状況や内容にもよりますができるだけギリギリより少し前で考えを止められるようにする事が大事になります。 性格上、急に思考を変えるのは難しい事ですが「まだ時間や日はある」「急いでも結果は近くなれば出る事」といったような、ドーンと構えるような発想を持つと意外と、はやる気持ちなども静めれる事ができます。 1日1日を確実にする せっかちが原因で大切な事などを見失ったりミスしたりする時もあります。 それであれば1日区切りでその日を最大限に頑張ったり尽くしたり生きるというのが大事です。 1日区切りでスケジュール管理をして行動しましょう。 そして1日の終わりに次の日1日のシミュレーションをします。 こうする事で、せっかちの特徴でもある遠い先々の事まで考えたりする余裕もなく、またその日を充実して過ごす事ができます。 慌てる、先走る事に良い事はあまりありません。 1日を大切に過ごしていきましょう。 ゆとりを持つ ゆとりがないとせっかちな性格になりやすくなります。 日々せかせかと落ち着かない、生き急いでいるイメージが強いせっかちな性格の人は、神経質な人も多いはず。 そして、待つという事も好きではなく、イラつきやストレスの原因にもなります。 せっかちな性格の人は心にゆとりが必要です。 日々の生活の中で、ホッとできる時間やゆったり流れる時間をもうける事です。 よく、時間がないとイライラしている人もいますが、時間は自分がつくるものです。 時間がないのではなく、つくっていない、つくろうとしていないと言えます。 急いでやろうとしている事の中で、それは本当に全てすぐやる事が必要な事なのか? その中には別に明日でも良い事もあるのではないか? そう考えて見つけ出して優先順位を決めてその隙間に時間をつくりましょう。 心にゆとりがうまれると、自然とせっかちな性格も治っていくでしょう。 相手のペースを掴む せっかちな性格の人は、相手がある場合でも自分側のモノサシである程度計ってしまいがちです。 その為、相手が自分で予測していた時間内で返答などがない場合にはイラついたり無理強いする時もあります。 ですので、相手がある場合は自分のモノサシで計るのではなく、相手のペースに合わせる、相手のペースを掴むようにしましょう。 相手がもし、のんびり屋さんであれば「また明日でいいか」というように考えます。 相手がもの凄く忙しくしている人なら「手が空いたらでいいか」と、心を広く持った考えで待つ事です。 人に合わせるというのは非常に難しい事ではありますが、せっかちを直す上でとてもトレーニングになる事ですので、是非やってみましょう。 自分の線路はひかない 自分の線路をひくというのは、予測から勝手に「こうするはず」など結果までを決めてしまう事です。 せっかちな性格の人だとよくある事です。 であれば、初めから線路などひかない事。 1分1秒先の事など誰にも予測できず、なにが起こるかなど誰にも分かりません。 少し先のことを悩むほど考え込んでも仕方ないと、ポジティブ思考に考えましょう。 そうすると線路をひく事なく、その時の状況などに合わせて行動などできるので、せっかちになる事もありません。 せっかちな性格を治そう せっかちな性格は心にゆとりと自分側のモノサシで計らない事などがあげられます。 性格である以上はすぐさま直すという事を行うと、余計に心に負担がかかりストレスなどにもなってしまいます。 ですので、ゆっくり少しずつ、状況などに合わせて、いつもだったらこうしているけど今日は明日にしようなどしていくと良いでしょう。 また相手がある場合は相手のリズムや状況や性格なども掴みましょう。 急いでも結果は必ずしも良い方向にむかうとは限らないという考えで、1日区切りでしっかり充実した日を過ごしましょう。 その積み重ねによって、待つ事やゆったりとした気持ちが持てるようになりせっかちな部分も少しずつ直っていくでしょう。 「せっかちな性格を治す方法とは?ゆとりを持ち先を考え過ぎない」への感想コメント一覧•

次の

せっかちな性格を直す5つの心得

せっかち メリット

Contents• できる社長がせっかちになりやすい理由 当たり前のことですが、『せっかちだから、できる社長』なのではなく、『できる社長は、せっかちだ』です。 今回はそんなできる社長の生態について、私なりの考察をお伝えしてみます。 自営業をやっていると、常にシビアな判断を迫られていますよね。 例えば新しい事業を始めるにあたり、何かの問題が発生してオープンなどが1ヶ月遅れたとしたら、その間の固定費は無駄になってしまったりします。 そんなピリピリした生活を続けているので、 せっかちにもなろうというもの。 なので、それに比例してせっかち具合にも磨きがかかってきます。 タイムを競うアスリートみたいなものですね。 できる社長の「仕事量」は人間業ではない 社長業をしていれば、 猛烈に忙しいはずです。 さらに、儲かっている社長であれば、どんなに暇に見えていても絶対にやることはたくさんあって忙しい。 でも、周りにそうは見せない人は、かなりできる人の部類です。 そんな社長でも、日常の四六時中、場合によっては夢の中でまで仕事をしているはずです。 なので、仕事が溜まってしまうと「あれやって、これやって」と、うっかり忘れてしまうリスクが出てきます。 これを防ぐためには、その場でスパスパ判断するしかない。 はたからは、ずいぶん せっかちに見えることでしょう。 なので、「おい君、そういえばアレの件なんだけど…」 と思いついたようにしばらく放っておいた(社員にはそういう風に見える)案件をいきなり引っ張り出してくるのもそういう理由です。 実は社長は頭の片隅でずっと考えていたのです。 もうほんとにニワトリ並みに。 そうすると、口癖で「任せる」とか「どうでもいい」というような考えることを放棄したようなセリフが増えてきます。 あなたが秘書や社員だったら、『社長って、 せっかちでいつも偉そうなこと言っているけど、何回言っても書類の保管場所を忘れるんだよね。 』とか言わないであげてください。 その情報が入る余地はたぶんもうないのです。 いえ、正確にいうならば、社長の中での優先順位では下位に位置する、「どうでもいい」部類なのでしょうね。 なぜそのようなことが可能なのでしょうか? 理由は、自分の代わりをできる人が他にいないからです。 それが、社長業というもの。 なので、難しい判断になればなるほど、社長一人にお鉢が回ってくることになります。 「判断」とか「責任を取る」という仕事のプレッシャーは、はた目には見えにくいものでしょう。 その結果、社長が社員と接している間には、相対的に優先順位の低い案件か、自分の中でやっと結論を出した重要案件の指示だけをするようになります。 そうすると、やはり、 せっかちにも見えます。 重要な案件なのに、思いつきで決めたようにも見えます。 でも、せっかちには見えますが、一人でじっくり考えた時間を見せていないだけなのです。 普段、四六時中考えているからこそ、できることなのでしょうけれどね。 せっかち社長のまとめ こうして「せっかち」を基準に考えてみても、社長業はやはり大変な仕事ですよね。 でもその代わりには、うまく回っていけば達成感と金銭的なメリットを得ることができます。 また、そんな社長であり続けるためには、もともと仕事じたいが好きだったり、忙しさを楽しめたりできることが、とても重要な素質であると思っています。 ハイブリッド税理士37歳 日本一落ち着かない開業税理士 「やまっけがありすぎる!」 開業税理士が借金を増やすテクニックや前向きな考え方、メリット・デメリット、税金の話など時には自らの悩みもリアルにさらけ出しながら、ズバズバと自由に書いてきます。 私自身の現在進行形、リアル過ぎる『お金』『事業』『借金』の話なので、"真実"を知りたい人であれば、何かしらの役に立つかもしれません。

次の

歩くのが早い人の特徴!早歩きな男性と女性の性格を徹底解説

せっかち メリット

せっかちの人の長所は、きっちりしているので頼りになるという点です。 心理的にはせっかちであることを除けば完璧主義で安定しているので、物事を行う時に中心となってきっちりと進めてくれます。 そのおかげで、物事が予定どおりに進んで、しかも完璧主義であることから、成果もきちんと上がることが見込まれるので、グループで活動する時などには本当に助かる存在です。 グループにおいてマイペースなおっとりとした人ばかりだと、物事が決まらず、またなかなか進まないことがあります。 そんな中、せっかちの人はきちんと計画を立てて物事を行いたいほうなので、せっかちの人が一人いてくれるだけで、物事の停滞や計画通りに進まないということが起こりにくくなります。 せっかちの人の心理はとにかく早く、良い結果を出したいということが何よりも最優先されるので、自分にかかわる人にも自分と同じスピードで動いてもらうことを望みます。 自分にとっては、時間を有効に使うことが一番のいいことなので、他の人にとってもそうであると信じているところがあり、完璧な計画を練ることを好みます。 計画を立ててくれることもあって、周りの人はそれに合わせて行動するのですが、あまりにハイペースに物事が進むので、せっかちの人同士ならいいのですが、そうでない人にとっては、せっかりな人に振り回されているという印象がぬぐえません。 こうしてせっかちの人は、自分では気づかない間に周りの人を振り回してしまい、困惑させてしまっていることが意外とよくあります。 せっかちな人になってしまうのにはどのような要因があるのでしょうか? せっかちの人を理解するためにも原因と理解するポイントについて考えます。 まずせっかちになる原因は、育った環境が完璧な人が多く、完璧であることを普通に求められたということが考えられます。 余裕で完璧にできる人はいいのですが、そうでない場合は完璧にやらないとと焦ってしまう状態が続きます。 また責任が増してせっかちになることもあります。 プロジェクトのリーダーに選ばれた、あるいは子供を産んで親になった場合、プロジェクトを成功させる、あるいは子供をきちんと育てる責任が出てきます。 成功させたい、きちんと育てたいという思いがせっかちになってしまう原因となります。 お母さんは常に子供を怒ってしまうことからもわかります。 せっかちな性格を直すためには、完璧でありたいという自分の周りの事を早くうまくやろうという狭くて追い詰められた視点から、広い世界を感じる時間を持つことが大切です。 完璧主義な人はとにかくすべてを完璧にしたいがために、自分の時間を犠牲にしてしまうので、なかなか余暇を持つというのも厳しいかもしれません。 けれど仕事をしていても移動をするとき、窓からふっと外の景色が目に入る時くらいはあるはずです。 陽射しが温かい、風が気持ちいい、咲いている花がきれい、空が美しいなどを一瞬感じることから、たまには外の景色を見てみよう、疲れたら空を見てみようと思うことからでも、視野が広がり、リラックスした時間を持てる第一歩につながっていくでしょう。

次の