いせ か いかる て っ と。 いせわんこ公式ホームページ

いせ (護衛艦)

いせ か いかる て っ と

ページ番号1002560 更新日 令和2年6月13日 これまで3,000人が参加しています いくつになっても自分らしく生き生きとした生活を送るためには、健康を維持することが大切です。 伊勢市では、みなさんの健康づくりを応援するため、平成28年度より 「いせ健幸ポイント」を実施しています。 「いせ健幸ポイント」とは? お持ちのスマートフォンで指定のアプリを起動させて歩くことで、ポイントが貯まり好きな商品などと交換できる、健康と幸福を手に入れるプログラムです。 参加いただいた方は、最大2年間継続して取り組むことができます。 パソコンやスマートフォンなどで取り組み状況を確認したり、無理なく簡単に取り組めるため、自分のペースで継続することができます。 ポイントを貯めて、交換しよう! ポイントを貯める方法は全部で3つあります。 2年間で最大10,950円相当のポイントが貯まります。 獲得したポイントは 1ポイント0. 5円で換算され、「伊勢マイル」チャージ券やクオカードに交換したり、まちづくり協議会へ寄付することができます。 参加方法 お持ちのスマートフォンに市が指定するアプリをダウンロードし、歩数を記録、別途無料で配布するカードで体組成を測定します。 4期生募集開始! 応募は締め切りました! (注)応募方法は下記に記載の通り、パソコンまたはスマートフォンでの応募のみとなります。 電話やファクス等での応募はできません。 応募期間 令和2年5月18日(月曜)~ 令和2年6月12日(金曜)(必着) 定員 1,000名(応募者多数の場合は抽選) 対象 30歳以上の伊勢市民(令和2年度に30歳に到達する人も含む) 参加費 無料 参加条件• 過去参加者(1~3期生)でない(中途退会者も含む)• 30歳以上の伊勢市民(令和2年度に30歳に到達する人も含む)• 参加規約の同意 (ア)利用者基本情報や歩数管理サービスなどの利用登録 (イ)定期的なデータ送信を自身で行う (ウ)記録された歩数や体組成情報の分析への協力 (エ)アンケートへの協力• スマートフォンアプリの利用設定、操作を自身で行うこと。 応募方法 応募期間中に掲載される応募ページ(下記)から必要事項を入力、送信する。 応募の前にお持ちのスマートフォンがアプリの適合機種であるか、また実際に試用(無料)し、バッテリーの消費量や歩数のカウントなど、ご自分の生活に合ったものであるか十分に検討のうえ、応募されることをお勧めします。 アプリのダウンロードおよび利用設定など、スマートフォンの操作については、市役所では支援できませんので、ご自身で対応できる方のみご応募ください。 応募後の流れ 応募者多数の場合は応募期間終了後、抽選のうえ、参加者を決定します。 入力内容に不備があった場合のみ、応募後1週間以内にメールにて連絡させていただきます。 6月末頃に決定通知を郵送します。 参加決定の方には、• 参加者ID・パスワードはメールにて連絡します。 参加手引き、マニュアル等は郵送します。 準備が整ったら、7月から取り組み開始です! 歩いて元気!いせ健幸ポイント4期生募集(動画で紹介)•

次の

いせわんこ公式ホームページ

いせ か いかる て っ と

9916• 529• 297• 148• 117• 225• 279• 142• 150• 106• 503• 100• 127• 179• 315• 864• 804• 149• 226• 184• 116• 135• 189• 121• 223• 203• 285• 1363• 121• 130•

次の

いせ (護衛艦)

いせ か いかる て っ と

鹿児島県屋久島の南方を航行中の いせ 基本情報 建造所 横浜工場 運用者 艦種 級名 建造費 975億円 母港 所属 第2護衛隊 艦歴 発注 起工 進水 就役 要目 13,950 19,000トン 197m 最大幅 33. 0m 深さ 22. 0m 7. の2番艦。 艦名はのに由来し、()に次いで二代目、海上自衛隊の護衛艦としては初代である。 艦歴 [ ] 「いせ」は、に基づく平成18年度計画13,500トン型ヘリコプター搭載護衛艦2320号艦として、横浜工場でに起工され、に同工場で挙行された命名・進水式において、により「いせ」と命名され、進水。 艦番号は当初DDH-146、建造番号2406号が与えられていたが、その後、艦番号がDDH-182、建造番号も2320号に変更された。 より第1回海上公試を開始する。 3月16日に就役し、第4護衛隊に編入された。 定係港は。 就役後は同基地を拠点として就役訓練が実施された。 艦名板は大宮司:の揮毫によるもので、木材はに使用されていたが使用された。 、を襲ったによる被害の救援のため、フィリピン国際緊急援助隊が編成され、輸送艦「」、補給艦「」と共に派遣された(「サンカイ(現地語で友達)作戦」)。 に呉を出港、にに到着 、救援物資輸送や医療、防疫活動を実施し、に帰国した。 、国際観艦式に参加し、その後までパダン周辺海空域で実施されるインドネシア海軍主催多国間共同訓練「コモド2016」に参加 、17日から19日までは、パダンから西部に至る海空域において米豪海軍とともに日米豪共同海外巡航訓練を実施した。 にはの港に寄港し、29日までと通信訓練を実施。 からまで、からに至る海空域でADMMプラス海洋安全保障実動訓練に参加する。 、2番艦「」就役による編成替えにより、第2護衛隊に編入され、定係港がに転籍。 同年~には日本列島南方海域で、「」やからなるとの共同訓練を実施(僚艦「」「」と約一週間ごとに交代)。 同年、において護衛艦「」及び「」とともに「ロナルド・レーガン」、「」、「」他、艦艇数隻と日米共同訓練を実施した。 から23日までの間、北部から周辺に至る海空域において米海軍空母「」他艦艇数隻と日米共同巡航訓練を実施した。 同年からまでの間、及び同島周辺海空域において実施される日米印共同訓練(マラバール2018)に参加する。 参加部隊は「いせ」の他、護衛艦「」、「」、搭載航空機5機、「」、哨戒機2機。 「いせ」は引き続きからまで実施される環太平洋合同演習(RIMPAC 2018)に参加した。 同年、5年ぶりに唐津港に入港した。 歓迎式には地元の区長などの関係者らが参加した。 2018年12月1日に鹿児島県屋久島の南方を航行中の護衛艦「いせ」は11月30日にイージス艦「こんごう」から転落、行方不明になっていた40代の男性1等海曹を発見し救助した。 同1曹は1日午前4時ごろ、屋久島の南方約50キロの海上をクーラーボックスのような漂流物にしがみついて漂っていたところを護衛艦「いせ」の乗組員に発見された。 命に別条はない。 6月3日から8月21日にかけてショールウォーターベイ演習場及び同周辺海域において実施される米軍との実動訓練(タリスマン・セイバー19)に司令の指揮により参加する。 海自からは他に輸送艦「」、からは及びが参加し、日米共同による着上陸及び陸上戦闘、共同巡航訓練等を実施する。 歴代艦長 [ ] 歴代艦長(特記ない限り) 代 氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考 艤装員長 - 星山良一 2009. 21 - 2011. 15 26期 司令部 いせ艦長 艦長 1 星山良一 2011. 16 - 2012. 31 防大26期 いせ艤装員長 呉海上訓練指導隊司令 2 梅崎時彦 2012. 1 - 2014. 20 防大29期 監察官 大湊海上訓練指導隊司令 3 藤原秀幸 2014. 21 - 2015. 2 防大33期 艦長 防衛部 第3幕僚室長 兼 第5幕僚室長 4 髙田昌樹 2015. 3 - 2018. 29 防大29期 司令 佐世保基地業務隊付 5 大森浩昭 2018. 30 - 2019. 12 防大35期 教育課研究室主任研究官 司令部勤務 6 飯ケ谷孝広 2019. 13 - 副長 ギャラリー [ ]• 2009年8月31日 「」• 2011年6月24日 海上自衛新聞「「いせ」に艦名板 伊勢神宮大宮司の揮毫で」• 米原子力空母と海自護衛艦訓練『』朝刊2017年9月23日• 2018年9月28日閲覧。 nikkansports. com. 2020年5月9日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - の1番艦。 後にに改装。 外部リンク [ ]• - (朝日新聞社提供、2013年5月24日公開).

次の