近鉄ひのとり。 近鉄特急、乗車レポート(3) 名阪特急の新たな主役「ひのとり」レギュラー車両で近鉄名古屋駅へ

ひのとり近鉄特急値段や停車駅や所要時間は?|特ダネレポ!

近鉄ひのとり

tags: , , , , , , , , , 近鉄の新特急列車「ひのとり」先頭車プレミアム車両に、大阪難波から近鉄名古屋まで乗車。 車内にコーヒーマシンがあったり、それでちょっとしたトラブルがあったり、車内放送が楽しかったり、気兼ねなくリクライニングに一喜一憂したり。 近鉄特急「ひのとり」 独特の文化にニヤリ 近鉄が2020年3月、新たに名阪特急で運転を開始した列車「ひのとり」。 デビューから約3か月が過ぎた2020年6月の土曜日、大阪難波から近鉄名古屋まで、その旅を体験しました。 大阪難波駅へ入線した近鉄特急「ひのとり」(2020年6月、恵 知仁撮影)。 乗車したのは、大阪難波発16時00分の「ひのとり」16列車。 長らく国鉄・JR沿線で暮らしてきた私は、「16号」じゃないところに心が躍ります。 車両側面の案内にも「ひのとり」16列車の表示(2020年6月、恵 知仁撮影)。 席は近鉄名古屋方の先頭1号車、プレミアム車両です。 定員21名のうち、6割ほどの乗車率だったでしょうか。 そして、その3分の1強ぐらいが鉄道ファンらしき人たち。 「特急『ひのとり』016(ゼロイチロク)列車です」 そんな肉声の車内放送にニヤニヤしながら、特急「ひのとり」80000系電車は動き出します。 近鉄特急「ひのとり」プレミアム車両(2020年6月、恵 知仁撮影)。 車内放送といえば、自動放送でも肉声放送でも、全座席がバックシェルタイプで、気兼ねなくリクライニングできることを伝えていたのが印象的でした。 「鶴橋を出ますと…」 近鉄特急のロマン 母子連れがスマホでこの「ひのとり」の写真を撮っていた大阪上本町を発車したのち、また車内放送にワクワクします。 「次の鶴橋を出ますと、津まで停まりません」 長い区間を停まらないというのは、ロマンがあります。 もっとも、昔は鶴橋から近鉄名古屋まで停まりませんでしたし、新幹線「のぞみ」のほうが……ですが、無粋なことはさておき。 地上へ出て、まもなく鶴橋に到着する近鉄特急「ひのとり」(2020年6月、恵 知仁撮影)。 地下区間から出て、ホーンを鳴らしながら鶴橋へ到着。 「喫煙室を使用できない区間を過ぎました」 近鉄特急「ひのとり」プレミアム車両備え付けの案内(2020年6月、恵 知仁撮影)。 そんな独特の車内放送にまたも心を奪われていると、大阪平野の東にそびえる生駒山地が、雨粒の流れる窓の向こうでだんだんとハッキリ、大きくなっていきました。 床に… 近鉄特急「ひのとり」 その良さの裏とその裏の良さ 近鉄特急「ひのとり」プレミアム車両にある「カフェスポット」(2020年6月、恵 知仁撮影)。 レギュラー車両でもJRのグリーン車並みというハイグレードさ、充実した設備が魅力の新たな近鉄特急「ひのとり」。 プレミアム車両のデッキ付近には、カップコーヒーと菓子類の販売機が用意された「カフェスポット」があります。 「カフェスポット」の自動販売機にはココアや紅茶も用意(2020年6月、恵 知仁撮影)。 フラフラと車内見学に向かった際、そこで見つけました。 床へチョロッとこぼれていたコーヒー。 そして、カップコーヒーは美味しいけど、確かにこの危険はあるよな……と思いつつ別の車両をフラフラしたのち、そこへ戻ってきたのですが、見てしまいました。 通りがかった車掌が、床を拭いていました。 「ひのとり」はハード面のみならず、ソフト面も良いようです。 コーヒーカップには「ひのとり」のマークが(2020年6月、恵 知仁撮影)。 またコーヒーといえば、プレミアム車両の座席にあるカップホルダー。 肘掛け付近にすっぽりカップがはまるようになっていて、安心さと一定の使いやすさを両立しているのに感心しました。 こぼす心配がないプレミアム車両のカップホルダー(2020年6月、恵 知仁撮影)。

次の

近鉄特急ひのとりの魅力と料金、乗り方など。

近鉄ひのとり

列車を待つまでの間、グランクラス利用者の特権、名古屋駅のビューゴールドラウンジへ。 ここへ行けば涼しくて快適な時間を過ごせます。 マンゴーパッションティーフラペチーノを注文。 店員さんに勧められるがまま、シトラス果肉のトッピングも追加しました。 一番大きなサイズのVentiなんて初めてです。 大阪難波行きの特急ひのとりが入線しました。 前の記事の流用ですが、座席はグランクラスそのもの。 赤いカーペットに黄金の座席で高級感を匂わせます。 近鉄名古屋駅を発車し、これから2時間の快適な移動が始まります。 さて、そんな快適な車内で更にくつろげるようにしてくれるのがこちら。 名鉄百貨店の無印良品で購入してきました、スリッパです。 足の疲れを癒やしながらも、スリッパを履いていることで床に足をつけることもでき、自由度が増します。 ひつまぶしの駅弁と静岡茶です。 グランクラスの軽食よりはるかに素晴らしい料理です。 国産ではない中国産のうなぎなのは少し残念ですが、高級な雰囲気を感じられるだけでも楽しめます。 1時間ほどで津駅に到着。 数人程度が乗車してきました。 お弁当を食べ終わった頃、近鉄大阪線に入りました。 ここから急に速度を上げて、快走していきます。 食後は、ひのとりのポイントでもあるコーヒーサーバーへ。 200円のホットコーヒーと150円のお菓子を購入しました。 リラックスしたひとときを過ごします。 この列車は大和八木駅も通過するので奈良県では停車しません。 それでも大きな街を持つ駅が多くあるというのはよく分かり、そこを通過していくというのが楽しいものです。 大阪の雑多とした住宅街を手前に見ながら、奥の方にはビル群が視界に入ってきました。 まさに大阪を表していると感じられる景色です。 今回は大阪難波までは行かず、鶴橋駅で下車しました。 5250円中841円余りましたが、名古屋名物のお弁当を食べ、リラックスしてコーヒーを飲みながら車窓を眺め、この上なく楽しめたと思います。 もちろんグランクラスにも料金が高い分、客層を良くする等の利点はあると思いますが、こちらの方がコストパフォーマンスは相当優れていると感じました。 今回の検証で、グランクラスとプレミアムシート双方の優れている点をしっかり理解できたと思います。 赤色の燃えるような車体である特急ひのとり。 車内では最大の快適性を提供してくれています。 今回はプレミアムシートを最大限楽しみましたが、通常の座席でもあるレギュラーシートもこれまた素敵なものです。 これだけの素晴らしさを備えた列車に皆さんも是非乗車してみて下さい。 今回もご覧いただき、ありがとうございました。

次の

近鉄特急ひのとりの魅力と料金、乗り方など。

近鉄ひのとり

先進的でスピード感のある車体フォルム、艶感のあるメタリックレッドといった外観デザイン、ゆったりとした空間や上質なサービスを提供する気品ある車両のイメージを、翼を多く広げて飛翔する 「ひのとり」に重ね合わせて命名したそうです。 コンセプトが「くつろぎのアップデート」とあるように 後方に気兼ねなく、リクライニングできるのはもちろん、本革を利用した本格的な 電動リクライニングシートを採用しています。 車内は全席3列シート。 前後間隔は130センチと日本鉄道上、最大級の感覚を確保しているとのこと。 実際にすわると前の座席との間隔の広さ、大きな窓の開放感が心地よい。 LEDの読書灯も完備 シートの調整は自動でシートヒートはもちろん完備 窓が広く開放感がすごい。 最高な座り心地で、大型テーブル、コンセント、freewifi完備。 といたれりつくせり の時間を約2時間過ごすことができる!これはめちゃいいですよね。 快適そのもの。 通常のレギュラー車両もシートの前後間隔は116センチと新幹線のグリーン車並み! レギュラー車両のシートもバックシェルを採用. 後方に気兼ねなくリクライニングすることができます。 ちなみにひのとりは全席禁煙ですが、3号車に喫煙室を完備しています。 挽きたてのコーヒーと共に一服もできちゃいます。 近鉄特急ひのとりの料金や乗り方は!? 気になる「近鉄特急ひのとり」の料金ですが、 大阪難波間~近鉄名古屋間でレギュラー車両の場合、 運賃2410円+特急料金1930円+ひのとり特別料金200円=4540円となります。 ここにプレミアム車両を利用の場合 4540円+特別車両料金900円=5440円となります。 速さでは新幹線のぞみにはかないませんが、 この金額は新幹線のぞみを使うよりも割安なので快適性などを考えると断然おすすめですね! 特急券はインターネット予約が可能です。 詳しくはをご覧ください。 ダイヤはで確認してみてくださいね。 乗る事自体に価値をみいだせる列車だと思いますのでぜひ体感してみてください!.

次の