ポララミン 眠気。 花粉症治療の話①『眠くなる薬』の注意点(抗ヒスタミン薬)

薬剤性過眠に注意!飲むと眠くなる副作用がある薬一覧 [不眠・睡眠障害] All About

ポララミン 眠気

記事の内容• 回答:『ポララミン』は即効性のある第一世代、『アレグラ』は副作用の少ない第二世代 『ポララミン(一般名:d-クロルフェニラミン)』とは、どちらもアレルギーに使う「抗ヒスタミン薬」です。 『ポララミン』は、 即効性のある「第一世代の抗ヒスタミン薬」です。 『アレグラ』は、 眠気や口の渇きといった副作用の少ない「第二世代の抗ヒスタミン薬」です。 現在のアレルギー治療は、副作用の少ないを使うのが基本です。 しかし、急なアレルギーですぐに治療しなければならない場合や、小さな子どもで眠くなっても生活に問題のない場合には、速く効く『ポララミン』などの「第一世代」の薬が使われることもあります。 また、風邪の症状緩和には「第一世代」の薬を使う必要があります。 なお、それぞれの特徴を活かして定期薬と頓服薬として併用することもあります。 そのため、急なアレルギー症状に適しています。 1 臨床医薬. 8 suppl-1 :73 -86, 1992 『アレグラ』などの「第二世代の抗ヒスタミン薬」は、効き目が十分に発揮されるまでにしばらく時間がかかる場合があります。 そのため、されています2,3。 4 ポララミン錠 添付文書 「抗ヒスタミン薬」の眠気は、薬が脳に移行しやすいかどうかが一つの基準となりますが、『ポララミン』など「第一世代」の薬に対し、『アレグラ』など「第二世代」の薬はこの移行率が低く、 眠くなりにくい薬であると言えます。 特に、で、自動車運転などに対する制限がないことも特徴です3。 113 1 :1-15, 2007 PMID: また、ことも指摘されています。 第二世代の薬は、「抗コリン作用」も少ない 『ポララミン』など「第一世代」の薬は「抗コリン作用」も併せ持っています。 そのため、鼻水が止まらないような水様性鼻漏には効果的ですが、口の渇きなどの副作用が多く、またや緑内障の症状を悪化させる恐れがあるため、こうした持病を持つ人は使うことができません3。 実際に、季節性のアレルギーでもアトピー性皮膚炎でも、 ガイドラインでは「第二世代」の薬が推奨されています2,6。 ただし、自動車運転や、さらに前立腺肥大や緑内障などの病気をあまり気にしなくて良い小さな子どもの場合には、即効性を期待して「第一世代」の薬を使うことがあります。 6 日本皮膚科学会 「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン 2016 」 風邪の症状緩和には「第一世代(鎮静性)」の薬が必要 「抗ヒスタミン薬」は、風邪の症状緩和を目的に使われることもあります。 しかし、風邪の咳・鼻症状に対して効果が示されているのは『ポララミン』などの「第一世代(鎮静性)」の薬で、『アレグラ』など「第二世代(非鎮静性)」の薬では効果が期待できないとされています7,8。 7 Chest. 129 1 Suppl :1S-23S, 2006 PMID: 8 Cochrane Database Syst Rev. 2015 Nov 29; 11 :CD009345. PMID: そのため風邪の時に使う薬(総合感冒薬)には、「第一世代(鎮静性)」の薬が配合されています。 薬剤師としてのアドバイス:『アレグラ』を毎日使い、酷い時の頓服に『ポララミン』という併用 花粉症などの場合、雨の翌日や風の強い日など、日によって症状が悪化してしまうこともあります。 こういった場合には、毎日続けて飲んでいる『アレグラ』に追加で、即効性に優れた『ポララミン』を頓服薬として追加する、といった使い方をすることがあります。 薬を使っていても症状が改善しない場合には、薬の増量や変更を考える必要がありますが、酷い日が時々あるという人は、こうした「酷い日のための頓服薬」を追加してもらう方法もあります。 ただし、「抗ヒスタミン薬」を併用すればそれだけ眠気も強く出る恐れがあるため、自動車運転などをする人はを併用することをお勧めします。 ポイントのまとめ 1. 『ポララミン』などの「第一世代」は、即効性に優れるが、眠気や抗コリン作用による副作用が多い 2. 『アレグラ』などの「第二世代」は、眠気や抗コリン作用の副作用が少なく、いまの治療の中心 3. に対する研究報告も多いため、妊婦に対して「第一世代」の薬が使われることもあります。 70 3 :401. e1-14, 2014 PMID: 特に、『ポララミン』は「」で最もリスクの低い【A】に評価され、「第二世代」の『クラリチン』:【B1】、『ジルテック』:【B2】よりも高く評価されています。 10 Am J Respir Med. この相乗効果を利用した薬がです。 11 セレスタミン配合錠 インタビューフォーム 即効性に優れた「第一世代の抗ヒスタミン薬」と「ステロイド」を組み合わせた薬で、急性期の切り札として使われています。

次の

ポララミンの副作用と安全性について

ポララミン 眠気

関連記事 ポララミンは花粉症の症状に処方される第1世代の抗ヒスタミン薬です。 抗ヒスタミン薬は、発売された時期などによって第1世代と第2世代にわけられます。 第2世代の抗ヒスタミン薬は、第1世代の効果はそのままに副作用の眠気が少なく改良されているため、第2世代の抗ヒスタミン薬が選択されることが多くあります。 抗ヒスタミン薬は妊娠中の胎児への安全性は確立されていないため、基本的には使用はすすめられていません。 ただし、ポララミン(クロルフェニラミン)は抗ヒスタミン薬の中でも世界的に使用実績が豊富であり、妊婦へのリスクが少ないことが確認されています。 そのため、アレルギー症状が重く抗ヒスタミン薬が必要な場合は、妊娠中の花粉症の治療薬として選択されることが多いのです。 ポララミンの処方は妊娠4か月から 厚生労働省のガイドラインによると「妊娠4か月の半ばまでは原則として薬物は避けた方が安全」とされています。 妊娠4か月までの間に赤ちゃんの神経や臓器などが作られるため、この期間中に薬を使用すると胎児に影響がでるおそれがあります。 第1世代の抗ヒスタミン薬であるポララミンは効果が強い薬です。 そのため、第2世代の抗ヒスタミン薬が効かない場合にポララミンが処方されることがあります。 ポララミンはすぐに効果が現れる ポララミンをはじめとする第1世代の抗ヒスタミン薬は、アレルギー症状を緩和させる効果が強い薬です。 また、ほとんどの第1世代の抗ヒスタミン薬は効果が現れるまでの時間は15~60分といわれており、即効性があるといえます。 ポララミンの効果時間 第1世代の抗ヒスタミン薬の効果が続く時間は、4~8 時間といわれています。 授乳中のポララミンの処方は医師の判断によって変わってきます。 ポララミンの成分は母乳に移行するため処方できないといわれる場合もありますが、母乳に移行するのは微量であり、ポララミンは古くから使用されている安全な薬のため問題ないという判断のもと処方される場合もあります。 万が一、授乳中にポララミンを使用して、赤ちゃんがいつもより極端に眠るなど赤ちゃんの変化に不安がある場合はすぐに医師に相談しましょう。 ポララミンなどの第1世代の抗ヒスタミン薬は強い効果のある一方で、眠気や口の渇きなどの副作用が強いのが難点です。 眠気や口の渇きの他に、頭痛・めまい・吐き気・便秘・動悸などの副作用が出る場合もあります。 第2世代の抗ヒスタミン薬は、第1世代より効果が穏やかですが副作用がおさえられているため、現在では花粉症の薬の主流となっています。 アレグラ・クラリチン・ザイザル・ジルテックなどが、代表的な第2世代の抗ヒスタミン薬です。 花粉症の薬の効果と眠気の強さについて、詳しくは関連記事をごらんください。 関連記事 ポララミンの用法用量 ポララミンは、通常、成人は1回1錠(主成分として2mg)を1日1〜4回使用します。 安定した効果を期待するには4回に分けて使用する必要がありますが、眠気の副作用が強いため、日中の使用が難しい場合は夕方や夜間を中心に使用します。 症状や年齢によって用量は増減されるので、必ず医師に指示された通りに使用してください。 ポララミンと飲み合わせで注意が必要な薬 妊娠中の方はもともと飲酒を控える必要がありますが、ポララミンの添付文書にもアルコールとの併用には注意が必要であると記載されています。 ポララミンとアルコールを併用すると、副作用の眠気などが強まる可能性があるためです。 また、ポララミンを次のような薬と同時に使用する場合には注意が必要です。 他に日常的に飲んでいる薬がある場合は必ず医師に申告してください。 【併用に注意が必要な薬】 ・中枢神経抑制剤 ・MAO阻害剤 ・抗コリン作用を有する薬剤 ・ドロキシドパ ・ノルアドレナリン ジェネリックはあるが価格は同じ ジェネリック医薬品とは、先発薬の特許が切れたあとに販売される薬のことで、先発薬と同じ成分で同じ効能があると国に認められている薬です。 開発にかかる費用が必要ないため、先発薬より安価で販売することが可能です。 ポララミンの成分と同じ「d-クロルフェニラミンマレイン酸塩」を配合するジェネリックには「ネオマレルミン錠」があります。 現時点では先発薬である「ポララミン錠2mg」と、ジェネリックの「ネオマレルミン錠2mg」の価格は同じです。 薬価 5. ポララミンの成分である「d-クロルフェニラミンマレイン酸塩」が含まれる市販薬はいくつかありますが、別の成分が配合されていたり、配合量が異なります。 特に妊娠中は自己判断による市販薬の使用は控えましょう。 ポララミンは、妊婦に処方されることの多い花粉症の薬です。 眠気の副作用がでやすいですが、長年の使用実績があり症状をおさえる効果が期待できます。 使用回数や使用量などは症状に応じて変わるので、医師の指示に従いましょう。

次の

花粉症治療の話①『眠くなる薬』の注意点(抗ヒスタミン薬)

ポララミン 眠気

副作用 (添付文書全文) 本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していないため、発現頻度については文献、自発報告等を参考に集計した(再審査対象外)。 1.重大な副作用(頻度不明) 1).ショック:ショックを起こすことがあるので、観察を十分に行い、チアノーゼ、呼吸困難、胸内苦悶、血圧低下等の症状が現れた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う。 2).痙攣、錯乱:痙攣、錯乱が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が現れた場合には、減量又は休薬等適切な処置を行う。 3).再生不良性貧血、無顆粒球症:再生不良性貧血、無顆粒球症が現れることがあるので、血液検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止する。 使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) 1.本剤の成分又は類似化合物に対し過敏症の既往歴のある患者。 2.閉塞隅角緑内障の患者[抗コリン作用により眼圧が上昇し、症状を悪化させることがある]。 3.前立腺肥大等下部尿路に閉塞性疾患のある患者[抗コリン作用により排尿困難、尿閉等が現れ、症状が増悪することがある]。 4.低出生体重児・新生児。 (慎重投与) 1.開放隅角緑内障の患者[抗コリン作用により眼圧が上昇し、症状を悪化させることがある]。 2.眼内圧亢進のある患者[抗コリン作用により眼内圧が上昇し、症状が増悪する恐れがある]。 3.甲状腺機能亢進症のある患者[抗コリン作用により症状が増悪する恐れがある]。 4.狭窄性消化性潰瘍、幽門十二指腸通過障害のある患者[抗コリン作用により平滑筋の運動抑制、緊張低下が起こり、症状が増悪する恐れがある]。 5.循環器系疾患のある患者[抗コリン作用による心血管系への作用により、症状が増悪する恐れがある]。 6.高血圧症のある患者[抗コリン作用により血管拡張が抑制され、血圧が上昇する恐れがある]。 (重要な基本的注意) 眠気を催すことがあるので、本剤投与中の患者には、自動車の運転等危険を伴う機械の操作には従事させないよう十分注意する。 (相互作用) 併用注意: 1.中枢神経抑制剤、アルコール[相互に作用を増強することがあるので、併用する場合には、減量するなど慎重に投与する(本剤の中枢抑制作用により、作用が増強される)]。 2.MAO阻害剤[相互に作用を増強することがあるので、併用する場合には、減量するなど慎重に投与する(本剤の解毒機構に干渉し、作用を遷延化し増強することがある)]。 3.抗コリン作用を有する薬剤[相互に作用を増強することがあるので、併用する場合には、減量するなど慎重に投与する]。 4.ドロキシドパ、ノルアドレナリン[併用により血圧の異常上昇を来す恐れがある(本剤はヒスタミンによる毛細血管拡張を抑制する)]。 (高齢者への投与) 一般に高齢者では、生理機能が低下しているので、患者の状態を観察しながら慎重に投与する。 (妊婦・産婦・授乳婦等への投与) 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。 (小児等への投与) 低出生体重児、新生児には投与しない[中枢神経系興奮等の抗コリン作用に対する感受性が高いため、痙攣等の重篤な反応が現れる恐れがある]。 (適用上の注意) 薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔を起こして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。 (保管上の注意) 遮光した気密容器。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の