かぼす 食べ 方。 大分のみなさんカボスのレシピを教えてください!!たくさんもら...

カボスの皮の使い方と栄養!大腸がん予防にはナリンジンがポイント

かぼす 食べ 方

このページの目次• カボスを搾って料理にかけよう カボスの最もポピュラーな食べ方ですね。 料理じゃないじゃないか!と思うかもしれませんが、 カボス特有のまろやかな酸味は想像以上に何にでも合います。 揚げ物にかければ胃が重くても食が進み、お酒に入れればフルーティーな香りと酸味で飲みやすくなります。 かすかな苦み・塩味もあるので、お醤油代わりに刺身につければ、 減塩効果も期待できますよ。 他にもお味噌汁や焼き肉など、 かける料理の種類を増やすだけでも消費量はぐんっと上がります。 搾る時は皮を下向きにしましょう。 香りの成分は皮にある精油に入っているので、果汁が皮をつたうように搾ることで、カボスのさわやかな香りがわき立ちます。 果汁でジュースやデザートを作ろう カボスの果汁は ゆずやすだちに比べて甘味が強く、ジュースやデザートに最適です。 その中でも簡単に作れるレシピを2つ紹介します。 はちみつカボスジュース コップ1杯の 水に、カボス半分の 果汁と、お好みで はちみつを混ぜるだけ。 ほどよい酸味に甘みが加わり、ゴクゴク飲める一品です。 カボスのカッテージチーズ 牛乳が酸で固まることを利用した料理です。 沸騰しないように温めた 牛乳500mlに、カボス1個分の 果汁を加え、弱火でコトコト煮込みます。 牛乳が固まったらキッチンペーパーを敷いたざるに上げ、水分を切って完成です。 ほんのりとカボスの香りがします。 そのままでも、パンなどに乗せてもおいしいですよ。 ちなみに、残った水分は 乳清(ホエー)といって、 水溶性のタンパク質やビタミンなどの栄養がたくさん入っています。 捨てるのはもったいないので、はちみつやショウガ水でジュースを作るなどして、残さず食べましょう。 皮で香りを活かした料理を作ろう カボスの香りは皮に含まれる精油に詰まっています。 捨てずにうまく利用すれば、 香り高いワンランク上の料理に変身しますよ。 こちらも簡単な料理を2つご紹介します。 カボス胡椒 白いわたの部分は苦いのでなるべく削り落としておきます。 カボスの皮と、種を取った 青唐辛子、 塩、 カボス果汁をミキサーにかければ出来上がりです。 果汁を入れると辛味がまろやかになりますが、入れすぎると酸っぱくなるので注意しましょう。 青唐辛子の種を入れると格段に辛くなるのでこちらはお好みで。 ゆずとも違ったさわやかな香りがします。 香りが強すぎないので、 白身魚や鶏肉などの淡泊な料理に良く合いますよ。 カボスピール カボスの皮の砂糖漬けです。 皮から白いわたを取り除き、適当な大きさに切ります。 次に、 皮をそのまま使うと苦みが強いので、 ゆでこぼしをして苦みを抜いていきます。 皮と水を鍋に入れて煮立たせ、お湯を捨てるという作業を3~4回繰り返しましょう。 最後のお湯を捨てたら、 グラニュー糖を皮と同じくらいたっぷり入れて、焦げないように煮詰めていきます。 水分が抜け、飴状になったら、グラニュー糖を敷き詰めたお皿に、重ならないように並べます。 上から更にグラニュー糖をまぶし、しばらく冷ましたら完成です。 保存したいときは、網の上に並べ、1~2日かけてしっかり乾燥させましょう。 乾燥させた砂糖漬けは、周りの砂糖が水分を吸ってくれるので、カボスが腐りにくくなります。 数ヶ月~半年は保つので、ゆっくりと味わえますよ。 熟して黄色くなったカボスを使うと、香りは少し落ちますが、口当たりが柔らかくなります。 もう一工夫して、 溶かしたチョコをからめてもおいしいですよ。 ピール自体が甘いので、ビターなチョコを使うのがおすすめです。 まとめ カボスを使った料理の中でも、比較的簡単で取りかかりやすいものを紹介しました。 9月~10月に手に入る旬のカボスは、果汁も香りも最高です。 せっかくのカボスを無駄にしないためにも、ぜひいろんな料理を試してみてくださいね。

次の

かぼすの栄養とダイエット効果。カボスジュースにも効能がたっぷり。

かぼす 食べ 方

レモン、ユズ、ライムなど、柑橘類の中でも酸味が強いため生食には不向きとされるものを香酸柑橘類と呼び、料理の薬味や風味付けに利用する。 そんな香酸柑橘類は、日本では40種ほどあるが、ユズ、スダチ、そしてカボスの3つで、国内生産量の大部分を占めているという。 徳島県の特産品であるスダチと同じく、ユズの近縁種であるカボス。 形は球形でスダチと同じだが、ゴルフボールくらいの小ぶりなスダチと比べ、カボスは100g~150gとテニスボール大で、柔軟多汁。 独特のさわやかな香りとまろやかな酸味で、鍋や魚などの日本料理の調味料として絶品とされている。 カボスは「香母酢」とも記され、大分県の特産品。 臼杵市や竹田市の民家などでは古くから、薬用として植えられていたという。 江戸時代に宗源という医師が京都から豊後の国へ持ち帰った苗木が発祥とされ、現代の代表的な品種は「カボス大分1号」。 このほか、低温耐性が強く緑色が濃い「豊のミドリ」、種が少ない希少品種「香美の川」、「祖母の香」などの種類がある。 臼杵市内などに樹齢200年以上の古木が残ることから、大分県がカボスの原産地であるとされている。 昭和40年代頃から栽培面積が増え、昭和50年代に「一村一品運動」が大分県下の各地でおこり、カボスはその旗手として次第に全国へ出荷。 着実に知名度を高めていった。 現在も全国生産のシェアのほとんどを大分県が占めている。 果汁の質がよく、量も多く、カボスの風味が最も豊かになる旬の時期は、露地ものが黄色く熟す前の8月末~10月にかけて。 緑鮮やかな状態のものが、最も美味しいとされている。 3月下旬~8月初旬はハウスものが、また11月頃~3月までは、旬の時期の鮮度と味をキープした貯蔵ものが出回り、通年カボスのまろやかな酸味を満喫できるようになっている。 特産地の大分県では長年、酢のように食されてきたカボス。 家庭の庭の果樹として植えられている場合も多く、旬の時期には多くの収穫に恵まれる。 そんなカボスを常備し、あらゆる料理に加えて、美味しさを増幅させるのが産地ならではの食べ方だ。 たとえば、オーソドックスに焼き魚に大根おろしと一緒に添えて、一搾り。 さわやかな香りが魚の臭みを消し、醤油も少なくてすむので、減塩にも一役買ってくれる。 また、熱々のフライや唐揚げ、天ぷらなどの揚げ物にもカボスを一搾り。 油っこさを抑え、胃がもたれることなくいただけるだろう。 サラダやスープ、そうめんやうどん、肉料理や刺身など、和・洋・中どんな料理とも相性抜群だ。 焼酎などのドリンク類、シャーベットやゼリー、ケーキなどスイーツ作りにも用いられる。 さらに、大分では味噌汁にもカボスを一搾りするそうだ。 いつもの味噌汁がすっきりと口当たりよく感じられるので、ぜひ一度試してみてほしい。 大分名物のフグ鍋や城下かれいには、もちろん、搾ったカボス果汁と醤油で作ったカボスぽん酢が添えられる。 作り方はいたってカンタンなので覚えておこう。 鍋はもちろん、サラダや揚げ物など何にでも使えて重宝するので、多めに入手できた際は作ってみてほしい。

次の

知っておきたい!【カボス】の種類と選び方・食べ方

かぼす 食べ 方

かぼすは、大分県で多く栽培されている柑橘類の果物です。 かぼすの保存方法や保存期間、含まれる栄養について疑問に思うこともあるかもしれません。 かぼすは、冷蔵のほか、冷凍保存が便利で、干して乾燥させた状態でも保存もできます。 かぼすの保存や、様々な保存食レシピについて、ご紹介します。 かぼすは、未熟な青いうちに香りや風味を楽しむ果物で、黄色く熟す前に食べます。 冷凍すると青い状態を長持ちさせることができます。 冷凍したかぼすは、解凍せずにすりおろしたり飲み物にうかべることもでき、便利です。 新鮮でおいしいかぼすの見分け方や食べ頃について解説し、長持ちする保存食のレシピや、黄色く熟してしまったかぼすのおいしい食べ方もご提案します。 爽やかな香りと酸味を持つかぼすを上手に保存して使いこなしてください。 空気に触れることで風味や香りが逃げてしまうので、冷蔵保存よりも実は冷凍保存がおすすめです。 かぼすの冷蔵保存の際の栄養素は? かぼすに多く含まれるクエン酸には、疲労回復や食欲増進の効果が期待でき、芳香成分によってリラックス効果も期待できます。 その他にも、かぼすは、カリウム、カルシウム、ビタミンCやEなどを多く含む果物ですが、酸味が強く、一度にたくさん食べるようなものではないので、これらの成分の効果は大きくは期待しにくいといえます。 かぼすの冷蔵保存の際の栄養素は変わりありません。 かぼすを冷凍保存する方法 かぼすは、カットして冷凍、または果汁を絞って冷凍することもできます。 カットした果実はラップに包んで冷凍、果汁は小分けにして冷凍すると便利です。 かぼす 果実 の冷凍保存法• 冷凍するときにはなるべく薄く平らにする• アルミのトレイにのせると早く冷えやすい• 冷凍庫の開け閉めが少なく低温が保たれるなど、保存状態がよければ、さらに長期の保存も見込めます。 かぼすの冷凍保存の際の栄養素は? かぼすはクエン酸が豊富な果物です。 クエン酸には、疲労回復や食欲増進の効果が期待できます。 また、皮に多く含まれる芳香成分によってリラックス効果も期待できます。 かぼすは冷凍したものをすりおろして使うことができますが、皮部分は冷凍してかたい方がすりおろしやすく、皮の栄養分を摂取しやすくなるといえます。 かぼすの冷凍保存の際の栄養素は変わりありません。 かぼすを冷凍したあとの解凍方法 凍ったまま、飲み物に浮かべたり、麺つゆに浮かべたりして使えます。 凍ったままおろし金ですりおろすと、皮も薄皮もまるごと使えます。 スポンサードリンク かぼすを干す保存方法 果実をスライスして干したり、果汁を絞ったあとなどの皮を刻んで干すこともできます。 かぼすの干す保存法 スライスした果実• かぼすを干した後の戻し方 特に戻す作業は必要ありません。 かぼすを干す保存の際の栄養素は? かぼすには、疲労回復効果があるとされるクエン酸が豊富で、皮に多く含まれる香り成分はリラックス効果が期待できます。 かぼすは干すことで皮も摂取しやすくなります。 生のかぼすはビタミンCも豊富ですが、ビタミンCは干すことで減ります。 かぼすのカット(切った)後の日持ちする保存方法は? できるだけ空気に触れさせないようにして冷蔵庫に入れます。 かぼすの保存方法 使いかけ 切断面にラップを貼り付けて、空気から遮断します。 冷蔵室に保存し、できるだけ早く使います。 かぼすの長持ちさせる保存方法 かぼすがたくさんあるなどして、長持ちさせたいときは、冷凍がおすすめです。 長期保存が可能になるばかりでなく、凍ったまますりおろすという使い方をすれば、皮や薄皮まであますところなく食べやすくなり、効率よく栄養を摂取できます。 かぼすの夏や冬の保存の違い かぼすは、青く未熟な方が風味よく食べられます。 気温が高い季節は、常温保存は避けます。 冬は、常温においてもいいですが、夏は冷蔵保存を基本にしましょう。 かぼすの絞り方• 果皮が鮮やかな緑色。 キズがなく、ふっくらとしている。 持った時、見た目より重たい感じがする。 かぼすの生産量が日本一の大分県では、とれたての露地ものが8から10月に出荷されます。 10月の終わりころから3月半ばころまで、貯蔵されたかぼすが時期をずらして出荷されます。 春から夏にかけては、ハウス栽培されてものが出回ります。 このように、生産・出荷時期をずらして、かぼすは周年出まわっています。 参考: かぼすの食べ頃 柑橘類なので、熟すと黄色くなります。 しかし、熟す前の、緑色のものの方が香りや風味がよいとされます。 黄色くなってしまっても、食べられないわけではありません。 ジャムやシロップに加工するのなら、黄色く熟したものの方が酸味の角が取れ、おいしくできます。 かぼすについて 大分県で多く生産されるかぼすは香酸柑橘と呼ばれる果物のなかの1つです。 香酸柑橘とは、みかんのなかまの中でも、果実をそのまま味わうというより、皮の香りや果汁の酸味を利用して料理やお菓子に生かしたり、ジュースにしたりする柑橘類のことです。 香酸柑橘の代表的なものとしては、かぼすの他に、レモン、ライム、ゆずなどがあげられます。 かぼすは、漢字で書くと「香母酢」となります。 ゆずの近縁種の植物で、大きさは100g~150gと大きめ、皮に独特の香りがあり、酸味がおだやかで甘みがつよいのが特徴です。 かぼすとよく似た香酸柑橘に徳島県で多く作られているすだちがありますが、かぼすは直径6cmほど、すだちは直径4㎝ほどでかぼすの方が大きめです。 スポンサードリンク かぼすの保存食と人気簡単レシピの作り方 かぼすの保存食の種類• ジャム• シロップ• スムージー かぼすの保存食レシピの簡単作り方と保存期間 黄色くなってしまったかぼすの救済レシピです。 出来上がったジャムを、きちんと消毒した瓶に詰め、脱気して保存すれば、1年ほど持ちます。 開封したらできるだけ早く食べきりましょう。 スムージーは保存はできません。 すぐに飲んでください。 保存期間は冷凍庫で1週間ほどです。 かぼすの果汁をたっぷり使ったスイーツです。 かぼすの酢漬けの作り方の保存食レシピと保存期間 保存期間は、清潔な瓶に入れて雑菌が入らないように管理すれば半年から1年くらいです。 離乳食の保存 かぼすは、離乳食に多用するような果物ではありません。 酸味が強く、刺激が強いからです。 しかし、かぼすの香りや風味といった微妙で繊細な味も、赤ちゃんにいろいろな味や香りを体験させて、味覚を育てるのに一役買ってくれます。 離乳食後期のころから、やわらかい魚にかぼすの果汁をほんの少し垂らすなどして、かぼすの風味や香りを知っていくとよいです。 まとめ かぼすは、爽やかな香りと酸味が魅力の果物です。 風味付け、薬味のしての役割をが大きいですが、かぼすの味や香りを主役として楽しめる保存食もたくさんあります。 かぼすは、冷蔵保存、冷凍保存、干して保存ができますが、長持ちさせて、栄養を効率よく摂取するという点では冷凍がおすすめの保存方法です。 果汁を絞り取って保存することもできます。 秋が旬の果物ですが、かぼすの生産シェア日本一の大分県では、栽培や貯蔵の工夫により出荷時期をずらして通年出荷していますので、年中楽しむことができます。 かぼすの特徴、保存について正しく理解して、かぼすを使ってワンランク上の食卓を目指してください。

次の