杉山 愛 テニス クラブ。 杉山愛の子供や夫は婿養子で結婚はいつした!?若い頃やかわいい長男の画像や第二子は?【はじめてのおつかい】

「哲学を抱ける選手はぶれない」― 杉山愛の母が語る「良い人間」に育つ条件

杉山 愛 テニス クラブ

シングルス世界ランキング8位、ダブルスでは1位と38ものタイトルを獲得した彼女は、2009年に34歳で惜しまれつつ長く充実したキャリアに幕を引いた。 その愛さんを支えたのが母親であり、コーチとしてツアーに帯同した杉山芙沙子さんだ。 現在は自らテニスアカデミーを経営。 インタビュー第1回は「ジャパンアスリートペアレンツアカデミー(JAPA)」創設理念や自身の経験に照らした子育ての哲学を語ったが、今回は長い指導歴で「哲学」を感じた選手・家族、そして、教え子のリオ五輪ダブルス代表の穂積絵莉の指導の思い出を聞いた。 この時、ご両親は13歳の圭をすでに、一人の人間として信頼し尊重していました。 ご家族の哲学がしっかりしているから、それができたのだと思います。 2008年北京、2012年ロンドンパラリンピックではシングルスで金メダル獲得)も、理念を持って強くなった選手だと思います。 まだトップ10になったばかりの頃の国枝さんに『将来はどんな人になりたいの?』と聞いたことがあるのですが、その時の彼はまだ、すぐに答えられませんでした。 自分がどうなりたいか、具体的にイメージできてなかったんですね。 その国枝さんが最終的に見つけた答えが、『世界最強の男になる』でした。 ここでいう『最強』とは決して、スキルだけを指しているのではありません。 何を食べ、どんなことを話すことが『世界最強』に通じるのか……それを考えて日々努力を重ねた結果、彼は、半年後に世界1位になるんです。 そうすると今度は、自分より上に選手がいないなかで『世界最強』であるためには、どうすれば良いかという課題に当たります。 そこで国枝さんは『昨日の自分より今日の方が強くなくては、世界最強の男ではいられない』ということに気がついたんです。 なので彼はそこを目指し、モチベーションにしながら活動することで、10年間も世界1位に居続けました。 私は、選手や子供たちと話す時に『テニスを通じて何をしたいのか』ということを問います。 そういう風に考え、哲学を抱ける選手は良い人間になり、何をするにも軸がぶれない。 打ち込んでいるスポーツを、人生の中でどう捉えるかが重要だなと思っています」.

次の

杉山愛の子供や夫は婿養子で結婚はいつした!?若い頃やかわいい長男の画像や第二子は?【はじめてのおつかい】

杉山 愛 テニス クラブ

元女子テニスダブルス世界ランク1位の杉山愛さんが、28日に自身のインスタグラムを更新し、息子である悠くんとの親子テニスレッスンの様子を公開した。 「4歳児の真剣な表情。 私も4歳の頃にテニスを始めました。 私が同じ年だった頃より、彼の方がずっと上手いです」(原文は英語)というコメントと共に投稿されたのは、テニス選手さながらの真剣な表情でラケットを握る悠くんの数枚の写真と、実際にボールを打つ動画。 過去の投稿を見ると、悠くんはどうやらバックハンドが苦手なようだが、動画では杉山さんからの球出しのボールをしっかりラケットで捉えて、両手バックハンドで力強く打ち返している。 これには杉山さんも幾度となく「ナイス!」と声をかけていた。 この微笑ましい動画には、ファンからも多くの反響が集まり「上手い!」「良い顔ですね!」「テニスの王子様」といったコメントが寄せられていた。 日本人最多となるグランドスラム複4度の優勝を誇る杉山さんの息子だけあって、中には悠くんのテニス選手としての将来に期待するようなコメントも見られたが、杉山さんはあくまで「テニスを好きになってもらえたらそれだけでいい」というスタンスのようだ。 杉山さんも幼少期には、テニス以外に体操、ピアノ、フィギュアスケートなど、様々なことに挑戦していたという。 悠くんも彼女と同じように、多くのチャレンジを経験しながらのびのびと育っていくのだろう。

次の

杉山愛の『家族』~旦那さんの職業は…離婚の噂が?2人目の子供は?

杉山 愛 テニス クラブ

今回は、元テニスプレーヤーとして有名な杉山愛さんについてです。 杉山愛さんは、1975年7月5日に横浜市で生まれました。 誕生したちょうど同じ日に、沢松和子選手がウィンブルドンの女子ダブルスで 日本人選手として初の優勝を達成した日だそうです。 ちょっと運命みたいなものを感じますね。。。 杉山さんの父は歯科医院の開業医で、母の芙紗子さんは愛さんに体操やフィギュアスケート等いろいろな習い事をさせていたそうですが、テニススクールでの入れ込み方が明らかに違ったんだとか。 自分に合ったものが見つかった瞬間ということですね。 中学1年生の時に、杉山さんは全国選抜ジュニアテニス大会の14歳以下の部で初優勝し、15歳の時には全日本ジュニアの18歳以下の部で年上もいる中で準優勝を成し遂げました。 その後もトントン拍子に、高校総体シングルスで優勝、1991年全豪オープン、1991年全米オープン、1992年ウィンブルドンで、それぞれシングルス・ジュニアの部でベスト8入りを果たしました。 プロ入り後、1993年にはウィンブルドン初本戦出場し、1994年にはシングルス・ダブルス共に世界ランキング100位以内を達成、1995年には全日本テニス選手権の女子シングルスで悲願の初優勝を果たしました。 1997年のシングルスのランキング20位入り、1998年の全豪オープンで初のシードでの出場と活躍し、1999年に混合ダブルスで念願の全米オープン優勝を果たし、グランドスラムタイトルを獲得しました。 2000年に入っても、全米オープンの女子ダブルス優勝を果たし順風満帆に思われましたが、シングルスでの1,2回戦負けが続き、杉山愛さん自身で初となる スランプに陥ったそうです。 母:芙沙子さんがコーチへ就任 スランプ状態に陥った杉山さんは 「テニスを辞めたい」と電話で母:芙沙子さんに弱音をはく程に落ち込んだそうです。 その電話をきっかけに話し合いをした結果、2001年に杉山さんの母:芙沙子(写真右)さんがコーチへ就任しました。 就任当初は、お互いにいろいろ葛藤があり結果が伸び悩んだそうですが、2003年のアメリカで行われてたステートファームクラシックで、過酷な日程の中でシングルスとダブルスで2冠を果たし、シングルスの世界ランキング10位を達成し見事な活躍を遂げました。 2009年に引退した杉山愛さんの主な戦績は、女子ダブルスでのグランドスラム優勝3回、準優勝7回、混合ダブルスでの優勝1回、また4大大会シングルスで62回連続出場の ギネス認定記録もあります。 引退から結婚へ 引退後、杉山愛さんはテレビ番組「スッキリ!! 」に出演し、2011年11月3日に 結婚したことを発表したそうです。 お相手は、会社員の一般男性の方だそうで、サッカー選手の長谷部誠選手に似ているそうです。 ちなみに本物の長谷部選手はこんな感じの人。 あくまで、この人に似ている方なのでご注意を。 (笑).

次の