お力添えいただき。 「お力添え」「ご尽力」ビジネスで助ける意味を持つ敬語の例文15選

「お力添え」とは?意味と使い方

お力添えいただき

スポンサーリンク 「お力添え」の意味は? まず最初に 「お力添え」の詳しい意味について見ていきましょう。 「お力添え」を1つずつ分けて解釈すると、「お」は接頭語で次に続く言葉を丁寧な表現に変える言葉です。 「力」は文字通り「ちから」ですが、「力強い腕」のイメージから「力」という漢字が成り立ちました。 この「力」には 「モノを動かす働き」という意味のほかに 「何か物事をするときに助けとなるもの」という意味があります。 「添」は漢字の左側の偏は水の流れを表すさんずい、右側は天に対するときの心という意味から天に対して心がそうを示す「添」という漢字が成り立ちました。 「添」という漢字には 「ぴったりとくっついて離れない」という意味もありますが、 「付け加える」という意味もあります。 まとめてみると 「力添え」という言葉は 「何か物事をするときに助けとなるものを付け加える」と表現できます。 改めて「お力添え」と表現することによって相手を敬う表現に変わりますので目上の方や先輩に対しては「お力添え」と表現します。 「お力添え」の正しい使い方は? 次に 「お力添え」の正しい使い方について見ていきましょう。 「お力添え」は 2パターンの使い方があるのでひとつずつ詳しく解説していきますね。 1,相手から協力頂いたことに対するお礼を述べる時に使う! 例えばイベント実施などの場合です。 イベントは主に休日を利用して実施されますよね。 普段は会社勤務で仕事に専念し、休日は普段の疲れを癒すとともにプライベートの時間として利用します。 大切な時間をイベント実施のために費やすことになるため、イベント終了後にお礼として述べます。 2,相手からの協力を求める時に使う! 仕事を進めるためには協力を必要とする場合があります。 例えば自社製品を売り込むために営業による訪問を何度も繰り返し行ってきたことで訪問先から熱意が認められてもう少しで商談がまとまりそうなときには先輩や上司の協力が必要となります。 スポンサーリンク このような場合に「お力添え」を使うということですね。 「お力添え」の類語を教えて? 次に 「お力添え」の類語を見ていきましょう。 1,力を貸して助けることの意義を持つ類語• ご助力• ご支援• ご協力• サポート• バックアップ• 助けの手• フォロー• 手助け• 助太刀• アシスト• 賛助 2,援助の丁寧な表現としての類語• お力添え• お引き立て• ご支援• ご声援 「お力添え」を上司や先生に使う場合の例文は? 最後に 「お力添え」を上司や先生に使う場合の例文をご紹介したいと思います。 目上の方、上司や先生、先輩となる相手方には接頭語の「お」を付けて使います。 下記に例文をまとめておきますね。 皆様におかれましては日頃より大変なお力添えを賜り、厚く御礼申し上げます。 ここにおいでになる皆様方のお力添えがなければ、成功に至りませんでした。 どうか一層のご指導とお力添えのほど、お願いいたします。 これもひとえに皆様方のお力添えの賜物と心より感謝申し上げます。 何とぞお力添えいただきますよう、お願いいたします。 ~についてお力添えいただければ幸いです。 これからも引き続き、お力添えいただきますようお願いいたします。 今後ともお力添えさせていただきます。 「お力添え」の例文をまとめてご紹介しました。 普段、上司の方や先生、目上の方に使う場合は是非、参考にしてみてくださいね。 まとめ いかがでしたでしょうか? 「お力添え」の 詳しい意味や使い方、そして上司や先生、目上の方に使う場合の例文をご紹介しました。 言葉の意味や使い方をしっかりと頭に入れ、相手に対して正しい認識でしっかりと伝えたいものですね。

次の

「ご尽力いただき」の意味と使い方・例文・類語|相手別/メール

お力添えいただき

2.「お力添え」の使い方 「お力添え」は主に、 相手の行いに対して感謝の気持ちを表す時によく使われます。 自分が行ったことに対して、「お力添え」というような使い方はできませんので、注意しください。 それでは、実際に「お力添え」はどのように使えばいいのか、具体的な例文を見てみましょう。 使い方1: 「お力添えをいただき、ありがとうございます。 」 「お力添えをいただき」に感謝の気持ちをつけることで、「力を貸してくれてありがとう」を丁寧な言い回しとして使うことができます。 使用例としては、相手の会社が協力を決断してくれた場合に使用する感じでしょうか。 してくれた場合のお礼の言葉として使用してみてください。 「お力になれず、申し訳ございません。 」 「お手伝いさせていただきます。 」 4. 「お力添え」と「ご尽力」は違う? 「お力添え」の同義語に 「」 と言う言葉があります。 同じ意味で使っている人も多いですが、少しが異なるので、使い分けの方法を確認しておきましょう。 4-1. 「ご尽力」は「力を尽くす・努力をする」の丁寧に言う言葉 「ご尽力」とは、 目的を達成するために、力を尽くす・努力をするといった意味をもつ 「尽力」に 「ご」をつけることで丁寧な言い回しにした単語です。 「お力添え」との最大の違いは、 努力と言う意味が含まれていることです。 「ご尽力」はどちらかと言えば 努力や苦労をねぎらうような意味で使用されます。 対して、「お力添え」には努力の意味は含まれておらず、相手に協力を求めたり、手助けをしてもらった時に使うようにしましょう。 実際に使う時が来た際に、スムーズに使えるようにしておいた方がいいですよね。 そこで、ここでは「お力添え」を使うことが予想されるシーンと、便利なフレーズを紹介して行きます。 お力添えを使用することで、より丁寧な表現の文章の手紙をすることが可能です。 「貴社のお力添えに、深く」といった使い方をするといいでしょう。 手紙を送る相手によってお力添えを使わずに、「心から感謝申し上げます」や「感謝の意を表します」などを使用するのも良いですね。 5-2.お礼や挨拶を言いに行く場合に使う 実際にお礼を言う場合にも「お力添え」を使用することができます。 ここで注意したいことは、 相手に聞き取りやすい内容でお礼を言うことです。 例えば、丁寧な言い方をすると 「貴社のお力添えに、深く感謝を申し上げます。 」と表記することができますが、これをそのまま口にするのは少々堅苦しい感じがするので 「この度はお力添えを頂き、誠にありがとうございます。 」 と言い換えて見るといいでしょう。 5-3.プレゼンテーションで使う プレゼンテーションで使うことはあまり無いかもしれませんが、使うことは可能です。 プレゼンを始める前の挨拶で、協力してくれた相手に対して使用すると良いでしょう。 お礼を言う場合やプレゼンの場合でも、 話し言葉はテンポが大切になります。 難しい表現を使用するよりも、 「お力添えありがとうございます。 」 くらいの簡素さの方がテンポのある会話やプレゼンが行えるでしょう。 まとめ 「お力添え」は、手助けを行う際に使われる言葉です。 普段何気なく使う言葉ですが、上司や顧客など、目上の人の手助けに対してしか使わないので、気をつけておきましょう。 お力添えという言葉をスムーズに使えると、「デキるビジネスマン」の印象を与えることができるので、うまく活用してみてくださいね。

次の

就活にも使える「ご尽力」「お力添え」の正しい意味と使い方【例文あり】

お力添えいただき

「お力添え」のビジネスシーンにおける使い方・例文 「お力添え」の使い方は3パターンあります。 お願い・要求・要望するとき 2. お礼・感謝するとき 3. お詫び・謝罪するとき ビジネスシーンで「お力添え」を使う場合、この3つの場面で用いられます。 「お力添え」の使い方としては、 ・お力添えいただく〜 ・お力添えのほど〜 ・お力添え賜る〜 といったようになります。 ただその言葉だけでは相手の事情などお構いなしに言っているような印象を与えるので、前に一言添えるのが良いでしょう。 主に「大変恐れ入りますが」「お手数おかけして申し訳ありませんが」などが使われています。 よく「お力添えがあったからこそ〜」などとよく使われています。 これは 「何事かを達成・実現したことに対し、相手の支援や助力が大きな要因となったことを表明する言い回し・物事の結果に関して相手に謝意を伝える場合の表現」となります。 「お力添え」を使用するときは長期に渡る援助に対するお礼や、大勢の相手に対してのお礼が多くなります。 長期にわたるサポートや一人一人の手助けが集まったことによって、結果を得ることができたということに感謝をする意味合いが強いからです。 また「お力添え」はどんなに些細なことであっても、相手から援助や手助けを得た場合には使うことができます。 良い結果を出せなかったときなど、手助けや協力をしてもらっていた相手や、顧客・取引相手に対して用いることができます。 バリエーションを多く持つことによって、状況に合わせて使い分けすることができるでしょう。 「お力添えできずに申し訳ありません」や「お力添えさせていただきます」などは誤った言い方になります。 自分が手を貸すことについては「ご協力いたします」や「お手伝いいたします」などと言いましょう。 ・(誤)お力添えできずに、誠に申し訳ありませんでした。 ・(誤)今回の件で、お客様のお力添えになれなかったことを深くお詫び申し上げます。 「お力添え」は目下の人には使用不可 上記で説明した通り「お力添え」の「お」は尊敬を表す接頭語なので、上司や顧客など目上の相手に対して使うことができます。 そのため 目下の相手や同等の相手に「お力添え」を使うと違和感があります。 その場合は「お」を外して、「力添え」のみだけで使いましょう。 または「協力」「手助け」「支え」などを使って、力添えしてくれたことへの感謝や力添えしてほしいとお願いするようにしましょう。 使い方は下記の例文を参考にしてください。 「力添えありがとう」 「今手空いてたら協力をお願いしたいです」 「わざわざ手助けしてもらったのに、こんな結果になってしまって申し訳ない」 「今回は支えてもらい、助かりました」 「ご力添え」と「ご尽力」の違い 「お力添え」・・・手を貸してもらう・助言してもらう程度のこと 「ご尽力」・・・できる限り一生懸命努めること どちらも非常に似ている言葉ですが、ニュアンスが少し異なります。 「お力添え」は手を貸してもらう・助言してもらうことを指しています。 「ご尽力」はできる限り一生懸命努めることを指しています。 使い方を間違ってしまうと相手に誤解を招いてしまうこともあるので、違いについてしっかり理解しておきましょう。 2つに共通している点は、 敬語なので自分の行為に対しては使えないということです。 ただ接頭語を外して「力添え」「尽力」とすると、自分に対して使うことができます。 「ご尽力」の意味は「あることのために力を尽くすこと」 「ご尽力」の読み方は、 「ごじんりょく」です。 まず「尽力」の意味は、 「あることのために力を尽くすこと」「努力する」「苦労する」ことになります。 それに尊敬を表す接頭語「ご」を付けて、「ご尽力」となります。 「尽」は「あるかぎりを出す」「終わるまで精一杯する」という意味なので、「尽力」は 一生懸命努めるといったイメージになります。 「ご尽力」は丁寧を表す接頭語「ご」がついているので、 目上の相手に使うことができます。 「ご尽力」の使い方 「ご尽力」の使い方も3パターンあります。 お礼・感謝するとき 2. お詫び・謝罪するとき 3. 自分に対して使うとき 「ご尽力」の使い方としては、 ・ご尽力いただき〜 ・ご尽力を賜りまして〜 ・ご尽力いただいたおかげで〜 といったようになります。 相手に対して使うときは「ご尽力」ですが、自分に対して「ご尽力」を使う場合は、「ご」をとって 「尽力」と使います。 「尽力」と使うときは、 「微力ながら」「及ばずながら」とクッション言葉を前におくことで、謙虚な気持ちを表すことができます。 「力不足ではありますが」「十分ではありませんが」といった意味になり、自分の力を謙遜した表現になります。 また 「ご尽力の賜物」という言い方もあります。 「賜物」とは「他人から受けた恩恵や試練などの結果与えられた成果」という意味です。 つまり「ご尽力の賜物」は 「相手が力を尽くしてくれたおかげで成果を得た」という意味合いになります。 「ご尽力の賜物」は話し言葉というよりも、書き言葉なのでメールや文書で使うことが多いです。 「ご尽力」は使い方によっては、少し大げさな印象を与えてしまう恐れがあるので、相手や状況をよく考えて使うようにしましょう。 「ご尽力」の間違った使い方 「尽力」という言葉から「尽力を尽くす」という言葉を連想する人もいるかもしれません。 しかしこれは 「尽力」と「尽くす」で意味が重複してしまうため、間違った使い方になります。 使ってしまわないように気をつけましょう。 また、 依頼やお願いをするときに「お力添え」とは言うことができますが、「ご尽力」とは言うことができません。 なぜなら「ご尽力」は「努力する」という意味なので、目上の相手に「ご尽力お願いいたします」と言うと、努力することをお願いしていることになり、失礼な印象を与えてしまうからです。 「ご尽力」の例文 「この度の事業成功にあたり、関係者各位の皆様のご尽力には感謝申し上げます」 「この度はご尽力いただいたのにもかかわらず、残念な結果となりましたことを深くお詫び申し上げます」 「今後は、誠心誠意尽力して参ります」 「微力ではございますが、尽力させていただく所存でございます」 「これもひとえに皆様からの厚いご尽力の賜物と心よりお礼申し上げます」.

次の