いたちゆーと。 いたちゆーと/Crescendoプロフィール

【3DASMR】雪村久音のASMRの部屋2

いたちゆーと

イタチは西日本を中心に生息。 特に大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀、和歌山、岡山、鳥取などの関西エリアは特に駆除依頼の多い地域です。 彼らはハクビシンなどと比べると 非常に獰猛で肉食性が強い動物です。 見た目は可愛らしいですが、むやみに手を出すのは禁物です。 ネズミやモグラなどの小動物、カニなどの甲殻類、昆虫、また時には池の鯉やニワトリなど自分よりも大きなものまで襲って食べることもあります。 そのため排泄物には動物の骨や殻が混じることもあり、ハクビシン等の糞よりもにおいが強い傾向にあります。 ただ肉食のみというわけでもないので、農作物を荒らすという被害も報告されています。 イタチのオスとメスの違い イタチはオスとメスで体の大きさに明確な違いがあり、オスはメスの1. 5~2倍ほど大きくなります。 またニホンイタチもチョウセンイタチもメスは共に非狩猟獣のため捕獲は禁止されています。 毛色はオスもメスも同色。 全体的に山吹色のような鮮やかな黄色で顔は茶色をしています。 イタチの種類 チョウセンイタチは1930~1950年頃に日本に入ってきたと言われています。 船の積み荷と混じって朝鮮半島から持ち込まれた説や、毛皮業者が養殖のために持ち込んだイタチが逃げて野生化した説などがあります。 ニホンイタチとチョウセンイタチでは、チョウセンイタチの方が優勢のためニホンイタチを山間部に追いやっています。 『鼬 いたち の最後っ屁』ということわざがあるように、イタチは追いつめられた際に肛門付近の臭腺から悪臭を放ち、敵が怯んでいるうちに逃げます。 対馬に生息するツシマテンは国の天然記念物であり非狩猟獣。 北海道に生息するクロテンも非狩猟獣です。 2010年佐渡市の佐渡トキ保護センターで飼育中のトキ9羽が死んだニュースがありました。 その後の調査の結果、襲ったのはテンだったという衝撃の事実が判明し、テレビでも連日この話題が報道されていました。 このニュースからも見て取れるように、見た目の可愛らしさとは裏腹にテンは肉食であり、時に 自分よりも体の大きな動物も襲うこともあるのです。 テンとイタチの違い 通常は単独で生活しますが、出産のために木造家屋の天井裏に侵入するケースもあります。 オスとメスで体の大きさが違い、オスの方がメスよりも大きい。 一度に複数匹出産します。 またテンの毛皮はミンクなどと同様に高級品としても知られています。 イタチとは違い、毛色は夏と冬で色が変わるという特殊な種類です。 夏はやや黒ずんだ黄褐色で顔は黒、冬は明るい黄褐色ないし黄色で顔は白となります。 毛色により呼称が2種類あり、黄色い個体をキテン、くすんでいる個体をスステンとも呼びます。 関西地方はスステンが多い傾向にあります。 テンは何を食べる? テンの食性は雑食。 ネズミやリスなどの小動物や鳥類、爬虫類、両生類、昆虫類など何でも食べます。 植物質のものは果実を好みます。 秋には糞の中にマタタビやサルナシの種が混ざることが多くなります。 そのため農作物が荒らされたり、池の鯉が食べられる、飼育しているニワトリが襲われるなどの被害も報告されています。 テンの言い伝え 余談になりますが、テン 貂 は昔からあまり良くないイメージの伝承も数多く残っており、 「テンが目の前を横切ると縁起が悪い 石川県、秋田県 」「テンは雪崩による死者が化けたもの 福島県 」「テンは殺すと火難に遭う 広島県 」という言い伝えがあります。 その画図の中では、絡み合ったテンが家のそばに現れると、その家は火災に遭うと恐れられていたそうです。 どうやらテンは昔から恐れられていたようですね。 イタチ・テンによる主な被害 イタチは本来平野部から低山にかけて、テンは低山から亜高山 標高500~1500m にかけて生息し、沢や水田、池沼などで見かけることの多い動物でした。 しかし近年では住宅街に姿を現すことも多く、木登りも得意な為民家へ侵入し棲みつくケースが増えてきています。 見た目は可愛らしい動物ですが、彼らにより「農作物を荒らされた」「池の鯉が食べられた」「飼育しているニワトリが襲われた」などの被害も報告されています。 その中でも、民家の天井裏や床下に侵入されたケースの被害についてご説明します。 出産・営巣 テンの赤ちゃん イタチに荒らされた屋根裏の断熱材 イタチやテンは建物に侵入すると、基本的に住みついてしまいます。 出たり入ったりを繰り返しますが、 自然に出て行くことはありません。 ふかふかのマットのようなものなので、巣にされやすいグラスウールという素材が多く採用されています。 この素材を巣にすることが多く、この上で出産することも頻繁に見受けられます。 夜になると天井や壁の中でガタガタコトコト…。 ひどい時はドタバタと…。 毎晩この音のせいで 不眠症やノイローゼになる依頼者も多くいらっしゃいます。 出産時には幼獣の鳴き声がすることもあります。 被害が進行すると天井が抜け落ちることもあります。 イタチやテンは肉食性が強い傾向にあるので、果実を中心に食べるハクビシンなどと比べると、糞の臭いも強く、イタチやテン独特の獣臭と排泄物の悪臭による 健康被害に繋がる可能性もあります。 この臭いがまた新たに 別の動物を寄せ付ける原因にもなりますので、消臭作業が必要です。 ダニ・ノミ被害 野生動物には必ずと言っていいほどダニやノミが寄生しています。 吸血性のダニやノミが彼らに寄生すると、巣や天井裏にも潜みます。 そのダニやノミが室内にまで降りてくると人間も刺し、特に肌の柔らかい、女性や赤ちゃんが刺されやすいといわれています。 ノミは膝から下を中心に刺され、ダニはお腹や二の腕など体の柔らかい箇所を刺されることが多く、刺されると1週間以上激しい痒みに襲われます。 またダニの死骸はアレルゲンとなり、 アトピーや喘息 ぜんそく の原因にもなるので注意が必要です。 菌の媒介 野生動物はさまざまな菌を媒介します。 食中毒の原因となるサルモネラ菌やレプトスピラ菌、ペストなど数多くの菌や病気を媒介するのです。 菌は目には見えませんし、健康被害も懸念されます。 イタチやテン自体の駆除のみならず、きちんとした消毒作業が必要です。

次の

いたちゆーとさんの魅力について!

いたちゆーと

asmr。 近頃youtubeの一ジャンルとして台頭しそうな勢いのコンテンツ。 私は2014~2015年あたりから聞き始め2019年現在も絶賛視聴しています。 登場し始めたときから紹介できなかったことが非常に残念です・・・!非常に惜しく思います。 この記事ではasmr歴4年以上の私が日本人?配信者の中でおすすめの人を紹介したいと思います。 なかにはなかなか存じ上げない人もいるかもしれません。 さて手短にasmrがどんなものかご紹介。 ASMR( Autonomous Sensory Meridian Response)は、 人が聴覚や視覚への刺激によって感じる、心地良い、脳がゾワゾワするといった反応・感覚 [1]。 正式・一般的な日本語訳は今のところ存在しないが、直訳すると 自律感覚絶頂反応となる。 読み方は「アサマー」「エー・エス・エム・アール」や「アスマー(エイスマー)」「アズマー(エイズマー)」が広まっている [2]。 ではasmr配信者の紹介です! このマッサージのasmr動画。 声の方もやはり素敵ですが、その音も素晴らしいものだと思います。 実際に背中をマッサージしてくれているような感じがします・・・! 高倉むきASMR 約三年前から配信されているかたです。 配信頻度は結構多いです。 こえの特徴は聴いた感じはハイトーンがベースで、決してその声の中に軽々しさはなく、姉御のようなそんな安心感がある気がします・・・!• おすすめの動画。 これほどフランス語をかわいく発音できるひとがいるのか・・・!?そうおもってしまうほどの破壊力。 逆に眠れなくなるかもしれませんね。 ASMR Crescendo(いたちゆーと) この方は5年前ほどから投稿をされている方です。 おそらくメインのボイスの方が「いたちゆーと」さんという人だと思います。 そのほかにも様々なボイスが聞けるので、サークルとして活動しているのかなぁと。 またこのチャンネルは「COM3D2」というものを導入しており、声、音だけでなく、目でも動画を楽しむことができるものとなっています。 今はやりヴァーチャルユーチューバー?のように実際にキャラクターが動き、そして声も連動している!なんと素晴らしいことか・・・。 では今回は、いたちゆーとさんに限定してフィーチャーしていと思います!• オススメの動画 これらの動画はすべて「いたちゆーと」さんが声を担当しているものです。 声の感じとしては、基本的には低めの声ですが、その中にしっかりとして安心感、安定感があるような感じ!またこの方のasmr動画は声だけでなく、バイノーラルの音声も素晴らしいです。 日本の数あるasmr動画の中でも、本当に近くにいるかのような仕上がり。 特に肩たたき「叩打法」は聴きごたえ抜群。 寝るときでも、勉強するときでもいつでも聞いて、リラックスできる代物です。 BLUE BIRD ASMR この型は2年前から投稿されている方です。 今まで紹介した人の声との違いは、おっとりさ、落ち着き具合でしょうか・・・。 もちろんほとんどのasmr配信者の方は落ち着いてらっしゃるのですが、この人はそれが一層際立っているようなきがします。 それとこの人の動画はシチュエーションボイスが多いです。 そのためにコンテンツも実際のシチュエーションに類似していることがいいなぁと思った点です。 asmr界隈ではとても有名な方だとは思うのですが、なかなか知らない人もいるような? 長く投稿していることもあって、やはりasmrの音の安定性は抜群。 どの動画も聞けばたちまちにリラックス。 そして投稿頻度も割と高めなので、コンテンツにも飽きが来ません・・・!• オススメの動画 結構前の動画です。 この時はasmrというよりは、音フェチとしての要素が強かったです。 まだasmrというものが知られるまでとても時間がかかるような数年前のモノです。 そしてこの動画では、声はもちろんのこと、個人的に注目してほしい音が「携帯電話」の音です。 今ではすっかり姿を見なくなってしまった「携帯電話」です。 それのポチポチ音がサイコーなんです!短いのですが繰り返し聞いてしまう、なんとも不思議なものです。 Latte ASMR 三年前から投稿されている方です。 韓国語、英語、そして日本語でasmr動画を配信されており、言葉遣いも非常に目を見張るもの・・・! シチュエーション系のasmr動画が中心であり、動画ごとに背景や道具、衣装、設定なども細かく設定されており、その場にいるかのようなリアル感。 オススメの動画 是非ご覧ください!!.

次の

イタチ

いたちゆーと

チョウセンイタチ イタチ( 鼬、鼬鼠)とは、(食肉目) クマ下目 イタチ属 Mustela に含まれる哺乳類の総称である。 、、、などがイタチ属に分類される。 として人気のあるもイタチ属である。 なお、「イタチ」の語は元来、日本に広く棲息する ニホンイタチ Mustela itatsi を特に指す語であり、現在も、形態や生態のよく似た近縁のチョウセンイタチ M. sibirica coreana を含みながら、この狭い意味で用いられることが多い。 また、広義にはイタチ亜科(あるいはイタチ科)の動物全般を指すこともあるが(イタチ亜科の場合、やなどの仲間も含まれる)、ここではイタチ属のイタチ類について記す。 直立したイイズナ イタチ属の動物は、しなやかで細長い胴体に短い四肢をもち、鼻先がとがった顔には丸く小さな耳がある。 多くの種が体重2kg以下で、ネコ目(食肉類)の中でも最も小柄なグループである。 中でもイイズナ Mustela nivalis はネコ目中最小の種であり、体重はアメリカイイズナ M. rixosa で30-70g、ニホンイイズナ M. namiyei で25-250gである。 イタチ類は、オスに比べメスが極端に小柄であることでも知られ、この傾向は小型の種ほど顕著である。 メスの体重は、たとえば前述のアメリカイイズナやチョウセンイタチ M. coreana ではオスの半分、ニホンイタチではオスの3分の1である。 小柄な体格ながら、非常に凶暴な肉食獣であり、小型のやはもとより、自分よりも大きなやなども単独で捕食する。 反対にイタチを捕食する天敵は・・と言ったとである。 水辺を好み、泳ぐのも上手い。 種 [ ] イタチ属は、19世紀半ばにした(ウミミンク)を除き、16ないし18種が現生する。 フェレット Mustela furo はヨーロッパケナガイタチ M. putorius の亜種 M. furo とされることもあるが、頭骨にステップケナガイタチ M. putorius に似た特徴がある。 また、ニホンイタチ M. itatsi はシベリアイタチの亜種とされることがある。 Mustela altaica• erminea• frenata• kathiah• nivalis• (、) M. sibirica,• ( M. itatsi M. itatsi )• strigidorsa• nudipes• vison,• (ウミミンク) M. macrodon (絶滅)• lutreola,• putorius, , Black sable• ( M. furo M. furo )• eversmanni• () M. nigripes• africana• felipei 日本に棲息するイタチ属 [ ] チョウセンイタチの顔 イタチ属 Mustela に属する動物は、日本には5種8亜種が棲息する。 このうち、 アメリカミンクはであり、に限れば4種7亜種となる。 比較的大型のイタチ類( ニホンイタチ、 コイタチ、 チョウセンイタチ)に対して、高山部にしか分布しないイイズナ( キタイイズナ、 ニホンイイズナ)とオコジョ( エゾオコジョ、 ホンドオコジョ)はずっと小型であり、特に、ユーラシア北部から北米まで広く分布するイイズナは、最小の食肉類でもある。 4種の在来種(ニホンイタチ、チョウセンイタチ(自然分布はのみ)、イイズナ、オコジョ)のうち、ニホンイタチ(亜種コイタチを含む)は日本固有種であるが、前述のように(チョウセンイタチと同じく)大陸に分布するシベリアイタチの亜種とされることもある。 また、亜種のレベルでは、本州高山部に分布するニホンイイズナとホンドオコジョが日本固有亜種であり、これにチョウセンイタチとエゾオコジョを加えた4亜種は、のでNT(準絶滅危惧)に指定されている。 外来種問題に関わるものとしては、西日本では国内移入亜種のチョウセンイタチが在来種のニホンイタチを、北海道では国内外来種のニホンイタチと外来種のアメリカミンクが在来亜種のエゾオコジョを、一部の部では類などの駆除のために移入されたニホンイタチが在来動物を、それぞれ圧迫している。 日本のイタチ一覧 [ ]• ニホンイタチ( イタチ) Mustela itatsi 【北海道・本州・四国・九州・南西諸島/日本固有種】 シベリアイタチの亜種とされることもある。 北海道・南西諸島などでは国内外来種。 西日本ではチョウセンイタチに圧迫され、棲息域を山間部に限られつつある一方で、移入先のなどでは、在来動物を圧迫している。 ・の個体群は、亜種 コイタチ M. sho として区別される。 (シベリアイタチ(タイリクイタチ、チョウセンイタチ) M. sibirica , Kolinsky)• シベリアイタチ(コリンスキー レッドセーブル、コリンスキーセーブル、レッドセーブル、シベリアン ファイアセーブル)の尾毛は、画筆や書筆の高級原毛として使われる。 弾力がありしなやかで、揃いが良く、高価。 チョウセンイタチ(亜種) M. coreana 【本州西部・四国・九州・対馬】 対馬には自然分布、それ以外では外来種。 ニホンイタチより大型。 西日本から分布を広げつつあり、ニホンイタチを圧迫している可能性がある。 (イイズナ M. nivalis)• キタイイズナ(亜種、 コエゾイタチ) M. nivalis 【北海道】 大陸に分布するものと同じ亜種。 ニホンイイズナ(亜種) M. namiyei 【青森県・岩手県・山形県?/日本固有亜種】 キタイイズナより小型であり、日本最小の食肉類である。 (オコジョ M. erminea)• エゾオコジョ(亜種、 エゾイタチ) M. orientalis 【北海道】 日本以外では、千島・サハリン・ロシア沿海地域に分布。 平地では国内外来種のニホンイタチ・外来種のミンクの圧迫により姿を消す。 ホンドオコジョ(亜種、 ヤマイタチ) M. nippon 【本州中部地方以北/日本固有亜種】• アメリカミンク( ミンク) M. vison 【北海道】 北米原産の外来種。 毛皮のために飼育されていたものが、1960年代から北海道で野生化した。 平地でエゾオコジョ・ニホンイタチを圧迫している。 養魚場等にも被害がある。 利用 [ ] イタチの毛皮は衣類、日用品などに利用されてきた。 ミンクは高級品として、ファーなどの大型の衣類製造にも用いられる。 イタチの毛を使った毛筆は高級品とされる。 価格を抑えるために、中心の長い部分だけにイタチの毛を使う場合もある。 伝承 [ ] 『』より「鼬」 日本古来からイタチは視され、様々な怪異を起こすものといわれていた。 江戸時代の百科辞典『』によれば、イタチの群れは火災を引き起こすとあり、イタチの鳴き声は不吉の前触れともされている。 ではイタチの群れの騒いでいる音を、6人で臼を搗く音に似ているとして「鼬の六人搗き」と呼び、家が衰える、または栄える前兆という。 人がこの音を追って行くと、音は止まるという。 またやと同様に化けるともいわれ、やに伝わる妖怪・はイタチの化けたものとされているほか、や小坊主に化けるという。 の画集『』にも「鼬」と題した絵が描かれているが、読みは「いたち」ではなく「」であり 、イタチが数百歳を経て魔力を持つ妖怪となったものがテンとされている。 別説ではイタチが数百歳を経るとになるともいう。 イタチを黒焼にして飲めば、こわばりなどに良いという伝承が長野県にある。 かまいたち [ ] 詳細は「」を参照 イタチにまつわる言葉 [ ]• - 堂々めぐりで物事が全くはかどらないこと。 いたちの最後っ屁 - 追い詰められたときの最後のあがきのこと。 いたちの道切り - イタチは同じ道を通らないと信じられ、イタチが目の前を横切ると別れの不吉な予兆とされた。 いたちの御幸道(ごこうみち)• 関東・神奈川県近郊の戯れ歌に「痛きゃイタチの糞つけて、三年つけてつけ飽きろ」というのがある。 イタチの糞に薬効があるのかどうかは不明。 「痛い」に「イタ(チ)」という言葉をかけた言葉遊びと思われる。 - 「逃げ口上」の意。 イタチが卵の中身を吸った後、卵を何事もなかったように見せかけるといわれることから 脚注 [ ] [].

次の