ギター 初心者 安い。 ギター初心者最初の一本!高いギターを買うべきか安いギターを買うべきか。|飴と鞭

初心者必見!ギターマニアが選ぶアコギのおすすめ人気ランキングTOP5

ギター 初心者 安い

ギターは高いほうが良い? 初心者の方だけでなく、 ギターを長年やっている方も、こう思っている方は多いのではないでしょうか? 高いギターはいいギターなの? 結論から言うと、 高くてもそんなに音の良くないギター は間違いなくあります。 なにせ、 材質がレアだとか、流通してる量だとか、 そういう音質以外の部分も、当然値段に反映されますからね。 材質が珍しいとか、弾く側にはなんも関係ない! ただ、じゃあ高いギターは無駄かというとそうでもなくて。 ある程度の価格帯までなら、音と値段が比例するのも事実です。 ギターは一度買うと、買い換える時 処分が大変だったりします。 ギターって、何本も家になかなか置いとけない。 なので、 安かろう悪かろう、より せめて、最低 二万円を超えるギターは買ったほうが、あとで後悔しません。 初心者セットは損 安いギターがほしい時、お得感から選んでしまいがちなのがギターの 初心者セット。 いろんな小道具がセットで安いし 初心者向けのギターだから弾きやすいかも と思って購入を検討中の方もいるかもしれませんね。 ただ、ギターの初心者セットは 個人的にあまりおすすめしません。 なぜなら、 セットされてるギターは 初心者セット専用のものが多く、 ギター本体の品質があまり良くないからです。 見た目だけはちゃんとしてるので、 だまされてはいけませんよ。 初心者セットを買うなら、 まだ初心者セットと同じ金額のギターを1本買って、 グッズをおまけしてもらったほうがいいと思います。 楽器屋さんによりますが、セットでなくてもグッズはかなりおまけしてくれます。 今後の常連になるかもですし、店員さんもギターを始めたばかりの人を応援したいからですね。 自分にぴったりなギターの選び方 自分の好きなアーティストがいて、 その人と似たようなギターがほしいなら、買うギターで迷うことはあまりないはず。 でも私みたいに、 誰かのようになりたいとかはなくて、 単に かっこよくて音の良いギターが欲しい! という人もいるはず。 そんな方が、 自分にぴったりなギターを選ぶためのポイント。 自分がやりたいのが、どんな音楽か です。 ゴリゴリのロックなのか、ポップスなのか。 バンドでやりたいのか、一人で弾き語りをしたいのか。 ライブでも演奏できるギターがいいのか、そこまではいらないのか。 ここをはっきりしとかないと、後で後悔しがちです。 演奏スタイルとおすすめなギターの種類を図 にすると、ざっくりこんな感じ。 やりたいスタイルとギターの種類 この図で大事なのは、 エレキ、アコギ、 ピックアップ付きのエレアコ どれを選ぶかで、できる演奏も曲も、メンバーも変わってくるということ。 歌が好きで、エレキを買うと必然的にバンドを組むことになる。 エレキが好きでも、バンドとか複数人が苦手なら、ソロギターの道をゆくことになる。 もちろん例外もありますが、買うギターの種類は慎重に選びましょう。 ちなみに、 ピックアップはあとから付けることもできますが、それなりに予算がかかるので、 どうせなら最初から付いているものがおすすめ。 名だたるギターブランドはあるけど、 どれもかなり 高い。 なので、安くて良い音のギターを狙うなら、こういった有名どころは 除外。 リーズナブルで音質も良い、コスパの高いギターブランドを選ぶのがおすすめです。 コスパが高くて有名なギターブランドは以下のとおり。 アコースティックギター編 YAMAHA なんの意外性もないですが。 YAMAHAのアコギは、低価格でも手抜きされてなく、品質も安定しています。 迷ったらとりあえずYAMAHAで、ハズレはありません。 持ってる面白みというか、ドヤ感がないのがネックです笑 予算は 25000円〜30000円ほど。

次の

初心者必見!ギターマニアが選ぶアコギのおすすめ人気ランキングTOP5

ギター 初心者 安い

予算3万円の中古ギター 予算3万円での中古ギターはおすすめしません。 安価なギターは耐久性が弱いので、故障が発生しやすいです。 中古となると、更に故障発生のリスクが上がります。 そして、格安ギターであっても修理すると1万円程度は普通にかかります。 基の値段が安いので中古になっても、大して価格が落ちませんしね。 リスクの割にはメリットが少ないので新品を買ったほうが良いです。 予算3万円のエレアコ 3万円以内で買えるエレアコに搭載されているピックアップですが… 意外と 普通に使えるピックアップが搭載されています。 しかも、チューナーが内蔵されているものも結構あります。 なので、予算3万円でもライブハウスなどで使えるエレアコは買えます。 ただ、本体自体が安いギターなので音はもちろん大したことはありません。 そして、ピックアップに原価がかかる分、ギター本体の質は下がります。 よって、エレアコの必要があるか?はちゃんと考えましょう。 同じ価格でもアコギを買ったほうがギターの質自体は良くなるため、エレアコである必要がなければアコギを選ぶべきです。 おすすめの安いアコギ(エレアコ) ベスト10 それでは、予算3万円で買える安いアコギ(エレアコ)のおすすめランキングを解説していきます。 はじめに総評すると… 「2万円以上の大手メーカーの製品は安定していて、どれも一緒」です。 どれも限られた原材料で作っているので、違いがほとんどわかりません。 そして、どれも練習用ギターとして申し分ないです。 逆に1万円台はどれも厳しいです。 具体的には造りがチャチだったり、音の響きが安っぽかったりします。 それでも、 練習自体はできるのでアコギを試しに買ってみたい…という需要は満たせます。 上記を踏まえて、1万円台・2万円台の商品を解説していきます。 自身の需要にあったギターを探しましょう。 飛ばし読みガイド• ミニサイズのクラシックギター• 青葉市子さんが使用しているモデル• ピックアップ未搭載• 実売価格 1. 2万円程度 YAMAHAのミニサイズのクラシックギター。 ジュニア用のクラシックギターとして昔から定番の製品ですね。 …といってもボディサイズが小さいだけなので、大人も普通に弾けます。 音はポロンポロンとややおもちゃっぽい感じの音です。 …が青葉市子さんの演奏を聴くと、それが逆に味で高級ギターのようにも聴こえちゃうからすごいものです。 青葉さんはライブもレコーディングもピックアップを後付けしたでこなしています。 なので、1. 2万円で買えるものの耐久性は問題なさそうです。 チューニングはやっぱり、狂いやすいので頻繁に合わせるようにした方が良いでしょう。 クラシックギターを始めるにあたっての、お試しとしては十分に機能してくれる製品です。 Gibson伝統のラウンドショルダーボディ• NanoFlex製ピックアップとShadow製プリアンプ内蔵のエレアコ• 実売価格 2. 8万円程度 Gibsonギターの安価モデルを製造・販売しているEpiphoneのエントリーモデル。 トップ:シトカ・スプルース単板、サイド&バック:マホガニー合板という2~3万円台のアコギによくある木材構成。 ボディシェイプはGibson J-45などに代表されるラウンドショルダーにカッタウェイを入れたタイプです。 ラウンドショルダーはパワーや音量もあって、レスポンスも割と良いので万能に使えるボディシェイプです。 初心者の方が最初に買うギターとしては最適ですね。 音質も安いギターという感じですが、1万円前半のアコギよりはしっかりとアコギっぽい音がします。 少し良い感じの練習用ギターといったところです。 そして、ピックアップ&プリアンプ内蔵のエレアコとなっています。 ボディ横にShadow Performer Tuner Preampが内蔵されています。 チューナー機能からEQまでついている、結構本格的なピックアップシステムです。 このスペックで、3万円切っているのはすごいですね。 僕が中学生とかの時代にこんな安くて使えるエレアコがあれば、色々楽だったのになぁ…と思ってしまいました。 YAMAHAのミニギター• ミニギターの中でも更に小さめ• ピックアップ未搭載• 実売価格 1. 5万円程度 YAMAHAの人気ミニギター。 弦長580mmのミニギターが多い中で、弦長540mmと更に小さめサイズのミニギターです。 音質は価格相応です。 チープでボディの共鳴で少し変なエコーがかかった感じの音です。 ウクレレとギターの中間よりややギター寄りって感じの音です。 ただ、1万円台のミニギターってどれも、こんな感じです。 ネックの造りや弾いた時の感触は割と普通なので、物自体は良いですね。 すぐに壊れそうな感じはありません。 さすがYAMAHA。 弦長が短いこともあり、チューニングはすぐに狂います。 頻繁にチューナーで合わせるようにした方が良いでしょう。 正に自宅での練習用ギターといったところです。 ギターを始めたいけど、続けられるか不安なので何万円もするギターはちょっと…という方向けの製品です。 エレキで有名なFenderのアコギ• 握りやすいEasy-to-Playネック• ピックアップ未搭載• 実売価格 2. 5万円程度 ギターメーカーでは超有名なFenderのアコギ。 主力製品がエレキギターということもあり、エレキから持ち替えやすいアコギを製造しています。 初心者でも弾きやすいようにネックに滑らかな加工を施したFender独自の「Easy-to-Play」ネックを使っています。 握るとネックが薄く感じるのでコードを押さえやすい仕様になっているのは初心者に嬉しい配慮です。 ボディサイズはアコギの通常サイズである、ドレッドノート仕様になっています。 音量もしっかり出て、音の鳴り方もちゃんとしたアコギの音です。 やはり、2万円半ばの価格帯となると一気におもちゃ感はなくなり、普通のアコギとなりますね。 ストラップピンもボディ上部に付いています。 ギターストラップも簡単に付けられるので、立って弾く場面が多い人には使いやすいですね。 安心して買える初心者向けギターに仕上がっています。 国内老舗メーカー Ariaのエントリーモデル• 000(トリプルオー)に近いオーディトリアムサイズ• Fishman製ピックアップ 搭載のエレアコ• 実売価格 2. 8万円程度 1960年代から存在する国内の老舗ギターメーカー Ariaのエントリーモデル。 トップ:スプルース、サイド&バック:サペリで構成されているエレアコです。 少し小型のオーディトリアムサイズのボディにカッタウェイが付いています。 音量は控えめで音の鳴り方も2万円台のアコギに良くある感じで、ちゃんとアコギの音がします。 また、ギター内部には安心のFishman製ピックアップが内蔵されており、ボディ横にコントローラーがついています。 チューナーと高音・低音を調節できるEQがあり、2万円台のエレアコにしてはかなりしっかりしたシステムです。 値段も手ごろで機能面も充実しているところはさすがに老舗メーカーですね。 3万円未満で小ぶりの使えるエレアコって中々ないので、貴重な存在です。 トップ:スプルース、サイド&バック:サペリ• ドレッドノート• ピックアップ未搭載• 実売価格 3万円程度 ソロギタリストやバンドマンで使用者が多い、国内ギターメーカーMorrisのエントリーモデル。 トップには単板のスプルース、サイド&バックにはサペリが使用されています。 サペリは海外メーカーが10万円程度のギターに良く使っている木材ですね。 ボディサイズはドレッドノートで音量はしっかりと出ます。 音質は各音域のバランスが良くジャッキと軽快な音です。 ストロークでオープンコードを鳴らすと心地良く、リズムを刻めます。 ピックアップは搭載されていません。 純粋なアコギです。 3万円ジャストでこの品質はすごいですねぇ。 初心者向けのアコギとしては(1位で登場)に負けない鉄板の1本ですね。 Gibson J-45を基に作られた安価モデル• ボディシェイプはラウンドショルダー• ピックアップ未搭載• 実売価格 2. 5万円程度 有名ギターGibson J-45の1963年モデルを基に作られた安価ギター。 チェリーサンバーストカラーやピックガードなど再現性が高いですね。 ボディシェイプはラウンドショルダーです。 パワーや音量もあって、レスポンスも割と良いので万能に使えるボディシェイプです。 音質はジャキっとしていて、響きはあまりない価格相応のアコギです。 ですが、1万円台のアコギとは違って造りも音もちゃんとしたアコギなので安心して選べるギターに仕上がっています。 実売価格 2. 5万円程度なので、エレアコでなく普通のアコギで問題ない方にはコスパが良いモデルです。 ルックスもJ-45にそっくりなので、 部屋のインテリアとしても良い感じなのも嬉しい点ですね。 国内メーカー Morrisのエントリーモデル• ドレッドノートサイズ• ピックアップ未搭載• 実売価格 2. 5万円程度 Morrisアコギのエントリーモデル。 4位のとの違いはトップ材のスプルースが合板になっていることです。 音の響きではやや劣る分、価格も5,000円ほど下がっています。 …といっても 音質は安い鳴りにまとまった音で響きもあり、予算3万円では十分上位に属するレベルです。 造りもしっかりしており、この価格帯だとYAMAHAとMorrisは安心感が頭一つ出ていますね。 自宅での練習用ギターとして選ぶなら、で十分な品質です。 価格帯も2. 5万円と手が出しやすいところもあり、上位にランクインさせました。

次の

初心者におすすめ!アコースティックギター12選と選び方

ギター 初心者 安い

14 安いエレキギターはやっぱりダメなんでしょうか? この前ギターを買いました。 値段も32000円と払える額、そして見た目が気に入ったので、買いました。 家に帰ってネットで調べてみると、Photogenicのギターはダメだ。 など、あまり良い評価ではない事に気づきました。 多少ネジが綺麗にねじ込んでいないなどはありますが、その他は気になりませんでした。 でも、やっぱり良い評価ではない。 と言われていたことが気になります。 そんなにダメなギターでしょうか?ライブなどで演奏すると馬鹿にされるようなものですか? ほかに使用しているのが、BOSSのTURBO Distortion、MarshallのAVT20Xです。 もし自分が持っている機材でどうにかなるものならば教えてほしいです。 よろしくお願いします。 また、その価格帯でのおすすめのメーカーやブランド、教えて下さい。 プロやセミプロのギタリストにとっては物足りないギターかもしれませんが、これからうまくなっていく人のギターとしては、チューニングが合って、音がちゃんと出て、故障がないのであればまったく問題ありません。 あなたはそのギターで練習して曲を覚えて、そしてステージに立つのですから、一緒に頑張った「相棒」と堂々とステージに上ってください。 ライブは演奏の場。 ギターを見せるのはお店や展示会 ライブはバンドと観客が音楽の楽しさを共有する場です。 いろんな人がいますから、残念ながら安いギターを馬鹿にするような人もいるかもしれません。 しかし、だからといってそれを気にするあまり気持ちが縮こまってしまっては、演奏も委縮してしまいます。 それではせっかくのライブが満足できないものになってしまいます。 ステージには一人のギタリストとして堂々と立ち、そして演奏を楽しむことに集中しましょう。 逆に自分のギターの素晴らしさを見せびらかしたいだけの人の演奏も、魂が感じられない退屈なものであることがほとんどです。 ギターのヘッドにどんな文字が書いてあるかは、どんな気持ちで演奏するかに比べれば、取るに足らない問題なのです。 今持っているギターで頑張りながらも、グレードの高いギターの音の良さや顔つきの良さに必要性を感じるかもしれません。 そこで初めて次のステップとして二台目のギターを検討するといいでしょう。 いっぽうギターショップや楽器フェアなどの展示会では、さまざまなギターを見ることができます。 良いギターを見せるのはこのような場所です。 グレードの高いギターもどんどん見て、目を養ってください。 たいてい試奏させてもらえますから、ギターにキズをつけないように注意しながら、いろいろ触らせてもらうといいでしょう。 しかしさっきの話とは逆に、お店や展示会はあなたのライブ会場ではありません。 いいギターだからといっていつまでも弾いていないで、感触とサウンドを確かめたら、試奏の順番を待っている人のためにさっと譲るのが、ギタリストのマナーです。 エフェクター次第で、ギターのグレードは割とカバーできる 音にこだわるギタリストは、ライブ会場にアンプがあっても自分のアンプを持ち込みます。 しかし、始めたばかりのうちから本番用の大きなアンプまでは持たなくて大丈夫です。 Marshall AVT20Xアンプは、練習用アンプの中ではかなり良いものです。 細かなニュアンスも表現でき、クリーン・クランチの音も綺麗ですね。 年齢関係なく長く使えるアンプですので、大切にしてくださいね。 ただしライブハウスで鳴らすとなると、練習用アンプでは出力が足りません。 ライブに出演する時には、会場のアンプを使わせてもらいましょう。 このとき、頼りになるのはエフェクターです。 ギターとエフェクターで「自分の音」を作ることができれば、ギターのグレードをある程度まで気にならなくさせることもできます。 BOSS「TURBO Distortion」は、Red Hot Chili Peppersの氏、NIRVANAの氏など、世界的に有名なアーティストも愛用したディストーションの名機です。 しっかりとしたキャラクターのあるエフェクタなので、まずはこれとギターで「自分の音」を追求してみてください。 「安いギター」でも、いい音は出せます。 ギター博士が動画で弾いているスクワイアやエピフォンのギターも、プロやセミプロの目から見ればいわゆる「安いギター」です。 高いギターのヘッドを書き換えているわけではありません。 果たして博士の出す音に安っぽさ、物足りなさを感じるでしょうか。 「ギターの音色や個性を決定づけるのは、アンプでもエフェクタでもなく、右手と左手である」という博士の哲学通り、物足りなさを感じさせることのない音が出ていますね。 ギター博士「ワシはバカにはせんよ、だから気にせんでおくれ。 ギターを始めたばかりのうちは、その安いギターを愛着もって弾いとくれ。 安いギターがダメっていう人達は、ワシが弾いておるスクワイヤやエピフォンの動画を一度見て欲しい!!」 実際のところ、2~3万円台のギターって、どうなの? アマチュアからプロフェッショナルまで愛用する「標準的なエレキギターの代表者」といえば、フェンダーの「アメスタ()」です。 これを基準とするならば、標準的なエレキギターは売価でだいたい15万円前後、ということになりますね。 楽器とは、本当は高額なものなんです。 2~3万円台のギターはアメスタから見るとものすごく安いわけですから、これで大丈夫なの?と疑問に感じても無理はありません。 いっぽう、一番低価格な初心者セットはアンプやシールドなど必要なものが全て含まれていながら1万円程度、という価格です。 ここまで安くても、初心者が始めて手に入れるギターとしては十分な性能があります。 本体で2~3万円というギターは、こちらと比べると何倍も高額ですね。 もちろんこの価格帯のギターをプロミュージシャンが使用することはほぼありませんが、初めて手に入れる一台としては、上等なギターだと言えるでしょう。 2~3万円台の、お勧めのエレキギター この価格帯は、限界まで低価格に挑戦したギターと比べると原価にゆとりがあることから、いろいろなタイプのモデルがリリースされています。 ざっと見回しても、• Squier by Fender Bullet Strat(ストラトキャスター)• Squier by Fender Bullet Telecaster HS(テレキャスター)• GIO Ibanez) GRX40 CA(ディンキー)• ARIA DM-01 (モズライト風)• Epiphone LP-100 (レスポール)• Epiphone G-310(SG)• GrassRoots GR-FV-32 フライングV• PLAYTECH SA500(セミアコ)• Sterling S. B SILO3(ミュージックマン) 「」のバリエーションがそれほどではないにしても、このようにいろんなタイプから選ぶことができるのです。 この価格帯では加工精度やパーツの品質にも原価をかけられるので、どれをとっても初心者の最初の一本として充分な性能と品質を持っています。 ですから、どのブランドでも安心して選んで大丈夫です。 そして多くのモデルで、山ほどのカラーバリエーションが用意されています。 これからうまくなっていく自分の相棒にふさわしい一本を、ぜひたくさん悩んで見つけてくださいね。

次の