パプリカ 米津 玄 師 動画。 【動画フル】パプリカの米津玄師バージョンがエモい!みんなのうたのアニメも絶賛の声

米津玄師 パプリカ 歌詞&動画視聴

パプリカ 米津 玄 師 動画

Contents• 【パプリカ】米津玄師verのミュージックビデオ MVの映像は、「Foorin」のジャケットを描いた加藤隆さんが担当しています。 大人になった〝子ども〟が、幼少期に出会った〝風の子〟である赤いマントの女の子との思い出を回想するストーリーで、夏の風物詩である打ち上げ花火や風鈴など、日本の情景がふんだんに描かれています。 動画が公開されたのは「長崎原爆の日」 まずこの動画がアップされた日にちをご存知でしょうか? 日付は8月9日で、「 長崎原爆の日」ということがわかりました。 このことが、前提として、この動画の考察をしていきます。 謎の少女は誰? 「 原子爆弾で亡くなった子ども」ではないだろうかという説が有力視されているようです。 それでは、なぜそうなるのかを紐解いていきましょう。 パプリカの花言葉の一つに「 君を忘れない」という意味があります。 次にMVですが、「大人」の男性が田舎道を歩いているところから始まります。 歌いだしとともに過去の「子ども」の姿になって走り出りだしますね。 その後、 風の子と乗っていた空のブランコから降りるときに、風の子は両手を広げたポーズになりました。 このポーズは広島市にある「 原爆の子の像」とすごく似ているのです。 そして何より、 鶴が飛んでいるというシチュエーションそのものなんですね。 曲が2番に入ってから、1:28ぐらいから縁側で涼む家族の元に風の子がやってくるシーンがあるのですが、 子どもの男の子や女の子、そして赤ちゃんなどの子どもは風の子の姿に気が付いており、目で追いかけて見ています。 しかし、 不思議なことに大人の親は全く気が付いていない状況です。 なぜ彼岸花がでている? パプリカの歌なのに途中、彼岸花から花火になるというシチュエーションになります。 この花言葉は、「 悲しい思い出」、「 また会う日を楽しみに」という意味で、戦争に亡くなった友達 風の子 への言葉ではなかったんじゃないでしょうか? なぜマリーゴールドがでている? 大人になった男の子が抱えている花のなかに、マリーゴールドがありますね。 マリーゴールドの花言葉は「 悲しみ」、「 変わらぬ愛」なんですよ。 その花を風の子に渡すシーンがあるのですが、男の子は大人に成長した姿で、風の子は「昔と変わらない姿のまま」だったんです。 原爆で亡くなった子どもという設定であれば歳をとっていないということになりますよね。 そして、これまで考察してきたすべてに、風の子を「 原爆で亡くなった子ども」として考えてみると、話が合うというものです。 下記では女の子の死亡について考察してみました。 ぜひご覧ください。 「」 ネットの反応は? パプリカのホントの意味ってこういうことなんやな…… — deSU👾HOraー des128horar 米津さんVer. のパプリカ 赤いマントの子だけ成長しないことから、亡くなってるんじゃない?で、大きくなっても忘れないよって意味でパプリカの花言葉になってるんじゃないってコメントがあって。。 そーいや、小学生のとき仲良かった子が初盆なんだなと思うと、今まで信じれなくてちゃんと泣けてな — まり aironman427 パプリカの歌詞読んだり、意味考えたりすると、心にしみるなぁ。 彼岸花って別名死人花とか幽霊花って言うし。 色々あるけど赤い彼岸花の花言葉には「再会」て意味があるので、墓参り、お盆かなあ、て。 — 孔雀 Kuzyaku9489 まとめ いかがでしたでしょうか? 子どもたちと歌う楽し気な音楽と思っていたのですが、すごく意味のある歌でしたね。 米津玄師さんの発想には脱帽です。

次の

米津玄師のパプリカとこの曲が異常に似てるんですが、彼はパクったんでしょ...

パプリカ 米津 玄 師 動画

東京オリンピックのNHK公式テーマソング『パプリカ』という歌があります。 幼稚園児のダンス音楽としてめちゃめちゃ流行っているので、どこかで聞いた方も多いのではないでしょうか? 実は僕、今日初めてパプリカをフルでちゃんと聴いたのですが、そしてその時に強烈な違和感を感じたのです。 その後、どうしてもその歌の意味を掘らなければいけないような気がして、4時間ほど歌詞と向き合っていました。 そしてわかりました。 もうとにかく自分でも止められなくなるほど掘れば掘るほど意味が出てくる奥深い曲だったんです。 今からここに書くのは完全に個人の解釈によるもので言ってみれば僕の妄想です。 なのでそういう読み方もできるよねと言う程度でお楽しみ下さい。 先に結論を書いておきます。 僕が見つけたこの曲の裏ストーリーは、「 少年が友達を亡くした悲しみと折り合いをつけ、未来へ向かって歩き出す歌」です。 なぜそうなるのか、順をおって説明させてください。 まずはパプリカの歌詞全文を引用させてもらいます。 ーーーー以下引用ーーーー 【Aメロ】 曲がりくねり はしゃいだ道 青葉の森で駆け回る 遊びまわり 日差しの街 誰かが呼んでいる 【Bメロ】 夏が来る 影が立つ あなたに会いたい 見つけたのはいちばん星 明日も晴れるかな 【サビ】 パプリカ 花が咲いたら 晴れた空に種を蒔こう ハレルヤ 夢を描いたなら 心遊ばせあなたにとどけ 【Aメロ】 雨に燻り 月は陰り 木陰で泣いてたのは誰 一人一人 慰めるように 誰かが呼んでいる 【Bメロ】 喜びを数えたら あなたでいっぱい 帰り道を照らしたのは 思い出のかげぼうし 【サビ】 パプリカ 花が咲いたら 晴れた空に種を蒔こう ハレルヤ 夢を描いたなら 心遊ばせあなたにとどけ 【Cメロ】 会いにいくよ 並木を抜けて 歌を歌って 手にはいっぱいの 花を抱えて らるらりら 【サビ】 パプリカ 花が咲いたら 晴れた空に種を蒔こう ハレルヤ 夢を描いたなら 心遊ばせあなたにとどけ かかと弾ませこの指とまれ へ ーーーー引用終わりーーーー 別タブで開くためのリンクも貼っておきます。 パプリカの歌詞解釈 ではAメロから順番に説明させていただきます。 まずAメロの歌詞全体を通して、誰もが共感できるようなノスタルジックな情景を描いていますが、よく見るとあちこちにヒントがあるように僕には見えました。 「目には青葉、山ホトトギス、初鰹」という有名な俳句がありますが、これは全て初夏の風物詩を並べています。 すなわち「青葉の森」とは「初夏の森」であり、それを人生に当てはめると「人生の春が終わり、夏に差し掛かった頃」言い換えれば「少年期が終わり、青年期に差し掛かった頃」と読み解くことができます。 つまり青年のコミュニティに入り始めている まとめると「曲がりくねったはしゃいだ道」である少年期が終わり、「青葉の森」や「日差しの街」である青年期に入り始めたことがわかります。 青年期は先ほどの説明の通り。 そしてここで注目したいのが「季節の夏」です。 日本の夏のイベントといえば何でしょう?そうお盆ですね。 あの世とこの世が重なる期間です。 つまりこの分の意味は「あの世が近くなる」となります。 ここでは、この世に対してのあの世を表します。 そして夏は太陽の光も生命の力も強まる季節です。 つまり影が立つとは「光が強くなったことによって、あの世の輪郭が強く浮かび上がってきた」という意味になります。 では次の「あなたに会いたい」ですが、これは誰に会いたいのでしょう? 「あの世が近くなる」季節に 「あの世の輪郭が強く浮かび上がる」季節に 「会いたくなる」人とは誰でしょう? 僕はここで「亡くなった友達」と結論づけました。 「亡くなった友達に会いたい」と歌った後に続くのは何か? 「見つけたのはいちばん星」です。 子供に亡くなった人のことを説明する時なんと言います? もうズバリですよね。 「お星様になる」っていいますよね。 つまり魂よ安らかなれという意味に取れます。 さあいよいよサビにいきましょう。 けれど僕は未来に向かって歩いていく。 なぜそうなるか説明します。 「種を蒔く」は未来へ向かって行動すること。 つまり「あなたの事は忘れないけれど、僕は未来へ歩き出す」と言っているのです。 日本的な宗教観では亡くなった人は神様にもなります。 つまりここでは「亡くなって神様になったあなたに感謝を伝えたい」を意味しています。 でもあなたの事は忘れない 「夢を描く」は未来へ心を向ける事。 自分の気持ちが未来を向き始めていることを表しています。 「心遊ばせあなたにとどけ」では「それでもそんな気持ちや描いた夢を、あなたに話したいんだよ」というという意味になります。 「未来に向かう事は決してあなたを忘れることではない」とすることで気持ちの折り合いをつけようとしているのです。 そんな時に木陰で泣いていたらもう死ぬほど心細いでしょう。 「こっちへおいで」と聞こえてしまったのでしょう。 しかし次のBメロで状況は変わります。 いい思い出を浮かべてみたら「あなた」との思い出ばかりだったのでしょう。 つまり「この世に帰ってくる道」 あなたを亡くしたショックで生きる気力を失い、声が聞こえるくらいあの世に近いところまで行ってしまったけれど、あなたの思い出が僕をこの世に引き戻してくれた。 という意味が読み取れます。 ここで見て欲しいのは、それでもその帰る道を照らしたのは「思い出のかげぼうし」であること。 かげぼうしとはつまり人の影。 Aメロの解釈でも出てきましたが「影」は死を表し、人の影は「亡くなった人」を表します。 つまり僕をこの世に引き戻してくれたのは「思い出の中にいる亡くなった人」なのです。 2番サビはAメロの繰り返しなので省略します。 続いて説明したいのがCメロの歌詞。 歌の流れとしてプロポーズはありえないでしょう。 そしてお墓まいりとは故人に挨拶や何かしらの報告がある時にいくもの。 ここでは「僕は未来に向かう」という報告をするという意味だと思っています。 そして最後、サビの繰り返し。 けれど僕は未来を生きる。 最後のサビで他と唯一違うのは「かかと弾ませこの指とまれ」の部分です。 それ以外の部分が「あなたへの感謝」と「未来へ歩き出す」を意味する事はもう書きましたが、この「かかと弾ませこの指とまれ」は未来への歩みをさらに進めて、そこで生きる決意を表明しています。 なぜなら「かかとを弾ませる」という事はやや駆け足気味に歩いているという事であり、「この指とまれ」は仲間を集めることを意味します。 つまり「未来へ向かって駆け足気味に歩き出し、その先で僕は仲間を見つける(君以外の友達をつくる)」という未来でいきていく事の決意表明と取れるのです。 よってこれまでの話をまとめると『パプリカ』は「少年が友達を亡くした悲しみと折り合いをつけ、未来へ向かって歩き出す歌」となるのです。 「パプリカ」というタイトルの意味 これまで読み解いてきた歌の意味を踏まえて「パプリカ」というタイトルをもう一度見てみると、ある仮説が浮かびます。 パプリカはピーマンと近しい植物です。 同じナス科トウガラシ属で、栽培方法なども似通っています。 そしてピーマンといえば、お盆にナス、きゅうりなどと共にご先祖様にお供えする野菜です。 ピーマンを「亡くなった人を想う野菜」と意味づけするならば、それと近しいけれど別のものであるパプリカにはどういった意味を見いだせるでしょうか。 「ピーマンに似ているけれど違う野菜」に「あなたを忘れはしないけれど、未来へ歩き出した僕」を見る事はできないでしょうか? そう思いながら歌を聞けば、違った意味合いを感じ取れると思います。 ここまで読んでいただきありがとうございました。 この解釈があったからといって何がどうという訳ではありません。 ただどうしても、誰かに伝えずにはいられなかったのです。 この記事によって、あなたの日常の色が少しでも変われば、ぼくにとって最高の喜びです。

次の

パプリカ米津玄師Verの音楽配信やCD販売はある?フル動画もチェック

パプリカ 米津 玄 師 動画

もくじ• パプリカとは 「パプリカ」はNHEが2020年とそ先の未来に向かって頑張っている全ての人を応援するという「NHK 2020年応援ソング プロジェクト」として 米津玄師さん作詞・作曲・プロデュースにより製作され東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会により「東京2020公認プログラム」として認証されました。 こちらの楽曲はオーディションで選出された小学生5人により結成された「Foorin」が歌唱することになり、2018年8-9月の期間にNHK「みんなのうた」で放送されていましたが今回プロジェクトが2年目に突入する節目として米津玄師さんが歌う 「セルフカバー」の製作が決定したようです。 米津さんファンにはとても嬉しいニュースでしたね! パプリカ米津玄師さんverの放送日 みんなのうた「パプリカ 米津玄師バージョン」(8-9月OA) 総合(火)(木)前10:55/(土)前10:50 Eテレ(月)(水)前8:55、後4:00/(火)後0:55 みんなのうた・パプリカ枠(8-11月OA) 総合(水)後3:55 Eテレ(日)前7:55 9月までは毎週放送があり聴くことができます! リクエストが多ければ、この先ももっと聴くことができるかもしれませんね。 も一回聴きたい。 — 亜鉛夫 mashaboo 米津さんが歌うパプリカ。 Foorinが歌うパプリカは可愛らしく元気が出る感じでしたが、米津さんが歌う パプリカはアレンジされていてアニメーションと歌声の感じがノスタルジックで米津さんの世界観に引き込まれていきますね。 パプリカ米津玄師verの音楽配信やCD販売はある? ついに米津玄師さんのパプリカが2020年2月3日にデジタル配信決定! 「米津玄師 2020 TOUR/HYPE」の初日に合わせて配信されることになりました! パプリカ米津玄師verのフル動画 フル動画はNHK総合・Eテレでごご覧いただけます。 6万本 無料お試し期間は基本料金が無料になります。 自分の好きな時間に観たいものがみれるのがいいですよね! まとめ 8月1日より、NHKみんなのうたで、放送開始をした米津玄師さんのセルフカバーのパプリカについてご紹介しましたが、Foorinの元気な可愛らしいパプリカもとても良かったですが、米津さんのパプリカも素敵ですよね。 今現在ではリリース情報は分かりませんでしたが、これだけ話題になっていて人気のある曲なので今後、アルバムなどに収録されることもあるかもしれませんね。

次の