今治 タオル ベトナム。 【今治タオル不買運動】ベトナム人が過酷労働で意識不明。ひどすぎる。今治タオルが公式発表し謝罪するもどうなる?

オルネット?今治タオルのベトナム人技能実習生のNHK奴隷報道がヤバイ!

今治 タオル ベトナム

問題となっているのは、ベトナム人技能実習生を雇い今治タオルを製造している工場の業務形態で、残業180時間を超える労働をさせ正しい給料を払っておらず、労働基準法に違反しているというものです。 この会社ではベトナム人技能実習生を含む28人が働いており、このうちのベトナム人実習生の女性1人から動画付きのSOSメールが届いたことで発覚。 その動画には、今治タオルを製造している工場の実態が映されていました。 奴隷のような扱いをされ一日中怒られながら毎日12時間以上の労働。 ベトナム人技能実習生は「私たちの生活は刑務所の中みたいです」などと話しています。 会社からは正しい給料を支払ってもらえず酷い待遇ですが、ベトナム人実習生たちは来日した時に支払った75万円の借金を返すためと自分に言い聞かせ働いるということです。 社長からは「朝から深夜まで働かないと帰国させる」などと脅されていた模様。 社長は毎日、ベトナム人技能実習生たちに厳しいノルマを出していました。 ベトナム人実習生たちは婦人子供服の製造の契約で今治タオルを製造させられており、一ヶ月の残業は180時間(過労死ラインの約2倍)を超えていたということですが、残業代は40時間分しか支払われていませんでした。 社長からは「「何を作っているのか?」と質問されたら「婦人服や子供服」」と答えるよう指示されていました。 ベトナム人技能実習生らは寮に住んでおり家賃は3万円、大勢のベトナム人実習生が住んでおり窓もなく、刑務所のような空間。 社長はベトナム人実習生がSOSメールを送り取材を受けたことを知り激怒、ベトナム人実習生から「怒って帰国させられそうになっている」などというメールが届き、神戸大学の準教授とともに社長と話し合いをした結果、ベトナム人実習生4人は佐賀県にあるシェルターで保護することとなりました。 その後も、今治タオルの製造工場で働く別のベトナム人技能実習生からSOSメールが届き、NHKが会社に質問状を送りましたが、期日までに返信はありませんでした。 ベトナム人実習生4人が保護されてからは作業報告書がなくなり、これまで記録されていた書類はすべて破棄されたということです。 また、ほかの実習生より高い給料をもらっている2人が監視役となり、ほかのベトナム人実習生が動画などを撮影しメールを送っていないかなどを監視。 これらの実態を知り役所が立ち入り調査したところ、会社側は今治タオル製造の資料を隠して、ベトナム人技能実習生らには、婦人服や子供服を製造するふりをして今治タオルを隠すよう指示していました。 その後、新たにベトナム人技能実習生4人が保護されましたが、この今治タオルの製造工場に残っていた1人のベトナム人技能実習生が6月初旬に脳出血で倒れ、病院に救急搬送されましたが、現在も意識不明の状態が続いているということです。 役所などは、この今治タオルの製造工場を労働基準法の違反で調べています。 インターネット上には「今治タオルは有名だけど、裏にこんな事実があってショック過ぎる」「確実にブランド毀損するレベルだと思う」「ベトナム人実習生がこんな奴隷扱いされて製造されてたとは知らなかった…本当に申し訳なく恥ずかしい」「今すぐにでも社長を逮捕してほしい」などという声が殺到し大変な問題となっています。 無関係のオルネット・森清タオルに非難殺到 ノーナレでは、この今治タオルを製造している工場の会社名や場所は隠されていましたが、愛媛県今治市内の工場と特定。 ベトナム人技能実習生らが働く工場の看板には「森清タオル」と書かれており、当初、ブラック工場は森清タオルだとネット上で拡散されていまた。 しかし、問題の会社は森清タオルから工場を借りてコソコソと今治タオルを製造していることが判明。 森清タオルはベトナム人技能実習生の業務形態などに関しては無関係だということです。 昨夜の「ノーナレ」でバリバラに出演してくれた技能実習生たちをあらためて取材しました。 ただ、取り上げた会社とは無関係な会社がネットに出ています。 問い合わせや苦情が殺到し、困っておられます。 控えて下さいますようお願いします。 この今治タオルの問題で、ベトナム人技能実習生らを雇用していた会社が特定され次第、随時更新していきます。 番組見てショックだった。 もう二度と今治タオルは買いたくない。 少なくとも番組に出ていた会社絡んでいるものは。 救出されて、まるで「ひよっこ」のような笑顔を見せていたが、最後が衝撃的。 ベトナムでは洋服メーカーの管理職を務め、日本では婦人服と子ども服の作り方を学びたいと思い、実際その契約なのに、朝7時半から夜10時までタオルを縫わされ、月の休みは2日だけ。 給与明細には虚偽だし、社長は常に「ベトナムに帰すぞ」と脅してる。 なんなのこの会社。 — ミスターK arapanman NHKの番組で、今治タオルを作ってる工場でベトナム人労働者が奴隷労働的に働かされてたことが取り上げられ炎上してるけど、こういうのも対応があと手に回ると、海外での不買運動にもつながるし、大きくブランド価値が毀損したら回復できなくなる。 削除したら、自ら全てを認めたって事よね。 同じ日本人がこんな事してると思うと悲しい。 — リンダン linglingdang NHKのノーナレ見てます。 今治タオル、ベトナムの技能実習生をタコ部屋で働かせて作ってるんだ。 もう使わない!!!くずだな。 — hirosawada sawa666sawa この間今治タオル買ったばっかりだけれどもう買わなくていいか。 ベトナムからの実習生の件とは全く関係ない今治タオルのメーカーさんにはとばっちりだろうけれど、なおさら今回話題に上がった業者を徹底的に叩き出して欲しい。 そうなれば自然と購入者は戻ってくると思う。 外から見れば残念だけれど — ドーナツ i35256038 今治タオルによるベトナム人技能実習生の問題、もう完全に事件でしょ。 警察の出番としか思えないわ。 — ぱなっぱー panamerapper.

次の

「今治タオル問題」 今治タオルを縫製する工場で、ベトナム人留学生を

今治 タオル ベトナム

気になるとこからどうぞ!• 今治タオルの工場の労働環境がひどいと炎上 NHKのノーテレで紹介されていた今治タオルを作らされるベトナム人の技術実習生ですが、映像をみる限りではかなり過酷な環境だったことが伺えますね。 希望を持って日本にやってきたのに、ついてみたらタコ部屋に入れられた朝から夜までタオルの縫製作業を繰り返すという事実。 なんと月に180時間以上の残業とノルマが課せられており、休憩の暇もない過酷な現状となっています。 そもそも、この企画の始まりは1人のベトナム人技能実習生からの告白によって起こったものです... クソみたいな人の使い方をしている企業は、このように世の中に知られて廃業していくのでしょう! 今治タオルの裏側にはこんな闇があったんですね。 外国人労働者の実態がひどいと炎上(ノーテレ) ノーテレ内で放送されていたものだけでもかなりひどい扱いを受けているようです。 その背景が大変過酷な技能実習生の労働に支えられている。 胸を潰されるような彼女らの訴え。 NHK大阪局青山浩平ディレクター渾身の映像。 再放送希望。 — 黒糖(黒糖焼酎) 2525Kokuto は高品質だから、日本のブランドだからと贔屓にしてた自分が恥ずかしい。 外国人実習生からの搾取によりブランドが維持されているなんて知らなかった。 本当にひどい。 なんでこんなことができるんだよ。 日本に夢を、希望を抱いてきた人たちになんて仕打ちを…恥を知れ! — ンゴンゴ ngongonanj ノーナレ、これたぶん今治タオル系の工場だよね…… 酷すぎる。 外国人技能実習生に対してこんな人権侵害が行われているなんて、本当にありえない。 日本人として愛媛県民として、恥ずかしすぎるよ。 会社の名前公表してほしい。 — 千 hako1000acm 今治タオル工場の会社を特定か? 番組の放送ではどこの県のどのような会社名なのかは明らかになっていませんでした。 NHKの報道では、ベトナム人労働者サイドの意見を元に製作されたものなのでこのような対応となっているのでしょうか? 実際に働いている人が言ってるのですから、真実に違いないと思いますが。 ブラックすぎる会社はとっとと社名を公開して厳しい目に晒すべきなのではないでしょうか? 実際の名前までは特定されていませんが、ネットやSNSの声を調べてみると『愛媛県今治市にある創立も長い会社』なのでは?と言われています。 ノーテレ内で放送された、ベトナム人たちが住んでいる寮から特定に乗り出したものだと思われます。 「婦人子供服製造」が職種の技能実習生にタオル製造だけをさせてる屑会社の寮 家賃3万円。 窓がない暗く狭い部屋に大勢の実習生が暮らし、長雨の時は生乾きの服を着て仕事。 「28人のためのシャワールーム」は「むきだしのシャワーが4つ」と、技能実習生制度は現代の奴隷制度ですね。 — YAF yagainstfascism タオルの製造を行っている工場は今治のどこだろう。 — みみずん mimizun 違法に労働をさせている今治タオル工場に世間の声は? 何が移民受け入れだ、何がインバウンドだ、何がオモテナシだ、何が美しい国だ、何が景気回復だ、何が国際貢献だ、何が国益だ。 恥ずかしい、恥ずかしい、恥ずかしい。 — 板橋と私 itabashiandme 今夜放送。 受信料を徴収して制作すべき番組って、こういうのだと思う。 『「たすけてください」。 メールの送り主は技能実習生として働くベトナム人女性。 送られてくる動画は劣悪な住環境の中、長時間労働を強いられる日常が映し出されていた』 NHKドキュメンタリー ノーナレ — さいき まこ@陽のあたる家 SaikiMako 突然テレビからベトナム語が聞こえてきて驚きました。 噂に聞いていた実態だったのに私は見て見ぬ振りをしていました。 せめて番組を見て実態を知ろうと思います。 私は同じ国の仲間に日本で苦しい思いをして欲しくないです。 真面目に働く人が報われる場所であって欲しいです。 — Ochen💎出国済み WorEdJODbp07XEf 最後に協力団体が出たけれど、そうした支援者たちの尽力が問題の可視化や実習生の救出につながっている。 ぼくはその団体でボランティアをしてるけど、現場の支援者たちは本当に熱を持って動いている。 最大のリスペクトを。 いくらクオリティーが高いタオルだとしても、技能実習生から搾取して作られたものなら、絶対に使いたくありません。 組合の自浄作用に期待したいです。 — wooodpecker tattaguri 議論なしで強行採決した自民公明維新 外国人技能実習生という名のタコ部屋16時間強制労働 脳出血意識不明。 選挙で自公維にNOを突きつけないと 今日もまた誰かが命を落とす制度が続く。 NHKも安倍政権の圧力中で真実を報道した。 かなり衝撃的な内容でしたよね。 残業時間も鬼のように長く、給料も満額振り込まれない。 さらには、寮は窓もなく昼か夜かわからないレベル... 挙句の果てには、ノルマが達成できないとベトナムに送り返すと脅すというヤクザ極まりない行動をしている実態が浮き上がりました。 ネットの特定犯によると、この会社は愛媛県今治市にある創立して歴史があるような会社のようです。 社名まではわかっていませんが、今後の放送に注目していきましょう!.

次の

NHK番組きっかけに「ブラック工場」憶測 今治のタオル企業が否定声明: J

今治 タオル ベトナム

吸水性や心地よい肌触りが人気の「今治タオル」が逆風にさらされている。 インターネットやSNSで批判や不買運動とも言える書き込みが多くなされている。 端緒となったのは、下請け企業での外国人技能実習生の劣悪とも言える実習環境を取り上げたNHKの番組。 タオル製造の下請け企業で実習生らが朝方まで働かされている現状や、渡航時に背負った借金の返済が低賃金のため滞っている現状が紹介された。 今治タオルブランドの商品を手掛ける織布メーカーなど104社が加盟する今治タオル工業組合によると、放送で取り上げられた会社は組合に所属していない。 とはいえ、今治タオルの生産は、基本的に複数の下請け企業との分業で行われており、同社も組合企業の下請けとして今治タオルの生産に関わっていた可能性はあるという。 組合は放送を受けて「(組合にも)社会的責任及び道義的な責任がある」とし、技能実習生の労働環境改善などに取り組む方針を示している。 だが、今回の報道による影響は、問題のあったとされる企業だけでなく、今治タオルの生産者全体にすでに出始めており、稼ぎ時の1つであるお中元商戦を迎えている中で不安を口にする業者は少なくない。 今治タオルの製造・販売を手掛けるある業者は取引先や消費者から問い合わせが多数あるとし「まっとうな会社もある中で、今治タオルそのものが批判の対象になっておりつらい」「ブランドそのものの価値が毀損され続ける致命的な状況に陥りかねない」と危機感をあらわにする。 報道のあった企業に建物を貸し出していた別のタオル会社には抗議や無言の電話が相次いでいるという。 「今治の基幹産業は造船とタオルだが、少子化や都会への若手人材の流出で人手不足が続いている。 うちはまだだが、タオル会社で技能実習制度を利用している企業は少なくないようだ」と話すのは別のタオル会社の経営者。 今治タオルが全国的なブランドに成長した背景には、中小企業が技能実習生の力も借りて成し遂げたという実態もあるようだ。 ただ、実習制度を巡っては今回の放送のように過酷な労働実態がたびたび明るみに出ているほか、失踪事案も相次いでいる。 そもそも制度自体に対して「日本から海外への技術移転という『国際貢献』を理念に始められたもの。 労働力不足の補完という位置づけで利用されている現状は、制度が形骸化しているとしか言えない」(国士舘大・鈴木江理子教授)との指摘さえある。 制度そのものの在り方が議論される中、今治タオルに限らず技能実習生に頼った生産体制は見直しを迫られる可能性がある。 人口減少が運命づけられている日本社会。 今年4月には改正出入国管理法が施行され新たな在留資格が創設されるなど、「実習生」ではなく「労働者」として国外からの人材を確保する機運も高まる。 だが、その陰で不当な労働者の扱いが横行すればブランドの毀損につながるだけでなく、外国人から働き口として敬遠される可能性さえある。 受け入れ側がいかに高いモラルを維持していくか。 今治タオルが直面する問題は、どの企業にとっても無縁なものではない。

次の