ジャンボ尾崎 いいぞ。 ジャンボ尾崎のホールインワン・プロフェッショナル

ジャンボ尾崎のワンポイント再翻訳 [ニコニコあっぷる]

ジャンボ尾崎 いいぞ

1947年 尾崎家長男として徳島県海部郡宍喰町に生まれる。 元軍人の厳しい父とやさしい母に徳島の恵まれた自然の中で育てられた。 小さい頃から活発でとにかく足が速く、運動神経抜群だった。 1964年 地元徳島海南高校のエース打者として春の選抜高校野球に出場し全国制覇する。 1965年 甲子園での活躍を買われプロ野球の西鉄ライオンズに入団。 何事も順調に見えたがプロの世界で思うような活躍が出来ず、4年間在籍した球団を退団しゴルフへと活動の場を移すことを決意。 コレがジャンボ尾崎の輝かしい活躍へのターニングポイントとなる。 その後、名前を正司から将司へと変え千葉に移り住んでゴルフ場で働く傍ら練習を積んだ。 1970年 努力が実りプロテストに一発合格してプロゴルファーへの道を自ら切り開いた。 この年の夏にはデビュー戦である関東プロに出場。 新人とは思えない飛距離と小技ですぐにその名は知れ渡った。 1971年 周囲の期待に押されつつ日本プロではゴルフをはじめて3年という驚くべき成長で初優勝。 これ以降にも勝利を重ね、年間5勝を挙げる大活躍でプロツアー本格参戦一年目に堂々たる成績を残した。 ジャンボ尾崎の出現はゴルフブームに再び火をつけ、 71年に34試合だった試合数が72年には47、73年には52と急増した。 試合数が膨れ上がっただけではなく、年間獲得賞金額による賞金シード制も取り入れられ、今あるプロゴルフトーナメントの基盤を築く立役者となった。 1973年 年間5勝を挙げて初めて賞金王のタイトルを取った。 (1998年までには12回も賞金王に名をつらねることとなる。 1994~98年 なかでもこの5年間は誰にも賞金王の座を譲ることはなかった。 1996年 11月17日、ダンロップ・フェニックス3連覇でプロ通算「100勝」を達成。 2002年 『全日空オープン』で2000年のサンクロレラクラシック以来2年数ヶ月、777日ぶりとなる復活優勝を果たした。 55歳という年齢での優勝はツアー最年長記録更新した。 2005年 マンダム・ルシード よみうりオープントーナメントで前人未到の「生涯1000試合出場」という偉業を成し遂げた。 中嶋常幸らと共にAON時代を築き一世を風靡し、世界でも類を見ない113勝という優勝数の多さで長い間日本ゴルフ界の第一人者として君臨してきた。 シニアツアーに出場してもおかしくない年齢ではあるが、その卓越した技術やスター性は今なお健在である。 持病の坐骨神経痛の影響もあり近年は優勝から遠ざかっているものの、豪快かつ華のあるプレーでファンを魅了している。 年々悪化する腰痛に悩まされながらも試合に出場し奮闘するものの、不本意な結果に終わった2006年。 足かせであった病と向かい合いオフに手術という道を選択した。 2007年は身も心も新たに新生ジャンボの誕生である。 ジャンボ尾崎公式サイトより引用.

次の

73歳の尾崎将司、「第二のジャンボ育成」に本気の奮闘中

ジャンボ尾崎 いいぞ

「関東中学校ゴルフ選手権」や「千葉県ジュニア」、「日本女子アマチュアゴルフ選手権」など数々のアマチュアタイトルを獲ってきた西郷真央。 今年3月までは高校3年生。 約4カ月遅れのプロデビュー戦となった「アース・モンダミンカップ」は、最終日を最終組で迎える。 そんな西郷がジャンボ尾崎と出会ったのは2018年1月。 ジャンボ軍団が開いた「ジュニアレッスン会」に当時高校1年生の西郷真央の姿があった。 レッスン会が行われたアコーディア・ガーデン千葉北は、ジャンボの2018年の抱負をひと言聞こうと、多くの報道陣が詰めかけていた。 それに加えて、小学校3年生から高校2年生までのジュニア29人とその親、ジャンボをはじめとする尾崎健夫、尾崎直道の尾崎三兄弟、飯合肇、川岸良兼、原英莉花らジャンボ軍団が勢ぞろい。 ジャンボが動くたびにカメラマンと記者が一斉に動くため、身動きが取りづらい状況だった。 ジャンボはジュニアの打席を1つ1つ移動しながら、丁寧かつやさしく、それでいて熱のこもったアドバイスを送る。 自身が現役時代から今でも追求し続けている「飛ばし」がメインだ。 「もっと振らんかい!」、「振り遅れが大きなフォローにつながるんだ」、「手首をやわらかくしてヘッドを利かせろ」とジャンボ独特の表現だが、みるみるジュニアたちのインパクト音が良くなっていく。 ジャンボが西郷の打席に行くと、まず名前を尋ねる。 「西郷真央です。 高校1年生です」。 それを聞くとジャンボは、「セゴドンだな」とニヤリと笑う。 ちょうど2018年1月からNHKの大河ドラマ、『西郷どん』が放映されていた。 現場の記者たちからも笑いが起こる。 実の西郷はオヤジギャグ?には反応せず、ジャンボの前でボールを何球か打って見せた。 「西郷どん、いいぞ」とジャンボは最初から褒める。 確かに西郷は当時から他のジュニアとは違っていた。 小柄ではあったがスイングは力強く、インパクトも弾道も鋭かった。 ジャンボはフォローを大きくするレッスンを行い、次の打席に移っていった。 その後、西郷は「ジャンボ尾崎ゴルフアカデミー」の1期生に合格し、定期的にジャンボの指導を仰ぐことになる。 以来、今でもずっと『西郷どん』と呼ばれ続けている。 プロデビュー戦の初日を「70」で終えた西郷は、「スコア的にはアンダーを出せたのですごく良かったかなと思います。 コロナの影響でジャンボ邸になかなか行くことができなくて、でも一度行かせていただいたときに『大変だけど準備はしとけ』と言われています」とジャンボについて触れた。 また、今年1月に行われたジャンボの73歳の誕生日会では、「シードを獲ること、最終戦のリコーカップに出場すること」とジャンボたちの前で目標を発表した。 明日、最後にリーダーボードの一番上に名前があれば、たった1試合で目標をクリアすることになる。 (文・下村耕平).

次の

ジャンボ尾崎がプロ野球を辞めた理由wwwwww: みじかめっ!なんJ

ジャンボ尾崎 いいぞ

「関東中学校ゴルフ選手権」や「千葉県ジュニア」、「日本女子アマチュアゴルフ選手権」など数々のアマチュアタイトルを獲ってきた西郷真央。 今年3月までは高校3年生。 約4カ月遅れのプロデビュー戦となった「アース・モンダミンカップ」は、最終日を最終組で迎える。 そんな西郷がジャンボ尾崎と出会ったのは2018年1月。 ジャンボ軍団が開いた「ジュニアレッスン会」に当時高校1年生の西郷真央の姿があった。 レッスン会が行われたアコーディア・ガーデン千葉北は、ジャンボの2018年の抱負をひと言聞こうと、多くの報道陣が詰めかけていた。 それに加えて、小学校3年生から高校2年生までのジュニア29人とその親、ジャンボをはじめとする尾崎健夫、尾崎直道の尾崎三兄弟、飯合肇、川岸良兼、原英莉花らジャンボ軍団が勢ぞろい。 ジャンボが動くたびにカメラマンと記者が一斉に動くため、身動きが取りづらい状況だった。 ジャンボはジュニアの打席を1つ1つ移動しながら、丁寧かつやさしく、それでいて熱のこもったアドバイスを送る。 自身が現役時代から今でも追求し続けている「飛ばし」がメインだ。 「もっと振らんかい!」、「振り遅れが大きなフォローにつながるんだ」、「手首をやわらかくしてヘッドを利かせろ」とジャンボ独特の表現だが、みるみるジュニアたちのインパクト音が良くなっていく。 ジャンボが西郷の打席に行くと、まず名前を尋ねる。 「西郷真央です。 高校1年生です」。 それを聞くとジャンボは、「セゴドンだな」とニヤリと笑う。 ちょうど2018年1月からNHKの大河ドラマ、『西郷どん』が放映されていた。 現場の記者たちからも笑いが起こる。 実の西郷はオヤジギャグ?には反応せず、ジャンボの前でボールを何球か打って見せた。 「西郷どん、いいぞ」とジャンボは最初から褒める。 確かに西郷は当時から他のジュニアとは違っていた。 小柄ではあったがスイングは力強く、インパクトも弾道も鋭かった。 ジャンボはフォローを大きくするレッスンを行い、次の打席に移っていった。 その後、西郷は「ジャンボ尾崎ゴルフアカデミー」の1期生に合格し、定期的にジャンボの指導を仰ぐことになる。 以来、今でもずっと『西郷どん』と呼ばれ続けている。 プロデビュー戦の初日を「70」で終えた西郷は、「スコア的にはアンダーを出せたのですごく良かったかなと思います。 コロナの影響でジャンボ邸になかなか行くことができなくて、でも一度行かせていただいたときに『大変だけど準備はしとけ』と言われています」とジャンボについて触れた。 また、今年1月に行われたジャンボの73歳の誕生日会では、「シードを獲ること、最終戦のリコーカップに出場すること」とジャンボたちの前で目標を発表した。 明日、最後にリーダーボードの一番上に名前があれば、たった1試合で目標をクリアすることになる。 (文・下村耕平).

次の