明治 大学 クライス 事件。 「【怒れよ卒業生】明大・クライス歌舞伎町集団昏倒事件【過度な飲酒…だけか??】」nobe2のブログ | 【新】自動車・単車舘

新宿コマ劇場前で起きた集団昏倒事件の顛末を明大が報告、クライス廃部処分で事件性は否定

明治 大学 クライス 事件

本学公認サークルの処分について 本学公認サークル「クライステニスクラブ」の飲酒事案につきまして、各方面に多大なご迷惑・ご心配をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます。 本学では関係する学生全員を対象に個別面談を実施した結果、本件が過度の飲酒に起因していること、また多数の未成年飲酒があったことを確認しました。 また、警察においても当日の参加学生から聞取り調査が行われ、その結果、事件性(薬物・睡眠薬の混入等)がないことを確認しております。 本学では、これまでも未成年飲酒の禁止、飲酒の危険性に関して、新入生やサークルを対象に新入生指導週間行事や長期休業期間前のサークル説明会において、再三にわたって注意・指導を行ってきた他、ホームページ等で常時注意喚起を行ってきましたが、今回発生した事態を重く受け止め、改めて再発防止に努めてまいります。 1 事実経緯 2014年6月20日(金)夜、本学公認サークル「クライステニスクラブ」は春学期最終練習後、新宿歌舞伎町の飲食店において、他大学と合同の懇親会を実施し、本学学生34名(うち未成年者21名)が参加しました。 この懇親会では、未成年飲酒に加え、カクテルの他、アルコール度数の高いウォッカやウィスキーをイッキ飲みする等、一歩間違えれば生命の危険を脅かしかねない過剰な飲酒を行いました。 飲食店を退店し、旧新宿コマ劇場前に集合したところ、泥酔状態に陥っていた女子学生を含む複数名の本学学生が路上に倒れこみました。 その様子を見て心配した方が警察に通報し、2名の成人男子学生が病院に救急搬送されることになりました。 この2名は、アルコールの過剰な摂取と診断され、数時間後に治療を終え無事に帰りました。 2 サークルへの処分 サークル行事における過度な飲酒や未成年飲酒の常態化が確認されたことから、クライステニスクラブは「公認取消・廃部」すると共に、当該学生に対しては厳重注意を行いました。 その上で、廃部後もクライステニスクラブに所属していた本学学生98名に対し、飲酒に対する正しい知識を習得させるため、外部講師による未成年飲酒の防止、アルコールの危険性、適正飲酒の必要性等の講習会を実施します。 また、厳重注意を受けた当該学生に対して引き続き個別指導を行い、始末書及び誓約書を大学に提出させることとします。 3 今後の対策 全公認サークル代表学生を招集し、飲酒及び課外活動全体の安全対策について、指導を行いました。 今後とも、健全な課外活動を推進するため、全公認サークル部長(教職員)とともに、サークルへの指導を継続的に強化してまいります。 併せて、本学の全学生に対しても各種ガイダンス、ホームページ、掲示、学生個人向けのポータルサイトを利活用し、飲酒に関する注意喚起を継続して行います。 当該サークルが伝統的に行ってきた一連の行動は、全てがあてはまるとは言えないであろうが、背景に性的接触を目的として行われてきたこともあるはずである。 当初からそのような目的で心神喪失状態に陥れたのであれば、昏睡強姦未遂罪としての刑事訴追はあり得たはずである。 かかる証拠が得られなかったとしても、元々明治大学は公認サークルにインカレを認めていない 現在では暗黙の了解と化しているが こと、社会的影響を及ぼし大学の品位を著しく貶めたこと、未成年への飲酒が慢性的に行われていたこと、刑事未成年ではないこと等々に鑑みても、大学側が内部的に処分するにとどまるべきでなく、最低でも、代表者格或いはサークル構成員を含む関係者に公的に謝罪させるべきであると考える。 結論から言って、処分は妥当だと思う。 大勢の人があまりにも感情に流されすぎているように思えてならない。 当該サークルは廃部となり、始末書の提出が求められている。 これは相応の対応なのではないのか。 廃部が軽いなんて言うのは体育会ではありえない。 なぜなら、これまでの伝統が白紙に戻ってしまうからだ。 これが軽いというから所詮サークルだなと強く感じる。 あくまでもクライスを擁護するつもりは微塵もないが、悪しきものには厳罰をというその考え方がおかしい。 相手方もそのつもりで飲み会に参加していたのではないのかという可能性だってある。 薬を使って女の子を襲おうとするなんてけしからん! とか考えているあなた。 未成年の後輩に飲ませたり、流されてるのか知らんがコールをして暗に強要していたりしないのか? 僕にはどっちも変わりは無いように思える。

次の

「【怒れよ卒業生】明大・クライス歌舞伎町集団昏倒事件【過度な飲酒…だけか??】」nobe2のブログ | 【新】自動車・単車舘

明治 大学 クライス 事件

東京・新宿での「女子大生集団昏倒騒動」の真相が、本紙の取材で明らかになった。 なんと、 男子学生が女子大生の酒に睡眠薬を盛ったというのだ。 騒動は20日夜ごろから、情報がSNSなどで拡散された。 複数の若い女性が新宿の旧コマ劇場前で倒れている様子が写真付きで報告されたのだ。 若者らは明治大学のインカレサークルに所属する学生と判明。 ネット上では「飲みすぎか」「違法薬物を盛られたのか」などの議論がヒートアップした。 明大は24日「確認したところ、本学公認サークルに所属する部員であることが判明いたしました。 本学学生がお騒がせしましたことを心からおわび申し上げます」と謝罪。 原因を「過度の飲酒」として「昏倒していた部員の中には未成年者が含まれていることも判明いたしました」という。 一方、倒れていたのは日本女子大の学生だったとみられていたが、同大は「本学学生の参加は確認されていません。 そんな中、本紙は捜査関係者から重大な証言を得た。 「確かに、男たちは女の飲み物に薬を入れたよ。 違法薬物? 違う。 効果はすさまじかった。 「予想以上にバッタバタと女が倒れて、店で寝かせておくわけにもいかず、外に運んだが、それからどうすることもできない。 男たちもビビったわけだ」 ある明大生によると、このサークルでは女性を酔わせる手口として、「伝統的にスピリタスのカプセルを使っていた」という。 約95度のウオッカをこっそりグラスに入れ、泥酔させるのだという。 今回の件では被害届も提出されておらず、警察はバカな学生を厳重注意し、騒動は幕を閉じた。 睡眠剤は 真 っ 赤 な ウ ソ。 ほぼ間違いなく脱法ドラッグ しかし大学、学生、警察、マスコミが結託して「事件性なし」と公表している。 このことから今の日本が相当ヤバいことが伺える。 2chでは現在調査中の鬼女板に反日工作員が大量に沸いている。 クライスメンバーのブログで「ゼロ」という単語が頻出、相当に依存度の高いものと見える。 しかし大学側は学生本人の「ゼロ発言は捏造だ」という意味不明の証言を盾に逃げ切るつもりらしい。 体は大切に。 これからほんとに我慢しなきゃなーやだなー ゼロを どう考えてもアッパー系ドラッグ.

次の

明治大学テニスサークル『クライス』の昏睡事件で使用された薬はスピリタスカプセル(動画あり): GOSSIP速報

明治 大学 クライス 事件

本学公認サークルの処分について 本学公認サークル「クライステニスクラブ」の飲酒事案につきまして、各方面に多大なご迷惑・ご心配をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます。 本学では関係する学生全員を対象に個別面談を実施した結果、本件が過度の飲酒に起因していること、また多数の未成年飲酒があったことを確認しました。 また、警察においても当日の参加学生から聞取り調査が行われ、その結果、事件性(薬物・睡眠薬の混入等)がないことを確認しております。 本学では、これまでも未成年飲酒の禁止、飲酒の危険性に関して、新入生やサークルを対象に新入生指導週間行事や長期休業期間前のサークル説明会において、再三にわたって注意・指導を行ってきた他、ホームページ等で常時注意喚起を行ってきましたが、今回発生した事態を重く受け止め、改めて再発防止に努めてまいります。 1 事実経緯 2014年6月20日(金)夜、本学公認サークル「クライステニスクラブ」は春学期最終練習後、新宿歌舞伎町の飲食店において、他大学と合同の懇親会を実施し、本学学生34名(うち未成年者21名)が参加しました。 この懇親会では、未成年飲酒に加え、カクテルの他、アルコール度数の高いウォッカやウィスキーをイッキ飲みする等、一歩間違えれば生命の危険を脅かしかねない過剰な飲酒を行いました。 飲食店を退店し、旧新宿コマ劇場前に集合したところ、泥酔状態に陥っていた女子学生を含む複数名の本学学生が路上に倒れこみました。 その様子を見て心配した方が警察に通報し、2名の成人男子学生が病院に救急搬送されることになりました。 この2名は、アルコールの過剰な摂取と診断され、数時間後に治療を終え無事に帰りました。 2 サークルへの処分 サークル行事における過度な飲酒や未成年飲酒の常態化が確認されたことから、クライステニスクラブは「公認取消・廃部」すると共に、当該学生に対しては厳重注意を行いました。 その上で、廃部後もクライステニスクラブに所属していた本学学生98名に対し、飲酒に対する正しい知識を習得させるため、外部講師による未成年飲酒の防止、アルコールの危険性、適正飲酒の必要性等の講習会を実施します。 また、厳重注意を受けた当該学生に対して引き続き個別指導を行い、始末書及び誓約書を大学に提出させることとします。 3 今後の対策 全公認サークル代表学生を招集し、飲酒及び課外活動全体の安全対策について、指導を行いました。 今後とも、健全な課外活動を推進するため、全公認サークル部長(教職員)とともに、サークルへの指導を継続的に強化してまいります。 併せて、本学の全学生に対しても各種ガイダンス、ホームページ、掲示、学生個人向けのポータルサイトを利活用し、飲酒に関する注意喚起を継続して行います。 当該サークルが伝統的に行ってきた一連の行動は、全てがあてはまるとは言えないであろうが、背景に性的接触を目的として行われてきたこともあるはずである。 当初からそのような目的で心神喪失状態に陥れたのであれば、昏睡強姦未遂罪としての刑事訴追はあり得たはずである。 かかる証拠が得られなかったとしても、元々明治大学は公認サークルにインカレを認めていない 現在では暗黙の了解と化しているが こと、社会的影響を及ぼし大学の品位を著しく貶めたこと、未成年への飲酒が慢性的に行われていたこと、刑事未成年ではないこと等々に鑑みても、大学側が内部的に処分するにとどまるべきでなく、最低でも、代表者格或いはサークル構成員を含む関係者に公的に謝罪させるべきであると考える。 結論から言って、処分は妥当だと思う。 大勢の人があまりにも感情に流されすぎているように思えてならない。 当該サークルは廃部となり、始末書の提出が求められている。 これは相応の対応なのではないのか。 廃部が軽いなんて言うのは体育会ではありえない。 なぜなら、これまでの伝統が白紙に戻ってしまうからだ。 これが軽いというから所詮サークルだなと強く感じる。 あくまでもクライスを擁護するつもりは微塵もないが、悪しきものには厳罰をというその考え方がおかしい。 相手方もそのつもりで飲み会に参加していたのではないのかという可能性だってある。 薬を使って女の子を襲おうとするなんてけしからん! とか考えているあなた。 未成年の後輩に飲ませたり、流されてるのか知らんがコールをして暗に強要していたりしないのか? 僕にはどっちも変わりは無いように思える。

次の