ルパート エヴェレット。 ヒュー・エヴェレット3世

さすらいの人 オスカー・ワイルド

ルパート エヴェレット

ルパート・エヴェレット(Rupert Everett) photo : AFLO 1989年に半自伝的小説『哀れ、ダーリンは娼夫?』を発表、ゲイであることをカミングアウトしていたルパート・エヴェレット。 最近のインタビューで「映画界は攻撃的なほど異性愛者の世界」でゲイの俳優たちは「二流の人間のように扱われる」と語っている。 「僕がもらえなかった役はたくさんあり、それにはそれぞれ違う理由がある。 一部は僕がいい俳優ではなかったからかもしれないし、オーディションがひどかったからかもしれない。 それが一番大きな理由だろう」とコメント。 「でも僕の演技がとてもうまくいって監督や他の俳優たちが僕の出演を求めていたのに、制作会社によって拒まれた作品が3、4本ある。 僕がゲイだということだけが理由だ」と性的指向に対する差別があることを指摘。 『アナザー・カントリー』 コリン・ファース(Colin Firth)、ルパート・エヴェレット(Rupert Everett) photo : AFLO 今では脚本家、監督としても活躍しているエヴェレット。 最近はオスカー・ワイルド原作の『幸せな王子』を監督主演、コリン・ファースとの再共演も果たしている。 「同性愛者に対する差別は確実に起きている。 でも同時にそれが僕の一部にもなっている。 そういうものと格闘することが、ある意味僕をいい状態にしている」「僕が異性愛者で休みなく働いていたら脚本家としての僕のキャリアは、実現しなかったと思う」とポジティブではあるけれど、これまでの道のりは楽ではなかったはず。 カミングアウトする俳優も多く、同性愛者に対する偏見が少ないように見えるハリウッド。 でも実態はそうとは言えないことが改めて明らかになった。 text: Yoko Nagasaka.

次の

ヒュー・エヴェレット3世

ルパート エヴェレット

ヴィクトリア王朝最盛期に誕生した電動バイブレーターの秘話をコミカルに描いたドラマ。 電動バイブレーターが開発された当初は、現在のように性具としてではなく、ヒステリー症状を持つ女性たちを治療するための医療器具として使われていた。 「クレイジー・ハート」のマギー・ギレンホールが父が編み出したマッサージ療法に断固反対する娘を、「お買いもの中毒な私!」のヒュー・ダンシーが人気沸騰しすぎて利き腕が使えなくなったことからバイブレーターを開発する若い医師を、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのジョナサン・プライスが婦人科医の権威を演じる。 監督は「Ball in the House」(未)のターニャ・ウェクスラー。 監督 出演キャスト 恋に悩む男女のやりとりを描いたコミカルに描いたファンタジー・ロマン。 ウィリアム・シェイクスピアの古典喜劇を舞台を19世紀初頭のイタリアに設定して映画化。 監督・脚本には「素晴らしき日」のマイケル・ホフマン。 撮影は「ハイロー・カントリー」のオリヴァー・ステイプルトン。 音楽は「シャロウ・グレイブ」のサイモン・ボスウェル。 美術は「オスカーとルシンダ」のルチアーナ・アリジ。 編集は「素晴らしき日」のガース・クレヴェン。 衣裳は「レ・ミセラブル」のガブリエラ・ペスクッチ。 出演は「ベスト・フレンズ・ウェディング」のルパート・エヴェレット、「17 セブンティーン」のキャリスタ・フロックハート、「ワイルド・ワイルド・ウエスト」のケヴィン・クライン、「ストーリー・オブ・ラブ」のミシェル・ファイファー、「普通じゃない」のスタンリー・トゥッチほか。 監督 出演キャスト.

次の

Rupert Everett の写真・画像[ID:50815835]『Los Angeles Premiere of

ルパート エヴェレット

ルパート・エベレット、27年前の名作を述懐 かつてはC・ファースの才能に嫉妬 2012年11月11日 21:45 ルパート・エベレット [映画. com ニュース] が、実在するスパイのパブリック・スクール時代を描いた「」で端正な容姿と演技を披露、日本で「英国美青年ブーム」を巻き起こしたのはいまから約27年前。 同作は現在リバイバル公開中で、耽美な作風だけでなく英国社会への痛烈な皮肉を込めた内容も再評価されている。 現在は役で舞台「Judas Kiss」に主演中、来年には同じくワイルドを描いた映画で監督デビューを控えるエベレットが、現在・過去・未来について語った。 「僕はこの作品をとても愛しているし、美しく幸福な思い出が残っているよ」と「」について振り返るエベレット。 「細かいことは忘れてしまったが、撮影したのは美しい夏だった。 舞台版で初めて成功した役だし、映画の出来もよかったからハッピーだった」 日本では「やおい」文化やボーイズ・ラブというジャンルの先導となった本作だが、男同士の友情に愛を深読みする「やおい」的な見方については「ファンタスティック」とまんざらでもない様子。 「これはいわゆるゲイの話じゃない。 どちらかといえば僕とコリン(・ファース)演じるジャドについてのラブストーリーで、深い友情の話だからね」 実はこのジャド役にファースを推したのは、エベレットだった。 「彼がいい俳優だと思ったから。 でも『』で共演したときは、彼とは全然うまくいっていなかったんだ。 彼はあまりにも真面目で面白くないやつだと思っていたし、彼の才能に嫉妬していたから。 でも30年たったいま、コリンはとてもいい友だちだ。 僕も真面目になったしね。 彼は明日も僕の舞台を見に来てくれる。 彼にインタビューすれば、僕よりよっぽどまともに答えてくれるよ 笑 」 がワイルドの逮捕前後を描いた「Judas Kiss」は、ロンドン公演を経ての英国ツアー中で、来年1月にはウエストエンドでの凱旋公演が決定した。 「オスカー・ワイルドというのは非常にロマンティックな人物で、彼の書く物語も好きだが、むしろ彼の人生に興味をひかれているんだ。 その狂気にね。 彼は感動的で、滑稽で、非常に賢明なのにバカげたことをやってのける。 19世紀末から20世紀へ、激しく移り変わる時代の犠牲になった人間のひとりだ」 さらに来秋には、ワイルドの最晩年を描く映画「Happy Prince」で脚本・監督・主演を務めることが決まっている。 「この舞台をやったのは、僕が作ろうとしている映画について広く知ってもらい、資金集めをするためだよ。 それに、僕自身にオスカーを演じる技量があると証明したかったんだ」 ゲイを公言するエベレットは最近、「ゲイのカップルが代理母を使って親になろうとするのは利己的で最悪」と発言。 同性愛支援団体から猛反発を受けた。 しかし、この率直さこそが彼の美点でもあることは、上梓したばかりの著作「Vanished Years」でも明らか。 「率直であることで損もするけど、それで世界が終わるわけじゃない。 自分は正直であるべきだと思うし、うそをついたり取り繕うことはできないんだよ。 ただ、僕という人間は信念とは無縁。 禅僧みたいに瞬間、瞬間を生きているだけなんだ」(若林ゆり) (映画. com速報)•

次の