バレバレ 類語。 「半可通」の意味とは!類語や例文と意味を解釈

「武者震い」の意味とは?なぜするのかの原因・止め方や類語を解説

バレバレ 類語

お菓子を隠れて食べたみたいだけど、食べかすがついているよ。 頭隠して尻隠さずとはこのことだね。 この場合は要するに、 「お菓子を盗み食いしたことがバレバレだった」ということですね。 「頭隠して尻隠さず」は、このように 悪い出来事がバレてしまったような場合に使うと考えて下さい。 ポイントは、 「 本人は隠したつもりでいる」という点ですね。 このことわざは、 「周りからは気づかれているけども、本人は気づいていない」 という状況を表します。 なので、多くの場合 否定的な意味として使うのです。 頭隠して尻隠さずの語源・由来 ところで、このことわざは、 どの動物が元になってできたのでしょうか? 実は、「頭隠して尻隠さず」は、 「 キジ」という鳥の行動が由来です。 以下に、簡単な逸話を紹介しておきます。 ある時、狩人に追いかけれていたキジは、 草むらの中に身をひそめていた。 キジ「この草むらの中なら大丈夫だろう・・・」 ところが、いざ隠れる時には 頭を草に突っ込んだだけで尾っぽは丸見えであった。 しかし、 キジはそのことに全く気づかず、隠れた気になっていた。 結果的に、尾が突き出ていたキジは いとも簡単に狩人に捕らえれてしまったのである。 とまあ、こんな話です。 つまりこの話が元になり、 現在のことわざができたわけですね。 私たちの日常生活でも、このような現象はよくあるでしょう。 例えば、 「 かくれんぼ」をした時には 鬼から必死に隠れますよね。 でも、「頭」だけを隠しても「尻」が見えていては すぐに鬼に見つかってしまいます。 同様に、物事は隠すところは しっかりと全て隠さないといけないのです。 もちろん、悪いことまで隠してはいけませんがね。 柿を盗んで食べておきながら、 肝心の種(核)を隠さないことから。 以上、4つのことわざを紹介しました。 共通しているのは、「 物事の全てを隠せない」という点ですね。 また、似たような言い方だと 「 頭隠して尾を出す」「 頭隠して尻を出す」などもあります。 これらのことわざは、 「頭隠して尻隠さず」の同義語だと考えて下さい。 一般的な言い方だと、 「 バレる・露見する」などの言葉が 分かりやすいのではないでしょうか? 頭隠して尻隠さずの英語 続いて、英語訳です。 「頭隠して尻隠さず」は、 「英語」だと次のように言います。 「 The foolish ostrich buries his head in the sand and thinks he is not seen. 」 「foolish」は「愚かな」「ostrich」は「ダチョウ」 「buries」は「bury(~を埋める)」の複数形、そして、「sand」は「砂」を意味します。 以上のことから、 「 愚かなダチョウが頭を砂に入れ、見つからないと思っている」 という訳になります。 日本のことわざの場合、由来となったのはキジでした。 しかし、 英語の場合はキジではなくダチョウで表します。 どちらも「鳥」という共通点はありますが、 この場合はたまたま鳥だったと考えるのが妥当でしょう。 また、その他の言い方としては、 次のような表現もできます。 Protect yourself at all points. (あなた自身の全てを守りなさい。 ) 裏を返せば、 「(全てを守れていないので)守れ!」 ということですね。 スポンサーリンク 頭隠して尻隠さずの使い方・例文 では、最後に「頭隠して尻隠さず」 の例文を紹介しておきます。 食い逃げした客の免許証が残っていた。 まさに 頭隠して尻隠さずだね。 「 頭隠して尻隠さず」では困ります。 詰めを甘くしないように。 彼らは否定しているけど、証拠がある。 頭隠して尻隠さずだ。 頭隠して尻隠さず。 口裏を合わせただけじゃ、ごまかせなかったね。 口にアイスがついているのに食べていないだと? 頭隠して尻隠さずだよ。 やっぱり企業内の悪事が暴かれた。 頭隠して尻隠さずですよ。 用例としては、 日常生活から堅い場面まで幅広く使われています。 ただ、いずれの場合も基本は 否定的な意味で使うと考えてください。 具体的に言うと、 「隠した気でいる人の愚かさをバカにする」 「視野が狭い人の不器用さを指摘する」 「その場しのぎの浅はかさに幻滅する」 といった感じです。 「何かの秘密がバレる」ということは、どんな状況でも起こり得ます。 しかし、「頭隠して尻隠さず」の「尻」は、 本来隠さなければいけない大事な箇所です。 したがって、周りから指摘されないように ちゃんと隠さなければいけないのです。 関連: まとめ 以上、今回の内容をまとめると 「 頭隠して尻隠さず」= 悪事や欠点の一部を隠して、全部を隠した気でいる様子。 「 由来」=キジが草むらに隠れる時に、頭を突っ込んだだけで尾は丸見えだったため。 「 類語」=「雉の隠れ・団子隠そうより跡隠せ・身を蔵し影を露わす・柿を盗んで核を隠さず」など。 「 英語」=「The foolish ostrich buries his head in the sand and thinks he is not seen. 」 ということでした。 言葉の意味だけを読み取ると、 「自分はそんなミスはしない!」と思うでしょう。 しかし、人生何が起こるか分かりません。 今後の予防策のために、このことわざを 一つの教訓としてみてはどうでしょうか?.

次の

「マッチポンプ」の意味とは?語源や類語表現も解説(例文つき)

バレバレ 類語

「こけおどし」の意味 「こけおどし」の意味は、 「いかにも中身がなく効果の低いおどしのこと」です。 その内容は非常にくだらなく、ウソや見栄がバレバレで、愚かな人ならば信用するけれども普通の人には通じない様なことです。 人を脅す時にはより信ぴょう性のあるウソをつくものです。 「金を払わないとすぐにそっちにうちの若い者を行かせるから」などと言えば、脅された方も会社や家に人相の悪い人が来ては困るので、言われた通りにせざるを得ないでしょう。 しかし 「こけおどし」の場合、 「金を払わないと東京高裁から連絡が来るよ」などと言います。 常識的に考えて急に高裁から呼び出しが来るはずはなく、普通ならば 「おかしいだろう」と思う様な脅しをかけることを言います。 その為に更に突っ込んで 「東京高裁は控訴審がメインの筈だけど」というと、 「名前は分らないけれども弁護士が告訴した」などと言い出しボロが出るのです。 「こけおどし」の語源や由来 「こけおどし」の語源は仏教用語にあります。 仏教では 「虚仮 こけ 」は 「その人の外見と心の中が違うこと」を意味します。 「虚」は 「虚ろ」で 「うそ・いつわり」という意味があり、 「虚言」 「虚像」などに使われます。 「仮」は 「仮り」で 「真実ではないこと、実体がないこと」という意味があり 「仮説」 「仮面」などに使われます。 これらの漢字が組み合わさり 「見せかけばかりで中身のないこと」という意味で使われる様になりました。 そこから一般社会で使われるに従い、 「浅はかなこと」 「愚かなこと」という意味に代わり、その様な愚かしい脅しに対して 「虚仮威し」と言われる様になったのです。

次の

「バレバレ」に関連した英語例文の一覧と使い方(16ページ目)

バレバレ 類語

公開日: 2018. 08 更新日: 2018. 08 「いい加減」の3つの意味と使い方、語源、類語、反対語、英語 「いい加減」という言葉をご存知でしょうか。 「冗談もいい加減にしろ」「いい加減にしてくれ」といったように使います。 「いい加減」は日常会話においても、使うことが多いですよね。 では、「いい加減」の意味についてしっかりと理解しているでしょうか。 「いい加減」と聞くと、何となくマイナスな印象を抱く人が多いかもしれません。 実は「いい加減」は悪い意味だけではなく、良い意味としても使うことができます。 正しく使うためには、意味についてきちんと知っておくことが必要です。 そこで今回は「いい加減」の意味や使い方、類語について解説していきます。 正しく覚えて、上手く使えるようにしましょう! 「いい加減」の意味と使い方<1>適度、よい程度 意味 「いい加減」の一つ目の意味は「 適度、良い程度」になります。 これから紹介する通り、「いい加減」には複数の意味がありますが、元々の意味(語源)はこの「適度」という意味になります。 物事の状態や程度が良いこと、良い状態なのでキリの良いところで終わって欲しいことを表します。 「いい加減」は「良い加減」「好い加減」と表すこともできます。 使い方 「物事の具合が良い、程度が良い」という場合に「いい加減」を使います。 例えば、「お風呂がいい加減だ」といった場合は「お風呂の温度が熱くもなく、冷たくもなくて、ちょうど良いお湯加減だ」という意味になります。 「適度」という意味で「いい加減」を使う場合は、良いイメージを伴います。 主観的にちょうど良いという事を表したいときに、「いい加減」を使うのが適します。 「いい加減」を使うことによって、極端ではない、過剰ではないことを表すことができます。 「いい加減」はキリが良いところで終わらせたいという意味で、「茶化すのもいい加減にする」「雪はいい加減止んで欲しい」といったように使います。 例文 ・ふざけたことばかり言って、冗談もいい加減にしろ。 ・このお菓子は焼き上がりがいい加減で、とても美味しい。 ・いい加減のお風呂に入れば、身も心も落ち着くことができる。 ・アルバムや使わなくなった教科書をしまっておくのに、いい加減の大きさの入れ物がない。 ・いい加減に雨が止んでくれないと、今日の遠足は中止になってしまうだろう。 ・今日はいい加減なところで仕事を終わらせて、あとは家に帰ってゆっくりしよう。 ・まずは野菜を食べやすいいい加減な大きさに切ってから、フライパンで炒める必要がある。 類語 適度 (意味:物事の程度が良いこと) 「体型を維持するためには適度な運動が必要だ」 良い程度 (意味:ちょうど良い度合い) 「体に良い程度にスポーツをする」 よい頃合い (意味:ちょうど良い度合い) 「よい頃合いに仕事をする」 ほどほど (意味:ちょうどよい具合であること) 「酒やタバコはほどほどにしないと体に悪いよ」 適当 (意味:度合いが程良いこと) 「適当なところでひとまず終わりにする」 程よい (意味:ちょうど良い具合であること) 「程よい味付けで美味しい」 中くらい (意味:程度がちょうど真ん中ぐらいであること) 「彼はクラスで中くらいの成績だ」 中庸(ちゅうよう) (意味:一方に寄ることなく、変化しないこと) 「中庸の考えが必要となる」 「いい加減」の意味と使い方<2>良くも悪くもない程度 意味 「いい加減」の1つ目の意味である「ちょうどよい程度」から派生して「 徹底しないこと、不十分なこと」という意味でも「いい加減」は使います。 「いい」加減ではなく「あまりよくない」加減、という意味で使います。 「いい加減」は元々「ちょうどよい」という意味でした。 「ちょうどよい」ということは極端に良いわけでも極端に悪いわけでもありません。 この状態をネガティブに捉えると「徹底していない」というニュアンスになります。 使い方 物事を最後まで行わないで途中で断念したり、無責任に放り出すことを表す場合に「いい加減」を使います。 この場合の「いい加減」は、 マイナスなイメージを伴って用います。 例えば、「いい加減な人」といった場合は、仕事や勉強をしっかりとしない人、人との約束を守らない人、時間を守らない人、整理整頓ができない人、などが挙げられます。 「いい加減」は「良くないことである」という意味で使うことが多いです。 使い方としては、 ・いい加減な事を言う ・いい加減なやり方 ・いい加減な人 ・いい加減な返事 ・いい加減な練習 などとなります。 例文 ・いい加減なこと言うな。 そんなことを言っても誰も信じないと思うよ。 ・彼は時間にいい加減な人だから、約束した時間に来たことなんて一度もない。 ・いい加減な勉強をしているから、いつもテストが不合格なんだよ。 ・あの人は社員をいい加減に扱っているので、仕事を押し付けてくる。 ・相手の話をいい加減に聞いていたから、本番で失敗してしまったんだよ。 ・君はいい加減な仕事をしているから、残業が多くなってしまうのだ。 ・そのチームはいい加減な練習をしてきたから、試合に勝つことができなかった。 類語 生半可(なまはんか) (意味:十分ではなく不完全であること) 「生半可な気持ちで成功することはできない」 ぞんざい (意味:中途半端に物事を行うこと) 「彼女はぞんざいに扱われたことに怒っていた」 投げやり (意味:物事を運任せにすること) 「彼は投げやりな返事をしてばかりいる」 中途半端 (意味:物事が不完全であること) 「彼女はいつも中途半端に物事を終わらせる」 杜撰(ずさん) (意味:物事が不完全で間違いが多いこと) 「杜撰な対応に怒っている人が多くいる」 手抜き (意味:やるべき事をわざと省くこと) 「手抜きにしたことがバレバレである」 穴だらけ (意味:出来栄えに問題があること) 「この企画は穴だらけで実行できない」 雑 (意味:大雑把で適当であること) 「彼は物を雑に扱う癖がある」 でたらめ (意味:根拠がなくて適当であること) 「犯人が言っていることは全てでたらめだった」 「いい加減」の意味と使い方<3>かなり、とても 意味 「いい加減」は副詞的に使うと「 かなり、とても」という意味でも使います。 普通よりも甚だしいこと、限界を超えていていっぱいいっぱいだということを表します。 使い方 「かなり、とても」という意味で使う場合は、 不満な気持ちを込めて使います。 この場合は「限度を超えていて、気持ち的にギリギリだ」という心情を表したい場合に使うのが適します。 例えば、「ゲームを何回やってもクリアできず、いい加減うんざりする」といったように使います。 これは「何回やってもクリアできずに、相当うんざりした」という意味になります。 「いい加減嬉しかった」「いい加減売れている」といったように、満足な気持ちを表す場合には使いません。 あくまでも「いい加減」は不安に思っていたり、物足りなく思っている場合に用います。 使い方としては、 ・いい加減待たされた ・いい加減嫌になる ・いい加減疲れる ・いい加減嫌気が差す ・いい加減うんざりする などとなります。 例文 ・いい加減待たされて飽き飽きしたが、大事な面接なので辛抱強く待つ。 ・今日は一日中サッカーの練習していたので、いい加減疲れてしまった。 ・どんなに頑張っても成績が良くならないので、いい加減うんざりした。 ・いい加減嫌になってしまうこともあるが、耐えて頑張るしかない。 ・毎回待ち合わせ時間に遅刻してくる彼に、いい加減呆れてしまった。 ・その俳優は記者の質問攻めに、いい加減うんざりしている様子だった。 ・目的地まで遠いためまだまだ到着しそうになくて、いい加減嫌気がさしてしまった。 類語 とても (意味:程度が激しいこと) 「景色がとても綺麗だった」 かなり (意味:相当な程度であること) 「あの人はかなりお金を持っている」 相当 (意味:程度が物事に合っていること) 「それを行うには相当な決心がいる」 それなり (意味:ある物事に相応していること) 「練習すればそれなりの結果が出るはずだ」 ずいぶん (意味:程度が甚だしいこと) 「彼女は前よりもずいぶんと痩せた」 なかなか (意味:思っていた程度を上回っていること) 「きょうの料理はなかなか上手にできた」 けっこう (意味:十分ではないが、それなりであること) 「期待していなかったが、結構このアニメは面白い」 幾分 (意味:程度がほんの少しであること) 「幾分か見た目が悪いが、ほとんど良くできている」 過不及無い(かふきゅうない) (意味:ちょうど良い具合であること) 「今回の作品は過不及無い物になった」.

次の