加 ト ちゃん ケン ちゃん ご き げん テレビ。 加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ

加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ|株式会社ポニーキャニオン

加 ト ちゃん ケン ちゃん ご き げん テレビ

SPONSORED LINK どーも。 taka()です。 小学生の時の土曜夜8時は必ず見ていたテレビ番組があります。 「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」というお笑い番組です。 私が今33歳ですが、同じ世代の方なら、絶対知っているテレビ番組だと思います。 毎週土曜の夜のテレビスケジュールは 7時からマンガ日本昔ばなし。 7時半からクイズダービー(原たいらに千点のやつ) そして、8時から「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」という王道の流れがあった気がします。 先日、久しぶりに一人でゆっくりできる時間があり、TSUTAYAに行ったところ、目に入ってきたのが今回の「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」のDVDでした。 ほんとに久しぶり、間違いなく小学生の時に見ていた時から今まで1度も見てはいないです。 淡い記憶を思い出しながら家に帰って早速見たのですが、まぁほんとに懐かしい。 小学生の頃の思い出とともにある意味すべてが新鮮でした。 笑いのレベルは今と違いますが、ドリフターズの加藤茶と志村けんのコンビは僕ら世代にはやっぱり鉄板な気がしました。 加トちゃんケンちゃんごきげんテレビとは あらためて書いておきますと、加トちゃんケンちゃんごきげんテレビはTBSで1986年から1992年まで放送されていたお笑い番組です。 ドリフターズの加藤茶と志村けんのコンビが探偵という設定のコメディドラマが中心で、その他にも視聴者からのビデオ投稿を紹介する「おもしろビデオコーナー」などがありました。 とにかく、加藤茶と志村けんの二人が繰り出すコントが絶妙で、小学生だった私はもちろん、同世代には間違いなく支持を得ていた番組だと思います。 電話に受話器が2つあるのが特徴的で、2人が電話をとると、「私だ。 」とボスの声ではじまるのでした。 あ〜懐かしい 加トケンの古き良きお笑い 笑いの色と言うか、特徴は、今でもドリフターズの時代から変わらない古き良きお笑いテイストです。 笑いの王道と言えばいいのか、決してレベルが高いとは言えませんが、今見てもおもしろいんですね〜 話題になったスイカ人間(スイカ男) 当時、この番組の中で話題になったのが「スイカ人間」(スイカ男)でした。 志村けんがスイカを食べ過ぎて、スイカ人間になって人々を襲うのですが、小学生ながらにおびえたのを思い出します。 私の記憶ではもっと恐ろしい顔だったんですが。。。 笑 今見てみると、まぁチープというか、笑えるシーンばかりなのですが、小学生だった私にはもうホラー映画級に映っていました。 さいごに 「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」を見たことがない人が、今見ても、正直なにも感動しないでしょう。 やはり、私と同じように幼少の頃に見ていた人に、あらためて見てもらいたいですね。 小さい時におもしろくて笑いに笑っていた頃の思い出が蘇り、もうそれは、懐かしい気分に浸れると思います。 時間があれば、ぜひ、見てみてください。

次の

加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ(放送事故、ハプニング)

加 ト ちゃん ケン ちゃん ご き げん テレビ

約1分間に渡って踊り子2人の乳房が映しだされ、その直後TBSに親たちから 「子供に見せられない」「下品だ」などの抗議電話が殺到。 一時は局の代表電話が混んでつながらない騒ぎに。 (1988. 13) 前半の探偵コントでのとある話。 探偵事務所が資金不足に陥り、銀行強盗をする話。 地下から穴を掘り、銀行の金庫内に出るという計画だったが、女湯に出てしまう。 その穴から、全裸にタオル一枚で股間を隠すの女性が、すべるようにたくさん落ちてくるシーンがあった。 その中の一人のタオルがずれ丸見え。 残念ながらモザイクはありました。 (1980年代後半)(しゅんぽうさん).

次の

加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ(放送事故、ハプニング)

加 ト ちゃん ケン ちゃん ご き げん テレビ

概要 [ ] 『』から引き続きとがメインを務めていた。 番組では「 バスターズガール」役のやその他の女性レギュラーとともにゲームなどに挑戦していた。 SUPER MONKEY'Sにとっては、これがテレビ初出演の全国ネット番組となった。 しかし、当時のTBS社長・がTBS大改革のいわゆる「鶴の一声」を上げたことにより、番組はわずか半年間で終了。 この番組の最終回をもって、1969年10月の『』の放送開始以来土曜20:00枠で 通算22年5か月 続いたのメンバーが登場するという長きに渡ったTBSバラエティ番組シリーズは名実共に幕を下ろす結果となった。 ちなみに、この期間ずっと出演していたのは加藤のみであり、志村はのドリフ脱退を受けてドリフのメンバー入りが決まり1973年12月からドリフ見習いとして「全員集合」に出演して以降(1974年4月から正式にドリフメンバーとなる)からの出演なので、全期間には出演していない。 主なコーナー [ ]• コント• (ザ・ドリフターズ)• CoCo• CoCo コントのみ [ ]• バスターズガール [ ]• 作・構成:松岡孝、柊達雄、前田昌平• 音楽:• 振付:• 演奏:とゲイスターズ• ナレーション:、• キャラクター:• TD:青木葉吉樹• VE:豊中俊榮• カメラ:井原公二、白井昭至、川井由紀男、坂口司• CA:藤田栄治、上村信夫、波木井美絵、横田研一• 音声:倉本紀彦、原田光、山田昇平、妹川英明• 照明:笠原義博、小野寺瑞樹、鹿島雄司、浅田和男、上村和重、山下明弘、太田亘、原昇、川路淳• 音響効果:荒井忠利• 編集:山内祥弘、杉山弘和• MA:福沢整• 美術プロデューサー:• 美術デザイン:相野道生• 美術制作:鈴木浩二• 装置:渡辺通泰、管井学、工藤俊一、高久正夫• 装飾:飯島義次• 衣裳:高沢正巳、千葉辰哉• 化粧:尾張昭子• かつら:大井きく子• 植木装飾:足立憲一• 持道具:川村玲子• 電飾:小林篤• 建具:花澤昇• 特殊小道具:岩本浩二• 特殊大道具:鈴木康勝• タイトル:仲野美代子• 番宣:広瀬隆一• 編成:浅井敬• スタイリスト:うすいゆうこ、きつかわかずさ• エンディングテーマ:「」• 協力:• 技術協力:、• 制作協力:トリム• ビデオコーナースタッフ:高城郁子、白石美奈恵、大山小百合• これが青春ディレクター:江本稔、鈴木伸二• TK:長谷川道子• デスク:原田緑• AD:十二竜也、、柳崎芳夫、竹内幸司、今福賢二、高橋真司• 演出:、小玉滋彦、小笠原知宏• プロデューサー:落合芳行• 製作著作:TBS、 ネット局 [ ] 『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』時代と同様に、TBS系列27局で放送。 最後までTBS土曜20時台のドリフの番組が放送されなかったのは、・・・・の5県だった。 なお、番組終了直後の1992年10月1日に開局した伊予テレビ(現・)は、開局前ので最終回のみを放送したことがある。 ビデオ [ ]•

次の