栃木 県 新型 コロナ ウイルス。 宇都宮市における新型コロナウイルス感染症の発生状況|宇都宮市公式Webサイト

栃木県/新型コロナウイルス感染症 学校における対策マニュアル

栃木 県 新型 コロナ ウイルス

県では、新型コロナウイルス感染症による影響を受けた中小企業の資金繰りを支援するため、県制度融資に「新型コロナウイルス感染症対策パワーアップ資金」を創設しました。 1 支援内容 県制度融資「経営安定資金(新型コロナウイルス感染症対策パワーアップ資金)」• なお、「医業」とは産業分類上の病院、一般診療所、歯科診療所、獣医業、介護老人保健施設を指します。 資金使途 経営の安定に必要な運転資金、設備資金及び借換資金• 融資限度額 3,000万円• 融資期間 10年以内(うち、据置期間5年以内)• 申込先 銀行、信用金庫、信用組合または商工中金の県内営業店• 運用開始日 令和2(2020)年5月1日(金曜日) 保証料補給• 内容 保証料の全部又は一部を補給します• 対象者 新型コロナウイルス感染症対策パワーアップ資金を利用した中小企業• 内容 当初3年分の利子を補給します• 申込に必要な書類• 許可証等の写し(許可業種の場合)• 市町の発行するセーフティネット保証4号・5号及び危機関連保証の認定書• 2 問合せ先 栃木県産業労働観光部経営支援課金融担当 TEL:028-623-3181.

次の

【栃木県・各市町】新型コロナウイルスに関する情報&学習・食事支援サービス情報

栃木 県 新型 コロナ ウイルス

ページID1023506 更新日 令和2年6月12日 宇都宮市における新型コロナウイルス感染症の発生状況 発生状況(6月12日現在) 市内No. 栃木県 発表番号 陽性判明日 退院(退所)日 年代 性別 行動歴等 1 県内3例目 3月18日 4月1日 40 女 タイ旅行 2 県内13例目 3月31日 5月28日 30 男 県内の医療機関受診 3 県内15例目 4月1日 4月29日 20 男 東京都内で飲食 4 県内16例目 4月1日 5月14日 40 男 No. 2の濃厚接触者 5 県内18例目 4月6日、5月22日再燃 5月8日、6月8日 30 男 埼玉県内で飲食 6 県内19例目 4月6日 5月8日 30 男 夜間勤務 7 県内21例目 4月7日 5月8日 30 女 東京都内の飲食店に勤務 8 県内22例目 4月7日 5月8日 40 男 神奈川県に出張 9 県内27例目 4月8日 5月2日 60 女 No. 7の濃厚接触者 10 県内28例目 4月8日 5月1日 30 女 No. 7の濃厚接触者 11 県内38例目 4月14日 4月28日 30 男 県外で葬儀出席 12 県内40例目 4月15日 4月29日 40 女 県東の小学校勤務 13 県内55例目 5月7日 5月30日 60 女 14 県内56例目 5月8日 5月30日 70 男 No. 13の濃厚接触者 15 県内57例目 5月12日 6月3日 70 女 16 県内58例目 5月14日 6月5日 40 女 17 県内59例目 5月15日 6月5日 70 女 No. 15の友人 18 県内60例目 5月15日 6月4日 10 女 No. 16の濃厚接触者 19 県内61例目 5月18日 6月9日 60 女 No. 16の同僚 20 県内62例目 5月19日 6月4日 40 女 No. 19の同僚 21 県内63例目 5月20日 6月4日 60 女 No. 20の濃厚接触者 22 県内64例目 5月20日 6月6日 50 女 No. 16,19,20の同僚 23 県内65例目 5月25日 6月12日 70 男 No. 20の濃厚接触者• これまでのところ、重症化した方はおりません。 患者・ご家族・関係者の人権尊重と個人情報保護にご理解とご配慮をお願いします。 男女別人数 男性 女性 計 9人 14人 23人 年代別人数 10代 20代 30代 40代 50代 60代 70代 80代 計 1人 1人 6人 6人 1人 4人 4人 0人 23人 本市のPCR検査件数(6月11日現在) 感染疑い検査人数(累計) 陽性者数(累計) 陽性率 1106人 24人 注1,2 2. 2% 注1 うち1人は、他県の事例としてカウントされているため、本市の発生状況とは一致しない。 注2 再燃を除く• 【参考】国内の検査状況(6月10日24時現在)厚生労働省ホームページより 国内事例検査人数(累計) 注3 陽性者数(累計) 陽性率 273,204件 17,051件 6. 2% 注3 検査実施人数は、一部自治体について件数を計上しているため、実際の人数より過大である。 また、人数を公表していない自治体の数は計上していない。 また、更新がなかった自治体については、前日の数値を使用。 これまでの感染動向と感染予防対策 本市の陽性患者は、4月までは海外渡航歴のある方(No. 1)や首都圏との交流のある方(No. 3、5、7、8)が多く、また、特に若い世代(30代、40代)の発生が多い状況でした。 5月に入り、高齢者(60代、70代)も見られるようになっています。 引き続き不要不急の地域間の移動を自粛し、人との接触を8割減らすことが大切です。 また、日常生活では「3密」の回避や換気、まめな健康チェックが効果的です。 発熱などのかぜ症状がある場合は、仕事や学校などを休んでいただき、外出は控えてください。 陽性となった方との濃厚接触(注意)により感染した方(No. 4、9、10、14)も少なくありません。 家族等が陽性となった場合や感染の疑いがある場合は、感染しない、感染を広げないためにも、保健所や医療機関のアドバイスをもとに、感染予防(感染経路を断つこと)に万全を期すことが重要です。 本市では、上記のように市外からウイルスが持ち込まれたケースが多い中、感染経路や陽性患者との濃厚接触者についても、患者の行動歴の調査(積極的疫学調査)により、ほぼ特定ができています。 (注意)濃厚接触とは 濃厚接触かどうかを判断する上で重要な要素は二つあり、(1)距離の近さと(2)時間の長さです。 患者(確定例)と同居あるいは長時間の接触があった者、手で触れることのできる距離(目安として1メートル)で、必要な感染予防策なしで、「患者(確定例)」と15分以上の接触があった場合等に濃厚接触者と考えられます。 市内の発生状況の詳細について 県内65例目(市内No. 23)• 県内18例目(市内No. 県内64例目(市内No. 22)• 県内63例目(市内No. 21)• 県内62例目(市内No. 20)• 県内61例目(市内No. 19)• 県内60例目(市内No. 18)• 県内59例目(市内No. 17)• 県内58例目(市内No. 16)• 県内57例目(市内No. 15)• 県内56例目(市内No. 14)• 県内55例目(市内No. 13)• 県内40例目(市内No. 12)• 県内38例目(市内No. 11)• 県内28例目(市内No. 10)• 県内27例目(市内No. 県内21、22例目(市内No. 7、8)• 県内18,19例目(市内No. 5,6)• 県内15,16例目(市内No. 3,4)• 県内13例目(市内No. 県内3例目(市内No.

次の

栃木県/新型コロナウイルスへの対応について

栃木 県 新型 コロナ ウイルス

ページID1023506 更新日 令和2年6月12日 宇都宮市における新型コロナウイルス感染症の発生状況 発生状況(6月12日現在) 市内No. 栃木県 発表番号 陽性判明日 退院(退所)日 年代 性別 行動歴等 1 県内3例目 3月18日 4月1日 40 女 タイ旅行 2 県内13例目 3月31日 5月28日 30 男 県内の医療機関受診 3 県内15例目 4月1日 4月29日 20 男 東京都内で飲食 4 県内16例目 4月1日 5月14日 40 男 No. 2の濃厚接触者 5 県内18例目 4月6日、5月22日再燃 5月8日、6月8日 30 男 埼玉県内で飲食 6 県内19例目 4月6日 5月8日 30 男 夜間勤務 7 県内21例目 4月7日 5月8日 30 女 東京都内の飲食店に勤務 8 県内22例目 4月7日 5月8日 40 男 神奈川県に出張 9 県内27例目 4月8日 5月2日 60 女 No. 7の濃厚接触者 10 県内28例目 4月8日 5月1日 30 女 No. 7の濃厚接触者 11 県内38例目 4月14日 4月28日 30 男 県外で葬儀出席 12 県内40例目 4月15日 4月29日 40 女 県東の小学校勤務 13 県内55例目 5月7日 5月30日 60 女 14 県内56例目 5月8日 5月30日 70 男 No. 13の濃厚接触者 15 県内57例目 5月12日 6月3日 70 女 16 県内58例目 5月14日 6月5日 40 女 17 県内59例目 5月15日 6月5日 70 女 No. 15の友人 18 県内60例目 5月15日 6月4日 10 女 No. 16の濃厚接触者 19 県内61例目 5月18日 6月9日 60 女 No. 16の同僚 20 県内62例目 5月19日 6月4日 40 女 No. 19の同僚 21 県内63例目 5月20日 6月4日 60 女 No. 20の濃厚接触者 22 県内64例目 5月20日 6月6日 50 女 No. 16,19,20の同僚 23 県内65例目 5月25日 6月12日 70 男 No. 20の濃厚接触者• これまでのところ、重症化した方はおりません。 患者・ご家族・関係者の人権尊重と個人情報保護にご理解とご配慮をお願いします。 男女別人数 男性 女性 計 9人 14人 23人 年代別人数 10代 20代 30代 40代 50代 60代 70代 80代 計 1人 1人 6人 6人 1人 4人 4人 0人 23人 本市のPCR検査件数(6月11日現在) 感染疑い検査人数(累計) 陽性者数(累計) 陽性率 1106人 24人 注1,2 2. 2% 注1 うち1人は、他県の事例としてカウントされているため、本市の発生状況とは一致しない。 注2 再燃を除く• 【参考】国内の検査状況(6月10日24時現在)厚生労働省ホームページより 国内事例検査人数(累計) 注3 陽性者数(累計) 陽性率 273,204件 17,051件 6. 2% 注3 検査実施人数は、一部自治体について件数を計上しているため、実際の人数より過大である。 また、人数を公表していない自治体の数は計上していない。 また、更新がなかった自治体については、前日の数値を使用。 これまでの感染動向と感染予防対策 本市の陽性患者は、4月までは海外渡航歴のある方(No. 1)や首都圏との交流のある方(No. 3、5、7、8)が多く、また、特に若い世代(30代、40代)の発生が多い状況でした。 5月に入り、高齢者(60代、70代)も見られるようになっています。 引き続き不要不急の地域間の移動を自粛し、人との接触を8割減らすことが大切です。 また、日常生活では「3密」の回避や換気、まめな健康チェックが効果的です。 発熱などのかぜ症状がある場合は、仕事や学校などを休んでいただき、外出は控えてください。 陽性となった方との濃厚接触(注意)により感染した方(No. 4、9、10、14)も少なくありません。 家族等が陽性となった場合や感染の疑いがある場合は、感染しない、感染を広げないためにも、保健所や医療機関のアドバイスをもとに、感染予防(感染経路を断つこと)に万全を期すことが重要です。 本市では、上記のように市外からウイルスが持ち込まれたケースが多い中、感染経路や陽性患者との濃厚接触者についても、患者の行動歴の調査(積極的疫学調査)により、ほぼ特定ができています。 (注意)濃厚接触とは 濃厚接触かどうかを判断する上で重要な要素は二つあり、(1)距離の近さと(2)時間の長さです。 患者(確定例)と同居あるいは長時間の接触があった者、手で触れることのできる距離(目安として1メートル)で、必要な感染予防策なしで、「患者(確定例)」と15分以上の接触があった場合等に濃厚接触者と考えられます。 市内の発生状況の詳細について 県内65例目(市内No. 23)• 県内18例目(市内No. 県内64例目(市内No. 22)• 県内63例目(市内No. 21)• 県内62例目(市内No. 20)• 県内61例目(市内No. 19)• 県内60例目(市内No. 18)• 県内59例目(市内No. 17)• 県内58例目(市内No. 16)• 県内57例目(市内No. 15)• 県内56例目(市内No. 14)• 県内55例目(市内No. 13)• 県内40例目(市内No. 12)• 県内38例目(市内No. 11)• 県内28例目(市内No. 10)• 県内27例目(市内No. 県内21、22例目(市内No. 7、8)• 県内18,19例目(市内No. 5,6)• 県内15,16例目(市内No. 3,4)• 県内13例目(市内No. 県内3例目(市内No.

次の