夏みかん ピール の 作り方。 柑橘ピールの作り方レシピ|柑橘類なら何でも使えます!

甘夏(夏みかん)酒の作り方

夏みかん ピール の 作り方

オランジェットのよくある質問 レシピに関連したよくある質問の答えです オランジェットとは? オランジェット(フランス語:orangette)とは、オレンジなどのピール(柑橘類の皮の砂糖漬け)をチョコレートでコーティングしたフランスの伝統的お菓子。 ほろ苦味いピールと、甘いチョコレートがマッチしたスイーツです。 コーティングはチョコレートを溶かしただけじゃだめなの? チョコレートはただ溶かして冷し固めただけでは、口どけが悪く、下の写真のように縞模様になったり、色ツヤも悪くなります。 温度調整(テンパリング)をすることによって、固まった後、口どけや色つやのよいなめらかなチョコレートに仕上げることができます。 コーティングするチョコレートは何がいい? ピールが甘いのでチョコレート自体は苦みのある ビターが合います。 ココアパウダーをまぶしたものもおいしいです。 市販の板チョコよりも、製菓用のスイートチョコレート、できればクーベルチュールで作りましょう。 お店のようなワンランク上のお菓子になります。 よりおいしく食べるには? 冷蔵庫で冷やせば、パリッとしたチョコレートと、柔らかいピールの食感の対比が楽しめます。 飲み物は、濃い目のコーヒーや紅茶があいます。 お酒にも合うの? ブランデーなどの強めのお酒にも合います。 お酒の風味づけ? ピールをブランデーやラム酒、グランマルニエ(オレンジキュラソーの一種)にしばらく浸けて乾かしてからコーティングすると、洋酒のよい香りが楽しめます。 冷蔵庫で保存してはいけないの? 冷蔵庫でチョコレートを冷やしすぎると、室温に出したとき、急激な温度差でチョコレートの表面が結露して砂糖が溶け出し、固まって白っぽくなることがあります。 砂糖が溶け出したことによるブルームという意味から、 シュガー(sugar)ブルームと呼ばれます。 冷蔵庫で冷やし固める時間は、10〜15分までにしましょう。 しかし、夏場はやはり冷蔵庫で保存しましょう。 なお、テンパリングの失敗など油脂によるブルームは、 ファット(fat)ブルームと呼ばれます。 少しでも甘さを控えるには? 片面だけコーティングしてみましょう。

次の

夏みかんピール♪ by あみーなさん

夏みかん ピール の 作り方

この夏みかんは大人気の夏みかんマーマレードと同じく我が家の畑でとれた夏みかんなんです! 消毒など一切していないので皮を食べても安心安心。 工房のみんなでせっせと夏みかんピールを作りました。 夏みかん独特の苦味がありますが噛んでいると口いっぱいに爽やかな香りが広がります。 定番オレンジビスコッティがお好みの方には是非食べていただきたいビスコッティです。 開封後は湿気てしまうのでお早めにお召し上がり下さい。 ビスコッティが大好物なんて素晴らしい! やっぱり柔らかいものばかり食べてちゃダメですよね。 しっかり噛んで食べるのは体にも心にもとても良い事です。 ビスコッティの生地の卵の味を感じていただけたのですね。 やはりよく噛んで食べて下さっているからですね、さすがです。 使用している卵は地元農家さんから直接仕入れているものですが、おそらく普通の卵よりも味が濃いです。 私はそれしか食べないので今ではその味が普通になってしまいましたが… ビスコッティは素朴なお菓子ですが、よく噛んで食べる事で色々な風味を感じていただけたら作り手冥利に尽きます! 本当にありがとうございます。 夏みかんは来年までお楽しみに待っていてくださいね。

次の

甘夏(夏みかん)酒の作り方

夏みかん ピール の 作り方

1 夏みかんマーマレード• 夏みかんを四つ割にして皮をむき、長さをそろえて薄切りにする。 実は袋を取り除く。 流水でもみ洗いを繰り返し、苦味を抜く。 (洗った水が透明になるまで)• 皮の水気を絞り、実と混ぜ合わせる。 ふっくらと煮えるよう、果汁が皮に浸透するまで待つ。 かぶるくらいの水を加え、30~40分間ゆっくりと煮る。 指先で軽くちぎれるくらいの軟らかさになったら、軽く絞って砂糖を加える。 さらに20分ほど煮て、冷まして出来上がり。 2 オレンジピール• 夏みかんを四つ割にして皮を薄くそぐ。 形をそろえて1cm弱の幅に切る。 温めた米のとぎ汁を加え、軟らかくなるまでゆでる。 ゆだったら、固く絞る。 厚手の鍋に砂糖を入れ、少量の水を加える。 水あめ状に糸を引くようになるまで(*)、ごく弱火で煮る。 3に2を加え、はしで返しながら弱火で煮る。 砂糖が絡んでくるようになるまで、気長に煮る。 紙の上などに広げて、うちわなどで扇いで急激に冷ますと、砂糖の粉を吹くようになる。 グラニュー糖を振りかけ、冷蔵庫で冷まして出来上がり。 *砂糖が溶けて大きな泡が小さな泡になり、再度大きな泡になったとき、静かにはしをつけ、糸を引くようになったら頃合いです。 煮詰める鍋は、酸に強いステンレスかホウロウ製のものを。 どちらも弱火で、ゆっくり、気長に煮てください。

次の