鼻づまり えぞ式すーすー茶。 えぞ式すーすー茶の口コミ!鼻づまり解消法にお茶が効く?

えぞ式すーすー茶【全額返金&20%OFF】キャンペーン実施中!

鼻づまり えぞ式すーすー茶

えぞ式すーすー茶に花粉症改善効果はあるのか? お茶に花粉症やアレルギー性鼻炎を和らげる効果があること、知ってますか? お茶にはポリフェノールやタンニンの効果で、花粉症や鼻炎の原因となる「ヒスタミン」の分泌を抑える働きがあるんです。 その中でも今回発見したえぞ式すーすー茶は、花粉症やアレルギーを抑えるためだけに特化されたお茶のようです。 ということで、えぞ式すーすー茶の実際の効果や口コミ、評価、特徴をお伝えします。 えぞ式すーすー茶に含まれている成分 えぞ式すーすー茶に含まれている成分を調べてみました。 ・甜茶 てんちゃ ・クマザサ ・赤紫蘇 主にこれらです。 鼻水、鼻づまり、クシャミを抑える甜茶 てんちゃ すーすー茶の主成分は「甜茶 てんちゃ 」です。 甜茶は、中国では約5000年前からずっと愛用されてきた身体に優しいお茶です。 甜茶には、花粉や鼻炎などの鼻水や鼻づまり、クシャミの原因となっているヒスタミンを抑えるポリフェノールが含まれています。 さらにこの甜茶に含まれているポリフェノールは通常のものではなく、 GODポリフェノールと呼ばれている特殊なものです。 ポリフェノールではなく、このGODポリフェノールにヒスタミンを抑える効果があるので、花粉やアレルギーに悩む方には重要な成分ですね。 免疫機能を高めるクマザサ クマザサには、腸内環境を整えるリグニンが含まれています。 腸内というのは免疫機能と密接な関係にあります。 免疫機能が整っていないと、花粉症やアレルギーが悪化します。 例えば、ヨーグルトは腸内環境を整え、免疫機能を高めるので花粉症やアレルギーに効くとよく言われるのはそのためですね。 ですから、クマザサも花粉症などを緩和させたいのであれば、重要な成分ですね。 別名シソ科タンニン ロズマリン酸は甜茶と同じように、花粉症や鼻炎などのアレルギーの原因であるヒスタミンを抑える働きがあります。 また、赤紫蘇はその効き目から、 天然のステロイドなんて呼ばれ方もします。 なので、赤紫蘇は花粉症や鼻炎を和らげたいのなら、かなり大事な成分だと思います。 お茶に含まれているタンニン! これはすーすー茶だけでなく、他のお茶全般に言えることなのですが、お茶には基本的に、大量の「タンニン」が含まれています。 タンニンは、花粉症の原因となっているIgE抗体の働きを抑える働きがあります。 ですから、緑茶や紅茶、ウーロン茶を飲むだけでも花粉症や鼻炎に効く人はいるのです。 しかし、それらのお茶は花粉症や鼻炎を和らげるために作られたものではないので、症状の重い人が飲んだところで効き目はありません。 そこで登場したのが、このすーすー茶なわけですね。 す-すー茶にはタンニンの他にも、GODポリフェノールやロズマリン酸という花粉症や鼻炎改善作用のある成分が含まれているので、さらに花粉症や鼻炎に効果を見込めるのでしょう。 楽天の口コミ 自分の耳の不調が数日で良くなり、鼻が前に出るのがビックリです。 子供は夜に寝苦しいのが楽になって、熟睡してるようでした。 毎日作らず、2日かけて飲んでます 私と同じでしょっちゅう鼻をかんでいる8歳の娘にも飲ませてみたところ、 甘みがあるせいか美味しい!と言っていたので飲み続けることは出来そうです。 効果が出るのなら継続してみようと思います。 猫アレルギーなのに猫を飼っていて更に花粉ハウスダスト、ずっと薬を飲んでいました。 薬を飲んでても鼻水が止まらない時があるし、このまま薬を飲み続けるのにはどうなの?ってなりこちらの商品を見つけました。 正直しんじてなかったけど少しくらい楽に慣ればいいかなーと。 飲んでみたら確かに変な甘さ。 私は慣れたけどきつい人は無理かも。 何気なく飲んでしばらくしてたら、あれ?鼻水でない?薬飲んでないのに? とにかく速攻ききました! 薬より割高なんだけど体にいいのは断然こっち。 続けます。 八月なった頃から酷くなり、朝だけでも鼻水取るのに10枚くらいティッシュを使っていました。 病院に行かせようかと思っていたときに、すーすー茶を見つけ、ダメ元で頼んでみました。 飲みはじめて翌日のティッシュ使用量は3枚! 今は一日5枚位で済んでいます。 味は甘い紅茶のような味で私は平気ですが、紅茶が大嫌いな息子には苦痛のようで… でも、薬と割り切って我慢して飲み続ける姿と、以前はティッシュが散乱していたのが嘘のようなテーブルのうえをを見て、息子には効果あったみたいって思います。 息子の鼻炎が全く治らないので購入してみました。 今までの病院通いが無駄やったと感じました。 なくなったら、引き続き購入します。 rakuten. 紅茶を想像すれば分かりやすいかもです。 甘いのが苦手な方も、花粉やアレルギー性鼻炎、動物アレルギーが緩和されると思えば、飲めるかもしれませんが、 紅茶のあの独特の味が嫌いって方は続けることが出来ないかもしれません。 即効で効果があった人もいる びっくりなのは、飲んでから1時間くらいで効き目を感じた人がいるということです。 アレルギー体質の人は特に、身体が過敏に反応しがちなので、すぐ効果が出るのだと思います。 これは実際に私も感じたことですね。 カフェインが入っていない すーすー茶にはカフェインが含まれていないので、寝る前に飲んでも目が覚めて寝付けなくなるってことはありません。 ですから、鼻がつまって寝れないなんて人は、寝る前に1杯飲むことも可能です。 花粉症以外にも効く! 口コミを見ていると、花粉症はもちろん、鼻炎や動物アレルギーにまで効果があるみたいですね。 それもそのはず、すーすー茶に含まれているカテキンやGODポリフェノールは、花粉症やアレルギー全般の原因となるヒスタミンを抑えるわけですから、他のアレルギー症状にも効果はあるのです。 クシャミ、鼻水、鼻づまりだけでなく「イビキ」にも効果的! また、イビキにも効くようですね。 イビキの原因は口呼吸。 鼻が詰まっているとどうしても口呼吸になるもんですが、すーすー茶を飲むことでイビキが改善されたって方は多いみたいですね。 お子さん・妊婦さんも飲むことができる すーすー茶はお茶なので、薬のように副作用が生じることは先ずありません。 ですから、お子さんや妊婦さんでも気軽に飲むことができます。 家族みんなで飲用できます。 そこが薬とは違って有難い部分ですね。 お試し 単品 と定期購入がある すーすー茶には、お試し購入 単品 と定期購入のコースがあります。 もしかしたら続けるかもしれないって方は、いつでもストップ自由のお試し定期コースを選んだ方が、2838円のものが2,554円で試すことが出来るので、お得です。 定期コースを選んだ場合の注意点 すーすー茶を何日か試して「もう、要らないな」と感じたら、キャンセルの手続きをしましょう。 キャンセルの手続きをしないと、勝手に次の分が送られてきます。 といっても、キャンセル方法は簡単。 送られてくるメールの問い合わせにキャンセルのお願いをするか?電話で問い合わせるだけです。 返金保証がついている すーすー茶には、購入してから25日目なら、1袋分の返金保証がついています。 単品orお試しコース初月+返金保証つきのすーすー茶を購入すれば、効果がない場合でもノーリスクで購入することが出来るってわけですね。 お茶にしては地味に高いので、このお試し+返金システムは嬉しいです。 Amazonや楽天で購入しないほうがいい理由! Amazonや楽天で購入すると、返金保証が付きません。 さらに、Amazonや楽天で購入すると、公式サイトで買うよりもほんのちょっとだけ高いです。 出来れば、鼻水やクシャミのオンパレードになる前に、すーすー茶で対策してください。 そして、 完全に医者・薬いらずで花粉症や鼻炎を緩和させてしまいましょう。

次の

夜中に鼻が詰まるのはなぜ?よく見る対処法では効果ゼロのワケ

鼻づまり えぞ式すーすー茶

日中は鼻づまりなんてないのに、夜中だけ寝ていると鼻が詰まる…。 そんな場合、何が原因になっているのか?また、どんな対処をすれば良いのか?まとめていきますね。 ただでさえ鼻づまりになってしまうと生活に支障が出てしまいますが、特に睡眠中ということになると更に問題は大きくなってきてしまいます。 鼻づまりによってしっかり睡眠をとることができないと、日中の集中力低下、慢性的な睡眠障害など、生活の面に大きく影響が出てきてしまうんですね。 とは言っても、「日中には鼻づまりなんてないのになぜ?」と思うところかと思います。 実は、夜中に寝てる時だけ(もしくは寝る直前だけ)鼻が詰まるのには、しっかりと理由があったんです。 夜中だけ、寝る時だけ、鼻が詰まるという場合。 人によって体質の差こそあれ、こういった症状が出ている場合、ほとんどが副交感神経による影響が考えられます。 そして、この副交感神経の影響に加えて、【あなた自身】の体質が大きく影響しているんですね。 この根本的な原因を知って対処しなければ、さらに睡眠の質が悪化する危険性までひそんでいますので注意してくださいね。 見当はずれな対策では意味がない ネットで色々なサイトを見ていると、夜中に眠れない場合に「水分をしっかり補給する」「鼻をホットタオルで温める」「メントール入りのクリームを使う」などなど…色々な対策が書かれていますが、ハッキリ言って効果を体感できないケースの方が多いです。 例えば、風邪など一時的な病気のせいで鼻づまりが起きている場合、そんな時には効果を発揮してくれる可能性も期待できます。 ただし、慢性的に夜中に鼻づまりが起きて、「何が原因かわからない…」という場合、全く効果を発揮してくれません。 効果を発揮してくれないだけでなく、【根本の原因】を知らないことによって症状が悪化する危険性すらあるので、注意が必要です。 まず大事なことは、「なぜその症状が起きているのか?」ご自身なりにでも結構ですので、追求し続けることです。 寝る時、体で何が起きている? 私たちの体には、疲れた体を回復させたり、活動的にさせたりする神経が存在しています。 交感神経と副交感神経の2種類があることは、あなたもご存じかと思います。 交感神経は、体を活発に動かしたり、頭を回転させるために使われる神経のこと。 逆に副交感神経は、体を休めたりすることに主に使われる神経となっています。 この内容からもわかるとおり、睡眠中には主に副交感神経が使われることになっているんですね。 そしてこの副交感神経には、特徴があるんです。 「ある指令」とは? 夜中、寝ている時には副交感神経によって体をリラックスさせていることをお伝えしました。 ただこの時、体がリラックスするのと同時に、副交感神経は体に【ある指令】を出しているんです。 その指令こそが、夜中に鼻づまりを引き起こす原因になっているんです。 どんな指令か?というと、「血管を拡張させよ」という指令です。 日中、昼間の起きている時間には交感神経が優位に働いていて、この時は血圧を上げるといった働きをしています。 逆に睡眠中には副交感神経が、体を休めるために血圧を下げてリラックスさせる状態をつくりだしているんですね。 こうして血管を拡張させることによってリラックスして、体は休息しやすい状態をつくりだしてくれるんですが、これは「鼻」にとっては大迷惑な話でもあるんですね。 というのも、鼻の粘膜に存在している血管が拡張することで、空気の通り道が狭くなってしまいます。 これこそが、鼻づまりの原因なんですね。 ただし、通常であればこれだけで呼吸が難しいほど鼻づまりになることは基本的にはありえません。 複数の要素が混ざり合って鼻づまりになる 夜、寝ている間には副交感神経が優位に働くので、鼻の血管も拡張しやすく鼻づまりが引き起こりやすいということをお伝えしました。 ただし、それだけでは寝付けないほどの鼻づまりには基本的につながりません。 では、なぜ鼻づまりは悪化するのか?というと、これは大きく分けて2つの原因が影響しています。 そして、その2つの原因こそがあなたの睡眠の質を低下させている【本当の原因】なんですね。 鼻の骨格によって鼻づまりが悪化している 話は少し変わりますが、「日本人はいびきをかきやすい」という事実をご存じですか?いびきというと、少し肥満気味の人がかいてしまうイメージが強いですよね。 世界を見てみると、平均的に肥満気味の人がいびきをかきやすかったり、睡眠時無呼吸症候群になりやすいという傾向は確かにあります。 日本人の場合は別なんですね。 日本人は欧米人に比べると顔の骨格が短くて扁平(薄い顔)ですよね。 そして、加えて首が比較的短いという特徴をもっているので、どうしても鼻づまりになりやすく、いびきをかきやすい人種でもあるんです。 こういった特徴があるので、【骨格的に鼻づまりが起きやすい】というタイプの人は日本人の中でも非常に多いんです。 例えば、鼻が曲がっているタイプの骨格の場合。 こういった骨格だと、日中は問題なく鼻通りが良かったとしても、夜寝ている間に副交感神経の影響で鼻の血管が拡張してしまうと、すぐに鼻づまりになりやすくなってしまいます。 アレルギーが原因になっていることも あなたの周りで花粉症などのアレルギー性鼻炎ではない人を見つける方が難しいくらいかと思いますが、日本では近年、アレルギー性鼻炎にかかってしまう人の数はどんどん増加しています。 現在、日本人の5人に1人はこの鼻炎に悩まされていると言われていますが、その程度は人それぞれ異なるんですね。 くしゃみ・鼻水などが鼻炎の代表的な症状ではありますが、鼻づまりも鼻炎症状の1つです。 これは軽度の人であれば、普段は大きな症状として現れないのがやっかいなところ。 実際に自分ではアレルギー性鼻炎ではないと誤解している人は相当数いると考えられています。 ただ、夜中寝ている時に鼻づまりが起きる…というのであれば、鼻炎の可能性は非常に高いので注意が必要です。 寝ている間には副鼻腔炎の影響によって鼻の血管が拡張しやすいということをお伝えしていますが、これに加えて軽度の鼻炎を持っている場合には、布団についているアレルゲン(ホコリ・ダニ・花粉など)によって鼻づまりが悪化することは非常に多いんです。 こういった原因が背景にある場合、まずはアレルギー性鼻炎自体にしっかりと対処する必要が出てきます。 でないと、少しずつ症状が悪化するという危険性もありますので、まずは自分がなぜ鼻づまりになっているのか?しっかりと把握する必要があります。 どう対処すれば良いのか? 鼻の骨格に問題がある、もしくは隠れたアレルギー性鼻炎の可能性によって夜中に鼻が詰まるという症状が出るケースが非常に多いということをお伝えしてきました。 では、具体的にどう対処すれば良いのか?というと、【病院でしっかり検査をして原因を特定する】ということが第一に必要になってきます。 「なーんだ、結局は病院頼みか…」と思うかもしれないですが、私が伝えたいのはそういったことではありません。 「治療を病院任せにする」のではなく、「原因判明を病院にしてもらう」ということです。 原因がしっかりとわかっていないと正しい対処法をすることはできないということは何度もお伝えしてきましたが、まず第一に原因を判明させておくこと。 それには病院で検査してもらうのが一番です。 ただ、病院の治療法に任せるのが良いのか?というと、そうでもありません。 現代医学(西洋医学)では局所的な治療法が主体になっていますので、例えばアレルギー性鼻炎の治療法などは病院の治療法が良い効果を発揮してくれるとは必ずしも言えません。 これだけ日本で花粉症患者が多いのにも関わらず、劇的な治療法が見つかっていないというのもまた事実なんです。 原因がわかったら、さらにそれは何が原因で引き起きてしまっているのか?また、症状が悪化してしまっているのか。 これを考えていくことで、正しい対処法が見つかってくるんですね。 【夜中に鼻が詰まる場合の原因と対処法】まとめ ・見当はずれな対処法は無意味 ・寝る時、鼻の血管は自然と拡張されている ・骨格が影響して鼻づまりが起きている可能性 ・隠れたアレルギー性鼻炎が影響 ・原因を特定することが最優先 この記事では、夜中に鼻が詰まる場合の原因と対処法についてまとめてきました。 何度もお伝えしていますが、人によって原因は違ってきますので、しっかりと原因が特定できていない状態で「なんとなく効果がありそうな方法」を実践しても、効果を得ることはできません。 また、効果を得たとしても、それは根本的な解決にならないんですね。 もしかすると、「なるべく薬での治療はしたくない」と思うかもしれないですが、そうであれば他にも対処法は星の数ほどありませう。 ただ、その対処法も根本の原因とマッチしていなければ効果を発揮しませんので、まずはご自身の体についてもっと知ることから始めてみてはいかがでしょうか。 妊婦さんはつわりがあったり、出産への不安があったりと日々生活しているだけでも精神的に参りやす L-92乳酸菌とは 乳酸菌には数多くの種類があり、L-92乳酸菌もそのうちの一つです。 アレルギー性鼻炎や花粉症体質だと、その症状は鼻づまり・鼻水として出てくることが多いですね ダニアレルギーの症状を少しでも軽減させるためには、やはり環境対策が重要になってきます。 「いか 布団からダニを退治するためには、やはり天日干しだけではどうしてもダニの繁殖を防ぎきることはで 薬屋で売っている喉スプレーは、のどあれ、痛み、口内炎用のスプレーに効果があります。 こちらは、ウ 妊娠中には体に様々な変化が出てくるので体力的にも精神的にも辛い部分はありますが、特にもともと 鼻炎治療についてですが、耳鼻科などでは基本的に飲み薬・点鼻薬などで治療をしていく方法が一般的 アレルギー性鼻炎用点鼻薬「アレルカット」について解説いたします。 最近は、電車内にも広告が貼ら 「強さ引き出す~」で知名度の上がってきた、明治から発売されているR-1という乳酸菌ヨーグ.

次の

【睡眠中の鼻づまり対策】意識すべきたった1つのポイントとは?

鼻づまり えぞ式すーすー茶

つらい鼻炎 や 花粉症、ホントいやになりますよね? しかし、そんな花粉症や鼻炎に効果の高いと言われているお茶があるのをご存じでしょうか? このサイトでは、そういった花粉症対策や鼻炎改善にオススメのお茶を紹介していきます。 【オススメ1位】独自配合で鼻スッキリ!鼻炎解消や花粉症対策に『えぞ式すーすー茶』 アレルギー性の鼻炎でお悩みの方には、春の花粉症だけではなく秋の花粉症、そしてハウスダストなどもあり、1年にわたって鼻炎や鼻づまりの悩みが尽きないものですね。 病院でもらうお薬や市販薬で鼻炎がおさまっても、眠くなったりなどの副作用もあり、お仕事中は眠気に耐えている方も多いことでしょう。 鼻炎や花粉症に対する民間療法として、『 甜茶(てんちゃ)』は非常に有名ですが、その甜茶にクマザサ、赤紫蘇を配合した『えぞ式すーすー茶』が、いま注目を浴びています。 北の快適工房が販売する『えぞ式すーすー茶』は、鼻炎解消を主な目的として配合されたお茶になります。 鼻炎の中でも、花粉症などのアレルギー性鼻炎は、身体が入ってきた花粉を異物と判断しヒスタミンという物質を放出します。 このヒスタミンが手に負えない鼻水、鼻づまりを引き起こしてしまうのですが、甜茶にはこのヒスタミンを抑え込む作用があります。 そこに、北海道独自に薬草として愛されてきたクマザサと赤紫蘇を、試行錯誤を重ねながら配合して『えぞ式すーすー茶』を誕生させました。 クマザサの殺菌力と、赤紫蘇のポリフェノールが甜茶の成分とうまく組み合わされているため、このお茶を飲み続けているといつの間にか鼻が通る、と評判です。 甜茶とクマザサはわかるけど、赤紫蘇ってそんなに効くの?と思う方も多いでしょう。 赤紫蘇の身近な利用法としては、梅干しに色をつけるくらいかもしれませんね。 ただ、シソには強い殺菌効果があります。 梅を赤ジソとともに漬け込む理由は、色付けのほかに、長期保存のための殺菌効果があるからです。 また、農家の方は大量に採れた赤ジソでジュースを作り、畑に持ち込んで作業をすると疲労回復になるとして、自家製のシソジュースを愛飲しています。 青ジソを料理の下に敷いておくことがあるのは、飾りのほかに殺菌効果を期待してのことでもあります。 赤・青とも、シソはとっても強い植物なんです。 赤ジソのほうは、先ほども書いた通りポリフェノールが豊富ですので、抗酸化作用も期待できますね。 甜茶・クマザサ・赤紫蘇の、天然の殺菌成分と免疫力向上効果が、アレルギー性鼻炎を徐々に改善させてくれるのです。 この『えぞ式すーすー茶』は、ノンカフェインのためお子様にも飲ませられ、天然の甘味があるものの、糖質はゼロとなっています。 煮出して飲むタイプのお茶で、ゆっくり飲むとより効果が上がります。 お茶ですので、ペットボトルに入れて持ち歩いたりして、一日中飲めて安心ですね。 『えぞ式すーすー茶』の価格は、1日1包、30日分が2838円となります。 毎月、定期購入すると10%オフ、3か月ごとの定期購入だと15%オフになります。 また、『えぞ式すーすー茶』には全額返金保障があり、商品購入から25日以内なら、効果を感じられなければ全部飲みきっても返金してくれます。 花粉症やアレルギー性鼻炎でお困りの方は、一度試してみてはいかがでしょうか。 【オススメ2位】 オーガニック茶葉と最強漢方のコラボ『白井伝七。 茶』で鼻づまり改善 緑茶で鼻づまりが治る、と言われるとなかなか信じられない方もいると思います。 日本人にとって緑茶は身近すぎて、いつも飲んでいるものだったとしても、薬効成分まで気にして飲んでいたでしょうか。 ここ最近になって、緑茶に含まれるカテキンの殺菌力が口臭対策に効果があると言われたり、疲労回復や免疫力向上効果が注目されてきました。 日本の緑茶の、最大の生産地といえば静岡です。 花粉症などのアレルギー性鼻炎や、体力向上に効果があるとして、いま静岡の茶葉を使った『白井伝七。 茶』が人気急上昇中。 さくらフォレスト株式会社が販売する『白井伝七。 茶』は、無農薬でオーガニック栽培をした緑茶と、漢方としてはとても高価な田七人参を配合した粉末スティック状のお茶です。 田七人参が配合してあるため、ひと月分の価格が通常価格3728円、と少々お高めになっています。 初回は1980円で試せて、購入後15日以内でしたら返金してくれますので、気になる方は注文して損のない商品です。 こちらのお茶はパウダータイプとなっています。 煮出したり、急須で淹れる必要がないため手軽に飲めるほか、お茶の栄養をすべて身体に取り込むことができます。 これも、無農薬栽培にこだわったからこそ出来ることですね。 今でこそ、無農薬有機栽培はよくある話となっていますが、数十年前までは無農薬栽培をした農家は非難され、村八分になることもありました。 無農薬の畑に害虫が発生すると、他の畑にも影響があるからなのですね。 そういった数々の問題を解決しながら、無農薬栽培は徐々に定着して今に至ります。 そのため『白井伝七。 茶』のオーガニック栽培は、を得ているのですが、栽培には非常なご苦労があることでしょう。 また、同じく有機JAS認定を得ている田七人参も奇跡といえます。 もともと漢方の田七人参は、無農薬栽培が不可能と思われてきましたが、開発者・白井博隆氏の研究と努力により、無農薬の田七人参を誕生させました。 無農薬の緑茶と、無農薬の田七人参が入った『白井伝七。 茶』は、外国だともっと高く売る商品になるかもしれません。 ひと月分3728円は確かにお安くはありませんが、素材と効能を考えたとき、実は高いとはいえないのです。 アレルギー性鼻炎の改善のほかに、田七人参による効能からくる体力向上、滋養強壮、疲労回復効果、そして血糖値を下げるなどの作用にも期待でき、生活習慣病の予防にもなりますね。 そのため『白井伝七。 茶』は、アレルギー性鼻炎の方だけではなく、中年期をむかえて生活習慣病が気になる方にも飲んでいただきたいお茶です。 気になるお値段も、定期購入になるとお得になります。 と、いっても3袋おまとめコースで5%オフの10625円、となるだけですが…。 この素材と栽培・製造にかける手間暇、無農薬の田七人参のコラボとなると、これ以上お安くなるのは難しいでしょう。 それでも、飲み始めた方は続々と鼻炎が改善された、疲れが取れた、健康診断の数値が改善したなどの効果を実感できていて、続々と定期購入に踏み切っている方も増えています。 【オススメ3位】 鼻炎も口臭もまとめて解消!株式会社マイケアの『なたまめ茶』は一石二鳥 口臭予防、鼻炎解消に効くとして古来から愛されているなた豆を使ったお茶、なたまめ茶は様々なメーカーから出ています。 株式会社マイケアは、薩摩刀豆を原料にしたで有名ですが、『なたまめ茶』も製造販売しています。 なた豆を使用した食品となると、もともとはお茶のほうが新聞広告などでは主流でした。 ただ広告のイメージが高齢者向けという要素が強かったため、アレルギー性鼻炎や口臭に悩む若い方にはあまり広まっていなかったようです。 なたまめ茶そのものは自然食品ですので、お子様から年配の方まで、安心して飲めます。 殺菌作用のある食品は多々あっても、 なた豆の凄さは強い排膿効果にあります。 俗に『膿取り豆』とも言われるなた豆は、膿をともなう病気の改善に強く作用するカナバニンという成分をもっています。 そのため、慢性化したちくのう症も大幅に改善した、という口コミがかなり前から聞こえています。 アレルギー性鼻炎、花粉症の改善にも期待できるうえ、強い免疫力向上作用のおかげでアトピーの症状が楽になることもあります。 その他のどの痛み、歯周病、扁桃肥大など、鼻とお口の諸症状に悩んでいる方にはオススメのお茶となります。 一般的に耳鼻咽喉科の病気は、子供のうちに治すのが好ましいと言われています。 とはいえ、アレルギー性のものは大人になっても症状が出ますし、大人になってから花粉症による鼻炎に悩むことも多いのが現代社会です。 病院に相談してお薬をもらうのが一番いいのですが、薬を飲むと眠くなって仕事にならない、車の運転が怖いということもありますね。 民間療法としてのなた豆が、ここ数年注目を浴びている理由も、このへんにあるでしょう。 病院のお薬だけでは心もとない部分を、しっかり助けてくれます。 マイケアの『なたまめ茶』は、なた豆のほかにははと麦、黒豆、赤麦柏、桑の葉がブレンドしてあり、麦茶のように飲みやすくなっています。 またカフェインも入っていませんので、お子様や年配の方も安心して飲めますね。 淹れ方は、ティーバッグと一緒に煮出すだけ。 さめたお茶は、ペットボトルに入れて持ち歩けます。 排膿効果が高いので、ちくのう症の治療中などに、並行して飲んだら治りが早くなるかもしれません。 なたまめ茶の抗菌効果は、身体全体を丈夫にしてくれますので抵抗力が付き、アレルギーそのものが軽くなっていくことも期待できます。 民間療法ですので、劇的に効果が現れるということはないですが、続けることが肝心です。 マイケアの『なたまめ茶』は、ひと月分が3600円となっています。 定期購入となると、3240円で購入できます。 『何をしてもダメだったが、なた豆に出会って長年の症状が楽になった』というお話はよく聞きますので、試してみる価値は大いにありますね。 現在弊サイトでは、155万袋を突破したやまちやのなたまめ茶をオススメしています。

次の