ディーン フジオカ ヴァイオリン。 ディーン・フジオカ、松下奈緒のチェロの腕前に感嘆!「僕もいまバイオリンをやっているので…」

ディーンフジオカの嫁が美人!インドネシアの大富豪の娘?子供は?

ディーン フジオカ ヴァイオリン

『シャーロック』主演を務めるディーン・フジオカ(C)ORICON NewS inc. 初回視聴率12%超えの好スタートを切った月9ドラマ『シャーロック』(フジテレビ系)。 第2話は前番組の影響で開始時間が遅れ9. 3%だったものの、第3話では9. 6ポイントもアップ。 作り込んだストーリーや登場人物、演出も好評で、ディーン・フジオカ演じる主人公のキテレツさがとくに異彩を放っている。 名探偵シャーロックこと誉獅子雄(ほまれ・ししお)をディーン、相棒・ワトソンこと若宮潤一を岩田剛典が演じるミステリードラマだ。 原作でその名称だけ語られる過去に解決した事件(語られざる事件)に着目しているのが特徴で、そのアレンジやトリック、演出や芝居などSNSではおおむね高評価を得ている。 だがそれ以上に(?)盛り上がっているのが、ディーン演じる獅子雄の奇行だ。 突然バイオリンを弾き始めたり、なぜか変装でひげモジャになっていたり、そのひげを大げさなポーズで取り去ってみたり。 とかく言動が芝居がかって大げさで、SNSでも「なぜバイオリン!? 」「ドラマの途中でいきなりバイオリンを弾いても許されるのはディーンくらい」などの声のほか、ひげを取り去るシーンでは「変装解除!(笑)」とツッコミが。 また、単にメガネを外すだけのシーンでも「このメガネ外しプレイがたまらない」とファンが沸いたり、「フジテレビはディーンの魅せ方を本当によくわかっている」と賞賛する声も見られた。 キャラ設定がそもそも変人ではあるが、普通の俳優がやったら微妙になりそうなところ、ディーンだとツッコミを入れたくなりながらも、なぜかハマる。 浮世離れした演技に納得感があり、クセになりそうな予感もある。 いずれも高い評価を得た。 海外の古典を元にしたドラマでは、その特性ゆえ、舞台的な芝居や日常ドラマにはない劇画っぽさ、浮世離れ感が必要となる。 多くの論評では、ここにディーンがハマったのは、彼のバックグラウンドに要因があるとされている。 ディーンは大学卒業後、旅行したことをきっかけに拠点を香港に。 クラブで飛び入りパフォーマンスをしていたところ、現地のファッション誌編集者からモデルとしてスカウトされた、という特異な経歴の持ち主。 逆輸入の形でNHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』(2015年〜)でブレイク。 その後も海外で活躍、居住している他、マルチリンガルでアーティストとしての顔もある。 異文化感に弱い日本人、『ディーンなら…』と納得 そんなディーンについて『シャーロック』でプロデュースを務める太田大氏(『モンテ・クリスト伯』『レ・ミゼラブル』ほか)も、「彼の得体のしれなさはとても貴重。 身近すぎない、そして見ていてどこか不安を感じさせるミステリアスな雰囲気。 ディーンさんが本作の企画意図そのもの」と語っている(エンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』)。 そんな貴種流離譚を地で行くフィクション感がディーンさん最大の魅力」と話すのは、過去にディーンへのインタビュー経験豊富なメディア研究家の衣輪晋一氏。 同様に、異文化感を持ったディーンであれば、たとえ突然バイオリンを弾き始めようが、いきなりひげモジャになってようが、『ディーン・フジオカなら仕方ない』と納得してしまう部分がある。 これはプロデューサー太田さんのディーンさんの魅力に対する発見であり大発明と言えるでしょう」。 演劇用語で、うまい具合に誇張されていたり演出されている場合に、褒め言葉として用いられる。 ただ、昨今の日本の芸能界で重宝されるのは、自然なスタイルの芝居や、重厚感、味のある演技。 どんな役にも染まり変幻自在に変化するカメレオン俳優、個性派俳優などと呼ばれる人々が評価される。 オーバーアクションやケレン味ある演技は、ときに軽薄だ、俗受け狙いだと嫌われる風潮があるのだ。 衣輪氏は「これはトレンディードラマ以降の風潮」と解説する。 「80年代に起こったポストモダン運動は、それ以前の文化を古臭い、ダサいと蹴落としてしまった。 テレビドラマも同様でナチュラル志向に。 こうして、ガチガチの俳優たち以外の若手が活躍するトレンディードラマの流行につながり、さらにケレン味が持ち味の時代劇も衰退。 ところが、『半沢直樹』(TBS系)あたりで復活。 舞台役者が次々とテレビ進出するなど、少しずつ他のドラマでも見られるようになりました。 ケレン味とは、歌舞伎や人形浄瑠璃に多く見られる放れ業、早変わり、宙乗りなどのこと。 そもそも日本のエンタメの源流にあり、文化の奥底に根付いているものなので、日本人ならば(好みはあれど)、あればあったで楽しめるもののはずなのです」。 かつて壊したケレン味を再生するフジテレビ、体現する貴重な俳優 はったりを利かせて魅力的に、面白く見せるということは、イコール大衆性がある、エンタテインメントであるということ。 つまり「楽しい」ということだ。 原作へのオマージュとパロディの狭間で、ディーンという存在がうまくバランスを保っているのだ。 「まさにディーンさんでなくては成立しない作品が『シャーロック』。 つまりケレン味の強い作品は、トレンディードラマの王であったフジテレビが壊し、フジテレビが本作で再生させたともいえます」(衣輪氏) 重厚感や味のある俳優もいいが、こういったケレン味ある俳優も重要。 それは単に選択肢が増えるということであり、その分、エンタメ界に奥行きが出るからだ。 ケレン味を自然に体現できるディーンは日本の芸能界でも数少なく、エンタメ界にとっても貴重な存在ではないか。 今後も同作で見られるディーンのケレン味を堪能してもらいたい。 ディーン・フジオカ 1st EPインタビュー• 禁無断複写転載 ORICON NEWSの著作権その他の権利は、株式会社oricon ME、オリコンNewS株式会社、またはニュース提供者に帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。 また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。

次の

【動画】ディーンフジオカはバイオリン弾ける?シャーロック撮影合間に練習?

ディーン フジオカ ヴァイオリン

スポンサーリンク 2016年から人気急上昇し始めたディーンフジオカさんん。 俳優だけではなく歌手としても活躍し、幅広い年齢層に大人気となっていますね。 歌に関してんの評判は賛否両論あるようですが…。 シャープな顔立ちで女性ファンの多いディーンフジオカさんですが、実はすでに結婚していて子供もいるパパなんですね。 ディーンフジオカさんが結婚した嫁さんはヴァニーナさんという方ですが、以前にヴァニーナさんはインスタグラムを公開していましたが、最近になって非公開にしたことで話題になっています。 一体どんな理由があったのか?まずはディーンフジオカさんの嫁さんについての詳しい情報から確認していきましょう! ディーンフジオカの嫁はヴァニーナ! ディーン・フジオカさんの嫁さんは一般人ということもあって詳しい情報は出てきていませんが、名前は、ヴァニーナ・アマリア・ヒダヤット(Vanina Amalia Hidayat)さんと言います。 一般人とは思えないほど美人ですよね。 それもそのはず。 ヴァニーナ・アマリア・ヒダヤットさんはモデルとして活躍していた時期もあるんです。 モデル時代のヴァニーナさんを確認してみると、意外な事実がっ!なんとかんなりスゴイタトゥーを入れているんですよね。 また、ディーンフジオカさんにもかなりのタトゥーが入っていることも判明。 詳細はこちらのページで紹介しています。 ヴァニーナ・アマリア・ヒダヤットさんの年齢は、ディーン・フジオカさんの2歳年上で、2017年9月現在で38歳になります。 二人が出会ったのは台湾でのことでした。 共通の知人の紹介で、台湾の台北でディナーをしたところ、お互いに「運命の出会いだ」と感じ、交際に発展したとのこと。 その後、4年間の交際期間を経て、2012年7月にバリ島で結婚しました。 ディーン・フジオカさんは、2017年6月24日公開の映画『結婚』のPRインタビューでプロポーズの場面に触れています。 結婚後、2014年10月1日には男女の双子が生まれました。 名前は、カイくんとリンちゃんと言います。 更に2017年3月11日には、第3子が生まれたことが、ディーン・フジオカさんのインスタグラムを通じて発表されました。 性別は発表されていないものの、第3子誕生には世間から多くのお祝いコメントが送られています。 性格を表現する言葉で「虎」を使うと、「凶暴な一面もあるのか」と思ってしまいますが、ディーン・フジオカさんはその理由を、「厳しいときは厳しいですね。 でも根本はすごく愛のあふれる人なので、困っている人がいると放っておけないタイプ」と言っています。 ヴァニーナ・アマリア・ヒダヤットさんは、芯が強く周りの人に厳しくして、成長させてくれるだけでなく、優しい一面もある素敵な女性なのでしょう。 ディーン・フジオカさんは、優しさの中に厳しさがあるしっかりとした性格に惹かれたんでしょうね。 ディーンフジオカの経歴 ここで改めてディーン・フジオカさんの経歴を見てみましょう。 ディーンフジオカさんは中国人の父親と日本人の母親を持ちますが、「ディーンフジオカ」は本名ではなく、芸名なんですね。 本名は、藤岡竜雄(ふじおかたつお)さんと言います。 思っていた以上に日本人名ですね。 ちなみに芸名のディーンの意味は広東語で「クレイジー」という意味。 ディーン・フジオカさんは中国人の父親を持つだけあり、語学が非常に堪能で5か国語(日本語、英語、中国語、広東語、韓国語)を話せるとのこと。 ディーン・フジオカさんは語学力を活かして、日本で芸能活動する前から主に香港や台湾で芸能活動をしていました。 最初に日本ではなく海外で芸能活動するきっかけは、海外旅行の途中で、スカウトを受けたのが芸能界入りのきっかけだったからです。 ディーン・フジオカさんが23歳のとき、アジアをバックパッカーとして旅を始めました。 2004年24歳のときに、香港に立ち寄り、香港の中心街であるワンチャイのナイトクラブに行き、ラップを披露したところ、ディーン・フジオカさんの姿を偶然見ていたファッション誌の編集者からモデルのスカウトを受け、これが芸能界入りのきっかけとなったんです。 このときに、「ディーン」という芸名を使い始め、芸名の理由をこのように語っています。 その後、香港俳優デビュー作である2006年公開『八月の物語』で主演の平安役に抜擢されました。 その後には、台湾でも活動して台湾俳優デビュー作である『スクール・ロワイアル〜極道学園〜』で新堂定 Dean 役を務め、着実に活躍する世界を広げていきます。 日本での芸能活動は2013年11月9日公開の『I am ICHIHASHI 逮捕されるまで』から始まり、日本での最初の活動でありながら、主演だけでなく監督も務めました。 日本で一気に知名度を上げたのが、2015年9月28日放送開始のNHK連続テレビ小説の『あさが来た』に五代友厚役でした。 2017年10月15日からはドラマ『今からあなたを脅迫します』で主演を務める、ということで今後の活躍がますます期待したいですね! ディーンフジオカさんの経歴からヴァニーナさんとの出会いは、海外で1人奮闘するディーンフジオカさんの心の支えになっていたことがうかがえますね。 ヴァニーナの国籍はどこ? ヴァニーナ・アマリア・ヒダヤットさんというフルネームは、舌を噛みそうな名前ですが出身地や国籍はどこなのでしょう? 調査した結果をまとめると・・・• 出身はオーストラリアで、国籍はインドネシア• 中国人とインドネシア人のハーフ(中国系インドネシア人)• インドネシアのジャカルタに子供たちと一緒に在住• ディーンフジオカさんと話すときは英語 さらにヴァニーナ・アマリア・ヒダヤットさんは現在、インドネシアでレコード会社『Delapan Naga Angkasa』の経営者をしています。 そんなキャリアウーマンなヴァニーナ・アマリア・ヒダヤットさんは、インスタグラムのアカウントを持っています。 以前は誰でも閲覧可能な状態だったのですが、 現在は非公開設定になっていて許可をもらわないと内容を見ることができません。 ディーン・フジオカさんはインスタグラムで時折、子供が映るプライベート画像を投稿するほど、プライベートもさらけ出す方針ですが、なぜヴァニーナ・アマリア・ヒダヤットさんはインスタグラムを非公開にしてしまったのでしょうか? ディーンフジオカの嫁がインスタを非公開! ヴァニーナ・アマリア・ヒダヤットさんのインスタグラムは非公開で内容を見ることができませんが、ネット上では、公開されていた時の画像で、このようなものがありました。 CDジャケットのようなかっこいい姿で、こうした画像が見られるなら、是非フォローして見てみたいですよね。 実は、ヴァニーナ・アマリア・ヒダヤットさんのアカウントが公開設定になっているときもありました。 しかしながら、2017年3月11日以降に第3子が生まれた後にアカウント設定を非公開にしています。 双子の可愛らしい画像が使われていているので投稿内容がとっても気になりますね。 ちょうど第3子が生まれて以降に、ヴァニーナ・アマリア・ヒダヤットさんの周りのプライベート情報がネット上で騒がれ始めました。 ヴァニーナ・アマリア・ヒダヤットさんの父親は、インドネシアの製薬会社シドムンチュルのオーナー会長、イルワン・ヒダヤットさん。 製薬会社シドムンチュルは 年商184億円にもおよぶ大企業です。 シドムンチュルのオーナー会長の娘であるヴァニーナ・アマリア・ヒダヤットさんもレコード会社を経営していて、非常にお金持ちなのではないかという噂が流れ始めました。 世間では、ヴァニーナ・アマリア・ヒダヤットさんのお金にまつわることで、このような書き込みがあります。 父親がお金持ちで、自分も会社経営って、一生豪遊できそう。 もしかして、ディーン・フジオカさん芸能界やめたら、会社経営に加わるのかな。 確かにディーン・フジオカさんがまだ芸能界で売れてなかったころは、ヴァニーナ・アマリア・ヒダヤットさんの世話になっていた可能性もゼロではないかもしれません。 しかし、それよりもヴァニーナ・アマリア・ヒダヤットさんは大企業の令嬢ということで、お金持ちだとか、遊んで暮らせそうなどという噂に加えて、それが飛び火してディーン・フジオカさんの芸能界引退後のことまで余計な憶測までされるようになったことで、インスタグラムを非公開にした可能性があります。 ヴァニーナ・アマリア・ヒダヤットさんがお金持ちだという噂以外にも、プライベート情報がが明るみに出て、週刊誌に報道されたことがあるんです。 後半に続きます! スポンサーリンク ディーンフジオカの嫁は再婚? 実はヴァニーナ・アマリア・ヒダヤットさんは、ディーン・フジオカさんと結婚するよりも前に子供を授かっていたんです。 それでは、ヴァニーナ・アマリア・ヒダヤットさんにとって、ディーン・フジオカさんとの結婚は再婚なのでしょうか。 ヴァニーナ・アマリア・ヒダヤットさんはインドネシア在住ですが、インドネシアは人口の10%がキリスト教信者という国です。 キリスト教の中でもカトリック教会の教えでは、結婚は終生に渡る神聖なもとされ、離婚は認められないのが基本的なルール。 ヴァニーナ・アマリア・ヒダヤットさんがカトリック教徒だとすると、離婚できないのでシングルマザーとして、子供を設けた可能性がありますね。 そうなるとディーン・フジオカさんとの結婚も再婚ではなく、未婚の母としての初めての結婚だったのでしょう。 ヴァニーナ・アマリア・ヒダヤットさんがディーン・フジオカさんとの結婚よりも前に、子供がいたことが話題になっていますが、もしかするとヴァニーナ・アマリア・ヒダヤットさんと、 結婚前にできた子供との画像がたくさんインスタグラムに掲載されていたのが非公開の本当の理由だったのかもしれませんね。 現在、ヴァニーナ・アマリア・ヒダヤットさんのインスタグラムは非公開なので確かなことではありませんが、ディーンフジオカさんの日本での活躍を受けて、そのイメージが変わらないようにするための 配慮という側面もあるのでしょう。 嫁には成人の子供が! 気になるヴァニーナ・アマリア・ヒダヤットさんの初めての子供について、2017年4月4日発売の『週刊女性』が取り上げています。 子どもは現在20歳で男性。 時期としてはヴァニーナ・アマリア・ヒダヤットさんが18歳のときに生んだ息子になります。 インドネシアでは成人年齢が日本とは違い21歳なので、インドネシアの感覚としては、早い年齢で1人目の子供を産んだことになりますね。 ヴァニーナ・アマリア・ヒダヤットさんが美人なので、長男の顔が気になります。 ネット上に流出しているヴァニーナ・アマリア・ヒダヤットの息子さんの画像が、こちら。 目鼻立ちがハッキリとした非常にイケメンですね。 彼は現在インドネシアにヴァニーナ・アマリア・ヒダヤットさんと住んでいます。 先ほど紹介した『女性自身』の記事には続きがあり、そこにはヴァニーナ・アマリア・ヒダヤットさんの息子は、日本のサブカルチャーが大好きだということも紹介されていました。 イケメンなので、日本で声優などの芸能活動をしても、人気が出そうな気がします。 そして、もし日本で芸能活動をして、ディーンフジオカさんと共演したらかなり話題になりそうですね! 結婚前、ヴァニーナ・アマリア・ヒダヤットさんに息子がいたことをディーン・フジオカさんは、どのように受け止めたのでしょうか。 それも含め彼女を好きになり付き合い、結婚した。 ここまで、ディーン・フジオカさんの奥さんであるヴァニーナ・アマリア・ヒダヤットさんのインスタグラムを非公開にしている理由をご紹介しました。 ここまで探ってきた真相をまとめてみると・・・• ヴァニーナ・アマリア・ヒダヤットさんはインスタグラムのアカウントは持っているが、現在は非公開。 インスタグラムのアカウントを非公開にしたのは、第3子が生まれた2017年3月11日頃。 2017年3月11日以降に、ヴァニーナ・アマリア・ヒダヤットさんのプライベート情報、結婚前に息子がいたことが発覚して、 プライベート情報やディーン・フジオカさんのイメージを守るため、インスタグラムを非公開にした可能性が高い。 ヴァニーナ・アマリア・ヒダヤットさんは離婚を禁止するキリスト教を信仰している可能性があり、シングルマザーとして息子を育てていて、ディーン・フジオカさんとは 初婚の可能性大。 ヴァニーナ・アマリア・ヒダヤットさんは、インスタグラムのプロフィールに2017年9月現在、851点もの画像を投稿していて、サムネイルに可愛い子供の画像を使っています。 他にも、サムネイルのような可愛い家族画像があると思うと、見られないのは残念です。 ヴァニーナ・アマリア・ヒダヤットさんの長男は大人になっているとはいえ、まだ小さい子供が3人もいます。 インスタグラムでは、基本的には誰でもコメントを残せるので、コメント機能で誹謗中傷を書かれなどして、余計なストレスを溜め込む必要はないと思います。 ディーン・フジオカさんは、多民族国家として多様性のあるインドネシアで子育てをすることが、子供の将来のためになると考えて、ヴァニーナ・アマリア・ヒダヤットさんと子供を、インドネシアのジャカルタに置いて、いわば単身赴任中なんです。 ディーン・フジオカさんの妻として活躍を裏で支え、自身は会社を経営、さらに3人の子どもを育てるのは想像を超える大変さだと思います。 でもヴァニーナ・アマリア・ヒダヤットさんが、子育てや仕事にひと段落ついて余裕ができたときには、またインスタグラムを公開して、素敵な画像を見せてほしいですね。

次の

ディーンフジオカがドラマでバイオリン演奏。嘘?ホント?その曲は?│タサカログ

ディーン フジオカ ヴァイオリン

俳優のディーン・フジオカが主演を務める『シャーロック』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第1話が7日に放送され、主人公を演じるディーンがバイオリン演奏を披露するシーンに、ネット上には「カッコいい」「すげーシャーロックだ」「美しいから良し」といった声が相次いだ。 本作は古典ミステリー小説『シャーロック・ホームズ』シリーズを原作にしたミステリーエンターテインメント。 ディーンが原作でのホームズにあたる主人公・誉獅子雄役で月9初主演を務めるほか、EXILE/三代目J Soul Brothersの岩田剛典が相棒のワトソンにあたる若宮潤一を演じる。 ある日、都内の病院で、勤務医の赤羽(中尾明慶)が屋上から転落死を遂げる。 警視庁捜査一課は病院関係者を集めて事情聴取を始める。 通報者の警備員が、赤羽の声を聞いて現場に駆けつけたと話すと、犯罪捜査コンサルタントの獅子雄(ディーン)が「嘘つけ!」と言って現れ、病院関係者の証言の矛盾点を次々と指摘していく…。 捜査を進める獅子雄は、協力者のレオ(ゆうたろう)と会い、赤羽と残された彼の家族の行動を調査するよう依頼。 獅子雄がスマートフォンに赤羽と妻、小さな娘の家族写真を表示させてレオに調べるよう促すシーンに、バイオリンの音色がかぶさる。 すると画面が切り替わり、ビルの屋上で夜景をバックに優雅にバイオリンを演奏する獅子雄の姿が映し出される。 夜空を稲光が引き裂き、雷鳴が轟く中で真剣な表情でバイオリンを弾きまくる獅子雄役のディーンの姿に「とにかくおディーンがカッコいい」「ディーンさん、きれいだなー」「なんかすげーシャーロックだわ、おディーン様」などのコメントがネット上に相次いだ。 原作小説でも主人公シャーロック・ホームズはバイオリンの名手として描かれているものの、突然挿入されたバイオリン演奏シーンに対して、ネットには「いきなりでビビった…しかし美しいから良し」「どこで弾いとるんや」「ディーン様サービスタイム」などのツッコミも投稿されていた。 この記事の写真を見る•

次の