水銀灯。 水銀灯

水銀灯は2020年に製造禁止に!代替えの準備はお済みですか?

水銀灯

水銀灯は2020年に製造禁止に!もう対策はお済みですか? 2013年に「水銀に関する水俣条約」という国際条約が結ばれました。 発効は2020年。 これにより、水銀製品の製造や輸出入が制限されます。 水銀灯も例外ではなく、今後は水銀灯は世の中から姿を消していくことになります。 水銀灯をお使いの方は、その他の電球に交換する必要があります。 早めに対策を行いましょう。 水銀はなぜ規制される? 2013年1月19日、ジュネーブで「水銀に関する水俣条約」が締結されました。 名前に水俣と付いていることからもわかるように、この条約は熊本県で起きた水俣病を端緒としています。 水俣病は1956年に確認された未曾有の公害事件です。 化学工業会社のチッソが工場廃液を海に直接流していたため不知火海が水銀に汚染され、その海の魚介類を食べた人に中枢神経疾患が現れました。 症状は悲惨なもので、公害事件としては世界で二番目に犠牲者数が多く、罹患者数は2万人以上と言われています。 水俣病の確認から60年経ちましたが、患者数は未だ5,000名を超えています。 また、同様の事件は世界各地で起きており、現在に続く問題なのです。 そこで水銀が規制されることになりました。 条例によって、新たな水銀鉱山は禁止されます。 既存の鉱山については、条約発効後15年後に禁止となります。 水銀の輸出は、条約で定められた用途のみに限られます。 定められた用途とは、研究用の計測器や軍事的用途、代替できない製品などです。 水銀を使った製品は、2020年以降は製造も輸出入も禁止されます。 水銀を使った製品とは、電池、高圧水銀灯、水銀体温計、蛍光灯、スイッチなど。 電池は既に一部のボタン電池を除いて水銀は使用されていません。 体温計も、国内大手メーカーは既に製造を終了しています。 水銀灯は、基準値を超えるものは製造も輸出入も禁止になります。 蛍光灯については、家庭向きの蛍光灯は水銀灯の基準値をクリアしたものが今後も生産されますが、それ以外の蛍光灯については製造が禁止される見込みです。 今使っている水銀灯はどうなるの? 現在使っている水銀灯については、使用の禁止自体はされない見込みです。 しかし、新たに水銀灯を入手することはできなくなりますから、水銀灯の寿命がきたら他の照明への乗り換えが必要となります。 次第に入手が難しくなるとはいえ、2020年までは購入することができるかもしれません。 ですので、水銀灯を買い占めておくことでしばらくしのげるというのも一つの考えですが、あまりおすすめはしません。 水銀製品自体に公衆衛生上のリスクがあることは明らかだからです。 水銀を使った体温計や血圧計については、WHOが使用自体をやめるよう呼びかけています。 医療業界では、水銀体温計や血圧計の全廃をすすめています。 現在水銀灯を使っている場合は、寿命が来る前にどのような照明に切り替えるべきかを検討しておくと良いでしょう。 水銀灯に代わるのはLED! 高輝度ランプのメタルハライドランプ、高圧ナトリウムランプは規制の対象外とはいえ、これらにはデメリットもあります。 例えば、消費電力の大きさ、演色性の悪さ、製品自体が高額であることなど(詳しくは、コラム「投光器に使われる高輝度電球の種類」もご覧下さい)。 そこで水銀灯を販売してきた国内の照明メーカーのほとんどが、水銀灯に代わるものとしてLEDランプの開発を推進しています。 省電力、超寿命で演色性も改善されてきているLEDは、すべてのデメリットを解消する存在として注目されているのです。 従来のLEDには、ちらつき(フリッカー)やまぶしさ(グレア)といった難点があり、投光器には向かないとされてきましたが、現在はそういった問題もクリアされています。 次に選ぶのはLEDで間違いありません。 関連記事.

次の

LED照明と蛍光灯・水銀灯との比較

水銀灯

最近テレビやニュースを騒がせている 「水銀灯製造中止」の報道ですが、 気になるのは水銀灯が廃止になると 「どの照明に切り替えればいいのか」ですよね? 道路や公園、工場、商店街、各種スポーツ施設など 水銀灯は多くの場所で使用されております。 そのため、かなり多くの法人や個人、 行政機関が水銀灯から他の照明への 切り替えをしなくてはなりません。 「次に何に切り替えるべきか」 「費用をできるだけ安く抑える方法はないのか」 など、いろいろと疑問点はございませんか? 今回は、その疑問にお答えしていきますのでぜひ参考にしてください。 ではまず、水銀灯が全廃止される理由についてお話していきます。 水銀灯が全廃止になる理由 2013年10月に行われた国連環境計画の外交会議にて 水銀による環境汚染を防止する目的で、 「水銀に関する水俣条約」が採択されました。 「水銀に関する水俣条約」とは、 水銀や水銀を含む化合物の人為的な排出から人の健康被害や 環境汚染を保護する目的で 定められた国際条約です。 日本政府も水銀による汚染防止に関する法案を2015年3月10日に閣議決定しました。 2020年には水銀を使った製品の製造や輸出・輸入ができなくなります。 また、水銀の含有量などを十分に抑えていない 蛍光灯などの製造や輸出・輸入も原則禁止になります。 つまり、 この条約により水銀灯が全廃止されることになるのです。 何に切り替えれば良いのか? 現在、水銀灯廃止の動きから新たな照明として注目されているのが LED照明です。 「水銀に関する水俣条約」が採択されたことにより、工場などのLED化が加速しています。 しかし、なぜLED照明なのでしょうか? LED照明以外に選択肢はないのでしょうか? LED照明以外の水銀を含まないランプ 白熱電球 従来から家庭用として広く使用されているランプです。 発光効率が悪くて寿命が短く1,000時間ほどで切れてしまいます。 ハロゲン電球 デパート、スーパーなどの商業施設やレストランなどの スポット照明として使用されているランプです。 寿命は2,000~3,000時間と白熱電球より長くなっています。 発熱量が多く、火傷してしまうほど熱くなります。 低圧ナトリウムランプ 高速道路、トンネル、誘導灯として使用されているランプです。 発光効率がとても良く、寿命は9,000時間と長寿命です。 ですが、橙黄色の単色光で演色性がとても悪く通常の照明には使用できません。 これらのランプには水銀が含まれておりません。 しかし水銀灯の代わりには向いてなさそうですね。 では、LED照明はなぜ水銀灯の代わりとして向いているのでしょうか? LED照明のメリットをご紹介します。 LED化するメリットとは? 様々な用途に対応 従来、LEDは必要な範囲を十分に照らすのが難しく、広い範囲での利用には不向きでした。 しかし、現在では技術の発展により「高天井用LED照明」や「LED投光器」など、 LEDでありながら様々な用途に利用できる製品が出揃っています。 そのため道路や公園、工場、商店街、各種スポーツ施設など 多くの光量が必要な場所でも 対応が可能となりました。 消費電力の削減 水銀灯は消費電力が大きく電気代も非常にかかってしまうランプの代表のようなものです。 LED照明に替えることで3分の1から4分の1程度削減できるので 経費削減に大きく貢献します。 ランニングコストの削減 水銀灯の平均寿命が3,000~12,000時間なのに対して、 LED照明は40,000時間で4~10倍ほど長寿命です。 寿命が長いということは交換頻度も減らすことができます。 なので、ランニングコストの削減にも大きく貢献してくれます。 作業効率アップ 水銀灯は明るくなるまでに5分ほど待つ必要があります。 また、消灯後すぐに再点灯しようとする場合には、 それまで点灯していたときに発生した熱を冷ますための時間を空ける必要があります。 つまり、点灯・消灯が簡単に行えないので、これが作業効率の低下に繋がります。 LED照明なら瞬時に点灯・消灯が行えるので、作業効率がアップします。 空調の節電にも 水銀灯の点灯時の発熱量はLED照明と比べ3倍以上です。 夏場はその発熱によって室温が上がってしまうので、 空調の電気代もかなりかかってしまいます。 LED照明なら発熱量も少ないので、夏場の空調の節電にも貢献します。 虫害の防止 LED照明は紫外線放射が少なく、虫が寄り付きにくいため虫害の防止になります。 特に食品を扱う工場などのLED化は有効な手段となります。 このようにLED照明に切り替えることは多くのメリットがあります。 総合的に見てやはりLED照明が一番水銀灯の代わりとして向いているようですね。 では、LED照明に切り替える費用をできるだけ安く抑える方法はないのでしょうか? 助成金・補助金が活用できる? 水銀灯からLED照明に切り替える際、 官公庁や独立法人が公募する 助成金・補助金を受けることができる場合があります。 助成金・補助金を活用するには、 助成・補助事業ごとに募集期間や要項が異なるため、 事前に確認しておきましょう。 また、国や地方自治体で助成金・補助金を受けることができる場合もあります。 こちらも申請期間や条件がそれぞれ異なるため、事前に確認しておきましょう。 切り替えはお早めに! LED照明のメリットや助成金・補助金のことを考えると、 水銀灯のLED化は先延ばしせず、早期に検討していく必要があるのではないでしょうか? 「LED照明にした場合明るさはどうなるの?」 「切り替えにいくらかかるの?」 「LED照明に替えたら電気代はどれくらい削減できるの?」 「うちの工場で使えるLED照明はある?」 など、LED照明への切り替えに関して何かお困りのことや疑問に思っていることがあれば なんでもご相談・お問い合わせください。 お問い合わせの際に、 ・現在使用している水銀灯のワット数 ・切り替えたい場所の広さ ・用途 工場、テニスコートなど をご確認の上、お問い合わせいただけるとスムーズです。 この記事に関連するワード: カテゴリ:.

次の

LEDと水銀灯、安定器について|日本ユニバーサル電気株式会社

水銀灯

特に工場や倉庫では400Wクラスの水銀灯を使っているところも多くあります。 400Wの水銀灯であれば80W~100Wほどで同等の明るさになるので工場などの水銀灯のLED化は非常にメリットがあります。 LED化のメリットは省エネだけではありません。 水銀灯の交換には高所作業が伴うことも多く交換コスト(高所作業者)や手間もかかってきてしまいます。 その他にも水銀灯は点灯するまでに5分程度の時間もかかるなどデメリットもあります。 今後2020年には水銀条例で水銀灯も製造・輸入・輸出の規制対象となるため、いずれ流通しなくなる水銀灯のLED化は検討していく必要があるのではないでしょうか。 4つに分類される水銀灯 水銀灯は正式には「高輝度放電灯」と呼び水銀蒸気中の放電による発光を利用し安定器を用いたランプのことをさします。 高輝度放電灯はHID(High Intensity Discharged Lamp とも呼ばれ光が強く工場や倉庫、体育館、街路灯など広範囲を照らす場所に適しているため主に工場、倉庫、商業施設、体育館、街路灯などに使用されていますがランプ効率や演色性があまり高くありません。 省エネと演色性が必要な場所ではメタルハライドランプやLEDに切替っています。 この水銀灯の種類は大きく4つに分類することができます。 水銀灯• 高圧ナトリウムランプ• メタルハライドランプ その他にも• セラミックメタルハライドランプ• 高圧ナトリウムランプ+水銀ランプ• 高演色形HIDランプ• 演出照明用HIDランプ• 低圧ナトリウムランプ など特殊なHIDランプもあり用途に応じて使い分けされています。 この水銀灯は2021年以降はによって製造、輸入、輸出が禁止となります。 ただし高圧ナトリウムランプとメタルハライドランプは一般照明用の水銀ランプとは異なり高効率な水銀灯のため規制の対象外とされています。 今後、一般照明用の水銀灯はLEDやセラミックメタルハライドランプなどの高効率光源への切替えが進んでいくでしょう。 演色性が悪くRa14~Ra45となっています。 そのため水銀灯の使用下に行くと、なんとなくグリーンがかった印象の空間に見えるかもしれません。 人によってその見え方は違いますが暗い印象を受けます。 色温度は4,100K~5,700Kと高めで寿命は12,000時間程度が一般的です。 省エネを強く望まれるところでは高圧ナトリウムランプに、省エネと演色性を望まれるところではメタルハライドランプに切り替わってきています。 水銀灯の消費電力は40W~2,000Wまで幅広くありますが工場や倉庫の5M~7Mの天井高では400Wや700Wの水銀灯が主に使用されています。 7M~10Mになると700W~1,000Wの水銀灯が使用されています。 ・安定器の役割 ランプが必要とする始動電圧 2次無負荷電圧 を印加し適正なランプ電流波形を供給し、安定した点灯を維持し一次力率を高力率に改善す役割をしています。 水銀灯を点灯させるにはランプ電流を適当な値に制限し適合した安定器が必要となります。 ・安定器の寿命 安定器の平均的な寿命は一般的な使用状態でおおよそ8年~10年と考えられています。 この平均的な寿命は安定器を標準条件で使用した場合となります。 安定器の寿命を保持させるには周囲温度を高くしないように、通風、冷却をすることが大切です。 また異常温度上昇の状態の維持時間を短くすること器具内に取り付けるものはランプの熱の影響を少なくするなどの注意は必要です。 主な設置場所:街路灯 ・水銀灯が使用される施設• 道路、駐車場、交通広場、商店街、工場構内等の屋外照明• 投光照明、野球場、ゴルフ場等の各種スポーツ施設照明• 公園、庭園樹木の照明• 寿命は水銀灯ランプの2倍ほどあり主に道路の街路灯や商業施設などにつかわれております。 またほとんどの製品は水銀ランプ同様点等方向も任意となっております。 【用途】 ・道路,駐車場,交通広場、商店街、工場構内等の野外照明。 種類も多いため幅広い用途で使用されてコンパクトなものもあり屋内でも使用されています。 主にスポーツ施設や商業施設、精密工場などで使用されています。 このため始動時の入力電流が小さくなり 安定時との差が少なくなる 、配線容量を低減できます。 低力率安定器にコンデンサを内蔵して、力率を改善したものです。 力率は90%と高く、水銀ランプの点灯回路として経済的です。 また、コンデンサには、保護機能を付けて安全性を高めています。 力率が60%前後の安定器です。 電源電圧10%の変動に対して、ランプ電力は18~22%変化します。 波高率が1. 4~1. 例えば、工場や倉庫、体育館などで使用されている水銀灯は400W~1,000Wのものが多く使用されています。 家庭用に使用されている一般的な蛍光灯が1本40Wですから、水銀灯1台当たり少なくとも10倍の電気代がかかるということになります。 これをLED照明に変えることで、消費電力・電気代を約3分の1まで削減することができます。 この点において、照明のLED化は経費削減に大きく貢献することでしょう。 寿命の面においても大きな差があります。 消費電力400Wの水銀灯は寿命が3,000時間から12,000時間であるのに対し、同等のLED照明では40,000時間となっています。 水銀灯は工場や倉庫、体育館で使用されていることが多く、比較的高い場所に設置されています。 そのため、交換には高所作業車が必要となる場合があり、費用が高くなってしまいます。 寿命が長いということは、交換頻度を減らすことができるわけですから、長期的な経費の削減に繋がるでしょう。 その他にも、水銀灯とLED照明では、いくつかの大きな違いがあります。 LED照明は瞬時に点灯するのに対し、水銀灯は点灯するまでに5分程度の時間が必要となります。 また、消灯後すぐに再点灯しようとする場合には、それまで点灯していたときに発生した熱を、冷ますための時間を空ける必要があります。 つまり、点灯・消灯が簡単には行えないということとなり、作業効率の低下に繋がります。 点灯時の発熱量もLED照明と比べて、水銀灯はその3倍以上となります。 これは夏場における空調に大きく影響します。 LED照明は紫外線放射が少ないため、虫が寄り付きにくくなっています。 虫の侵入が、生産に影響することがある工場におけるLED化は、虫による被害(虫害)を防止するための有効な手段となります。 さらに「水銀に関する水俣条約」を日本が締結したことに伴い、2020年には水銀灯の製造・輸入・輸出が原則として禁止されます。 すでに使用しているものを同じものと交換したり、継続して使用することは可能ですが、いずれは流通しなくなってしまいます。 例えば、工場に400Wの水銀灯が10台使用されていたとします。 1日当たりの点灯時間が10時間で、1ヶ月当たりの稼働日数が22日として計算してみます。 まず、水銀灯には安定器が付属しています。 この安定器も電力を消費しているので、その分も加算する必要があります。 400Wの水銀灯では、安定器で30Wが消費されています。 つまり、400Wの水銀灯における消費電力は、実は1台当たり430Wとなるのです。 電気代は電力の契約の種類によって使用量単価が違いますが、ここでは従量電灯の場合で1,000W(1kW)当たり平均26円として計算します。 つまり、水銀灯は1台当たりの消費電力が大きい分、使用する台数が少なくても電気代が非常に高くなってしまいます。 これが屋外になると、消費電力はさらに大きくなります。 工場や倉庫、体育館などでは消費電力が400Wのものが使用されているのに対して、ゴルフ場やスタジアム(野球場、サッカー場、陸上競技場など)などでは1,000W以上のものが使用されており、台数も数百台単位で必要となります。 電気代が非常に高くなるのは言うまでもないでしょう。 これをLED照明に交換すれば、消費電力を3分の1に抑えることが可能となり、大幅に電気代を削減することができます。 試算した例では、年間で約30万円かかっていた電気代が、約10万円程度まで抑えられることになります。 また、ランプ自体の寿命も3倍以上となっているため、交換頻度が少なくなり、将来的な維持経費も抑えることができます。 「電気代が安くなっても、交換するための工事にお金がかかったら、意味がないのでは?」 そんな疑問があるのは当然です。 確かに、交換にかかる工事費用は大きくなります。 高所に設置されている場合は高所作業車が必要となります。 また、ランプだけでなく照明器具全体を交換したり、落下防止対策を実施する場合には、大規模な工事が必要となることがあります。 そこで、具体的な工事内容についての見積りを取ってみて、将来的な電気代や維持経費との比較による検討をしてみることをお勧めします。 工事不要で交換できる!おすすめのLED水銀灯.

次の