自然薯 山芋 違い。 自然薯、山芋、長芋の違いは?

長芋・いちょう芋・つくね芋・自然薯…違いは?

自然薯 山芋 違い

今回のお話の主人公は、食べられるツル性植物 「やまのいも」。 すりおろしてとろろにしたり、海苔で包んで磯辺揚げにしたり、短冊切りにしてサラダで食べてもおいしいおいもです。 自然薯(じねんじょ)とも呼ばれていますが、こちらの名前ほうが有名かも? 一般的にスーパーで見かけるのは、だいたい「ナガイモ」だそうで、ナガイモは「やまのいも」に比べると水分含有量が多いため、すりおろしたときの粘りに乏しいおいもです。 今回は地中の「やまのいも」本体ではなくて、地上のツルの部分にできる小さなおいも 「むかご」を採取するのが目的です。 むかごは、やまのいものツルに生える0. 5センチから2、3センチくらいのとても小さな実で、そのお味は「じゃがいもとサトイモのあいのこ」らしい。 ちなみにやまのいも本体を掘り出す時期は、地上部が枯れてからということですので、まだまだ先のお話です。 さて「やまのいも」、そこらへんに自生しているということですが。 先日、むかごをつけたツル植物をみつけて「もしかして、やまのいも!?」と、小躍りしたんですけど、同時に「コレってほんとにやまのいも?」という疑問も湧いてきまして。 自然の植物って、外観の似ているものがとても多いので注意が必要です。 ただ外見が似ているだけならば問題ないんですが、一部のきのこのようにニセモノには毒がある場合もあるので、採取する前の下調べは必須です。 ということで、まずはヤマノイモを探すときのポイントを確認!! ヤマノイモ 1、葉は縦長のハート型で、先端は鋭く尖る。 2、葉の腋にムカゴ(珠芽)を付ける。 3、葉は対生する。 4、ツルは左手親指方向に巻いている(上から見て反時計周り)。 そもそも、 「葉は縦長のハート型で、先端は鋭く尖る」という、ヤマノイモの葉の特徴と良く似たツル性植物がたくさんあるんです! 見分けるポイントとして、 「ムカゴ」「葉が対生」「左手親指方向のツル」が当てはまれば、たぶん大丈夫? つる植物の右巻き左巻きについて : そんなわけで、むかごをつけたツルを発見した場所へ確認をするためにやってきました。 1、葉の形状と付きかた 葉は長くて先端の尖ったハート型。 2、ツルの巻く方向 ツルは左手親指方向巻き(上から見て反時計回り)! 3、むかごの有無 むかごが付いている!! これは!! 「ヤマノイモ」に違いない!! 一方、こちらは家の前の柵に絡んでいるツル。 のようです。 ヤマノイモに良く似ている代表的な植物に 「オニドコロ」「ニガカシュウ」「カエデドコロ」があります。 それぞれヤマノイモに似た特徴と、見分けやすい特徴があるので、書き出してみます。 カエデドコロ 1、葉は互生 2、葉は3裂または掌状に5〜9裂(カエデの葉のような感じ) 3、葉柄の元に1対の小突起がある 4、ムカゴはつけない 5、ツルは左手親指方向に巻いている(上から見て反時計周り)。 注意:根茎に含まれる成分には溶血作用があり、大量に食べると嘔吐などを引き起こす カエデドコロはツルの巻く方向がヤマノイモと同じですが、葉の形が違うので見分けられると思います。 ムカゴは付いていなかった。 丸いハート型の葉。 ムカゴなし。 右がたぶんカエデドコロ。 左わからない。 ちなみにナガイモですが、 ナガイモ(栽培種の野生化) 1、茎や葉柄は普通紫色を帯びる 2、基部が左右に大きくはりだす 3、葉は対性する 4、タマゴのようなハート型の葉(ヤマノイモより丸い葉) 注意:花が咲く前のツルでは、葉が互生をしていることがあるので、区別は難しい さて、こちらが採取してきたムカゴです。 素揚げにして塩でいただいてみます! 皮がしっかりしていて、中はホクホク・モチモチ。 例えるなら・・・ドイツパンのような食感?うーん、確かに「じゃがいもとサトイモのあいのこ」です! 実を割ると、若干みどりがかった黄色をしていました。 素揚げのほかにも、ごはんに混ぜて炊いて「むかごごはん」にしたり、煮物にしたり、じゃがいもとおんなじように食べることができるそうです。 ですが、もっと有効な使い方は、むかごを ヤマノイモの種イモとして庭に植えることではないでしょうか? エンビパイプやトタン板、もしくはドラム缶などの縦に長い容器を使って、根(イモ)を掘りやすく工夫すれば、簡単にヤマノイモを楽しむことができるというんです! 注意すべき点として 「むかごを種イモに使う場合、収穫は1年後のシーズンから」、種イモを充分太らせなくてはならないそうです。 2シーズン目からは、採取したヤマノイモ本体の端を切って地中に残しておくと、再び大きく成長するので、毎シーズン楽しめるということです。 むかごは海外では「エアポテト」などと呼ばれ、ちいさなジャガイモとして食べられています。 東南アジアなどでは、地中のイモは食べずに、通常はむかご(エアポテト)のみを食用として、食料が不足したときにイモを掘って食べる習慣があるそうです。 うまくすれば、放っておいても毎年収穫できる便利なヤマノイモ。 いくつか庭に植えておこうかなー。 気軽に土地探しに出かけられるようになった 11st October 2013 250坪、約200万円で購入。 お問い合わせ• カテゴリー• 272• 145• 220• アーカイブ アーカイブ• 最近のよく読まれている記事.

次の

山芋・長芋・大和芋・自然薯の違い!味と栄養素と値段やととろには?

自然薯 山芋 違い

山芋と長芋ってどう違うの? 大和芋や自然薯は? どちらもネバネバしているような? 地方によって言い方が違うだけなのでは? 知っているようで、実はあまり知らない山芋と長芋の違い。 それぞれの特徴を知ることで、お料理の幅も広がることは間違いなしです! 山芋と長芋の違い 山芋と長芋は両方ともヤマイモ科ヤマイモ属に属する植物ですが、大きく違うのは食感です。 山芋は粘り気があり風味も強く、長芋は水分が多くシャキシャキとしています。 また上記の英語表記でも分かるように、長芋は中国が原産の芋で、山芋は日本原産になります。 では、それぞれの特徴を見ていきましょう。 山芋の特徴 名の通り、日本の山などに自生しています。 また山芋は、自然薯 じねんじょ という名前で呼ばれることもあります。 一般的に山芋の方が希少価値が高いため、長芋に比べると価格も高くなるのです。 先にも述べましたが、山芋とはヤマノイモ科の総称のことで、長芋、自然薯、大和芋もすべて山芋になります。 粘りが強く、独特の風味がありとろろや揚げ物にして食べられます。 長芋の特徴 長芋は中国が原産になます。 ですので日本においては自生していないということです。 日本で食べられている長芋は、栽培(生産)されたものということです。 水分が多く粘り気もないため、サラダや酢の物にして食べるのがおすすめです。 それぞれの山芋(長芋・大和芋・自然薯)の違い 山芋の種類には長芋・大和芋・自然薯があり、それぞに特徴があり、それぞれの楽しみ方があります。 ここでは、それぞれの形状などの違いを紹介します。 長芋 文字通り、長い芋ですが少し丸みがあります。 すりおろすよりも千切りにしてシャキシャキとした食感を楽しむのがおすすめです。 成長が早く、手頃な価格で手に入ります。 大和芋 とろろいも、とも呼ばれます。 粘りが強く、とろろにしていただくのがおすすめです。 人の足のような形状をしています。 自然薯 山芋の王様のような存在です。 日本の山野に自然に自生する山芋です。 長さは1m程になり、長くなればなるほど価格も上がります。 自然の産物でありながら、白さとキレのあるうま味が特徴で、植物臭さは全くありません。 栄養価も高く、疲労回復や成人病にも効果があるといわれています。 栄養の違いはあるの? 栄養価の違いはほとんどありませんが、水分量とカリウムという成分に少し差があるようです。 山芋類には多くの消化酵素が含まれています。 消化酵素は、たんぱく質の代謝を助け、栄養の吸収率を上げる効果があると言われています。 長芋は山芋類の中でも比較的水分量が多く、特に大和芋はカリウムの量が最も多いようです。 カリウムには利尿作用があるので、むくみ解消にも効果的です。 また長芋は夏に食べると夏バテ防止になると言われています。 冬場は女性の大敵である乾燥にも効果を発揮してくれます。 乾燥肌体質の女性のみなさん、たくさん食べて乾燥肌を改善してみませんか? そしてもう一つ、山芋といえばあのネバネバが特徴です。 あのネバネバはムチンと呼ばれる成分で、胃腸の調子を整える力があるので便秘改善に効果的です。 さらに抗ウィルス作用をはじめ、細胞を活性化させる力もあるため老化や肌荒れ改善に期待ができます。 しかし加熱するとムチンをはじめ、多くの栄養素が失われてしまいます。 栄養分を効果的に摂ることを考えると、生で食べるのがおすすめです。 お好み焼きに使うのはどっち? 関西人にとって粉もんの代表格「お好み焼き」に使うなら、どちらがいいのでしょうか? 山芋類のなかでも大和芋がおすすめです。 生地にすりおろした山芋を入れると、山芋が膨張剤の役割を果たしているのでふんわりと仕上げることができます。 また小麦粉が少量ですむので、お腹がもたれることも減少されます! 山芋はいいことがいっぱいですね。 まとめ 山芋にもいろんな種類があり、それぞれに特徴があり食感や風味が楽しめます。 長芋はそのまま切ってサラダや酢の物に、山芋はとろろや揚げ物、ソテーにして食べられます。 栄養価も高いので、食材の特徴を知っていけば、お料理のレシピが増えそうですね。

次の

【保存版】山芋・長いも・大和芋・自然薯の違い|5分ですべて解説

自然薯 山芋 違い

山芋と長芋の違いは? 大和芋は? 「山芋」とは正式には「ヤマノイモ」で、山で自生する「 自然薯」のことなどを指します。 「山芋」である自然薯は 日本原産で、独特な味わいで風味がよく、粘り気が強いです。 一方、「長芋」は 中国原産で、日本では 栽培された芋になります。 「長芋」の調理方法はさまざまで、すりおろして「とろろ」として食べられることもありますが、「山芋」と比べると水分が多く粘り気が弱いため、シャキシャキとした食感が楽しる「短冊切り」の形で食べられることが多いようです。 また、「大和芋」というのは、 中国原産で、「長芋」の分類に入る芋で、お店でも良く見かけます。 「大和芋」は粘り気が強く、すりおろして「とろろ」や「お好み焼きのつなぎ」にしたり、「揚げ物」や「ソテー」にして食べられることが多いです。 これら、「山芋」、「長芋」、「大和芋」の総称はヤマノイモ科で、どの芋も別種の「ヤマイモ」ということになります。 違いを簡単に表にまとめました。 やっかい事に、関東と関西では、「大和芋」と呼ぶ芋の種類が違うようです。 「関東の大和芋」は、「 いちょう芋」という「長芋」の先がイチョウの葉みたいになった芋、「関西の大和芋」は「 つくね芋」というジャガイモを大きくしたような芋の事を言います。 粘り気は、「関西の大和芋」の方が少し強い様です。 混乱を避けるため、ここでは「関東の大和芋」前提ですすめます。 美味しいのはどの芋? 実は、上の表に書いた特徴以外に、どの芋が一番美味しいと批評された物が見つかりませんでした。 私は、「山芋」、「長芋」、「大和芋」全部食べたことはありますが、 「とろろ」は味付けしてありましたし、比較して食べていないので答えられません。 よって、個人の好みにもよりますが、 大きな差はないと思われます。 しかし、「長芋」、「大和芋」が栽培された芋に対して、「山芋」は天然の芋なので、 希少価値高く、ワンランク上の位置づけだと思います。 また、風味が豊かなので味付けをしないでいただくことができ、ダイエットやヘルシー食品としても人気を得ているようです。 スポンサードリンク 栄養の違いは? 栄養価の違いは ほとんどないようです。 しかし、細かい栄養成分を見ていくと、少しだけ差があるようです。 それは「 水分量」と「 カリウム」という成分の差です。 「長芋」は山芋類の中でも比較的水分量が多く、「大和芋」は芋類の中で カリウムの量が最も多かったです。 カリウムには利尿作用があり、むくみ解消に効きます。 水分量が多い「長芋」は夏バテ防止、冬は乾燥する季節なので乾燥肌改善になりますね。 山芋類には多くの消化酵素が含まれ、この消化酵素にはタンパク質の代謝を助け、栄養の吸収率を上げる効果があります。 また、山芋類と言えば、あのネバネバが特徴です、あのネバネバ成分は「 ムチン」と呼ばれ、ムチンは胃腸の調子を整える力があり便秘改善に効果的なうえ、抗ウィルス作用もあり、細胞を活性化させる力もあるため老化・肌荒れ改善にも効きます。 しかし、加熱するとこのネバネバも多くの栄養素と共に失われてしまいます。 効果的に摂るということならば、生でいただくことをお勧めします。 値段の違いは? 「山芋」と「長芋」の価格はかなり違います。 天然物の「山芋」の自然薯は高く、「山芋」が 約4000円だとしたら、同じ重さの「長芋」は、 約1000円、 「大和芋」は、 約1500円~2000円位です。 スーパーでよく見かける山芋類は、「長芋」と「大和芋」なので、やはり「山芋」は希少価値が高い芋なんですね。 とろろって何芋? とろろにする芋の事を「とろろ芋」と呼んだりするようです。 「とろろにする芋はこの芋」と決まっている事はありません。 自然薯で皮も一緒にすりおろしてとろろを作れば一番風味があるとろろが出来ます。 粘り気が強すぎるために、だし汁を入れてのばすようです。 自然薯は高いし、スーパーではあまり見かけません。 このため、 「大和芋」を使うのが一般的のようです。 また、「長芋」は水分量が多く粘り気が少ないのでとろろとしては向いてないようですが、だし汁を入れなくても丁度良い位の粘りのとろろになるので、「 牛丼」や「 うどん」など味の濃い料理にかける場合は、水分が多くあっさりした「 長芋」 のとろろが案外一番合ったりします。 最後に 「山芋」は希少で値段が高く手に届きにくいですが、やはり風味がよく別格に思えますね。 しかし、「長芋」も「大和芋」もおいしい芋です。 「長芋」はそのまま切って和え物やサラダに、「大和芋」はとろろとして食べれば理想的ですが、食材の特徴を知って調理すれば、いろいろと応用ができそうですね。 1月の第2月曜日は成人式です。 振袖、スーツ、袴、腕を通したときに大人への仲間入りを果たしたん お正月といえば福袋ですが、福袋対策は決まっているでしょうか? 年末は色々と出費がかさむものです ぶつけてもいないのに、足の親指の付け根が痛い、なんてことはありませんか?もしかしたら、それは痛風のサ もし、一生かけて稼ぐような額のお金がたった300円のくじで当たったら、あなたらなどうしますか? 運動会シーズンが近づくと、小学校からは元気に練習する声が毎日聞こえてきます。 頑張る子供たちの 皆さん、国際郵便を出したことはありますか? 国際郵便を送るには様々な送り方があります。 最近調子悪いと思っていたら風邪をひいてしまいました。 会社休めないのにどうしよう。。。 今更予防しておけ お正月が終わると、デパートやコンビニやスーパーのお菓子コーナーでは、とある商品が充実してきます。 細菌、ウイルスとは、いわゆる総称で「バイキン」と呼ばれるものです。 色々な病気を引き起こす原因 久しぶりに運動したら筋肉痛になったという経験はありませんか? 普段から運動している人も、してい.

次の