クセ 千鳥。 千鳥ノブの愛車が衝撃!クセがすごいパクチー好き!嫁と子供の画像も

千鳥ノブのツッコミフレーズ集!ファンが選ぶ名ツッコミはこれじゃ!クセがすごいだけじゃない

クセ 千鳥

2000年結成。 そこから早くも2003年にM-1の決勝に進出。 最下位に沈むものの、大阪の若手芸人の中で不動の人気を獲得した。 その後、関西での実績を携え、2012年に東京へ。 勢いある若手芸人を集めた全国区のバラエティー番組のレギュラーにもなった。 獲得したレギュラー番組は、次々と打ち切られていった。 「千鳥が絡むと番組が終わる」周囲からはそうネタにもされた。 サバンナ・高橋の秀逸な例えを借りれば、「巨大な台風が上陸したと思ったら、いつの間にか熱帯低気圧に」なったかのようだった (テレビ朝日系『アメトーーク!』2014年9月4日)。 問題児だったのは大悟じゃなくノブ 東野幸治が『アメトーーク!』に持ち込んだ企画「帰ろか…千鳥」が放送されたのは2014年9月4日の上京後、約2年が経ったころだった。 そろそろ大阪に戻ったらどうか、そんな勧めが、自虐的な笑いになっていた。 大悟(39)のトークは面白いが、ノブが足を引っ張っている。 そんな対比を笑いに変えながら進行した番組の最後、東野は次のようにオチをつけた。 「大悟、東京でがんばれ。 ノブ、大阪に帰るぞ」 (テレビ朝日系『アメトーーク!』2014年9月4日)。 しかし、現在ではどうだろう。 全国ネットを含む複数の番組で、ノブは進行役を務めるに至っている。 千鳥のブレイクは、彼の「クセがすごい」というツッコミからだった。 だとしたら、今のような人気芸人になったきっかけはノブが握っているといえる。 風向きを変えた「千鳥」 ノブは後に、自分たちのターニングポイントは2015年末だったと振り返っている。 ノブいわく「そこで初めて手応えあるウケ方」をし、そして「初めてカチッと音がした」 (テレビ朝日系『日曜もアメトーーク!』2018年2月11日)。 ここから徐々に、千鳥をめぐる風向きが変わり始めた。 確かに開き直りも功を奏したのだろう。 ただし、ノブのツッコミにもこの前後で変化が起きていた。 例えば、大悟の強面の顔に対し、2014年の「帰ろか…千鳥」では 「網走みたいな顔」と言ってスベっていたが、2015年の「反省会」では 「懲役300年はやめぇ」とツッコんで笑いをさらっている。 このころから、出身地の岡山弁が強調されてウケる量が増え始め、2016年の年末、彼らを象徴するフレーズの 「クセがすごい」は『アメトーーク!』の流行語大賞に選ばれた。 岡山弁をベースとした不思議な節回しで繰り出されるノブのツッコミ。 それは苦い薬を飲みやすくする糖衣のように、大悟の強面や昔気質のキャラクターを和らげる。 そしてなんだかボケのようにも聞こえる。 「『そっちのほう行かへんやろ』っていうようなツッコミも、岡山弁でやると『そがーなとこ行かまーが』って言うんですよ。 アジアの料理みたいな。 アジアのクセ料理みたいな」 (テレビ朝日系『アメトーーク!』2017年11月30日)。 ツッコミなのにボケのよう。 一度に2つの音がする。 それが不協和音を起こさないのは、ノブの嘆き顔が為せる技だろうか。 ノブが「気づいた」こと 上京したときのことを大悟は次のように振り返る。 いくら番組側から求められても、自分は「しょうもないこと」は言えない。 けれどノブは違う。 「しょうもないこと」でも言う。 求められていることをやる。 実は芸人になる前、ノブはすでに挫折を経験している。 高校生だったころ、自分と大悟はテレビを見て思っていた。 漫才やコントは難しいけれど、司会はスター性があれば誰でもできる。 だから、何も考えずに2人で文化祭の司会をした。 結果は大スベり。 その直後、落ち込むノブは大悟に言った。 「ヒデちゃんって、すごかったんやなぁ」 (朝日放送『今ちゃんの実は…』2018年9月5日)。 もちろん、ここでいう「ヒデちゃん」とは中山秀征のことである。 特別面白いわけではないけれど、なぜだかテレビにたくさん出ている。 そんな芸人の象徴的な存在として、当時の中山は見られる向きもあった。 けれど、ノブは高校生にして気づいてしまったのだ。 凡庸に見える芸人が、実は凡庸でない仕事をこなしていることに。 しかしそれは、大悟が「しょうもないこと」を言って消費されずに済むための役割を積極的に背負い、凡庸に見える凡庸でない仕事を担おうとした結果だったのかもしれない。 そこから数年後、ノブのツッコミが可笑しみを帯びはじめ、徐々に世間に受け入れられていった。 消費されなかった大悟の魅力も、ノブを通じてより伝わりはじめた。 コンビの信頼に支えられた好循環が回りだす。 2人の快進撃はここから始まった。 文・飲用てれび().

次の

(4ページ目) 千鳥ノブ、レギュラー16本から増量!「クセすごくない」人気のワケ12!!

クセ 千鳥

しかし、そもそもロケをすること自体が珍しいいっこく堂とあって、案の上、ロケの盛り上がりはイマイチ。 そのため、千鳥の2人からも「めちゃくちゃおもろないやん」「(腹話術のゴリ押しに)もう飽きたよ。 普通に喋れ」などと言われたい放題だった。 さらに街の人とふれあうシーンでも、若い女性を半強制的に食事に誘った挙げ句、食レポをするような無茶ぶりをするなど、強引さが目立っていたこともあって、千鳥・大悟は「マジで街の人みんなを困らせてる」「次の被害者が…」とコメント。 それに対して、千鳥・ノブが「殺人鬼みたいに言うなよ」とツッコミを入れていたが、なんだかんだで最終的にはいっこく堂を「パワハラ腹話術師」と言い切り、大悟が大爆笑する一幕も見られていた。 続けて、「自分のおかしたパワハラに気が付かないなんて56歳としては情けないです」「テレビをご覧の皆さんに不快な思いをさせてしまい申し訳ありませんでした」と視聴者に向けて謝罪。 最後には「人間失格=いっこく堂」と締めくくり、オーバーなぐらいに猛省。 さらに次の記事(こちらも現在は削除)では「しばらくブログをお休みします」と、ブログ休止宣言まで飛び出すほどの事態にまで発展している。 「千鳥にボロクソに言われたことで傷ついてしまったようですが、イマイチなVTRは容赦なくぶった切るのが千鳥の基本スタイル。 現に同回で別のロケ地に出向いたNON STYLE・井上裕介もひどい言われようでしたし、過去放送回では大先輩のオール巨人がVTR出演した時も『なにがおもろいんやろ』と、正直なコメントをしていました。 先輩が相手でも思ったことは正直にツッコんでいくのが当たり前の光景ですから、いっこく堂に対してのコメントも視聴者からしてみれば平常運転。 いっこく堂は真に受け過ぎてしまったようですね」(エンタメ誌ライター) 凹みまくりのいっこく堂に読者からは心配の声も上がっているが、ネット民からは「56歳の大ベテランなのにメンヘラかよ」「千鳥も悪気があって言ってるわけじゃないだろ」「これはだいぶ根に持ってるな」など、厳しいコメントや小馬鹿にするコメントも見受けられている。 「単純にロケが向いていないのと、芸人にイジられ慣れていないという印象ですね。 むしろ、ロケという未知の分野に挑戦するのですから、この番組についてもっとリサーチしてからオファーを受けるべきだったのでは? 」(前出エンタメ誌ライター) いっこく堂がまさかここまで打たれ弱かったとは千鳥の2人も思ってもいなかっただろう。 (佐伯シンジ).

次の

千鳥のネタ作りはどっちが担当?クセが強い台本なしのネタ合わせとは?

クセ 千鳥

友近 ネタを披露するのは、秋山竜次(ロバート)、飯尾和樹(ずん)、上田航平(ゾフィー)、エミリン、COWCOW、狩野英孝、かまいたち、ガリベンズ矢野、くっきー!(野性爆弾)、コウメ太夫、小島よしお、後藤拓実(四千頭身)、斉藤慎二(ジャングルポケット)、3時のヒロイン、じろう(シソンヌ)、せいや(霜降り明星)、粗品(霜降り明星)、高岸宏行(ティモンディ)、チョコレートプラネット、都留拓也(ラパルフェ)、とにかく明るい安村、どぶろっく、どみちゅん、友近、中岡創一(ロッチ)、中川家、ねんねん(ひよしなかよし)、野田クリスタル(マヂカルラブリー)、ハナコ、原口あきまさ、ハリウッドザコシショウ、広音、ぺこぱ、ホリ、丸山礼、Mr.シャチホコ、ミラクルひかる、望月隆寛(ダニエルズ)、ゆりやんレトリィバァ、りんごちゃん、ワタリ119(五十音順)。 ただ、若い子たちの反応はすごく良いと思います」(ノブ)、「『M-1グランプリ』や『キングオブコント』を見て、手を挙げるのをやめようかなと思っている芸人が手を挙げやすくなると思います(笑)」(大悟)と、それぞれ笑顔混じりで語った。 鈴木福、中村俊介、濵田崇裕(ジャニーズWEST)が特別出演! 左から)濵田崇裕(ジャニーズWEST)、コウメ太夫 また、この番組には、上記の人気芸人以外にも、鈴木福、中村俊介、濵田崇裕(ジャニーズWEST)が特別出演する(五十音順)。 鈴木は、くっきー!(野性爆弾)と、中村俊介はものまねタレントの丸山礼と、濵田はコウメ太夫とそれぞれコラボネタを披露する。 「コラボネタの場合、大抵、芸人ではない方をメーンに持ってくるんですけど、この番組の場合は、俳優さんたちの無駄遣いが甚だしいですね(笑)。 シンプルだからこそ面白くて、是非レギュラーでやっていきたいと思いました。 もちろん、めちゃくちゃ深夜ですけど(笑)。 この番組を、ゴールデンのレギュラーで放送できるようになれば、本当に幸せです(笑)。 今回とりあえず1回やってみましたけど、視聴率は目をつぶって見ないようにします(笑)。 ただ、若い子たちの反応はすごく良いと思います」 大悟「『M-1グランプリ』や『キングオブコント』を見て、手を挙げるのをやめようかなと思っている芸人が手を挙げやすくなると思います(笑)。 このネタが、フジテレビの考査を通ったんですから、良い時代になってきましたね(笑)。 テレビで福くんの無駄遣いを初めて見ました(笑)。 こういう形なら、俳優さんとコラボしたいという芸人がたくさんいると思うので、楽しみにしてほしいです」 大悟「芸人ありきでのネタですごく良かったと思いますが、芸人ありきにも俳優さんありきにもなっていなかったのが、コウメ太夫と濵田さんのネタでしたね(笑)。 この番組をゴールデンで放送するのは、本当にすごいことだと思いますし、そんなフジテレビさんが大好きです(笑)。 思いっきりフルスイングしたバラエティー番組になっていますので、フジテレビさんの覚悟やバラエティー根性を是非見て下さい(笑)」 大悟「みんな、ライト前ヒットよりフルスイングでのホームランが見たいんだと思います。 この番組では、豪快なホームランからフルスイングの空振りまで幅広いネタが楽しめます。

次の