脂肪 吸引 ブログ。 脂肪吸引体験ブログまとめ~リアルな成功談と失敗談~

【令和元年最新版】太ももの脂肪吸引ブログ超まとめ!

脂肪 吸引 ブログ

免責事項:当サイトは2015年9月にオープンし、2019年8月時点の情報を元に、新たな情報を加えリニューアルしています。 情報は管理人ぽぽが各ブログやクリニックの公式サイトや、ブロガーさんへインタビューして集めたものです。 脂肪吸引の金額や詳細は、各クリニックの公式サイトを見てください。 脂肪吸引に悩む人たちへ向け、経験者の声を集めていますが、痛みやダウンタイム、どのくらい細くなるのかなどは個人差がありますので、ご注意ください。 脂肪吸引について:手術の多くは1日で終わります。 同時に脂肪吸引できる部位の数はクリニックによって異なります。 手術には全身麻酔が使われますので、過去に麻酔でトラブルがあった人は、必ずクリニックに申告が必要です。 脂肪吸引後に注意するべきものとしては、傷跡、感染、表面の凸凹、血腫などがあります。 これらは吸引後に表出してしまう症状なので、ダウンタイム中は医師の指導に従い、症状の緩和と回復を行ってください。 また施術の内容によっては、感染症、知覚異常、腹膜損傷、血栓・脂肪塞栓や麻酔による合併症が稀に発症する可能性があります。 こうしたリスクを最小限に抑えるために、安全管理や麻酔体制を整えたクリニックで施術を行ってもらうようにしてください。

次の

脂肪吸引を経験したスタッフとして、ダウンタイム症状と時期を解説!

脂肪 吸引 ブログ

お腹は吸引範囲が広く、除去する脂肪量も多いことから、ダウンタイムの症状が比較的はっきり出やすい部位です。 そうしたことが気になって、なかなか踏み切れないという方も少なくありません。 こんなときには、現実を知ることがかえって後押しになるものです。 そこで今回は、あるモニターゲストの脂肪吸引の手術当日から、ダウンタイムが落ち着いてくる術後4ヶ月までの様子を、時系列ごとになるべく細かく、かつわかりやすくご紹介したいと思います。 手術当日• 手術翌日• 術後3日間の変化• 術後3〜5日の変化• 術後7日• 術後9〜10日• 術後14〜1ヶ月• 術後1. 5〜3ヶ月• 術後4ヶ月 手術直後から、ダウンタイムが落ち着くまでの変化をご覧ください。 (情報提供クリニック:) 手術当日 1. 問診事前のカウンセリングで一通りお話は伺いますが、その日の体調確認などを含め、改めてドクターが問診を行います。 その際、当院では帰宅のご希望時間を伺います。 麻酔から覚めた後、すぐには普段通りに動くことはできません。 ご希望の時間に無理のない状態でお帰りいただくにはいつ頃までに目覚める必要があるかということを逆算して、その日のタイムスケジュールを決めていきます。 マーキング吸引箇所の最終チェックを行います。 その際、当院では油性のマジックで、どこからどの程度の脂肪を吸引するか、逆にどの部位からはあまり取らないようにするかの目安を、術部に実際に書き込んでいきます。 実際のマーキングはこんな感じです。 (この方の場合、二の腕も同時に吸引されたので、腕にもサポーターを着用されています。 ) 麻酔から目覚めた後、しばらくリカバリールームでお休みいただき、ご帰宅いただきます。 クリニックに来てからお帰りいただくまで、トータルで6時間ぐらいとお考えください(うち、手術時間は1. 5〜2時間程度)。 ちなみに当院では、ベイザー脂肪吸引を推奨しています。 ベイザー脂肪吸引に関する詳しい情報はにまとめましたので参考になさってください。 手術翌日 痛みはダウンタイムの初期に現れる症状で、術後3日間ぐらいがピークであることが多いです。 この方の場合、手術を受けた日の夜は、寝返りのたびに目を覚ますという状態だったとのことで、クリニックで処方した痛み止めを飲んで対処されたようです。 そして翌日の様子がこちら。

次の

【令和元年最新版】太ももの脂肪吸引ブログ超まとめ!

脂肪 吸引 ブログ

お腹は吸引範囲が広く、除去する脂肪量も多いことから、ダウンタイムの症状が比較的はっきり出やすい部位です。 そうしたことが気になって、なかなか踏み切れないという方も少なくありません。 こんなときには、現実を知ることがかえって後押しになるものです。 そこで今回は、あるモニターゲストの脂肪吸引の手術当日から、ダウンタイムが落ち着いてくる術後4ヶ月までの様子を、時系列ごとになるべく細かく、かつわかりやすくご紹介したいと思います。 手術当日• 手術翌日• 術後3日間の変化• 術後3〜5日の変化• 術後7日• 術後9〜10日• 術後14〜1ヶ月• 術後1. 5〜3ヶ月• 術後4ヶ月 手術直後から、ダウンタイムが落ち着くまでの変化をご覧ください。 (情報提供クリニック:) 手術当日 1. 問診事前のカウンセリングで一通りお話は伺いますが、その日の体調確認などを含め、改めてドクターが問診を行います。 その際、当院では帰宅のご希望時間を伺います。 麻酔から覚めた後、すぐには普段通りに動くことはできません。 ご希望の時間に無理のない状態でお帰りいただくにはいつ頃までに目覚める必要があるかということを逆算して、その日のタイムスケジュールを決めていきます。 マーキング吸引箇所の最終チェックを行います。 その際、当院では油性のマジックで、どこからどの程度の脂肪を吸引するか、逆にどの部位からはあまり取らないようにするかの目安を、術部に実際に書き込んでいきます。 実際のマーキングはこんな感じです。 (この方の場合、二の腕も同時に吸引されたので、腕にもサポーターを着用されています。 ) 麻酔から目覚めた後、しばらくリカバリールームでお休みいただき、ご帰宅いただきます。 クリニックに来てからお帰りいただくまで、トータルで6時間ぐらいとお考えください(うち、手術時間は1. 5〜2時間程度)。 ちなみに当院では、ベイザー脂肪吸引を推奨しています。 ベイザー脂肪吸引に関する詳しい情報はにまとめましたので参考になさってください。 手術翌日 痛みはダウンタイムの初期に現れる症状で、術後3日間ぐらいがピークであることが多いです。 この方の場合、手術を受けた日の夜は、寝返りのたびに目を覚ますという状態だったとのことで、クリニックで処方した痛み止めを飲んで対処されたようです。 そして翌日の様子がこちら。

次の