マネー フォワード 連携 できない。 家計簿アプリ『マネーフォワード』使い方完全ガイド。口座連携もバッチリ!

マネーフォワード amazon 連携できない理由|レシート 危険性

マネー フォワード 連携 できない

「Amazon. jp」の自動取得では、下記の理由により、画像認証などの追加認証が発生することがございます。 初めて自動取得を連携する場合• IDやパスワードの変更などでログインに失敗した場合• その他「Amazon. jp」から追加認証を求められた場合 また、画像認証は、1回の更新でデータ取得が成功するまでに、時間をおいて複数回発生することがございます。 お手数をおかけいたしますが、画像認証の入力が発生した場合には、都度、入力内容をご確認のうえ、連携が完了となるまでご入力ください。 なお、画像認証を複数回ご対応いただいても連携完了とならない場合には、ご登録されているAmazon. jpを削除されずに、再度、ログイン情報をすべて再入力のうえ更新をお試しください。 「WAON」の残高が0円となりますがエラーでしょうか Pontaサイトのリニューアルに伴い、Pontaポイントの連携にあたっては 「Ponta Web」にてリクルートIDとPonta会員IDを連携いただいたうえで、 新たに【Pontaポイント】として金融機関のご登録をお願いいたします。 お手続ですが、弊社サービスにてすでにPontaカードを連携済みのお客さま、 新規にPontaポイント連携されるお客さま、いずれの場合につきましても 下記のお手続きをご対応をお願いいたします。 PontaサイトでリクルートIDとPonta会員IDの連携 リクルートIDをお持ちでない方は、リクルートIDを新規登録後に Ponta会員IDとの連携をお願いいたします。 Ponta Web:• 新たに【】として自動取得をご登録ください。 Ponta Web: 証券の自動取得が更新されない場合はどうすればよいですか 自動取得の口座を手動での更新する場合は、最終取得日時をご確認のうえ、下記の手順でご対応ください。 Web版サービス• 最終取得日時 「ホーム」左側の金融機関名>【取得日時】• 手動更新 「ホーム」左側の金融機関名>【更新】をクリック• iOS版アプリ• 最終取得日時 ホーム>下部メニュー【口座】>金融機関をタップ>画面下部【メニュー】>最終取得日• Android版アプリ• 最終取得日時 ホーム>下部メニュー【口座】>金融機関をタップ>画面右上【四角マーク】>最終取得日• なお、下記のサービスはアプリ版サービスに対応していないため、Web版サービスをご利用ください。 「」 更新:Amazonフレッシュを利用していて「Amazon. jp」がエラーになりますが対応していますか 「Amazon. jp」でAmazonフレッシュのご利用を開始されますと、注文明細の表示が一部変わるため「Amazon. jp」の連携で取得失敗となりエラーが発生しておりました。 現在はシステム対応を実施し、下記に該当する明細がない場合には、正常に取得ができることを確認しております。 【取得に失敗するケース】 Amazonフレッシュで購入された「未配達」の明細がある場合 なお、取得が失敗するケースについても、順次システム対応を進めております。 ご不便をおかけいたしますが、対応完了をお待ちくださいますようお願い申し上げます。 「WealthNavi for SBI証券」を利用していますが、「WealthNavi」の連携で自動取得できますか 2017年7月28日より、「三井住友銀行」の自動取得は公式連携を開始し、三井住友銀行が提供するAPIにより弊社サービスと連携しております。 また、APIの利用にアクセスが集中しますと、三井住友銀行のシステムにおいて非常な混雑が発生するため、更新完了に長時間かかることや、再連携が完了できないことがございます。 なお、現在【連携方式が変更されました。 再連携を行ってください。 】 と表示されエラーとなっている場合には、再連携の操作をご対応くださいますようお願い申し上げます。 ソーシャルレンディングの連携で入出金履歴が反映されないのはなぜですか ソーシャルレンディングの自動取得では、一部のサービスで異動明細を入出金履歴を反映しておりましたが、 証券や投信の取得方法と統一し、2017年10月31日(火)以降、入出金履歴の取得を終了いたしました。 入出金履歴の取得を終了した連携は、下記のとおりです。 maneo• LCレンディング• さくらソーシャルレンディング• アメリカンファンディング• ガイアファンディング• キャッシュフローファイナンス• クラウドリース• グリーンインフラレンディング• スマートレンド• ラッキーバンク• SBIソーシャルレンディング ご不便をおかけいたしますが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。 「Kyash」の登録方法を教えてください(Android版アプリ) 弊社サービスで「Kyash」を連携する場合は、まずは下記内容をご確認ください。 「マネーフォワード ME」のアプリと「Kyash」のアプリを同じスマートフォンにインストールする• 「マネーフォワード ME」のアプリを最新バージョンに更新する• 「Kyash」のアプリを最新バージョンに更新する• スマートフォンのブラウザのシークレットモードは解除する ご確認後、下記の方法で「Kyash」の連携登録を行ってください。 「Kyash」との連携方法:Android版アプリ• ご利用のAndroid端末より「マネーフォワード ME」アプリを起動• 口座画面右下の鎖マークをタップ• 「電子マネー・プリペイド」から「Kyash」をタップ• 「Kyashと連携する」をタップ• 「Kyash」にログイン後、認証内容を確認し、「上記内容に同意する」をタップ• マネーフォワード MEの画面に切り替わったら、「保存する」をタップ• 口座画面に「Kyash」が追加されます。 (状況により反映までに時間かかる場合がございます。 正常に連携できない場合は、連携を削除ぜずにください。 下記の金融機関は公式連携が開始されたことに伴い、API方式に連携方法を変更いたしました。 千葉銀行• 北洋銀行• 第四銀行• 伊予銀行• 中国銀行• 東邦銀行 連携方式の変更に伴い、すでに連携済みの口座はすべて一時的に取得エラーとなります。 取得エラーとなっている場合には、下記をご参照のうえAPI方式での更新を行ってください。 登録方法の詳細は下記をご参照ください。 【2】更新の操作方法:Web版サービス• 口座設定画面が表示されますので、【再連携する】をクリック• 正常に連携できない場合は、連携を削除ぜずにください。 下記の金融機関は公式連携が開始されたことに伴い、API方式に連携方法を変更いたしました。 千葉銀行• 北洋銀行• 第四銀行• 伊予銀行• 中国銀行• 東邦銀行 連携方式の変更に伴い、すでに連携済みの口座はすべて一時的に取得エラーとなります。 取得エラーとなっている場合には、下記をご参照のうえAPI方式での更新を行ってください。 登録方法の詳細は下記をご参照ください。 【2】更新の操作方法:iOS版サービス• ホーム下部メニュー【口座】をタップ• ブラウザが起動しますので【再連携する】をタップ• 「同意して連携する」をタップ• 自動取得の設定ページに戻りますので、必要な設定を行い【保存する】をクリック• 正常に連携できない場合は、連携を削除ぜずにください。 下記の金融機関は公式連携が開始されたことに伴い、API方式に連携方法を変更いたしました。 千葉銀行• 北洋銀行• 第四銀行• 伊予銀行• 中国銀行• 東邦銀行 連携方式の変更に伴い、すでに連携済みの口座はすべて一時的に取得エラーとなります。 取得エラーとなっている場合には、下記をご参照のうえAPI方式での更新を行ってください。 登録方法の詳細は下記をご参照ください。 【2】更新の操作方法:Android版アプリ• 画面右上の【!】マークをタップ>【ログイン情報の編集】をタップ• ブラウザが起動しますので【再連携する】をタップ• 「同意して連携する」をタップ• 自動取得の設定ページに戻りますので、必要な設定を行い【保存する】をクリック• Android版アプリに戻った後、「口座一覧」の画面を下に引っ張り、データ更新を実施 SEIYUドットコム(現:楽天西友ネットスーパー)の自動取得停止について 「SEIYU ドットコム」サイトは、2018年8月14日 火 に「楽天西友ネットスーパー」に変更されました。 また、サイトリニューアルに伴い、「楽天西友ネットスーパー」のご利用には「楽天会員のユーザーIDとパスワード」「楽天西友ネットスーパーの利用登録」が必要です。 弊社サービスの連携でもシステム対応が必要なため、更新を停止しておりました。 現在は取得を再開いたしましたので、下記の手順にて更新または新規登録をご対応ください。 楽天会員の登録をする 参照: 下方の【 STEP 1 】をご確認ください。 楽天西友ネットスーパーの利用登録 下方の【 STEP 2 】をご確認ください。 弊社サービスで更新または新規登録する• 2018年8月14日時点ですでに「SEIYU ドットコム」をご登録されていたお客さま 現在の連携されている「楽天西友ネットスーパー」のログイン情報を編集し、【1番の「楽天会員のユーザーIDとパスワード」】で再連携をご対応ください。 2018年8月14日以降に新規登録されるお客さま 新規登録の場合には、「」としてご登録ください。 なお、上記の方法をお試しいただきましても、エラーとなる場合にはご登録された「楽天西友ネットスーパー」を削除せずに「」よりご連絡ください。 弊社サービスで「Kyash」を連携する場合は、まずは下記内容をご確認ください。 「マネーフォワード ME」のアプリと「Kyash」のアプリを同じスマートフォンにインストールする• 「マネーフォワード ME」のアプリを最新バージョンに更新する• 「Kyash」のアプリを最新バージョンに更新する• スマートフォンのブラウザのプライベートモードは解除する ご確認後、下記の方法で「Kyash」の連携登録を行ってください。 「Kyash」との連携方法:iOS版アプリ• ご利用のiOS端末より「マネーフォワード ME」アプリを起動• 口座画面右上の「追加」をタップ• 「電子マネー・プリペイド」から「Kyash」をタップ• 「Kyashと連携する」をタップ• 「Kyashで開きますか?」のメッセージの「開く」タップ• 「Kyash」にログイン後、認証内容を確認し、「上記内容に同意する」をタップ• マネーフォワード MEの画面に切り替わったら、「保存する」をタップ• 「マネーフォワード MEで開きますか?」のメッセージの「開く」タップ• 口座画面に「Kyash」が追加されます。 (状況により反映までに時間かかる場合がございます。 ) 【対応中】「スターバックスカード」の自動取得について(2019年11月28日発生) Amazon. jpの自動取得では、「Eメールアドレス」、「パスワード」が一致している場合でも、連携が成功とならないことがございます。 下記のエラーメッセージが表示された際は、お時間をあけてのうえ、反映をお確かめください。 今しばらくお待ち下さい。 なお、連携成功の状態が続いておりましても、その後の更新で、再度連携エラーとなることもございます。 安定的に連携できるよう弊社にてシステム対応をすすめておりますが、対応が困難な場合もございますため、あらかじめご了承ください。 また、Amazon. jpの連携を削除されますと、同時に過去の明細も削除いたしますのでご注意ください。 連携エラーが続く状態で、すみやかに履歴の確認をご希望される場合は、Amazon. jpのお支払にご利用されているクレジットカードや電子マネーでのお支払い履歴をご確認いただけますと幸いです。 「横浜銀行」の住宅ローンの自動取得について 「横浜銀行」の個人インターネットバンキングは、2020年2月12日よりAPI連携方式に変更となりました。 API連携方式では、スクレイピング方式で取得できていた住宅ローンの取得に対応ができておりません。 そのため、今まで住宅ローンが取得されていたお客さまは、残高が表示されない状態となっております。 ご不便おかけしまして、大変申し訳ございません。 恐れ入りますが、今後も住宅ローンの管理をご希望の場合には、Web版サービスでを作成し、手入力での管理をお願いします。 また、住宅ローンの詳細な管理方法につきましては下記をご確認ください。 正常に連携できない場合は、連携を削除ぜずにください。 「筑波銀行」は、2020年4月6日より公式連携が開始されたことに伴い、連携方法をAPIに変更いたしました。 連携方式の変更に伴い、すでに連携済みの口座はすべて一時的に取得エラーとなります。 お手数をおかけいたしますが、下記をご参照のうえAPI方式での再連携をお願いいたします。 Web版サービス• ホーム左側メニューより「筑波銀行」の【編集】をクリック• 口座設定画面が表示されますので、【再連携する】をクリック• 次のページで【筑波銀行と連携する】をクリック• 「筑波銀行」のサイトに移動しますので、「ご契約者番号」と「ログオンパスワード」を入力し【ログオン】をクリック• 「利用規約」画面で【利用規約に同意する】にチェックを入れて【許可する】をクリック• 登録済み金融機関画面に戻りますので【保存する】をクリック• iOS版アプリ• 下部メニュー【口座】をタップ• 「一覧」で【筑波銀行】をタップ• ブラウザが起動しますので【再連携する】をタップ• 【筑波銀行と連携する】をタップ• 「筑波銀行」のサイトに移動しますので、「ご契約者番号」と「ログオンパスワード」を入力し【ログオン】をタップ• 「利用規約」画面で【利用規約に同意する】にチェックを入れて【許可する】をクリック• 口座設定画面に戻りますので【保存する】をタップ• iOS版アプリに戻った後、「一覧」画面を下に引っ張りデータ更新を実施• Android版アプリ• 下部メニュー【口座】をタップ• 「一覧」で【筑波銀行】をタップ• 画面右上の【!】マークをタップ>【ログイン情報を編集】をタップ• ブラウザが起動しますので【再連携する】をタップ• 【筑波銀行と連携する】をタップ• 「筑波銀行」のサイトに移動しますので、「ご契約者番号」と「ログオンパスワード」を入力し【ログオン】をタップ• 口座設定画面に戻りますので【保存する】をタップ• 「利用規約」画面で【利用規約に同意する】にチェックを入れて【許可する】をクリック• 正常に連携できない場合は、連携を削除ぜずにください。 「三菱UFJ銀行」は、2020年4月27日よりAPI基盤の変更に伴い、 すでに連携済みの口座はすべて一時的に取得エラーとなります。 お手数をおかけいたしますが、下記をご参照のうえAPI方式での再連携をお願いいたします。 Web版サービス• ホーム左側メニューより「三菱UFJ銀行」の【編集】をクリック• 口座設定画面が表示されますので、【再連携する】をクリック• 次のページで【三菱UFJ銀行と連携する】をクリック• 「三菱UFJ銀行」のサイトに移動しますので、「利用規定の内容を確認する」をクリック• 別タブに、利用規定が表示されるので、一読する• インターネットバンキングにログインする際のご契約番号、IBログインパスワードを入力し、「次へ」をクリック• マネーフォワードの画面に戻ってくるので、連携口座の情報や自動取得対象の開始日などを入力して、「保存する」をクリック• iOS版アプリ• 下部メニュー【口座】をタップ• 「一覧」で【三菱UFJ銀行】をタップ• ブラウザが起動しますので【再連携する】をタップ• 【三菱UFJ銀行と連携する】をタップ• 「三菱UFJ銀行」のサイトに移動しますので、「利用規定の内容を確認する」をクリック• 別タブに、利用規定が表示されるので、一読する• インターネットバンキングにログインする際のご契約番号、IBログインパスワードを入力し、「次へ」をクリック• 口座設定画面に戻りますので【保存する】をタップ• iOS版アプリに戻った後、「一覧」画面を下に引っ張りデータ更新を実施• Android版アプリ• 下部メニュー【口座】をタップ• 「一覧」で【三菱UFJ銀行】をタップ• 画面右上の【!】マークをタップ>【ログイン情報を編集】をタップ• ブラウザが起動しますので【再連携する】をタップ• 【三菱UFJ銀行と連携する】をタップ• 「三菱UFJ銀行」のサイトに移動しますので、「利用規定の内容を確認する」をクリック• 別タブに、利用規定が表示されるので、一読する• インターネットバンキングにログインする際のご契約番号、IBログインパスワードを入力し、「次へ」をクリック• 口座設定画面に戻りますので【保存する】をタップ• 正常に連携できない場合は、連携を削除ぜずにください。 「ゆうちょ銀行」は、2020年5月25日より公式連携が開始されたことに伴い、連携方法をAPIに変更いたしました。 連携方式の変更に伴い、すでに連携済みの口座はすべて一時的に取得エラーとなります。 お手数をおかけいたしますが、下記をご参照のうえAPI方式での再連携をお願いいたします。 Web版サービス• ホーム左側メニューより「ゆうちょ銀行」の【編集】をクリック• 口座設定画面が表示されますので、【再連携する】をクリック• 次のページで【ゆうちょ銀行と連携する】をクリック• 「ゆうちょ銀行」のサイトに移動しますので、「お客さま番号」を入力し【次へ】をクリック• 「合言葉」を入力し【次へ】をクリック• 「ログインパスワード」を入力し「ログイン」をクリック• 「サービス連携に関する同意」画面が表示されますので、「上記内容について確認しました」にチェックを入れて【利用規約に同意して許可】をクリック• iOS版アプリ• メニュー【口座】をタップ• 「一覧」で【ゆうちょ銀行】をタップ• ブラウザが起動しますので【再連携する】をタップ• 【ゆうちょ銀行と連携する】をタップ• 「ゆうちょ銀行」のサイトに移動しますので、「お客さま番号」を入力し【次へ】をタップ• 「合言葉」を入力し【次へ】をタップ• 「ログインパスワード」を入力し「ログイン」をタップ• 「サービス連携に関する同意」画面が表示されますので、「上記内容について確認しました」にチェックを入れて【利用規約に同意して許可】をタップ• iOS版アプリに戻った後、「一覧」画面を下に引っ張りデータ更新を実施• Android版アプリ• 下部メニュー【口座】をタップ• 「一覧」で【ゆうちょ銀行】をタップ• 【再連携する】をタップ• ブラウザが起動しますので【再連携する】をタップ• 【ゆうちょ銀行と連携する】をタップ• 「ゆうちょ銀行」のサイトに移動しますので、「お客さま番号」を入力し【次へ】をタップ• 「合言葉」を入力し【次へ】をタップ• 「ログインパスワード」を入力し「ログイン」をタップ• 「サービス連携に関する同意」画面が表示されますので、「上記内容について確認しました」にチェックを入れて【利用規約に同意して許可】をタップ• 正常に連携できない場合は、連携を削除ぜずにください。 「イオン銀行」は、2020年5月26日より公式連携が開始されたことに伴い、連携方法をAPIに変更いたしました。 連携方式の変更に伴い、すでに連携済みの口座はすべて一時的に取得エラーとなります。 お手数をおかけいたしますが、下記をご参照のうえAPI方式での再連携をお願いいたします。 Web版サービス• ホーム左側メニューより「イオン銀行」の【編集】をクリック• 口座設定画面が表示されますので、【再連携する】をクリック• 次のページで【イオン銀行と連携する】をクリック• 「イオン銀行」のサイトに移動しますので、「契約者ID」と「ログインパスワード」を入力し【ログイン】をクリック• マネーフォワードのアクセス許可について利用規約をご確認いただき、【上記利用規約に同意する】にチェックを入れたうえで【許可する】をクリック• マネーフォワードの設定ページに戻りますので、必要な設定を行い【保存する】をクリック• iOS版アプリ• メニュー【口座】をタップ• 「一覧」で【イオン銀行】をタップ• ブラウザが起動しますので【再連携する】をタップ• 【イオン銀行と連携する】をタップ• 「イオン銀行」のサイトに移動しますので、「契約者ID」と「ログインパスワード」を入力し【ログイン】をクリック• マネーフォワードのアクセス許可について利用規約をご確認いただき、【上記利用規約に同意する】にチェックを入れたうえで【許可する】をクリック• iOS版アプリに戻った後、「一覧」画面を下に引っ張りデータ更新を実施• Android版アプリ• 下部メニュー【口座】をタップ• 「一覧」で【イオン銀行】をタップ• 【再連携する】をタップ• ブラウザが起動しますので【再連携する】をタップ• 【イオン銀行と連携する】をタップ• 「イオン銀行」のサイトに移動しますので、「契約者ID」と「ログインパスワード」を入力し【ログイン】をクリック• マネーフォワードのアクセス許可について利用規約をご確認いただき、【上記利用規約に同意する】にチェックを入れたうえで【許可する】をクリック• 正常に連携できない場合は、連携を削除ぜずにください。 「楽天銀行」は、2020年5月27日より公式連携が開始されたことに伴い、連携方法をAPIに変更いたしました。 連携方式の変更に伴い、すでに連携済みの口座はすべて一時的に取得エラーとなります。 お手数をおかけいたしますが、下記をご参照のうえAPI方式での再連携をお願いいたします。 Web版サービス• ホーム左側メニューより「楽天銀行」の【編集】をクリック• 口座設定画面が表示されますので、【再連携する】をクリック• 次のページで【楽天銀行と連携する】をクリック• 「楽天銀行」のサイトに移動しますので、「ユーザーID」と「ログインパスワード」を入力し【ログイン】をクリック• マネーフォワードのアクセス許可について利用規約をご確認いただき、【上記利用規約に同意する】にチェックを入れたうえで【許可する】をクリック• マネーフォワードの設定ページに戻りますので、必要な設定を行い【保存する】をクリック• iOS版アプリ• メニュー【口座】をタップ• 「一覧」で【楽天銀行】をタップ• ブラウザが起動しますので【再連携する】をタップ• 【楽天銀行と連携する】をタップ• 「楽天銀行」のサイトに移動しますので、「ユーザーID」と「ログインパスワード」を入力し【ログイン】をクリック• マネーフォワードのアクセス許可について利用規約をご確認いただき、【上記利用規約に同意する】にチェックを入れたうえで【許可する】をクリック• iOS版アプリに戻った後、「一覧」画面を下に引っ張りデータ更新を実施• Android版アプリ• 下部メニュー【口座】をタップ• 「一覧」で【楽天銀行】をタップ• 【再連携する】をタップ• ブラウザが起動しますので【再連携する】をタップ• 【楽天銀行と連携する】をタップ• 「楽天銀行」のサイトに移動しますので、「ユーザーID」と「ログインパスワード」を入力し【ログイン】をクリック• マネーフォワードのアクセス許可について利用規約をご確認いただき、【上記利用規約に同意する】にチェックを入れたうえで【許可する】をクリック• Android版アプリに戻った後、「一覧」画面を下に引っ張りデータ更新を実施 上記の内容で疑問が解決できなかった方はこちらからお問い合わせ下さい。

次の

マネーフォワード amazon 連携できない理由|レシート 危険性

マネー フォワード 連携 できない

銀行法改正(API接続契約)とは これまでも、マネーフォワードMEの様な個人資産管理を行うサービスが、顧客のID、パスワードを預かって金融機関のデータにアクセスしていたのですが、これはこれでセキュリティ面で課題がありました。 今回、FinTech推進ということで、2018年6月施行の改正銀行法により、個人資産管理を行うサービスがオープンAPIを通じて所定の仕様に基づいて、安心・安全にデータを取得できるようにしようという流れです。 これには、財務局へ「電子決済等代行業者」の登録が必要で、更に各金融期間との契約締結から進めなくてならないという事ですが、金融機関と電子決済等代行業者ともに対応にコストがかかる話なので、対応の進み具合に温度差が出ているようです。 今回、マネーフォワードの場合、完全に連携できなくなる金融機関は1行のみとなっていますが、一部項目を取得できなくなる金融機関は20行以上あり、世の中のFinTech推進の流れに何らかの理由で対応できない金融機関については、今後の利用に消極的にならざるを得ません。 口座連携が停止される金融機関 マネーフォワードとの口座連携が停止される金融機関は「商工中金」の一行のみとなりました。 「大垣共立銀行」も当初、口座連携停止と発表されましたが、その後の銀行との交渉でそのまま連携できるようになったとのことです。 一部資産(普通預金以外)の更新が停止する金融機関一覧 2020年5月24日現在の情報です。 公式サイト 定期預金の情報が取得できなくなる下記の金融機関については、影響が非常に大きいと考えています。 私が口座を保有している金融機関では「楽天銀行」が該当します。 幸い私は楽天銀行で定期預金・外貨預金を持っていないので影響がありませんが、定期預金を利用されている方は注意が必要です。 定期預金の更新が止まる金融機関• 沖縄銀行(投資信託・定期のみ更新停止)• 香川銀行(投資信託・定期のみ更新停止)• 北日本銀行(定期のみ更新停止)• 高知銀行(定期のみ更新停止)• 第三銀行(定期のみ更新停止)• 大東銀行(投資信託・定期のみ更新停止)• 中京銀行(定期のみ更新停止)• 徳島大正銀行(定期のみ更新停止)• トマト銀行(定期のみ更新停止)• 楽天銀行(定期・外貨のみ更新停止)• 信用金庫の一部(投資信託・定期・外貨・国債のみ更新停止)• 労働金庫(投資信託・定期・住宅ローン・その他ローン(カードローンを除く)のみ更新停止) その他(投資信託等)の連携が止まる金融機関• 愛媛銀行(投資信託のみ更新停止)• 山陰合同銀行(投資信託のみ更新停止)• 十六銀行(投資信託・住宅ローン・外貨のみ更新停止)• 南都銀行(住宅ローン・外貨のみ更新停止)• 西日本シティ銀行(投資信託・外貨のみ更新停止)• 肥後銀行(投資信託・住宅ローンのみ更新停止)• 百五銀行(投資信託・住宅ローン・外貨のみ更新停止)• 北海道銀行(住宅ローンのみ更新停止 )• 三重銀行(投資信託のみ更新停止)• 武蔵野銀行(投資信託・住宅ローンのみ更新停止)• 山梨中央銀行(投資信託・住宅ローン・カードローン・公共債のみ更新停止).

次の

よくあるご質問(FAQ)|マネーフォワード for 三井住友信託銀行

マネー フォワード 連携 できない

家計簿アプリ「マネーフォワード」でクレジットカードが連携できない 一度連携したクレジットカードでもちょっとしたことで連携が切れてしまって 自動で家計簿が作成してもらえなくなってしまうので、注意が必要です。 その他にも、dカードを連携すると、ワンタイムパスワードの入力が求められるという現象も起こりました。 こちらは、dアカウントの 2段階認証によるものと判明。 2段階認証の設定を確認して対応しました。 クレジットカードをマネーフォワードに連携するだけのことなのですが、いろいろなことが起こりますね~。 マネーフォワードで連携ができない時 マネーフォワードで電子マネーやクレジットカードがうまく連携できない時は、 パスワードを変更していないか、やり忘れている手続きがないかなど確認してみましょう。 どうしても連携できない時は、 マネーフォワードのサポートセンターに連絡するとメールでアドバイスがもらえることもあります、ただ返事は即時ではないので、少し待ってみてくださいね! LINEPayと連携できる家計簿アプリについては以下の記事でも詳しく紹介していますので、よろしければ合わせてご覧ください。 東京都在住。 子供3人の5人家族の主婦。 家計簿歴15年以上。 「ケチケチ節約術」を卒業して、わずか2年で約350万円以上資産(現金、株、生命保険)を増やすことに成功! テレビや雑誌でも紹介されたあきの「家計簿・家計管理・節約術・貯金法」の公式ブログです。 ポイ活もしています。 家計相談への回答1000件以上。

次の