あいみょんマリーゴールド歌詞。 あいみょん「マリーゴールド」歌詞の意味や曲に込められた想いとは?

マリーゴールド あいみょん 歌詞情報

あいみょんマリーゴールド歌詞

マリーゴールドの歌詞の意味 では、早速 「マリーゴールド」の歌詞の意味を考察していきたいと思います。 (マリーゴールドについて他の記事もどうぞ!) 歌詞は、でご確認下さい。 あいみょんさんは、 「マリーゴールド」について次のようにおっしゃってます。 amp この点をを踏まえながら考察していきたいと思います。 考察のポイントとして、 隠喩表現と、 あの頃の恋と現在の恋の混在があげられるのではないでしょうか。 隠喩表現 まず、 歌詞の人気の秘密には隠喩にあるのでは?ということで、隠喩表現が使われている歌詞を見てみましょう。 まず、「心を揺さぶりすぎて」。 風が心を揺さぶることはないので、隠喩ですよね。 心が揺さぶられるほど風が強かったということでしょう。 風が強すぎて心が揺さぶられるような何かがあったのでは? この歌詞は、 男性目線で書かれていますよね。 「君」と麦わら帽子をかぶっている子を「マリーゴールド」に例えているところからもそう読み取れます。 あいみょんさんも、 ほんとに偶然、最初のサビの歌詞がひらめいて、そっから物語を作っていった感じですね。 amp とおっしゃってますから、男性目線であることがわかりますよね。 話を戻して、男性目線から見て、風が強すぎて何があったのでしょうか? サラサラのロングヘアがなびいているのを見てドキッとした姿を勝手にイメージしましたw それまで意識していなかったけど、恋に落ちた瞬間だったのではないかと。 次に、「でんぐり返しの日々」。 幸せだった日々が一変したことを表しているのかなと思いました。 ずっと先の歌詞を見ていくと、「もう離れないで」や「遥か遠い場所にいても」と出てきます。 そこから、離れなくてはならない出来事が起こったことを指しているのかな?と思いました。 私の中では、勝手に幼なじみの二人をイメージしてしまっていて、男の子が引っ越ししなくてはいけなくなったという設定でいかせてもらいますw そして、「希望の光」は、好きな女の子のこと、「目の前でずっと輝いている」は、好きな女の子が目の前で笑っていることを指しているのではないでしょうか。 好きな女の子の笑顔を見ているだけで幸せだなということなのかなと。 そして、「絶望は見えない」。 絶望は形があるものではないので、この表現も隠喩でしょう。 二人が離れている間に、さみしいとか会いたいとか言いたい気持ちがたくさんあったけど言えなかったのでは。 でも、そんな中でも二人が別れることは考えられなかった、絆みたいなものを感じていたということを表しているのかなと感じました。 そして、「雲がまだ2人の影を残すから」。 ここがちょっとイメージが難しいのですが、まだ日が暮れてなくて、地面に2人の影が映っている状態を表しているのかなと。 いつまでもこのまま2人でいたいという強い思いを表した描写なのかなと思いました。 人によっていろいろ解釈は変わると思いますし、こういうことなのかなと想像するのも楽しくないですか。 こんなにたくさん隠喩で表現されていると思うと、あいみょんさんてすごいなと改めて感じます。 あの頃の恋と現在の恋の混在 次に、この歌詞には、 あの頃の恋の描写と、現在の恋の描写が混在していて、 そこがうまく合わさっているなと感じるので、見ていきたいと思います。 まず、「風の強さがちょっと」から「揺れたマリーゴールドに似てる」までは、「見つめた」と出てくるし、あの頃の恋の描写ですよね。 あの頃の恋は、空がまだ青い夏のことで、現在懐かしいねと笑いあっているのでしょう。 「笑えた」と出てきますが、あの頃の恋を現在は笑えるようになったということで過去系なのかなと。 もう離れないでと抱きしめている部分は現在ですかね。 そして、「本当の気持ち全部」から始まる2番も離れている現在のことでしょう。 あとは繰り返しですが、最後の「離さない」「ああ いつまでも」の部分も現在ですよね。 こうやって見ていくと、 恋をした瞬間を振り返って、幸せだったけど離れることになって、離れていてもずっと一緒だよと確かめあっているというように考察できるかなと思いました。 初めてこの曲をじっくり考察してみましたが、単純なことを歌っているようなんですが、なかなか奥が深い曲ですね。 まとめ いかがでしたか? 「あいみょん|マリーゴールド歌詞の意味!人気の秘密は隠喩にある?」と題して考察してきました。 歌詞を考察するにあたって、まず 人気の秘密は隠喩にあるのでは?と考え、隠喩が使われている表現を確認してみると、たくさんありましたよね。 また、 あの頃の恋と現在の恋が混在してうまく描かれているところもみてきました。 恋をした瞬間を振り返って、幸せだったけど離れることになって、離れていてもずっと一緒だよと確かめあっているという二人の姿が描かれていると考察できるのではと思います。 単純なことを歌っているようで、なかなか奥が深いなと感じました。 最後までお読み頂きありがとうございました。 (こちらもどうぞ!).

次の

あいみょん「マリーゴールド」歌詞の意味や曲に込められた想いとは?

あいみょんマリーゴールド歌詞

あいみょん「マリーゴールド」がリリースされたのは2018年8月でしたが、「マリーゴールド」自体は、実は2013年の夏に作られてた曲でした。 っていうくらい、今回は自分で自信あったんやろなあ。 まだ誰も何も決めてないのに、絶対これはシングルで出すって、自分で決めてましたし とあいみょん自身が話すほどの自信作! そんなあいみょんさんの「マリーゴールド」が今注目を浴びています! あいみょんが作り出す独特な世界観に浸れて、尚且どこか懐かしいノスタルジックな感じが心地いい曲。 そんな「マリーゴールド」歌詞の意味を解釈してみました。 すぐに読める目次• 「ほんとに偶然、最初のサビの歌詞がひらめいて、そっから物語を作っていった感じですね。 「絶望」「悲しみ」「嫉妬」 など、マイナスなイメージの言葉と 「健康」「変わらぬ愛」「生命」「真心」 など、プラスなイメージの言葉と 両極端の花言葉の意味を持っています。 あいみょんさんも マリーゴールドの花言葉についても言及されていて 「そうそう。 それに花言葉が色によって全然違くて、この曲も聴く人によっていろんな捉え方があるっていうのと重なるんですよね。 あいみょん最新曲「今夜このまま」歌詞の意味も解釈しています! あいみょん「マリーゴールド」Mステスーパーライブ2018出演(動画) 高画質 マリーゴールド あいみょん — K3-PO3号機 k3pomitabi 2018年12月21日のMステスーパーライブ2018にあいみょんが出演 「マリーゴールド」を披露しました! 紅白と曲がかぶっている… せっかくテレビで歌う姿が見れるので、別の楽曲でもよかったのではないかなぁと個人的には思いますが 「今夜このまま」は日テレ系ドラマの主題歌だったから、他局では使いたくないからなのかな?と思いました。

次の

あいみょん マリーゴールド 歌詞&動画視聴

あいみょんマリーゴールド歌詞

スポンサーリンク あいみょんのマリーゴールドは小沢健二のパクリ?オザケンのどんな曲のパクリと言われてるの? ズバリ、あいみょんのに似ていると言われている小沢健二さんの曲は、1995年にリリースの「さよならなんて云えないよ」のようです。 2019. 14追記) 少し前からネット上ではもうひとつ、パクリ疑惑の曲が急浮上してきました。 その曲とは、「メダロット2」というゲーム音楽です。 この曲はなかなかの似てる具合ですね^^;に記事を追記しています。 「さよならなんて云えないよ」は正直、だいぶ昔の曲なんで知らない人も多いと思うので、ちょっと聴いてみましょう。 曲の初めのあたりが、似てると言われている部分ですね。 スポンサーリンク マリーゴルドはパクリ疑惑の曲とコード進行が同じ? 似てる曲かなと感じてもおかしくはないとは思うのですが、ちょっとコード進行の面からも見てみました。 元々はクラシックの代表曲「カノン」がもとになっているコードなんですが、 これを聴くと誰しもが心地いい気分になるコード進行として有名で、 安心、安全、安定した音楽を作るための仕組みとも言われています。 なので、この二つの曲に限らず、スピッツなど、いろんな曲に使われているのです。 文字で見てもよくわからないので、動画をどうぞ。 実はあいみょんのお父さんは音響の仕事をされており、その影響で小さい頃から90年代のヒット曲なども数多く聴いていたのでしょう。 もちろんそこにはカノン進行の曲もたくさんあったわけで。 それに、もともとあいみょんはフリッパーズギター、小沢健二の大ファンだったそうで、でおそらくっめっちゃ聴いてたはず。 なので知らず知らずに脳内に刷り込まれていたんでしょうね。 14追記) 今までは「さよならなんて云えないよ」くらいしかパクリ、盗作疑惑はなかったんですが、2019年2月末から、ネット上でにわかにパクリ疑惑がささやかれている曲が急浮上していました。 その曲とは、「メダロット2」というゲームのBGM。 さっそく聴いてみましょう。 これは…う〜ん、なかなかの似具合ですね^^; このゲームは99年7月発売のゲームボーイ向けのロールプレイングゲーム。 あいみょんが1995年生まれで、6人兄弟という大家族ですから、もしかしたら兄弟の誰かがやっているのを小さい頃に聴いていて、頭の片隅にメロディーが残っていたのかもしれませんね。 まあ、いずれにしてもあいみょんが意図的にパクることは考えにくいので、おそらく、頭に残っていたものがたまたま出てきちゃった、というところでしょう。 関連記事.

次の