しめ縄 玄関。 しめ縄はいつからいつまで飾るのが正解?|@DIME アットダイム

しめ縄の向き・方角は?左右はどちら、方向の意味や神棚/玄関/車/水周りの場合は?

しめ縄 玄関

お正月に飾るしめ縄、処分の仕方がよくわからないんで燃えるゴミにだしていいですか。 こんなことおばあちゃんにいったらシバかれそうですが、 素材も燃えやすいものできてるし、出しても問題ないでしょ? どの家でも飾る事が当たり前になっているしめ縄。 でもそのままゴミに出すのってなんか罰当たりな気がしませんか? それに、 もしご近所さんや、お姑さんにゴミにだしてるの見られたりしたとき、「ちょっとあれはひどいわ…。 」なんてコソコソ言われてたらイヤですよね…。 まわりの目が気になるひとのために、今日はしめ縄の昔ながらの処分方法と、ゴミの日にだせるかをお教えします。 お正月にできる嫁に見られためにも要チェックですよ。 しめ縄の処分の仕方は? ここでは、昔ながらの処分方法と、それ以外の処分方法をご紹介します。 昔ながらの方法で処分できなという人は参考にしてくださいね。 昔からのしめ縄の処分の仕方は? 昔ながらの方法はどんど焼きです。 どんど焼きとは、しめ縄や飾り松、書初めといった正月飾りを高くつみあげて燃やす習慣のことです。 この行事は神社で行われます。 日にちは、前後することがありますがだいたい 1月15日に行われます。 なぜなら、この日は旧暦の小正月にあたるからです。 旧暦では元旦から1月7日までが大正月で、7日から15日までを小正月とされています。 つまり、15日はお正月の終わりにあたります。 この日に、お正月の時飾ったしめ縄、書初めを燃やすことで、正月に家に迎いいれた神様を天に帰すことになると言われています。 また、 このどんど焼きの火にあたることで無病息災になると言われており、お年寄りのかたはこの方法でしめ縄を処分することが多いです。 それ以外のしめ縄の処分方法は? 「仕事だから、その日に神社にいけないよ!」という人もいると思います。 どんど焼きの日以外にも、神社でしめ縄を納めることができます。 納める前に一度神社に確認してみると確実ですがだいたいの神社で受け入れてくれます。 7日から15日の間に神社に行ける日があれば、その日に納めてください。 しかし、 「そもそも神社が遠いし足がないよ!」という人もいると思います。 そういう人は、お清めして、燃えるゴミにだすという方法があります。 しめ縄自体、ゴミに出すことはわるいことではありません。 縁起物を捨てることに抵抗がない人は、そのまま捨ててもかまいません。 ちょっと後ろめたい気持ちがある人は、 しめ縄にお酒やお塩をふって清めたあと、綺麗な紙に包み、他のゴミとは別の袋に入れて捨ててください。 ゴミの日に捨てること自体は、罰当たりではないのですが、せっかくの縁起物なので、適当に捨てるよりはきちんと処分したほうが、気持ち的にも安心ですよね。 それに、紙に包まれていれば、 ご近所に捨てたこともばれないのでオススメですよ。 スポンサーリンク いつまでに処分しなくちゃいけないの? 小正月の 1月15日までには処分しましょう。 元旦から1月7日までは、家に神様を迎い入れる時期にあたる「松の内」という期間です。 この期間中はしめ縄を飾っておきましょう。 1月7日から15日までは、しめ縄を取り外してもいいし、飾った状態でもいいです。 しかし、先ほど説明したように 、1月15日はお正月の最後の日です。 この日を過ぎると正月ではなくなるため、お正月でもないのにしめ縄を飾っていることになってしまい恥ずかしい思いをすることになります。 遅くても15日までにはしめ縄は玄関から取り外し、上記で説明した方法で処分するようにしましょうね。 しめ縄の処分を忘れてしまった… 神社で処分するか、自分で処分しましょう。 本当は15日までに処分するのが望ましいですが、もし忘れてしまって 15日以降になってしまっても神社はしめ縄を受け取ってくれます。 15日を過ぎたのに神社に持って行くのは気が引けるという人は、自分でゴミの日にだしてもいいです。 うちのおばあちゃんは、お清めしたあと、自分の畑で燃やしていました。 この方法が正しいかどうかは分かりませんが、私のおばあちゃんは足腰が悪く、神社も遠いため、この方法で燃やしていました。 意外とおおらかな田舎の集落なもので…。 しっかりと処分したい人は 神社に行くのが確実だと思いますよ。 しめ縄の由来は? しめ縄は、神様を迎いいれるための結界です。 お正月飾りは、神様を家に迎いいれるために用意するものです。 しめ縄を玄関に飾るのは、その家が神聖な場所であることを神様にアピールするためです。 そして神様が家に入ってきてくれたら、 悪いものが家に入らないように結界をしき、家を神聖な状態に保ってくれると言われています。 何げなく飾っている人も多いと思いますが、新しい年を素晴らしいものにするための大切な儀式だったんですね。 お正月は何かと行事や儀式が多いですよね。 私は結構古くからの行事や儀式にこだわるタイプです。 大掃除のあとにはしめ縄を飾って、正月がきたら初詣や鏡開をやらないと福が寄ってこないような気になってしまいます。 逆にきっちり余裕もってお正月の準備ができたら「幸先いいな」って気持ちにもなります。 せっかく新しい1年を迎えるなら、気持ちよく迎え入れたいし、福ももらいたいですよね。 終わり良ければすべて良しという言葉もあるように、 最後のお正月飾りも適当にせず、きちんと処分すれば、神様から福を分けてもらえるかもしれませんよ。 今まで適当に処分の仕方を知らなかったひとは来年ぜひチャレンジしましょう!.

次の

今さら聞けないしめ縄の処分の仕方は?どうすればいいの

しめ縄 玄関

しめ縄を飾るのはいつから? しめ縄はいつから飾るのかについて、まず注意しておきたい事がありますので、それを紹介しますね。 それは、しめ縄に限らず、正月飾りを飾るのにはよくないとされる日があるということです。 そのよくないとされている日は、12月29日と、12月31日の大晦日です。 29日がどうして縁起が悪いとされるのかというと、29は『にじゅうく』=『二重苦』に通じるからです。 31日の方は、『一日飾り』とか『一夜飾り』と言われ、神様をお迎えするのに、今年の間に一晩しか飾らないのは失礼とされ、これもよくないと言われています。 なので、しめ縄をいつから飾るかについては、12月29日と12月31日は避けるようにしましょう。 他にも、4や6の付く日は縁起が悪いのではとか、30日の『0』は『無』に通じるということで、これも良くないのではと言う人もいるようですけど、そこまで気にすることはないと思います。 では、しめ縄はいつから出せばいいのでしょうか? 明確に、「何日から出しましょう」という日は決まっていないのですが、 縁起がいいとされているのは12月28日です。 28の『8』が末広がりの『八』だからなんですね。 それよりも早い時期に、例えば大安吉日の日を選んでしめ縄を飾ってもいいのですけど、時期的にも28日が一番いいと思いますよ。 と言いますのは、12月だとクリスマスの飾りを出しているお家も多いと思いますので。 クリスマスツリーなどとしめ縄が同時に出ているって、ちょっと変ですよね。 玄関の扉に、クリスマスリースを飾っている家もあるでしょうし。 ですから、12月25日以降で、クリスマスの飾りを片付けていて縁起も良い12月28日が、しめ縄を飾る時期としてベストだと思います。 もう28日を過ぎちゃってるんだけど・・・という場合は、『二重苦』の29日と、『一日飾り』『一夜飾り』の31日は避けるようにしましょう。 その場合は、12月30日にしめ飾りを飾ることになりますね。 玄関に飾るしめ縄(しめ飾り)には、「お迎えする準備ができましたよ」と年神様にお知らせするという意味もあります。 ですから、しめ縄を飾るのは、大掃除が終わってからにするのが望ましいのです。 年神様というのは、その年の幸せを運んできてくださる神様です。 また、門松には、年神様が降りてくる時の目印になるという意味があります。 しめ縄の玄関への飾り方は? しめ縄は、家の中と外を隔てる結界を示す物で、不浄なものを家の中に入れないという意味もあります。 なので、 外に面した玄関の扉の上にしめ縄を飾って、しめ縄の下をくぐるようにする飾り方がいいですね。 でも、玄関の扉の上にしめ縄を飾るスペースがあればいいのですが、なかったら飾り方に悩みますよね。 その場合は、 玄関ドアに吸盤フックなどを付けて、そこにしめ縄をかけるという飾り方でも構いません。 吸盤フックが使えない扉でしたら、両面テープのフックなどを使いましょう。 この場合は、ドア自体が結界になります。 ちなみに、しめ縄には『三宝・車用』と書かれたものもあります。 三宝というのは、鏡餅などを乗せるお供えの台のことです。 つまり、三宝・車用のしめ縄というのは、お供えの台や車に飾るための物で、玄関用ではありませんので気をつけましょう。 スポンサードリンク まとめ しめ縄はいつ飾るのかについては、12月28日が末広がりの『八』ということで縁起が良く、一番いい日といえます。 逆に、12月29日は『にじゅうく』=『二重苦』ということで縁起が悪く、大晦日の31日も『一日飾り』とか『一夜飾り』と言われ、良くないとされます。 玄関へしめ縄の飾り方は、外に面した扉の上に飾るのが一番いいのですが、スペースがないのでしたら、ドアに吸盤フックや粘着フックなどで吊るしても構いません。 神棚には、しめ縄を絶対に飾らないといけないというわけではありません。 神棚にしめ縄を飾るのでしたら、一般の神様の場合、神棚に向かって右が太くなるようにしめ縄を飾ります。 出雲大社系の神様でしたら、飾り方はその逆で、神棚に向かって右が細くなるようにしめ縄を飾りましょう。

次の

今さら聞けないしめ縄の処分の仕方は?どうすればいいの

しめ縄 玄関

お正月の縁起物!しめ縄やしめ飾りの飾り方や由来と種類や違い! お正月が近付くと、通りすがりの家の玄関や自動車のバンパー部分に「しめ縄」や「しめ飾り」を見掛ける事が多くなります。 しかし、それがお正月に関する縁起物だというのはわかっていても、しめ縄やしめ飾りを飾る理由については実はよく知らないという方は案外多いのではないでしょうか。 また最近は、スーパーやデパートの催事場で見掛けるしめ縄やしめ飾りについている飾りにも色々と種類があって、どれを買っていいのか悩まれる方もいらっしゃると思います。 今回は、そんなちょっとよくわからないしめ縄、しめ飾りについて色々調べてみましたので、よろしかったらご覧下さい。 関連記事: 関連記事: 関連記事: 由来 しめ縄の由来は、こんな神話が元になっていると言われています。 ある日、天照大神(あまてらすおおみかみ)は、弟である須佐之雄命(すさのおのみこと)が悪さばかりをする事に怒ってしまい、天の岩屋へと隠れてしまいました。 天照大神は太陽の神であるため、その姿を隠してしまったために世の中が真っ暗になってしまいました。 これに困った八百万の神様は何とか天照大神を岩屋から連れ出すために、岩戸の前で酒を交わし、踊り出したのです。 その騒ぎに何事かと思った天照大神が、岩戸からそっと身を乗り出して様子を伺いに来た時に一斉に神様達は岩戸を閉め、再び天照大神が岩屋に逃げ込まないようにと、しめ縄で岩戸を縛ってしまったという話が元となっていると言われています。 種類と選び方! お正月に飾るしめ縄をただ何となく買って、何となく飾っている人がいるなら要注意です。 しめ縄は、神様が宿る神聖な場所とこの世を隔てる結界の役割を果たしているもののため、どこでもいいから飾ればよいというわけではないのです。 具体的には、神社や巨木、岩など、昔から神様が宿っていると言われている場所にしめ縄が飾ってあります。 そのため、自宅でしめ縄を飾る時は神棚に飾ることになります。 また、しめ縄にはいくつか種類があります。 ごぼう注連(しめ) 左が神聖、右が俗性となり、人から見て太い方が右側(神様から見たら太い方が左側)になるように飾ります。 ごぼう注連と前垂れ ごぼう注連に飾りがついたもので、主に西日本で多く飾られるしめ縄です。 太い方が向かって右になるように飾ります。 飾りには、裏白や紙垂、譲葉、橙などがあります。 玉飾り 主に東日本で多く飾られるもので、しめ飾りとも呼ばれ、神棚ではなく玄関に飾ることが多いです。 裏白、紙垂、譲葉、橙の他、海老や扇、水引きなど縁起物の飾りが多くついているのが特徴です。 輪じめ 輪飾りはしめ縄を簡略化したもので、特に水の神様が宿ると言われているキッチンやトイレ、お風呂などに飾ります。 しめ縄を飾る場所や飾り方はどうすればいいの? しめ縄は、神様が宿るとされる場所に飾ります。 神社は勿論ですが、山にある大きな岩や巨木、海の奇岩、湧水地などにしめ縄が飾られるのは、そこには神様が宿っているとされているからです。 また、しめ縄は不浄なものや災いをもたらすものが入り込まないように結界を張る意味で飾る場合もあります。 神社へ行くとよくしめ縄が張り巡らせられている事がありますが、これは、しめ縄より内側は神の領域であると示しているためで、場所によっては足を踏み入れる事を禁止している事もあります。 種類と選び方! しめ飾りは、しめ縄に飾りをつけたものを言い、東日本の玄関に多く飾られます。 しめ飾りはおおよそ2種類に分けられ、しめ縄を輪にして裏白と紙垂を飾ったものを輪飾り、裏白や紙垂の他、海老や橙、譲葉、御幣、水引きと言った飾りがついているものを玉飾りと言います。 しめ飾りとして売られているものの多くは玉飾りではないでしょうか。 しめ飾りのそれぞれの意味 飾りにはそれぞれ意味があり、その意味は次のようになります。 ・裏白 シダ科の植物で、次々と新しい芽が生えてくることから不労長寿の願いが込められていると言われています。 ・紙垂 この世と結界を張り、神様が宿る神聖な場所の標章となる和紙で作られた飾りです。 ・海老 海老のように腰が曲がるまで長生きするという意味が込められています。 ・橙 代々繁栄しますように、の代々と橙とかけています。 ・譲葉 若芽が出ると落葉し、次の世代に譲ることから橙と同じように子孫繁栄の意味があると言われています。 ・御幣 神様の依り代を表すものです。 ・水引き 人と人や縁を結ぶという意味があります。 なお、しめ縄を輪にして紙垂のみを付けた輪じめというしめ飾りもあり、必ずしも飾りがたくさんついているものをしめ飾りというわけではないそうです。 しめ飾りを飾る場所や飾り方 しめ飾りを飾る場所は、神社と同じ理由で神様が宿るとされる場所や、神様に留まっていて欲しいと思う場所に飾ります。 例えば神棚は神様を祀るための場所ですから、そこにしめ飾りを飾るのは当然の事ですし、神様が入ってきやすいように玄関先に飾るのもとても多いでしょう。 また、神様は水場に宿るとされているので台所やトイレなどの水回りや、厄除けの意味を込めて自家用車やバイクに飾る方も増えています。 飾る時期は?絶対飾ってはいけない日は? しめ縄やしめ飾りは、新しく年が明ける前に飾ります。 もっとも多いのが25日から28日ごろで、 29日は9が苦となり縁起が悪いとされ、31日に飾るのも「一夜飾り」と言って神様に失礼だと言われています。 いつ外したらいいの?処分の仕方は? しめ縄やしめ飾りは、が終わる頃に外すのがよいとされます。 松の内とは、門松を飾っている期間で、元々は1月15日までを指していました。 しかし、1月11日のの時にもまだ門松を飾っているのはおかしいと、 関東地方では1月7日に松の内を早め、それに合わせてしめ縄などの正月飾りも外すようになったとされています。 しかし、 関西地方では昔のまま1月15日にしめ縄やしめ飾りを外す地域も多いようです。 そして、外したしめ縄やしめ飾りは、1月15日に神社で行われる〝 どんど焼き〟に出して処分するのが一般的です。 に行く事が出来ないという場合は、通常のゴミとして扱いますが、神様に関する物なので出来れば紙に包んだり、他のゴミとは区別するなどした方が気分的にもすっきりするのではないでしょうか。 しめ縄としめ飾りの違いは? お正月に飾るしめ縄やしめ飾り。 全く同じ物と考えている人もいるようですが、厳密に言うとこの2つは似て非なるもの。 そのため、飾る場所などに違いがあります。 しめ縄は、神様が宿る場所に飾るためのもので、自宅であれば神棚が正しい飾り方です。 また、しめ縄は神社にも飾られていますが、神社ではお正月だけではなく一年中飾っています。 一方、しめ飾りはしめ縄に縁起物の飾りがついたもので、一般的には玄関に飾ります。 しめ飾りを玄関に飾る理由については諸説あり、神様(氏神様)を迎い入れるのが玄関のため、玄関も神聖な場所とするために飾るという説や、神様を迎い入れる準備がしっかりと整っていることをお知らせするため、など様々な理由がります。 神様は水回りに宿りやすいと言われているため、キッチンやトイレ、お風呂などにしめ飾りを飾ることが多いです。 なお、車やバイクのナンバープレートにしめ飾りを飾っている人もいますが、これは厄除けの意味合いが強いようです。 まとめ いかがだったでしょうか。 しめ縄とは、神様と深く関係のある縁起物だという事がよくわかったのではないかと思います。 勿論、明確な理由を知らずとも、しめ縄を飾ってお正月を迎える事は可能です。 しかし、しめ縄の由来や意味について詳しく知る事で、新年を迎える気持ちが引き締まったという方もいらっしゃると思います。 物事には、意味をしっかり知る事で よりそれに対して真摯な態度で向き合える場合が多いと思います。 特に、日本古来の伝統的な行事というのは、長年、私達の先祖が積み重ねてきたように、 私達も、そしてこれからの未来を担う子孫も、 きちんと意味を知って臨む事が大切なのではないかと思います。

次の