アメリカ 宇宙 人。 アメリカの有人ロケット発射は9年ぶり…スペースXが2人のNASA飛行士を宇宙へ

宇宙人とアメリカ合衆国~ウィリアム・クーパーのリーク情報

アメリカ 宇宙 人

Contents• スポンサーリンク アメリカ(米国)が正式にUFOの撮影を認めた!? 【ワシントン時事】米国防総省は27日、海軍機パイロットが不審な飛行物体を撮影した映像3本を公開した。 過去にメディアに流出し、未確認飛行物体(UFO)の可能性があると波紋を広げていた映像だが、同省が公式に開示したのは初めて。 3本のうち1本は2004年11月、残る2本は15年1月に撮影された。 いずれも白黒の映像で、30~75秒ほどの長さ。 物体が海上を高速で飛んだり、空中で回転したりする様子が撮影されている。 国防総省は声明で「過去に流出した映像の真偽や、映像に続きがあるのかなどの臆測を取り除くために公開に踏み切った」と説明。 問題の物体については「依然として正体不明のままだ」と結論付けた。 ニューヨーク・タイムズ紙によると、国防総省は07~12年、「先進航空宇宙脅威識別計画」と名付けた事業で、UFOと疑われる映像などを分析していた。 こんなニュースが飛び込んできました。 以前にもUFOの映像として流出していたものですが、今回アメリカ(米国)が正式にUFOの撮影を認め公開しました。 これは、夢がひろがりますね。 映像は3本公開されたそうなので、youtubeで探してきました。 何?ドローンだ! 何機もあるぞ。 状況を見てくれ。 なんてことだ! 風に逆らっている。 風は西に120ノット。 あれを見てくれ。 こう言っています。 アメリカ(米国)の調査でも正体不明のままというのは、本当にUFOが存在するのではないかという希望が持てますね。 スポンサーリンク 先進航空宇宙脅威識別計画とは? アメリカ政府が秘密裏に数百万ドルを地球外生命体の可能性についての調査に費やしていたと言われていましたが、それを先進航空宇宙脅威識別計画に使っていたのではないかと言われています。 先進航空宇宙脅威識別計画は2007年に開始され、2012年に資金供給が中止されたと言われていました。 今回のニュースから、2020年の現在も調査は続けられていたのではないかと思います。 UFOとは? そもそもUFOという言葉をよく使いますが、どういった意味なのでしょうか? 気になったので調べてみました。 UFOとは、「unidentified flying object」の頭文字をとった言葉であり、未確認飛行物体のことです。 その正体は航空機など既知の人工物体、遠方のサーチライトや自然物(天体・雲・鳥など)の誤認も含まれるそうです。 しかし、略称のUFOは「エイリアンクラフト」(宇宙人などの乗り物)という意味で使われることが多いということみたいです。 たしかに、UFOというと宇宙人とセットなイメージですが、本来の意味ですと正体の分からない飛行機などもUFOに含まれるみたいですね。 宇宙人は存在するのか? ここで気になるのが、宇宙人の存在についてです。 宇宙人は存在するのでしょうか。 私個人的には、存在すると思っています。 なぜなら地球に生物が存在しているからです。 生物の存在できる地球があるならこの広い世界のどこかに同じような惑星もしくは、全く別の惑星だがそこに適応した生物がいてもおかしくないと思っています。 できれば生きている間に知りたいものです。 以前、好奇心から陰謀論について調べてみたことがあるのですが、アメリカ(米国)はすでに宇宙人と交流していて、その技術を研究しているというものを見かけたことがあります。 本当だったら面白いんですけどね。 事実を知ることができればいいんですけど、あくまで陰謀論ですからね。 記憶が定かではないんですけど、「Qアノン」とかいう感じの陰謀論だった気がします。 気になった方は調べてみてください。 情報が膨大すぎるのでまとめるのが大変そうなのです。 もし、余裕があったら私の方でもまとめてみたいと思います。 アメリカ(米国)が正式にUFOの撮影を認めた!?宇宙人は存在するのか?まとめ.

次の

米 民間宇宙船「クルードラゴン」宇宙飛行士乗せ打ち上げ成功

アメリカ 宇宙 人

(CNN) 宇宙人は間違いなく存在する。 英国初の宇宙飛行士の1人だったヘレン・シャーマン氏が、英日曜紙オブザーバーのインタビューの中で、そんな見解を明らかにした。 シャーマン氏は1991年、当時のソ連の宇宙ステーション「ミール」を訪問した元宇宙飛行士。 5日のオブザーバー紙のインタビューの中で、「宇宙人は存在する。 それは間違いない」と断言した。 「宇宙には何十億という星が存在している。 従って形態の違うあらゆる種類の生命が存在するはずだ」「あなたや私のように炭素と窒素でできているかもしれないし、そうではないかもしれない」。 シャーマン氏はそう語り、「もしかしたら彼らは今、まさにここにいて、私たちには見えないだけかもしれない」と言い添えた。 化学者のシャーマン氏は、英国人として初めて宇宙へ飛行した7人のうちの1人だった。 当時の年齢は27歳。 最年少級の宇宙飛行士として、宇宙に8日間滞在した。 オブザーバーのインタビューでは、「英国初の女性宇宙飛行士」と形容されることに苛立ちを感じるとも打ち明け、「実際のところ、私は初の英国人(宇宙飛行士)だった。 (女性という形容は、)そうでなければ男性と想定されてしまうことを物語る」と指摘している。

次の

NASA研究員から見た、アメリカ宇宙ビジネスの最前線

アメリカ 宇宙 人

(1961年4月12日) [ ] 、に搭乗し、人類で初めて有人宇宙飛行を遂げた。 、に搭乗し、人類で初めてを経験した。 このときの年齢25歳は2008年現在でも宇宙飛行の最年少記録である。 、に搭乗し、軌道上に5日間滞在した。 宇宙飛行士一人による単独飛行のケースとしては2007年現在でも最長記録である。 、に搭乗し、女性初の有人宇宙飛行を遂げた。 、において、人類で初めてを行った。 、に搭乗したが、帰還時にパラシュートが展開できず地上に激突死した。 有人宇宙飛行で初めての死亡事故となった。 のソユーズ13号、のソユーズ18号での、のソユーズ30号。 のに搭乗。 帰還カプセルが風に流されテンギツ湖に着水した為ソビエト連邦の宇宙飛行士で初の着水経験者となった。 ( Svetlana Savitskaya) 8月初飛行。 、女性として初の宇宙遊泳を行った。 ( Anatoly Artsebarsky) の初飛行においてソユーズTM-12で宇宙に出、同年の時に宇宙にいたため、に地表に戻った時には自国がロシア共和国になっていた。 ( Toktar Aubakirov) 1991年10月2日、ソユーズTM-13に搭乗した。 (1991年12月26日) [ ] ( Alexander Alexandrovich Volkov) 1985年9月初飛行。 1991年にソユーズTM-13で宇宙に出、セルゲイ・クリカレフとともに、同年のソ連崩壊に際して宇宙にいた二人のロシア人宇宙飛行士の一人となった。 ( Valeri Polyakov) 1988年8月初飛行。 1994年のミッションにおいて、同年1月4日に宇宙に上がってから、翌1995年3月22日に帰還するまで、単一の宇宙滞在としては最長となる437日17時間58分(1年2ヶ月余り)という記録を作った。 ( Sergei Krikalev) 1988年11月初飛行。 1991年5月18日にソユーズTM-12で宇宙に出、翌年3月に帰還したため、ソビエト連邦崩壊に際しての一連の事件の全ての期間において宇宙にいた唯一人のロシア人となり、「ソビエト連邦最後の宇宙飛行士」と呼ばれることもある。 2005年時点で、宇宙滞在時間が最も長い宇宙飛行士であり、6回目の飛行を終えた時点で、通算803日9時間39分という記録を持つ。 ユーリイ・バツーリン( Yuri Baturin) 1998年初飛行。 国防省の元アドバイザー。 ロシアでは政治関係に携わっていた人間で初の宇宙飛行士。 (1994年7月1日) [ ] 1994年初飛行。 1991年の時はソユーズTM-13のバックアップ。 カザフスタン出身だがロシアの宇宙飛行士として活動している。 (1961年5月5日) [ ] 初期~ジェミニ計画 [ ] 初期の宇宙進出()からにかけて主な業績を打ち立てている宇宙飛行士。 の一人。 、アメリカ人で初めて有人宇宙飛行()を遂げる。 マーキュリー7の一人。 、アメリカ人2人目となる有人宇宙飛行(弾道飛行)を遂げる。 、の事故により死去。 アメリカの宇宙開発計画における最初の犠牲者の一人になった。 マーキュリー7の一人。 、アメリカ人3人目となる有人宇宙飛行、かつアメリカ人として初めて地球周回軌道を回った。 には77歳で再び宇宙に出、宇宙飛行の最年長記録を樹立した。 、のパイロットとして、人類史上初のと宇宙空間でのを成功させた。 アポロ計画にも1969年のと1971年ので参加し、船長を務めたアポロ15号では月面に降り立った(史上7人目)。 アポロ計画(1967年) [ ] の頃に主な業績を打ち立てている宇宙飛行士。 初飛行()。 船長として、、人類で初めてに立った。 1966年初飛行()。 アポロ11号パイロットとして、、人類で初めて月面歩行を行った。 1965年初飛行()。 に打ち上げられたの船長として特に知られる。 1973年にが始まる以前の時点では、宇宙空間に滞在した時間が最も長い宇宙飛行士だった。 1966年初飛行()。 12月、アポロ計画最後の宇宙船の船長を務め、現在、月に「最後に着陸した」人物である。 スカイラブ計画 [ ] この節のが望まれています。 に1号が打ち上げられたに関連する宇宙飛行士。 に打ち上げ。 乗員は28日間宇宙に滞在した。 に打ち上げ。 乗員は59日間宇宙に滞在した。 息子はのシリーズの作者であり、2008年に宇宙飛行関係者としてソユーズに搭乗し、国際宇宙ステーションに滞在した。 アメリカ人で初めて、親子宇宙滞在となった。 に打ち上げ。 乗員は84日間宇宙に滞在した。 スペースシャトル時代(1981年) [ ] が用いられるようになって以後の時代の宇宙飛行士。 スペースシャトルの最初の宇宙飛行()での機長、ジェミニ計画、アポロ計画にも参加している スペースシャトルの最初の宇宙飛行()での操縦士 ( Norman Thagard) 初飛行。 、アメリカ人としては初めて、ロシアの宇宙船(ソユーズTM-21)に搭乗して宇宙に出た。 この飛行において、ロシアの宇宙ステーションに115日間滞在した。 1983年、アメリカ人女性として初の有人宇宙飛行を遂げた。 ( Kathryn D. Sullivan) 、アメリカ人女性として初の宇宙遊泳を行った。 、として初の有人宇宙飛行を遂げた。 、乗り組んでいたの事故で殉職。 ジェイク・ガーン( Jake Garn) 1985年、現職の国会議員として世界で初めて有人宇宙飛行を遂げた。 タイラー・ワン( Taylor Wang, 王贛駿) 1985年、中国系アメリカ人として初の有人宇宙飛行を遂げた。 Daniel Michio Tani) 、2人目の日系アメリカ人宇宙飛行士。 から、日系人初の国際宇宙ステーション長期滞在。 フランクリン・チャン・ディアス( Franklin Chang-Diaz) 、系アメリカ人として初の有人宇宙飛行を遂げた。 グィオン・ブリュフォード( Guion Bluford) 、アフリカ系アメリカ人として初めて有人宇宙飛行を遂げた。 の初飛行において、初の女性パイロットとして、の操縦をになった。 1997年7月23日打ち上げのミッションにおいては、女性初の宇宙船船長としてを指揮した。 カルロス・ノリエガ( Carlos I. Noriega) 生まれ、ラテン系アメリカ人。 、南米大陸出身者として初めて有人宇宙飛行を遂げた。 ( Dennis Tito) 世界初の民間宇宙旅行者。 、ロシアの宇宙船で ISS を訪れ、7日22時間8分滞在した。 この宇宙旅行のために、2000万ドル支払ったとされる。 マイク・メルヴィル( Mike Melvill) 、により民間人製造の宇宙船による初の宇宙飛行を遂げた。 初飛行()。 2007年2月、誘拐未遂などの容疑で逮捕されるという不祥事を起こし、飛行資格を剥奪された。 女性初の民間宇宙旅行者。 、ロシアの宇宙船ソユーズで国際宇宙ステーションを訪問、9月29日まで10日21時間4分滞在した。 この宇宙旅行のために、2000万ドル支払ったとされる。 本来、日本人実業家のが飛行する予定であったが健康上の理由でバックアップクルーである彼女が飛行することになった。 グレッグ・オルセン 3番目の民間宇宙旅行者。 、ソユーズでISSに訪問した。 6番目の民間宇宙旅行者。 、ソユーズでISSに訪問した。 飛行士の息子であり、親子二代で宇宙に滞在した。 (1978年8月26日) [ ] (1978年8月26日) [ ] ドイツ人初の有人宇宙飛行。 ソユーズ31号に搭乗した。 (1983年11月28日) [ ] ( Ulf Merbold) 、当時の国籍の人間として初の有人宇宙飛行。 NASAのに参加、スペースシャトルに搭乗。 (1979年4月10日) [ ] (Georgi Ivanov) ブルガリア人初の有人宇宙飛行。 (1980年5月26日) [ ] (Falkash Bertalan) ハンガリー人初の有人宇宙飛行。 5番目の民間宇宙旅行者。 にISSへソユーズで訪問し、には2度目の宇宙旅行を行った。 唯一、複数回の宇宙旅行を行った人物。 に搭乗した。 (1981年3月22日) [ ] (Zhugderdemidiyn Gurragcha) モンゴル人初の有人宇宙飛行。 アジア人としては2人目。 に搭乗した。 ソユーズ39号においてグラグチャのバックアップを務めた。 (1981年5月14日) [ ] ( Dumitru Prunariu) ルーマニア人初の有人宇宙飛行。 2002年の2度目の飛行において、ヨーロッパ人女性として初めてを訪れた。 (1984年4月2日) [ ] ( Rakesh Sharma) インド人初の有人宇宙飛行。 ソユーズT-11号に搭乗した。 (1984年10月5日) [ ] マルク・ガルノー(Marc Garneau) カナダ人初の有人宇宙飛行。 にソユーズでISSを訪問した。 (1985年6月17日) [ ] (Sultan bin Salman bin Abdulaziz al-Saud) サウジアラビア人初の有人宇宙飛行を遂げた宇宙飛行士であり、ソヴィエト連邦以外の国の宇宙船で宇宙に出た最初のアジア人である(アジア系アメリカ人除く)。 に参加し、スペースシャトルに搭乗した。 (1985年11月6日) [ ] ウッボ・オッケルス( Wubbo Ockels) オランダ人初の有人宇宙飛行。 (1985年11月26日) [ ] ロドルフォ・ネリ・ヴェラ( Rodolfo Neri Vela) メキシコ人初の有人宇宙飛行。 出身者としては、キューバのメンデスに次いで2人目。 アメリカ合衆国とカナダ以外では、アメリカ大陸の国の出身者として初。 (1987年7月22日) [ ] ( Muhammed Faris) シリア人初の有人宇宙飛行。 (1988年8月29日) [ ] ( Abdul Ahad Mohmand) アフガニスタン人初の有人宇宙飛行。 (1990年12月2日) [ ] 「」も参照 名前が括弧書きの人物は、まだ実際に飛行していない有資格者および訓練中の宇宙飛行予定者。 、日本人初の有人宇宙飛行。 に搭乗し、宇宙ステーションに6日間滞在の後、先任クルーと共ににて地球へ帰還。 当時の社員であり、「宇宙特派員」として宇宙へ派遣。 教養学部卒。 旧宇宙飛行士。 1992年初飛行()。 2000年に2度目の飛行()。 計画において飛行した初の日本人。 理学部化学科卒(原子工学)。 (JAXA)・(NASA)宇宙飛行士。 1994年初飛行()。 日本人・アジア人の女性として初の有人宇宙飛行。 1998年に2度目の飛行()を行い、複数回宇宙に出た最初の日本人となった。 慶應義塾大学医学部卒(心臓血管外科)。 JAXA・NASA宇宙飛行士。 1996年初飛行()、日本人としては初めて(搭乗運用技術者)として参加した。 2000年に2度目の飛行()。 また、日本人としては初めてへ長期滞在を行った 往路 復路。 工学部航空工学科卒(宇宙工学)。 JAXA・NASA宇宙飛行士。 1997年初飛行()、同時に、日本人として初めてを行った。 2008年に2度目の飛行()。 工学部航空学科卒(宇宙工学)。 JAXA・NASA宇宙飛行士。 2005年初飛行()。 工学部航空学科卒(航空学)。 にはJAXA・NASA宇宙飛行士としては初めて、ソユーズに搭乗し国際宇宙ステーションへ5ヶ月半の滞在を行った()。 また、日本人として初めて宇宙船の操縦業務(副操縦士)に関わった。 JAXA・NASA宇宙飛行士。 2008年初飛行()。 慶應義塾大学理工学部機械工学科卒(熱流体工学)。 JAXA・NASA宇宙飛行士。 初夏頃にに搭乗し、へ6ヶ月程度の長期滞在が予定されている。 東京大学工学部航空学科卒(宇宙工学)。 JAXA宇宙飛行士。 4月にで初飛行。 東京大学医学部医学科卒()。 JAXA宇宙飛行士。 6月ににて初飛行し、への6ヶ月程度の長期滞在が開始されている。 防衛大学校理工学専攻卒。 2009年4月よりJAXA宇宙飛行士候補者として訓練し、2011年7月25日付でJAXA宇宙飛行士に認定。 7月ソユーズに搭乗し国際宇宙ステーションへ5ヶ月滞在予定。 東京大学工学部航空宇宙工学科卒。 2009年4月よりJAXA宇宙飛行士候補者として訓練し、2011年7月25日付でJAXA宇宙飛行士に認定。 元運航本部所属のパイロット。 防衛医科大学校医学科卒。 2009年9月よりJAXA宇宙飛行士候補者として訓練し、2011年7月25日付でJAXA宇宙飛行士に認定。 (1991年5月18日) [ ] ( Helen Sharman) イギリス人初の有人宇宙飛行。 ソビエト連邦、アメリカ合衆国の出身者以外では、女性として初めて有人宇宙飛行を遂げた。 (1991年7月31日) [ ] フランコ・マレルバ( Franco Malerba) イタリア人初の有人宇宙飛行。 ソユーズTM-13に搭乗した。 (1992年3月24日) [ ] ( Dirk Frimout) 初の有人宇宙飛行。 (1997年5月12日) [ ] カルロス・ノリエガ( Carlos Noriega) スペースシャトル計画において飛行した初の。 (1996年5月19日) [ ] ( Andrew S. Thomas) オーストラリア人初の有人宇宙飛行。 (1997年10月19日) [ ] ( Leonid Kadeniuk) ウクライナ人初の有人宇宙飛行。 (1998年10月29日) [ ] ( Pedro Duque) スペイン人初の有人宇宙飛行。 (1999年2月28日) [ ] ( Ivan Bella) スロバキア人初の有人宇宙飛行。 (2002年4月25日) [ ] ( Mark Shuttleworth) に所在する国の人物として初の有人宇宙飛行。 世界で2番目の民間宇宙旅行者。 (2003年1月16日) [ ] ( Ilan Ramon) イスラエル人初の有人宇宙飛行。 その帰還行において、スペースシャトルの事故により犠牲となった。 (2003年10月15日) [ ] (よう りい, ヤン・リーウェイ, Yang Liwei) 2003年10月15日、「」で中国人として初の有人宇宙飛行。 世界で3番目の国家技術自主飛行であり、地球周回軌道を回った。 (ひ しゅんりゅう, フェイ・ジュンロン, Fei Junlong) 2005年10月12日、「」で中国としては初となる複数名(2名)による宇宙飛行。 指令長。 (じょう かいしょう, ニエ・ハイション, Nie Haisheng) 2005年10月12日、「神舟6号」で中国としては初となる複数名(2名)による宇宙飛行。 2013年6月11日、「」(船長) 2008年9月17日、「」(船長) 2008年9月17日、「神舟7号」 2008年9月17日、「神舟7号」 2012年6月16日、「」(船長) 2012年6月16日、「神舟9号」 2012年6月16日、「神舟9号」で、中国人女性で初めての宇宙飛行。 (2006年3月30日) [ ] ( Marcos Pontes) にある国の人物として初の有人宇宙飛行。 に搭乗。 (2006年12月10日) [ ] ( Christer Fuglesang) スウェーデン人初の有人宇宙飛行。 のクルー。 (2007年10月11日) [ ] ( Sheikh Muszaphar Shukor) マレーシア人初の有人宇宙飛行。 に搭乗。 であり、宇宙で(断食月)を過ごした初のイスラム教徒となった。 (2008年4月8日) [ ] (李素妍、 Yi Soyeon 、) 韓国人(朝鮮民族)初の有人宇宙飛行。 韓国政府が商用宇宙旅行の権利を260億ウォンで購入し、宇宙飛行関係者 SFP-spaceflight participant としてに搭乗させた。 当初はが搭乗予定だったが、禁止されている資料を持ち出すなど、ロシア連邦宇宙局の訓練規程に繰り返し違反した為、同僚で予備チームに所属していた彼女が交代要員として搭乗した。 (2009年3月16日) [ ] ( Joseph M. Acaba) プエルトリコ人初の有人宇宙飛行。 のクルー。 外部リンク [ ]• (英語) (ドイツ語) - ガガーリンから今日に至る全ての有人宇宙ミッションについて詳細なデータを掲載(ただし弾道飛行等は除く).

次の