サーナイト ダイ マックス。 剣盾s1使用構築 スカーフサーナイト軸 最終日最高20位最終285位

サーナイト

サーナイト ダイ マックス

マックスレイドバトルとは 野生のダイマックスポケモンは、最大で友達4人と強力して戦うことができる。 非常に強力なので4人で戦うのがおすすめだ。 キョダイマックス化するポケモンはここだけ! キョダイマックス化するポケモンは一部のポケモンを除いて、 マックスレイドバトルで出現するポケモンのみ稀に出現する。 隠れ特性 夢 を持つポケモンもGETできる• マックスレイドバトルで入手できるポケモンは、稀に 隠れ特性 夢 を持つポケモンを捕まえることができる。 画像のように、「草むらで捕まえたアーマーガア」と「マックスレイドバトルで捕まえたアーマーガア」では特性の違いがある。 レアなポケモンも出現する• マックスレイドバトルで出現するポケモンの中にはレアなポケモンも出現する。 レアなポケモンは出現率が低いが、出やすくなる方法がいくつかある。 レアポケモンを出現UPさせる方法 バッジを8個集める ポケモンの巣穴から出現するポケモンは、 持っているジムバッジの数が多いほどレアなポケモンが出やすい。 光の太さを見る 巣 隠れ特性を持つポケモン A A 太 盾 巣 隠れ特性を持つポケモン B 剣 バルジーナ 盾 シンボラー B 太 オニシズクモ グソクムシャ シュバルゴ 剣 盾 バタフリー キョダイマックス 巣 隠れ特性を持つポケモン C フライゴン 剣 バクガメス 剣 剣 オノノクス 盾 ジジーロン 盾 盾 C 太 剣 ドロンチ 剣 オノノクス 剣 ドラパルト 剣 盾 ドロンチ 盾 フライゴン 盾 ドラパルト 盾 巣 隠れ特性を持つポケモン D ダグトリオ バンバドロ D 太 トリトドン ひがしのうみ ガマゲロゲ デスバーン ドサイドン 巣 隠れ特性を持つポケモン E エレザード キテルグマ E 太 剣 ヤレユータン 盾 イエッサン オスのすがた:剣 イエッサン メスのすがた:盾 巣 隠れ特性を持つポケモン F 剣 バルジーナ 盾 シンボラー F 太 オニシズクモ グソクムシャ シュバルゴ 剣 盾 バタフリー キョダイマックス 巣 隠れ特性を持つポケモン G デンチュラ クワガノン アイアント G 太 オニシズクモ グソクムシャ シュバルゴ 剣 盾 ヌケニン 巣 隠れ特性を持つポケモン H イワパレス ギガイアス ツボツボ H 太 イワパレス セキタンザン ハガネール イシヘンジン 剣 盾 巣 隠れ特性を持つポケモン I マシェード ペロリーム 剣 フレフワン 盾 I 太 オーロンゲ 巣 隠れ特性を持つポケモン A パンプジン ふつうのサイズ バケッチャ とくだいサイズ ダダリン A 太 ワタシラガ ロズレイド アップリュー 剣 キョダイマックス タルップル 盾 キョダイマックス 巣 隠れ特性を持つポケモン B アマージョ ラフレシア キレイハナ B 太 ワタシラガ アップリュー 剣 タルップル 盾 ロズレイド 巣 隠れ特性を持つポケモン C アマージョ ラフレシア キレイハナ C 太 ワタシラガ エルフーン ダーテング 剣 ルンパッパ 盾 ダダリン 巣 隠れ特性を持つポケモン D デンチュラ クワガノン アイアント D 太 オニシズクモ グソクムシャ シュバルゴ 剣 盾 イオルブ キョダイマックス 巣 隠れ特性を持つポケモン E アマージョ ラフレシア キレイハナ E 太 ワタシラガ エルフーン ダーテング 剣 ルンパッパ 盾 ダダリン 巣 隠れ特性を持つポケモン A シザリガー ダーテング 剣 ヤミラミ 盾 A 太 マニューラ ズルズキン 剣 バルジーナ 盾 タチフサグマ 剣 盾 巣 隠れ特性を持つポケモン B パルシェン ガマゲロゲ シザリガー B 太 ハリーセン ヌオー オニシズクモ 巣 隠れ特性を持つポケモン C パルシェン ガマゲロゲ シザリガー C 太 ナマコブシ キングラー キョダイマックス 巣 隠れ特性を持つポケモン D パルシェン ガマゲロゲ シザリガー D 太 ハリーセン ヌオー オニシズクモ 巣 隠れ特性を持つポケモン E トリトドン ひがしのうみ ブルンゲル カジリガメ E 太 ナマコブシ 巣 隠れ特性を持つポケモン F ホエルオー ヨワシ たんどくのすがた F 太 ナマコブシ 巣 隠れ特性を持つポケモン A ドヒドイデ 剣 スカタンク 盾 ダストダス A 太 スカタンク マタドガス ガラル姿 ドヒドイデ 剣 エンニュート 盾 ダストダス キョダイマックス 巣 隠れ特性を持つポケモン B エレザード キテルグマ B 太 剣 ヤレユータン 盾 イエッサン オスのすがた:剣 イエッサン メスのすがた:盾 巣 隠れ特性を持つポケモン C 剣 バルジーナ 盾 シンボラー C 太 アーマーガア デリバード 巣 隠れ特性を持つポケモン D 剣 バルジーナ 盾 シンボラー D 太 アーマーガア デリバード 巣 隠れ特性を持つポケモン E ホエルオー ヨワシ たんどくのすがた E 太 ナマコブシ 巣 隠れ特性を持つポケモン A ロゼリア ストリンダー ハイなすがた マタドガス ガラル姿 A 太 ストリンダー ハイなすがた スカタンク マタドガス ガラル姿 ドヒドイデ 剣 エンニュート 盾 巣 隠れ特性を持つポケモン B ネンドール バリコオル ソーナンス B 太 ブリムオン バリコオル カラマネロ 巣 隠れ特性を持つポケモン C デンチュラ クワガノン ライチュウ C 太 バチンウニ デンチュラ トゲデマル モルペコ 巣 隠れ特性を持つポケモン D ホルード 剣 ヤレユータン 盾 D 太 剣 ヤレユータン 盾 イエッサン オスのすがた:剣 イエッサン メスのすがた:盾 巣 隠れ特性を持つポケモン A ドヒドイデ スカタンク ダストダス A 太 ストリンダー ハイなすがた スカタンク マタドガス ガラル姿 ドヒドイデ 剣盾 エンニュート 盾 巣 隠れ特性を持つポケモン B ドヒドイデ スカタンク ダストダス B 太 ストリンダー ハイなすがた スカタンク マタドガス ガラル姿 ドヒドイデ 剣盾 エンニュート 盾 巣 隠れ特性を持つポケモン C ネギガナイト 剣 キテルグマ 盾 オトスパス タイレーツ C 太 剣 盾 巣 隠れ特性を持つポケモン D ネギガナイト 剣 キテルグマ 盾 オトスパス タイレーツ D 太 剣 盾 巣 隠れ特性を持つポケモン E ガマゲロゲ 剣 ヨワシ 盾 たんどくのすがた カマスジョー ドヒドイデ 剣 ガマゲロゲ 盾 E 太 ハリーセン オクタン ホエルオー マンタイン 巣 隠れ特性を持つポケモン F ガマゲロゲ 剣 ヨワシ 盾 たんどくのすがた カマスジョー ドヒドイデ 剣 ガマゲロゲ 盾 F 太 ハリーセン オクタン ホエルオー マンタイン 巣 隠れ特性を持つポケモン A ギギギアル ダイオウドウ A 太 ハガネール ギギギアル ジュラルドン キョダイマックス 巣 隠れ特性を持つポケモン B ギギギアル ダイオウドウ B 太 マッギョ ガラル姿 ダイオウドウ ジュラルドン 巣 隠れ特性を持つポケモン C クチート 剣 ハガネール 盾 トゲデマル C 太 ハガネール ギギギアル 巣 隠れ特性を持つポケモン D セキタンザン 剣 ギガイアス イワーク 盾 ドサイドン D 太 イワパレス セキタンザン ハガネール イシヘンジン 剣 盾 巣 隠れ特性を持つポケモン E セキタンザン 剣 ギガイアス イワーク 盾 ドサイドン E 太 イワパレス 剣 ハガネール 剣 イシヘンジン 剣 セキタンザン 剣 キョダイマックス バイバニラ 盾 バリコオル 盾 コオリッポ 盾 アイスフェイス 盾 キョダイマックス 巣 隠れ特性を持つポケモン A A 太 ポットデス 剣 がんさくフォルム デスバーン 盾 パンプジン 剣 ふつうのサイズ サニゴーン 盾 ヨノワール 巣 隠れ特性を持つポケモン B アブリボン ビークイン イオルブ B 太 オニシズクモ グソクムシャ シュバルゴ 剣 盾 ヌケニン 巣 隠れ特性を持つポケモン C オニシズクモ トリトドン ひがしのうみ ホエルオー C 太 ナマコブシ キングラー キョダイマックス 巣 隠れ特性を持つポケモン D ガマゲロゲ 剣 ヨワシ 盾 たんどくのすがた カマスジョー ドヒドイデ 剣 ガマゲロゲ 盾 D 太 ハリーセン オクタン ホエルオー マンタイン 巣 隠れ特性を持つポケモン E ガマゲロゲ 剣 ヨワシ 盾 たんどくのすがた カマスジョー ドヒドイデ 剣 ガマゲロゲ 盾 E 太 ハリーセン オクタン ホエルオー マンタイン 巣 隠れ特性を持つポケモン A アブリボン ビークイン イオルブ A 太 オニシズクモ グソクムシャ シュバルゴ 剣 盾 ヌケニン 巣 隠れ特性を持つポケモン B ホルード 剣 ヤレユータン 盾 B 太 剣 ヤレユータン 盾 イエッサン オスのすがた:剣 イエッサン メスのすがた:盾 巣 隠れ特性を持つポケモン C ジヘッド 剣 バルジーナ 盾 タチフサグマ 剣 盾 C 太 マニューラ ズルズキン 剣 バルジーナ 盾 タチフサグマ 剣 盾 巣 隠れ特性を持つポケモン D デンチュラ クワガノン アイアント D 太 オニシズクモ グソクムシャ シュバルゴ 剣 盾 イオルブ キョダイマックス 巣 隠れ特性を持つポケモン E マホイップ クチート 剣 ギャロップ 盾 ガラル姿 オーロンゲ E 太 オーロンゲ マホイップ キョダイマックス 巣 隠れ特性を持つポケモン F オニシズクモ トリトドン ひがしのうみ ホエルオー F 太 ナマコブシ 巣 隠れ特性を持つポケモン G ワタシラガ エルフーン アップリュー 剣 タルップル 盾 G 太 ワタシラガ エルフーン ダーテング 剣 ルンパッパ 盾 ダダリン 巣 隠れ特性を持つポケモン H シンボラー 剣 ヤレユータン 盾 イオルブ 剣 ギャロップ 盾 ガラル姿 ブリムオン H 太 オーロンゲ ブリムオン キョダイマックス 巣 隠れ特性を持つポケモン I ダグトリオ バンバドロ I 太 トリトドン ひがしのうみ ガマゲロゲ デスバーン ドサイドン 巣 隠れ特性を持つポケモン A エンニュート 剣 コータス 盾 シャンデラ バクガメス 剣 ウィンディ 盾 A 太 キュウコン 剣 ウィンディ 盾 シャンデラ セキタンザン マルヤクデ キョダイマックス 巣 隠れ特性を持つポケモン B オーロット パンプジン ふつうのサイズ ブルンゲル B 太 ポットデス 剣 がんさくフォルム デスバーン 盾 パンプジン 剣 ふつうのサイズ サニゴーン 盾 ヨノワール 巣 隠れ特性を持つポケモン C C 太 剣 剣 ネギガナイト 剣 剣 キョダイマックス ポットデス 盾 がんさくフォルム サニゴーン 盾 デスバーン キョダイマックス 巣 隠れ特性を持つポケモン D ワタシラガ エルフーン アップリュー 剣 タルップル 盾 D 太 ワタシラガ エルフーン ダーテング 剣 ルンパッパ 盾 ダダリン 巣 隠れ特性を持つポケモン E シザリガー ダーテング 剣 ヤミラミ 盾 E 太 マニューラ ズルズキン 剣 バルジーナ 盾 タチフサグマ 剣 盾 巣 隠れ特性を持つポケモン F ゴチルゼル 剣 ランクルス 盾 ソルロック 剣 ルナトーン 盾 F 太 ブリムオン バリコオル カラマネロ 巣 隠れ特性を持つポケモン G マルヤクデ クイタラン ヒヒダルマ 剣 ガラル姿 ウィンディ 盾 G 太 キュウコン 剣 ウィンディ 盾 シャンデラ セキタンザン バクガメス 剣 エンニュート 盾 巣 隠れ特性を持つポケモン H マンムー モスノウ マニューラ H 太 バイバニラ バリコオル ヒヒダルマ 剣 ガラル姿 コオリッポ 盾 アイスフェイス 巣 隠れ特性を持つポケモン I ネンドール バリコオル ソーナンス I 太 ブリムオン バリコオル カラマネロ 巣 隠れ特性を持つポケモン J ホルード 剣 ヤレユータン 盾 J 太 ー 巣 隠れ特性を持つポケモン K クチート 剣 ハガネール 盾 トゲデマル K 太 マッギョ ガラル姿 ジュラルドン ダイオウドウ キョダイマックス 巣 隠れ特性を持つポケモン L イワパレス ギガイアス ツボツボ L 太 イワパレス セキタンザン ハガネール イシヘンジン 剣 盾 巣 隠れ特性を持つポケモン A アーマーガア ウッウ A 太 シンボラー アーマーガア キョダイマックス 巣 隠れ特性を持つポケモン B デンチュラ クワガノン ライチュウ B 太 ヨワシ たんどくの姿 トリトドン ひがしのうみ カジリガメ キョダイマックス 巣 隠れ特性を持つポケモン C モスノウ ユキメノコ ヒヒダルマ 剣 ガラル姿 コオリッポ 盾 アイスフェイス C 太 バイバニラ バリコオル ヒヒダルマ 剣 ガラル姿 コオリッポ 盾 アイスフェイス 巣 隠れ特性を持つポケモン D マルヤクデ クイタラン ヒヒダルマ 剣 ガラル姿 ウィンディ 盾 D 太 キュウコン ウィンディ シャンデラ ブースター 巣 隠れ特性を持つポケモン E ロゼリア ストリンダー ハイなすがた マタドガス ガラル姿 E 太 ストリンダー ハイなすがた スカタンク マタドガス ガラル姿 ドヒドイデ 剣 エンニュート 盾 巣 隠れ特性を持つポケモン A モスノウ ユキメノコ ヒヒダルマ 剣 ガラル姿 コオリッポ 盾 アイスフェイス A 太 バイバニラ バリコオル ユキメノコ グレイシア 巣 隠れ特性を持つポケモン B ロゼリア ストリンダー ハイなすがた マタドガス ガラル姿 B 太 スピン フロスト ウォッシュ ヒート 巣 隠れ特性を持つポケモン C マシェード ペロリーム 剣 フレフワン 盾 C 太 オーロンゲ 巣 隠れ特性を持つポケモン D エンニュート 剣 コータス 盾 シャンデラ バクガメス 剣 ウィンディ 盾 ー D 太 キュウコン 剣 エンニュート ウィンディ 盾 マルヤクデ 巣 隠れ特性を持つポケモン E アーマーガア ウッウ E 太 アーマーガア デリバード 巣 隠れ特性を持つポケモン F クチート 剣 ハガネール 盾 トゲデマル F 太 ハガネール ギギギアル 巣 隠れ特性を持つポケモン G ネンドール バリコオル ソーナンス G 太 カラマネロ バリコオル ブリムオン エーフィ 巣 隠れ特性を持つポケモン A ワタシラガ エルフーン アップリュー 剣 タルップル 盾 A 太 ワタシラガ アマージョ エルフーン リーフィア 巣 隠れ特性を持つポケモン B ジヘッド 剣 バルジーナ 盾 タチフサグマ 剣 盾 B 太 カラマネロ タチフサグマ ブラッキー 巣 隠れ特性を持つポケモン C バチンウニ トゲデマル モルペコ C 太 エレザード クワガノン サンダース 巣 隠れ特性を持つポケモン D トリトドン ひがしのうみ ブルンゲル カジリガメ D 太 ナマコブシ マンタイン シャワーズ 巣 隠れ特性を持つポケモン E パンプジン ふつうのサイズ ダダリン バケッチャ とくだいサイズ E 太 ポットデス 剣 がんさくフォルム デスバーン 盾 パンプジン 剣 ふつうのサイズ サニゴーン 盾 ヨノワール 巣 隠れ特性を持つポケモン A セキタンザン 剣 ギガイアス イワーク 盾 ドサイドン A 太 トリトドン ひがしのうみ ガマゲロゲ ドサイドン サダイジャ キョダイマックス 巣 隠れ特性を持つポケモン B パルシェン ガマゲロゲ シザリガー B 太 ハリーセン ヌオー オニシズクモ 巣 隠れ特性を持つポケモン C カバルドン フライゴン サダイジャ C 太 トリトドン ひがしのうみ ガマゲロゲ デスバーン ドサイドン 巣 隠れ特性を持つポケモン D ギギギアル ダイオウドウ D 太 マッギョ ガラル姿 ダイオウドウ ジュラルドン 巣 隠れ特性を持つポケモン E パルシェン バイバニラ E 太 バイバニラ バリコオル ヒヒダルマ 剣 ガラル姿 コオリッポ 盾 アイスフェイス 巣 隠れ特性を持つポケモン F マルヤクデ セキタンザン ヒヒダルマ 剣 ガラル姿 ウィンディ 盾 F 太 キュウコン 剣 ウィンディ 盾 シャンデラ セキタンザン バクガメス 剣 エンニュート 盾 巣 隠れ特性を持つポケモン G カバルドン フライゴン サダイジャ G 太 トリトドン ひがしのうみ ガマゲロゲ ドサイドン サダイジャ キョダイマックス 巣 隠れ特性を持つポケモン H ジヘッド 剣 バルジーナ 盾 タチフサグマ 剣 盾 H 太 ズルズキン 剣 バルジーナ 盾 剣 盾 ゴロンダ オーロンゲ キョダイマックス 巣 隠れ特性を持つポケモン I ネギガナイト 剣 キテルグマ 盾 オトスパス タイレーツ I 太 剣 盾.

次の

ポケモン剣盾 ソロでマックスレイドのススメ(対サーナイト編)【ポケットモンスター ソード・シールド】

サーナイト ダイ マックス

ひなたです。 マックスレイドバトルの仕様あれこれ 色々と通常のバトルと違う仕様のマックスレイドバトル。 今回はそんなマックスレイドバトルで色々試してみた結果を書いていこうと思います。 また、 キョックスできる個体かどうかは、シルエットを見ればわかるようになっています。 マホイップはわかりやすいですね。 キョックス+ともなると、なかなか出ないです……。 この場合、こだわりがなければ捕獲率が高くなるボールを使いましょう。 ダークボールなら昼夜問わずマックスレイドバトルで効果を発揮するようです。 積み技は無駄になる可能性アリ マックスレイドバトルの相手は、時々攻撃前に全体のステータス変化・特性を消してしまいます。 これをされてしまうと、相手のバリアを破壊した時の防御・特防ダウンすらも消えてしまいます。 以前の記事でを紹介しましたが、あくまでモスノウ用です。 にも使えなくはないですが、打ち消される可能性があることはご理解ください。 気付いたあれこれ ここからは、マックスレイドバトルで色々やってみた結果を書いていきます。 気付いた・見つけたことがあれば随時追記していきます。 トリック無効 スカーフ押し付けを狙ってトリックを使ってみましたが、無効でした。 トリックで相手を縛ることはできないようです。 ふういん出来ない 「出来ない」と書くべきかどうか……。 一応、 ふういん自体は決まります。 しかし、 ふういん状態にもかかわらず、普通にこちらの覚えている技と同じ技を撃ってきます。 マックスレイドの相手はックス状態にもかかわらず通常技を使用できるため、変な仕様が多いです。 眠りすら解除する謎の波動 ステータス変化を打ち消す波動ですが、何故か 相手の状態異常まで解除してしまいます。 眠り状態でも使用してくるため、眠らせて倒す……なんてことは出来ません。 元より、バリア中は変化技無効になるため、状態異常技を撃つ機会自体ありませんが……。 のろいは効く……が 実際のろいを撃つ暇があるかは別として、のろいは通ります。 ただし 効果は微々たるものなので、 HPを半分削ってまで使う価値は薄いです。 一撃必殺技について バリアを張っていない時は効かず、張っている時に効くという変わった仕様です。 しかも バリアを2ゲージ破壊します。 なんと固有のメッセージ付きです。 ただし、 ックス相手でもよく外れますので、使用する価値は……うん。 どく・やけどについて どく・やけど状態など、 割合ダメージはックスしていない状態のHPで計算するため、ダメージは非常に微々たるものになります。 しかも 波動で相手は状態異常を回復してくるため、 おにびやどくどくを撃つ意味はほとんどないです。 の追加効果はバリア貫通 のが使用する。 なぜか バリアを張っていても能力変化がリセットされます。 相手が積み技を使っている時は役に立つのですが、バリアを破った時に下がった防御・特防ダウンもリセットしてしまうのは……うん がむしゃらについて 相手のHPを自分のHPと同じにする「 がむしゃら」。 実際撃つとどうなるのか試しました。 ますは レベル60の で にがむしゃら。 ダメージ低いなぁ……。 どうやら「自分のHPと同じにする」わけではないようです。 次は同じに レベル100にした同じでがむしゃら。 ……あれ? 効果がありませんでした。 どうやら、「 自分のHPの方が高い場合は不発」の仕様が働いているようです。 ですが星5ックスのよりHPが高いなんてことは……。 おそらく「 ックス前のHP参照でダメージが通るか判定している」のだと思います。 また、 与えるダメージも「ックス前のHPを参照している」と推測できます。 どっちにしろ、そこまで有用な技ではありません。 おとなしく他の技を使った方がいいでしょう。 たこがための仕様 相手が逃げられなくなる上に毎ターン防御・特防を下げる「たこがため」ですが、たこがためを非バリア時に当てても、 相手がターン終了時点でバリアを張っている場合は防御・特防が下がりません。 ちなみに、 謎の波動でランク変化は解除されますが、たこがため状態は解除されません。 しかし、バリアを張っている方が長いマックスレイドバトル。 たこがためを採用するメリットはないと言っていいでしょう。 みずびたしの成否 バ リア時・非バリア時にかかわらず失敗します。 非バリア時は「うまく きまらなかった!」と表示され、バリア時は「ックスのちからで はじかれた!」と表示されます。 パワーシェアの効果 当然ですが、 バリア時無効です。 しかし、 非バリア時はちゃんと攻撃・特攻がシェアされます。 しかも 波動を使われてもシェア状態は解除されず、ツボツボのように攻撃系ステータスが低いでパワーシェアを使えば大幅な弱体化をさせることができます。 水タイプのに抜群の放電が急所に当たってもこの程度。 パワーシェアの使い手的に使用が難しいですが、 無効化されない弱体化としての価値は十分にありますね。 さて、今回はこの辺で。 また次回の更新でお会いしましょう。 hinata-nagare.

次の

【剣盾ダブルマスボ達成】ダイマックス弱保かるわざフォクスライ:ブロマガ

サーナイト ダイ マックス

【ポケモン剣盾】サーナイトの育成論と対策【ポケモン界の魔法使い】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回はサーナイトの育成論と対策を考えていきたいと思います。 ファンが多い割にはランクバトルではそこまで見かけないポケモンですが、果たしてどのような性能を持っているのでしょうか。 サーナイトの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【サーナイトの特徴1】特殊系S80族 サーナイトは特攻種族値は125とアタッカーとして十分使える火力を持っており、さらに特防は種族値はなんと115もあるのでHP種族値が68と心もとない気がしても、実際のところ不一致弱点くらいなら普通に耐えてくれます。 一方で物理方面はペラペラの紙耐久なので、物理アタッカー対面では上から(もしくはきあいのタスキで耐えて)1発入れる or 交代して引くという動きになりやすいです。 また、トゲキッスやシャンデラ、ウォーグルなどと同じS80族でありそのままでは早くもなく遅くもない中途半端な種族値なので使い方は意外と難しいポケモンです。 主に最速スカーフにしてドラパルトなどのドラゴンポケモンを上から殴って倒す、きあいのタスキで耐えて倒す、もしくはトリックルームをはって戦うという戦法をとります。 立ち回りの傾向としてはエスパー・フェアリー版シャンデラみたいな感じなのでよければシャンデラの育成論も合わせてどうぞ。 参考: 【サーナイトの特徴2】相手の戦術を読み取る特性:トレース サーナイトをあえて採用したい理由として一番大きいのはもしかすると特性トレースかもしれません。 というのも、トップメタのポケモンはドラパルトといいカビゴンといい様々な特性で様々な型がいます。 上級者になると選出前の並びや試合中の相手の立ち回りから型を推測するんですが、さすがに確実に当てることは難しいですし、初心者には到底難しい芸当です。 しかしサーナイトのトレースなら相手の特性がわかる=相手の戦術がわかるので相手の術中にはまる可能性を下げてこちらの戦術を通しやすくなります。 例えばドラパルトの特性がすりぬけなのかクリアボディなのかで、例えばサーナイトがおきみやげを無駄に打つ可能性をなくせますし、みがわりを無駄に打つ可能性もなくせます。 また、クリアボディの場合は弱点保険型が多いなどの傾向もあるため、弱点保険を発動させてしまう負けの一手を防ぐこともできます。 こういったことから、トレースによって戦術を組み立てるためにも、初手サーナイトはよく見かけます。 【サーナイトの特徴3】デブは苦手 サーナイトはデブが苦手です。 カビゴンですね。 カビゴンは僕の大好きなポケモンですが最強の特殊耐久を持っているので、HD無振りカビゴンですら特殊アタッカーのサーナイトでは刃が立ちません。 きあいだまで対抗できるとはいえ、命中不安がつきまとう上にダイマックスされるとどうしようもないので基本的にはカビゴンが増えるとサーナイトは減ってしまいます。 サーナイトのもう1つの武器であるトリックルームも、相手にカビゴンがいると逆に強化することになってしまうのでツライですね。 サーナイトの育成論と戦い方 前述の通りスカーフ型、トリックルーム型がよく見かける型ですが、主に特殊アタッカーを相手にするチョッキ型もたまにみかけます。 比較的広い対面で活躍可能で初心者から上級者までいろんなパーティで使いやすいのがスカーフサーナイトだと思います。 (トリックルーム型も強いんですがトリルパという特殊な構築のため。 ) 【サーナイトの育成論】スカーフサーナイト• 特性:トレース• 個体値:A抜け5V• もちもの:こだわりスカーフ• わざ:ムーンフォース・サイコキネシス・マジカルフレイム・トリック 特徴 基本ムーブは初手に投げてトレースで相手の特性から展開を予想しつつゲームメイクを考え、上から1撃を入れて後続に繋ぐという1ターンで2つの仕事をするのが理想です。 受けポケモン相手にはスカーフトリックを決めることで機能停止に追い込みます。 一応苦手なカビゴンも、のろい型であればスカーフトリックで封じることができるので、ラムカビゴンやチョッキカビゴンでなくのろいカビゴンであることがわかれば活躍できます。 そのため、はたきおとすを覚えるポケモン(タチフサグマ・ナットレイなど)と一緒に組んでうまく受け出ししてきたカビゴンの道具をはたきおとしつつ型を読み、サーナイトにすかさず交換してトリックを決める、なんてことができたら楽しいでしょう。 また、最速ドラパルトを抜く場合はスカーフでも臆病S236まで必要です。 ドラパルト速すぎますね。 スカーフトリックもこのサーナイトの強みの1つ。 わざ おそらくこの4つがサーナイトの技構成の基本形になります。 サイコキネシスは相手の後続にミミッキュがいるときに、ダイサイコで影打ちを封じることができるのでダイサイコをすべき相手を見抜けるようになってくるとサーナイト使いとして一流かもしれません。 相手が積んできそうな場合にスカーフトリックを決めると面白いように次のターンにダイマックスを切ってくるので、それを見越した選出をしておけばこちらのペースで試合を運ぶこともできます。 サーナイトのトリックをうまく使えるようになると魔法使いですね。 スカーフサーナイトを紹介をしているトレーナーがいたのではっておきますね。 サーナイトの対策 カビゴンがおすすめです。 相当カビゴンをメタったサーナイトでないとカビゴンに勝てないので、パーティにいるときは選出しておくといいでしょう。 ただしのろいカビゴンの場合はスカーフトリックには警戒しましょう。 初手に投げるポケモンは特性がバレてもいいポケモンがいいでしょう。 トレースによって特性はバレバレなので、意表を突く特性を持たせたポケモンを選出する場合はサーナイト対面にならないように注意しましょう。 (例えばハチマキはりきりトゲキッス、もらいびシャンデラなど) まとめ:【ポケモン剣盾】サーナイトの育成論と対策【ポケモン界の魔法使い】 いかがでしたでしょうか。 カビゴンが多い環境だとなかなか活躍が難しいと思われるポケモンですが、それ以外のパーティ相手なら安定した初手性能を発揮してくれると思います。 見た目も人気なポケモンなのでぜひ一度育てて使ってみてはいかがでしょうか。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 構築については下記記事もおすすめです。 「」 Youtuberなどゲーム実況やりたい方はこちらの記事もどうぞ。 実況しながら戦うのはかなり脳みそを使うので、ポケモンの上達も速いでしょう。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の