レポート表示に必要なユーザー属性データが不足しています。 サーバーとデータベースの接続に関する問題のトラブルシューティング

サイトコレクションの監査データを構成する

レポート表示に必要なユーザー属性データが不足しています

データベース エンジンのエラー Database engine errors• この記事の内容 以下の表では、エラー メッセージ番号とその説明 sys. messages カタログ ビューのエラー メッセージのテキスト を示します。 The table contains error message numbers and the description, which is the text of the error message from the sys. messages catalog view. 当てはまる場合、エラー番号は詳細情報のリンクとなっています。 Where applicable, the error number is a link to further information. このリストは全てを網羅しているわけではありません。 This list is not exhaustive. すべてのエラーの完全な一覧を表示するには、次のクエリを使用して、sys. messages カタログ ビューに対してクエリを実行します。 For a full list of all errors, query the sys. Timeout expired. 処理が完了する前にタイムアウト期間が経過したか、サーバーが応答していません。 The timeout period elapsed prior to completion of the operation or the server is not responding. Microsoft SQL Server、エラー: -2。 Microsoft SQL Server, Error: -2. サーバーへの接続を確立中にエラーが発生しました。 An error has occurred while establishing a connection to the server. SQL Server 2005 に接続している場合、既定の設定では SQL Server によるリモート接続が許可されていないために、このエラーが発生した可能性があります。 When connecting to SQL Server 2005, this failure may be caused by the fact that under the default settings SQL Server does not allow remote connections. プロバイダー:SQL Network Interfaces、エラー:28 - サーバーは要求されたプロトコルをサポートしていません Microsoft SQL Server、エラー: -1。 provider: SQL Network Interfaces, error: 28 - Server doesn't support requested protocol Microsoft SQL Server, Error: -1. サーバーへの接続を確立中にエラーが発生しました。 An error has occurred while establishing a connection to the server. SQL Server に接続している場合、既定の設定では SQL Server によるリモート接続が許可されていないために、このエラーが発生した可能性があります。 When connecting to SQL Server, this failure may be caused by the fact that under the default settings SQL Server does not allow remote connections. プロバイダー:名前付きパイプ プロバイダー、エラー:40 - SQL Server への接続を開けませんでした. Net SqlClient Data Provider provider: Named Pipes Provider, error: 40 - Could not open a connection to SQL Server. エラーと発生時刻を記録してシステム管理者に連絡してください。 Note the error and time, and contact your system administrator. サーバーへの接続を確立中にエラーが発生しました。 An error has occurred while establishing a connection to the server. SQL Server に接続している場合、既定の設定では SQL Server によるリモート接続が許可されていないために、このエラーが発生した可能性があります。 When connecting to SQL Server, this failure may be caused by the fact that under the default settings SQL Server does not allow remote connections. プロバイダー:名前付きパイプ プロバイダー、エラー:40 - SQL Server への接続を開けませんでした. Net SqlClient Data Provider。 provider: Named Pipes Provider, error: 40 - Could not open a connection to SQL Server. Net SqlClient Data Provider. 101 101 15 15 いいえ No クエリは Waitfor では許可されません。 Query not allowed in Wait for. 104 104 15 15 いいえ No ステートメントが UNION、INTERSECT、EXCEPT のいずれかの演算子を含んでいるときは、選択リスト内に ORDER BY 項目が必要です。 ORDER BY items must appear in the select list if the statement contains a UNION, INTERSECT or EXCEPT operator. 106 106 16 16 いいえ No クエリ内にテーブル名が多すぎます。 Too many table names in the query. 109 109 15 15 いいえ No VALUES 句で指定された値よりも INSERT ステートメントの列数が多すぎます。 There are more columns in the INSERT statement than values specified in the VALUES clause. VALUES 句の値の数は、INSERT ステートメントで指定される列数と一致させてください。 The number of values in the VALUES clause must match the number of columns specified in the INSERT statement. 110 110 15 15 いいえ No VALUES 句で指定された値よりも INSERT ステートメントの列数が少なすぎます。 There are fewer columns in the INSERT statement than values specified in the VALUES clause. VALUES 句の値の数は、INSERT ステートメントで指定される列数と一致させてください。 The number of values in the VALUES clause must match the number of columns specified in the INSERT statement. 114 114 15 15 いいえ No 変数に値を代入するステートメントでは、ブラウズ モードは無効です。 Browse mode is invalid for a statement that assigns values to a variable. 115 115 15 15 いいえ No FOR UPDATE 句は、set 演算子を含むステートメントでは無効です。 The FOR UPDATE clause is invalid for statements containing set operators. 116 116 15 15 いいえ No EXISTS を使用しないサブクエリでは、サブクエリの選択リストには、式を 1 つだけしか指定できません。 Only one expression can be specified in the select list when the subquery is not introduced with EXISTS. 120 120 15 15 いいえ No INSERT ステートメントの SELECT リストは INSERT リストよりも項目数が少なくなっています。 The select list for the INSERT statement contains fewer items than the insert list. SELECT の値の数は、INSERT 列の数と一致させてください。 The number of SELECT values must match the number of INSERT columns. 121 121 15 15 いいえ No NSERT ステートメントの SELECT リストは INSERT リストよりも項目数が多くなっています。 The select list for the INSERT statement contains more items than the insert list. SELECT の値の数は、INSERT 列の数と一致させてください。 The number of SELECT values must match the number of INSERT columns. 124 124 15 15 いいえ No CREATE PROCEDURE にステートメントがありません。 CREATE PROCEDURE contains no statements. 127 127 15 15 いいえ No TOP N 値を負の値にすることはできません。 A TOP N value may not be negative. 有効な表記は定数、定数表記、および コンテキストによっては 変数です。 Valid expressions are constants, constant expressions, and in some contexts variables. 列名は許可されません。 Column names are not permitted. Fillfactor には 1 から 100 までの値を指定してください。 130 130 16 16 いいえ No 集計やサブクエリを含む式に対して集計関数を実行することはできません。 Cannot perform an aggregate function on an expression containing an aggregate or a subquery. ラベル名は、クエリ バッチまたはストアド プロシージャ内で一意にしてください。 Label names must be unique within a query batch or stored procedure. 変数名は、クエリ バッチまたはストアド プロシージャ内で一意にしてください。 Variable names must be unique within a query batch or stored procedure. 135 135 15 15 いいえ No WHILE ステートメントのスコープ外では BREAK ステートメントを使用できません。 Cannot use a BREAK statement outside the scope of a WHILE statement. 136 136 15 15 いいえ No WHILE ステートメントのスコープ外では CONTINUE ステートメントを使用できません。 Cannot use a CONTINUE statement outside the scope of a WHILE statement. 138 138 15 15 いいえ No サブクエリでは相関関係句は許可されません。 Correlation clause in a subquery not permitted. 139 139 15 15 いいえ No ローカル変数に既定値を代入できません。 Cannot assign a default value to a local variable. 140 140 15 15 いいえ No CREATE TRIGGER ステートメント内では、IF UPDATE しか使用できません。 Can only use IF UPDATE within a CREATE TRIGGER statement. 141 141 15 15 いいえ No 変数に値を代入する SELECT ステートメントを、データ取得操作と組み合わせることはできません。 A SELECT statement that assigns a value to a variable must not be combined with data-retrieval operations. 143 143 15 15 いいえ No COMPUTE BY 項目が、ORDER BY リスト内に見つかりませんでした。 A COMPUTE BY item was not found in the order by list. COMPUTE BY リスト内のすべての式は、ORDER BY リスト内にも記述する必要があります。 All expressions in the compute by list must also be present in the order by list. 144 144 15 15 いいえ No ROUP BY 句の GROUP BY リストに使用される式内では、集計またはサブクエリは使用できません。 Cannot use an aggregate or a subquery in an expression used for the group by list of a GROUP BY clause. 145 145 15 15 いいえ No SELECT DISTINCT が指定されている場合、選択リストに ORDER BY 項目が必要です。 ORDER BY items must appear in the select list if SELECT DISTINCT is specified. 146 146 15 15 いいえ No サブクエリの補助テーブルを割り当てることができませんでした。 Could not allocate ancillary table for a subquery. 147 147 15 15 いいえ No 集計が HAVING 句または選択リスト内のサブクエリにある場合、および集計する列が外部参照の場合にだけ、WHERE 句に集計を含めることができます。 An aggregate may not appear in the WHERE clause unless it is in a subquery contained in a HAVING clause or a select list, and the column being aggregated is an outer reference. 150 150 15 15 いいえ No 外部結合の両項は列を含む必要があります。 Both terms of an outer join must contain columns. 157 157 15 15 いいえ No UPDATE ステートメントの SET リストには集計を含めることはできません。 An aggregate may not appear in the set list of an UPDATE statement. 158 158 15 15 いいえ No OUTPUT 句には集計を含めることはできません。 An aggregate may not appear in the OUTPUT clause. 159 159 15 15 いいえ No DROP INDEX ステートメントにはテーブル名とインデックス名を指定してください。 Must specify the table name and index name for the DROP INDEX statement. 160 160 15 15 いいえ No ルールに変数がありません。 Rule does not contain a variable. 161 161 15 15 いいえ No ルールが複数の変数を保持しています。 Rule contains more than one variable. 162 162 15 15 いいえ No TOP 句内の式が無効です。 Invalid expression in the TOP clause. 163 163 15 15 いいえ No COMPUTE BY リストが ORDER BY リストと一致しません。 The compute by list does not match the order by list. 164 164 15 15 いいえ No 各 GROUP BY 式には、外部参照ではない列が少なくとも 1 列含まれている必要があります。 Each GROUP BY expression must contain at least one column that is not an outer reference. 169 169 15 15 いいえ No 列が ORDER BY リスト内で複数回指定されました。 A column has been specified more than once in the order by list. ORDER BY リスト内の列は一意になるようにしてください。 Columns in the order by list must be unique. 171 171 15 15 いいえ No INSERT、SELECT INTO、または UPDATE ステートメントではブラウズ モードを使用できません。 Browse mode cannot be used with INSERT, SELECT INTO, or UPDATE statements. 172 172 15 15 いいえ No ブラウズ モードでは、HOLDLOCK は使用できません。 Cannot use HOLDLOCK in browse mode. 175 175 15 15 いいえ No 計算列の式またはチェック制約には集計を含めることはできません。 An aggregate may not appear in a computed column expression or check constraint. 176 176 15 15 いいえ No FOR BROWSE 句はビューでサポートされなくなりました。 The FOR BROWSE clause is no longer supported in views. このステートメントを有効にするには、このステートメントのデータベース互換性レベルを 80 以下に設定してください。 Set the database compatibility level to 80 or lower for this statement to be allowed. 177 177 15 15 いいえ No IDENTITY 関数は、SELECT ステートメントに INTO 句があるときにだけ使用できます。 The IDENTITY function can only be used when the SELECT statement has an INTO clause. 178 178 15 15 いいえ No このコンテキストでは、戻り値を返す RETURN ステートメントは使用できません。 A RETURN statement with a return value cannot be used in this context. 179 179 15 15 いいえ No ストアド プロシージャに定数を渡すときに OUTPUT オプションは使用できません。 Cannot use the OUTPUT option when passing a constant to a stored procedure. 181 181 15 15 いいえ No DECLARE ステートメント、CREATE AGGREGATE ステートメント、または CREATE FUNCTION ステートメントでは OUTPUT オプションを使用できません。 Cannot use the OUTPUT option in a DECLARE, CREATE AGGREGATE or CREATE FUNCTION statement. 182 182 15 15 いいえ No READTEXT または WRITETEXT ユーティリティには、テーブル名と列名を指定してください。 Table and column names must be supplied for the READTEXT or WRITETEXT utility. 184 184 16 16 いいえ No コンテンツの種類が同じファイル グループでは、DEFAULT を複数指定できません。 DEFAULT cannot be specified more than once for filegroups of the same content type. 185 185 15 15 いいえ No データ ストリームは、一括形式の WRITETEXT ステートメントでは無効です。 Data stream is invalid for WRITETEXT statement in bulk form. 186 186 15 15 いいえ No WRITETEXT ステートメントにデータ ストリームがありません。 Data stream missing from WRITETEXT statement. 188 188 15 15 いいえ No CREATE DATABASE ステートメントでログ ファイルを指定するには、少なくとも 1 つのデータ ファイルを指定する必要があります。 Cannot specify a log file in a CREATE DATABASE statement without also specifying at least one data file. 190 190 15 15 いいえ No ステートメントで無効な日付または時刻が指定されました。 An invalid date or time was specified in the statement. 191 191 15 15 いいえ No SQL ステートメントの一部の入れ子が深すぎます。 Some part of your SQL statement is nested too deeply. クエリを書き直すか、もっと小さなクエリに分割してください。 Rewrite the query or break it up into smaller queries. 192 192 16 16 いいえ No 小数点以下桁数は有効桁数の値以下で指定してください。 The scale must be less than or equal to the precision. 194 194 15 15 いいえ No SELECT INTO ステートメントに、変数に値を代入する SELECT ステートメントを含めることはできません。 A SELECT INTO statement cannot contain a SELECT statement that assigns values to a variable. 196 196 15 15 いいえ No UNION、INTERSECT、または EXCEPT 演算子を含んでいるステートメントでは、SELECT INTO を最初のクエリにしてください。 SELECT INTO must be the first query in a statement containing a UNION, INTERSECT or EXCEPT operator. 197 197 15 15 いいえ No テーブル変数に挿入しているときは、挿入元として EXECUTE は使用できません。 EXECUTE cannot be used as a source when inserting into a table variable. 198 198 15 15 いいえ No UNION 演算子、INTERSECT 演算子、または EXCEPT 演算子を含むステートメントではブラウズ モードは無効です。 Browse mode is invalid for statements containing a UNION, INTERSECT or EXCEPT operator. 199 199 15 15 いいえ No INSERT ステートメントに、変数に値を代入する SELECT ステートメントを含めることはできません。 An INSERT statement cannot contain a SELECT statement that assigns values to a variable. ls' が必要ですが、指定されませんでした。 ls', which was not supplied. WAITFOR DELAY では INT と SMALLINT もサポートされます。 WAITFOR DELAY supports the INT and SMALLINT data types. 205 205 16 16 いいえ No UNION 演算子、INTERSECT 演算子または EXCEPT 演算子を使用して組み合わされたすべてのクエリには、クエリの対象となるリスト内の式と同じ数の式を含める必要があります。 All queries combined using a UNION, INTERSECT or EXCEPT operator must have an equal number of expressions in their target lists. 211 211 23 23 はい Yes スキーマが壊れている可能性があります。 Possible schema corruption. DBCC CHECKCATALOG を実行してください。 Run DBCC CHECKCATALOG. 212 212 16 16 いいえ No 式の結果の長さが最大値を超えています。 Expression result length exceeds the maximum. 213 213 16 16 いいえ No 列名または指定された値の数がテーブルの定義と一致しません。 Column name or number of supplied values does not match table definition. テーブル ヒントとしてパラメーターを指定する場合、WITH キーワードが必要です。 If the parameters are intended as a table hint, a WITH keyword is required. 存在しないか、必要な権限がありません。 Either it does not exist or you do not have the necessary permission. ls'。 ls'. 231 231 11 11 いいえ No このような既定値はありません。 No such default. ls' は NULL にできません。 ls' cannot be null. サーバーとの接続は正常に確立されましたが、ログイン プロセスでエラーが発生しました。 A connection was successfully established with the server, but then an error occurred during the login process. プロバイダー:共有メモリ プロバイダー、エラー:0 - パイプの他端にプロセスがありません。 Microsoft SQL Server、エラー:233 provider: Shared Memory Provider, error: 0 - No process is on the other end of the pipe. 235 235 16 16 いいえ No char 値を money に変換できません。 Cannot convert a char value to money. char 値に不適切な構文があります。 The char value has incorrect syntax. 236 236 16 16 いいえ No CHAR データ型から MONEY への変換の結果、MONEY でオーバーフロー エラーが発生しました。 The conversion from char data type to money resulted in a money overflow error. ls" で、アンカーの型と再帰部分の型が一致していません。 ls". 241 241 16 16 いいえ No 文字列から日付と時刻、またはそのいずれかへの変換中に、変換が失敗しました。 より大きい整数型の列を使用してください。 Use a larger integer column. 251 251 16 16 いいえ No クエリの最適化のために補助テーブルを割り当てられませんでした。 Could not allocate ancillary table for query optimization. 254 254 16 16 いいえ No PIVOT 演算子の列リストではプレフィックス付きの列は許可されません。 Prefixed columns are not allowed in the column list of a PIVOT operator. 255 255 16 16 いいえ No PIVOT 演算子の列リストでは擬似列は許可されません。 Pseudocolumns are not allowed in the column list of a PIVOT operator. CONVERT 関数を使用して、このクエリを実行してください。 Use the CONVERT function to run this query. 259 259 16 16 いいえ No システム カタログへのアドホック更新は許可されません。 Ad hoc updates to system catalogs are not allowed. ls'. CONVERT 関数を使用して、このクエリを実行してください。 Use the CONVERT function to run this query. 263 263 16 16 いいえ No SELECT FROM にはテーブルを指定してください。 Must specify table to select from. ls' が複数回指定されています。 1 つの SET 句で 1 つの列に複数の値を割り当てることはできません。 列の更新が一度だけになるように SET 句を変更してください。 ls' がビュー定義に 2 回含められることがあります。 ls' is specified more than once in the SET clause. A column cannot be assigned more than one value in the same SET clause. Modify the SET clause to make sure that a column is updated only once. ls' may appear twice in the view definition. 266 266 16 16 いいえ No EXECUTE 後のトランザクション数は、BEGIN ステートメントと COMMIT ステートメントの数が一致していないことを示しています。 Transaction count after EXECUTE indicates a mismatching number of BEGIN and COMMIT statements. 268 268 16 16 いいえ No このデータベースでは SELECT INTO を実行できません。 Cannot run SELECT INTO in this database. この列は、計算列か UNION 演算子の結果のいずれかです。 272 272 16 16 いいえ No timestamp 列は更新できません。 Cannot update a timestamp column. 273 273 16 16 いいえ No timestamp 列に明示的な値を挿入できません。 Cannot insert an explicit value into a timestamp column. timestamp 列を除外する列リストを指定して INSERT を使用するか、timestamp 列に DEFAULT を挿入してください。 Use INSERT with a column list to exclude the timestamp column, or insert a DEFAULT into the timestamp column. 275 275 16 16 いいえ No UNPIVOT 演算子の値またはピボット列ではプレフィックスは許可されません。 Prefixes are not allowed in value or pivot columns of an UNPIVOT operator. 276 276 16 16 いいえ No UNPIVOT 演算子の値またはピボット列として擬似列は許可されません。 Pseudocolumns are not allowed as value or pivot columns of an UNPIVOT operator. 278 278 16 16 いいえ No text、ntext、および image データ型を GROUP BY 句で使用することはできません。 The text, ntext, and image data types cannot be used in a GROUP BY clause. 279 279 16 16 いいえ No text、ntext、および image データ型は、サブクエリまたは集計式では無効です。 The text, ntext, and image data types are invalid in this subquery or aggregate expression. 280 280 16 16 いいえ No EXTPTR 関数で使用できるのはベース テーブルの列だけです。 Only base table columns are allowed in the TEXTPTR function. 代わりにステータス 0 を返します。 A status of 0 will be returned instead. 283 283 16 16 いいえ No NSTEAD OF トリガー内で挿入または削除されたテーブルでは READTEXT を使用できません。 READTEXT cannot be used on inserted or deleted tables within an INSTEAD OF trigger. 284 284 16 16 いいえ No ルールは、text、ntext、または image データ型にバインドできません。 Rules cannot be bound to text, ntext, or image data types. 285 285 16 16 いいえ No READTEXT、WRITETEXT、および UPDATETEXT ステートメントは、ビューまたは関数では使用できません。 The READTEXT, WRITETEXT, and UPDATETEXT statements cannot be used with views or functions. 286 286 16 16 いいえ No 論理テーブルの INSERTED および DELETED は更新できません。 The logical tables INSERTED and DELETED cannot be updated. 288 288 16 16 いいえ No PATINDEX 関数は、char、nchar、varchar、nvarchar、text、および ntext データ型だけで機能します。 The PATINDEX function operates on char, nchar, varchar, nvarchar, text, and ntext data types only. 293 293 16 16 いいえ No char 値を smallmoney に変換できません。 Cannot convert char value to smallmoney. char 値に不適切な構文があります。 The char value has incorrect syntax. 294 294 16 16 いいえ No CHAR データ型から SMALLMONEY データ型への変換は、SMALLMONEY でオーバーフロー エラーによって失敗しました。 The conversion from char data type to smallmoney data type resulted in a smallmoney overflow error. 295 295 16 16 いいえ No 文字列から smalldatetime データ型に変換中、変換に失敗しました。 Conversion failed when converting character string to smalldatetime data type. 297 297 16 16 いいえ No ユーザーにはこの操作を実行する権限がありません。 The user does not have permission to perform this action. ls'。 ls'. 301 301 16 16 いいえ No 外部結合要求を含むクエリは許可されません。 Query contains an outer-join request that is not permitted. 302 302 16 16 いいえ No newsequentialid 組み込み関数は、CREATE TABLE ステートメントまたは ALTER TABLE ステートメントの 'uniqueidentifier' 型の列の DEFAULT 式でのみ使用できます。 The newsequentialid built-in function can only be used in a DEFAULT expression for a column of type 'uniqueidentifier' in a CREATE TABLE or ALTER TABLE statement. 他の演算子と組み合わせて複雑なスカラー式を作成することはできません。 It cannot be combined with other operators to form a complex scalar expression. テーブルが通常の JOIN 句にも使用されている場合は許可されません。 This is not allowed if the table also participates in a regular join clause. 305 305 16 16 いいえ No IS NULL 演算子を使用する場合を除き、XML データ型の比較や並べ替えは行えません。 The XML data type cannot be compared or sorted, except when using the IS NULL operator. 306 306 16 16 いいえ No text、ntext および image データ型は、IS NULL 演算子または LIKE 演算子を使用しているときを除いて比較または並べ替えできません。 The text, ntext, and image data types cannot be compared or sorted, except when using IS NULL or LIKE operator. ls' は存在しません。 ls' specified in the FROM clause does not exist. ls" は使用できません。 ls" in a hint. ヒントでは XML インデックスは許可されません。 XML indexes are not allowed in hints. 311 311 16 16 いいえ No '挿入された' テーブルおよび '削除された' テーブルでは、text 列、ntext 列、または image 列を使用できません。 Cannot use text, ntext, or image columns in the 'inserted' and 'deleted' tables. 312 312 16 16 いいえ No フィルター ストアド プロシージャでは、text、ntext、または image 列は参照できません。 Cannot reference text, ntext, or image columns in a filter stored procedure. 314 314 16 16 いいえ No 特殊なテーブルの INSERTED または DELETED では GROUP BY ALL を使用できません。 Cannot use GROUP BY ALL with the special tables INSERTED or DELETED. ls" は無効であるか、またはオンラインでないファイル グループに存在しています。 ls" specified in the FROM clause is disabled or resides in a filegroup which is not online. 318 318 16 16 いいえ No テーブル値メソッドから返されたテーブル およびその列 には別名を付ける必要があります。 The table and its columns returned by a table-valued method need to be aliased. 319 319 16 16 いいえ No キーワード 'with' 付近に不適切な構文があります。 Incorrect syntax near the keyword 'with'. このステートメントが共通テーブル式、xmlnamespaces 句、または変更追跡コンテキストの句の場合は、前のステートメントをセミコロンで終了してください。 If this statement is a common table expression, an xmlnamespaces clause or a change tracking context clause, the previous statement must be terminated with a semicolon. 使用目的がテーブル値関数または CHANGETABLE 関数のパラメーターの場合は、データベース互換性モードが 90 に設定されていることを確認してください。 If it is intended as a parameter to a table-valued function or to the CHANGETABLE function, ensure that your database compatibility mode is set to 90. 323 323 16 16 いいえ No INTERSECT 演算子または EXCEPT 演算子を含むステートメントでは、'COMPUTE' 句は許可されません。 The 'COMPUTE' clause is not allowed in a statement containing an INTERSECT or EXCEPT operator. 現在のデータベースの互換性レベルを高い値に設定し、この機能を有効にする必要があります。 You may need to set the compatibility level of the current database to a higher value to enable this feature. ls' はあいまいです。 ls' is ambiguous. この名前を持つユーザー定義関数とメソッドの呼び出しの両方が存在します。 328 328 16 16 いいえ No 指定されたステートメントに対するカーソル プランを生成できませんでした。 textptr 関数がベース テーブルのいずれかの LOB 列で使用されました。 A cursor plan could not be generated for the given statement because the textptr function was used on a LOB column from one of the base tables. 329 329 16 16 いいえ No 各 GROUP BY 式には、少なくとも 1 つの列参照が含まれている必要があります。 Each GROUP BY expression must contain at least one column reference. ' を、 主キー、外部キー リレーションシップのどちらにも配置できません。 335 335 16 16 いいえ No DELETE ステートメントまたは UPDATE ステートメントの FROM 句内で関数呼び出しを使用して対象のテーブルを一致させることはできません。 Function call cannot be used to match a target table in the FROM clause of a DELETE or UPDATE statement. これが共通テーブル式の場合は、前のステートメントをセミコロンで明示的に終了してください。 If this is intended to be a common table expression, you need to explicitly terminate the previous statement with a semi-colon. この値は 0 と見なされます。 It will be interpreted as 0. 338 338 16 16 いいえ No READTEXT、WRITETEXT、および UPDATETEXT ステートメントは、ビュー、リモート テーブル、およびトリガー内で挿入または削除されたテーブルでは使用できません。 READEXT, WRITETEXT, and UPDATETEXT statements cannot be used with views, remote tables, and inserted or deleted tables inside triggers. 339 339 16 16 いいえ No DEFAULT または NULL は明示的な ID 値として許可されません。 DEFAULT or NULL are not allowed as explicit identity values. ls" を作成できません。 ls". AFTER トリガーはビューに作成できません。 AFTER triggers cannot be created on views. 341 341 16 16 いいえ No レプリケーション フィルター プロシージャには、ラージ オブジェクト、大きな値、XML、または CLR 型の列を含めることはできません。 Replication filter procedures may not contain columns of large object, large value, XML or CLR type. ls" が見つかりませんでした。 ls" could not be found. ls' が見つからなかったかあいまいです。 ls' could not be found or is ambiguous. この関数は、ユーザーまたはシステムのデータ アクセスを実行するか、このアクセスを実行するように想定されています。 関数は、スキーマ バインドされていない場合、既定でデータ アクセスを実行すると想定されます。 A function is assumed by default to perform data access if it is not schemabound. ls" という名前のパラメーターがありません。 ls". 列にユーザー定義テーブル型を指定することはできません。 A column cannot be of a user-defined table type. ls が見つかりません。 その理由は、この関数がユーザー データまたはシステム データのアクセスを実行するものであるか、そのように見なされるためです。 This is because the function performs user or system data access, or is assumed to perform this access. 既定では、関数がスキーマ バインドでない場合、データ アクセスを実行すると見なされます。 By default, a function is assumed to perform data access if it is not schema-bound. ' に有効化されたルールを指定することはできません。 15 15 いいえ No INSERT、UPDATE、または MERGE ステートメントの対象の列リストには、スパース列と、スパース列を含む列セットの両方を含めることはできません。 The target column list of an INSERT, UPDATE, or MERGE statement cannot contain both a sparse column and the column set that contains the sparse column. スパース列と列セットの両方ではなく、いずれかを含めるようにステートメントを書き直してください。 Rewrite the statement to include either the sparse column or the column set, but not both. この合計数には、ID 列、タイムスタンプ列、および、既定値を含む列が含まれます。 This total number includes identity, timestamp, and columns that have default values. このエラーを修正するには、単一のスパース列ではなく、スパース列セットを対象とするようにクエリを変更してください。 To correct this error, change the query to target a sparse column set instead of single sparse columns. 403 403 16 16 いいえ No データ型の演算子が無効です。 Invalid operator for data type. 404 404 16 16 いいえ No 列参照 "inserted. このステートメントでは変更されていないベース テーブルを参照しています。 The column reference "inserted. 405 405 16 16 いいえ No OUTPUT 句または入れ子になった DML ステートメントを含むステートメントでは、リモート テーブルを DML の対象として使用できません。 A remote table cannot be used as a DML target in a statement which includes an OUTPUT clause or a nested DML statement. 407 407 16 16 いいえ No 内部エラーです。 Internal error. この列は派生されているか、定数です。 414 414 16 16 いいえ No UPDATE は許可されません。 このビューは結合に参加していて、INSTEAD OF DELETE トリガーを保持しています。 417 417 16 16 いいえ No パーティション ビューに対する UPDATE ステートメントまたは DELETE ステートメントでは、TOP を使用できません。 TOP is not allowed in an UPDATE or DELETE statement against a partitioned view. 418 418 16 16 いいえ No CLR 型の列を公開するオブジェクトは、分散クエリでは許可されません。 Objects exposing CLR type columns are not allowed in distributed queries. 422 422 16 16 いいえ No 共通テーブル式が定義されましたが使用されませんでした。 Common table expression defined but not used. 423 423 16 16 いいえ No XML データ型のメソッドは、CHECK 制約ではサポートされません。 Xml data type methods are not supported in check constraints. スカラー ユーザー定義関数を作成して、メソッドの呼び出しをラップしてください。 Create a scalar user-defined function to wrap the method invocation. 424 424 16 16 いいえ No XML データ型のメソッドは、テーブル変数の計算列の定義ではサポートされず、テーブル値関数のテーブルを返します。 Xml data type methods are not supported in computed column definitions of table variables and return tables of table-valued functions. ls" でエラーが発生しました。 DBCC CHECKCATALOG を実行して、データベースの整合性を確認してください。 Run DBCC CHECKCATALOG to verify the integrity of the database. 428 428 16 16 いいえ No 複数のステートメントが含まれたバッチでは一括挿入は使用できません。 Insert bulk cannot be used in a multi-statement batch. 432 432 16 16 いいえ No XML データ型のメソッドは、CHECK 制約ではサポートされなくなりました。 Xml data type methods are not supported in check constraints anymore. 制約を削除するか、またはスカラー ユーザー定義関数を作成してメソッドの呼び出しをラップしてください。 Please drop the constraint or create a scalar user-defined function to wrap the method invocation. 435 435 16 16 いいえ No XML データ型のメソッドは、計算列の定義ではサポートされません。 Xml data type methods are not supported in computed column definitions. スカラー ユーザー定義関数を作成して、メソッドの呼び出しをラップしてください。 Create a scalar user-defined function to wrap the method invocation. ls" でエラーが発生しました。 438 438 16 16 いいえ No XML データ型のメソッドはルールには使用できません。 Xml data type methods are not allowed in rules. 440 440 16 16 いいえ No 内部クエリのコンパイル エラー。 Internal query compilation error. スタック オーバーフローを処理できませんでした。 The stack overflow could not be handled. 442 442 16 16 いいえ No NEST 引数は列参照にする必要があります。 The NEST argument must be a column reference. 式は許可されません。 Expressions are not allowed. 444 444 16 16 いいえ No 関数内に含まれる SELECT ステートメントは、クライアントにデータを返せません。 Select statements included within a function cannot return data to a client. 445 445 16 16 いいえ No COLLATE 句は、COLLATE 句を含む式では使用できません。 COLLATE clause cannot be used on expressions containing a COLLATE clause. ls' の COLLATE 句で照合順序が競合しています。 ls'. 450 450 16 16 いいえ No text データ型ではコード ページ変換はサポートされません。 Code page translations are not supported for the text data type. 452 452 16 16 いいえ No COLLATE 句はユーザー定義データ型では使用できません。 COLLATE clause cannot be used on user-defined data types. データベース レベルやサーバー レベルでは設定できません。 454 454 16 16 いいえ No UNNEST 引数は、入れ子になったテーブル列に指定してください。 The UNNEST argument must be a nested table column. 455 455 16 16 いいえ No FUNCTION 内に含まれる最後のステートメントは RETURN ステートメントにしてください。 The last statement included within a function must be a return statement. ls". xml 列では、異なるデータベースのスキーマを参照できません。 Xml columns cannot refer to schemata across databases. char、varchar、text データ型には適用できません。 465 465 16 16 いいえ No 再帰参照はサブクエリでは許可されません。 Recursive references are not allowed in subqueries. ls" 間での照合順序の競合を解決できません。 ls" を参照しました。 ls". シノニムのチェーンは許可されません。 Synonym chaining is not allowed. 475 475 16 16 いいえ No SAMPLE 句が無効です。 Invalid SAMPLE clause. SELECT、UPDATE、および DELETE クエリの FROM 句でサンプリングできるのはテーブル名だけです。 Only table names in the FROM clause of SELECT, UPDATE, and DELETE queries may be sampled. PERCENT tablesample のサイズは 0 から 100 までの範囲で指定してください。 The PERCENT tablesample size must be between 0 and 100. この値またはシードには整数値を指定してください。 The value or seed must be an integer. 478 478 16 16 いいえ No ビュー定義またはインライン テーブル関数定義では、TABLESAMPLE 句を使用できません。 The TABLESAMPLE clause cannot be used in a view definition or inline table function definition. この値またはシードには 0 より大きい値を指定してください。 The value or seed must be greater than 0. 482 482 16 16 いいえ No TABLESAMPLE 句または REPEATABLE 句に、定数以外または無効な式があります。 Non-constant or invalid expression is in the TABLESAMPLE or the REPEATABLE clause. 483 483 16 16 いいえ No INSERT... EXEC ステートメントでは OUTPUT 句を使用できません。 The OUTPUT clause cannot be used in an INSERT... EXEC statement. 485 485 16 16 いいえ No ビューとインライン関数は、現在のデータベース以外のデータベースに登録されたスキーマ コレクションを使用して型指定された xml 列を返せません。 Views and inline functions cannot return xml columns that are typed with a schema collection registered in a database other than current. 490 490 16 16 いいえ No 再同期機能は一時的に無効になっています。 The resync functionality is temporarily disabled. 491 491 16 16 いいえ No FROM 句の一括行セットには相関名を指定してください。 A correlation name must be specified for the bulk rowset in the from clause. 492 492 16 16 いいえ No OPENQUERY および OPENROWSET を使用して取得した結果セットには、重複する列名を使用できません。 Duplicate column names are not allowed in result sets obtained through OPENQUERY and OPENROWSET. 4 つの XML データ型メソッド exist 、nodes 、query 、value のいずれか、または IS NULL チェックと IS NOT NULL チェックでのみ使用できます。 It can only be used with one of the four XML data type methods, exist , nodes , query , and value , or in IS NULL and IS NOT NULL checks. 494 494 16 16 いいえ No ABLESAMPLE 句は、ローカル テーブルだけに使用できます。 The TABLESAMPLE clause can only be used with local tables. 497 497 16 16 いいえ No ABLESAMPLE 句または REPEATABLE 句では変数は許可されません。 Variables are not allowed in the TABLESAMPLE or REPEATABLE clauses. 498 498 16 16 いいえ No TABLESAMPLE 句または REPEATABLE 句内の値が無効です。 Invalid value in the TABLESAMPLE or the REPEATABLE clause. 499 499 16 16 いいえ No getchecksum 関数のパラメーターは無効です。 Invalid parameter for the getchecksum function. データベースの変更は許可されません。 Changing databases is not allowed. 507 507 16 16 いいえ No SET ROWCOUNT の引数が無効です。 Invalid argument for SET ROWCOUNT. NULL 以外の負でない整数を指定してください。 Must be a non-null non-negative integer. 510 510 16 16 いいえ No 許容最大行数を超える作業テーブル行は作成できません。 Cannot create a worktable row larger than allowable maximum. ROBUST PLAN ヒントを指定してクエリを再実行してください。 Resubmit your query with the ROBUST PLAN hint. 512 512 16 16 いいえ No サブクエリは複数の値を返しました。 Subquery returned more than 1 value. 513 513 16 16 いいえ No 列の挿入または更新が、以前の CREATE RULE ステートメントで設定されたルールに従っていません。 A column insert or update conflicts with a rule imposed by a previous CREATE RULE statement. ステートメントを終了しました。 The statement was terminated. ls' に値 NULL を挿入できません。 この列では NULL 値が許可されていません。 ls'; column does not allow nulls. 522 522 16 16 いいえ No WAITFOR スレッドが解放されました。 The WAITFOR thread was evicted. 523 523 16 16 いいえ No 別の未処理の結果セットがまだアクティブの間に、トリガーから結果セットが返されたか、トリガーが SET NOCOUNT OFF で実行されました。 524 524 16 16 いいえ No トリガーから結果セットが返されましたが、サーバー オプション 'disallow results from triggers' は true です。 A trigger returned a resultset and the server option 'disallow results from triggers' is true. に変換できません。 4 つの XML データ型メソッド exist 、nodes 、query 、value のいずれか、または IS NULL チェックと IS NOT NULL チェックでのみ使用できます。 It can only be used with one of the four XML data type methods, exist , nodes , query , and value , or in IS NULL and IS NOT NULL checks. CONVERT 関数を使用して、このクエリを実行してください。 Use the CONVERT function to run this query. 527 527 16 16 いいえ No 異なる XML スキーマ コレクションによって制約された XML 型間の暗黙の変換は許可されません。 Implicit conversion between XML types constrained by different XML schema collections is not allowed. CONVERT 関数を使用して、このクエリを実行してください。 Use the CONVERT function to run this query. 530 530 16 16 いいえ No ステートメントが終了しました。 The statement terminated. 531 531 10 10 いいえ No トリガー実行中には NOCOUNT を OFF に設定できません。 533 533 10 10 いいえ No データベースの互換性が 90 以外の場合は、トリガー実行中に XACT ABORT を OFF に設定できません。 Cannot set XACT ABORT to OFF inside the trigger execution unless the database compatibility is 90. ls' のエディションではサポートされていないので失敗しました。 ls'. SQL Server の各エディションでサポートされている機能の詳細については、オンライン ブックを参照してください。 See books online for more details on feature support in different SQL Server editions. 535 535 16 16 いいえ No datediff 関数でオーバーフローが発生しました。 The datediff function resulted in an overflow. datediff で指定する日付要素の単位を大きくしてみてください。 Try to use datediff with a less precise datepart. 537 537 16 16 いいえ No LEFT 関数または SUBSTRING 関数に渡した長さのパラメーターが無効です。 Invalid length parameter passed to the LEFT or SUBSTRING function. 539 539 16 16 いいえ No 対象になるテーブルが作成された後にスキーマが変更されました。 Schema changed after the target table was created. SELECT INTO クエリを再実行してください。 Rerun the Select Into query. 540 540 16 16 はい Yes RAISERROR を実行するには、システム メモリが不足しています。 There is insufficient system memory to run RAISERROR. 541 541 16 16 いいえ No ステートメントを実行するには、スタックが不足しています。 There is not enough stack to execute the statement 542 542 16 16 いいえ No 無効な datetime 値が見つかりました。 An invalid datetime value was encountered. 年の値が 9999 を超えています。 Value exceeds the year 9999. ls" と競合しています。 ls". 548 548 16 16 いいえ No 挿入に失敗しました。 The insert failed. サブスクライバーの場合、ディストリビューション エージェントまたはマージ エージェントを実行してください。 550 550 16 16 いいえ No 対象のビューに WITH CHECK OPTION が指定されていたか、CHECK OPTION 制約で限定できない操作が 1 行以上の行を返し、WITH CHECK OPTION が指定されたビューを広げてしまったため、挿入または更新できませんでした。 The attempted insert or update failed because the target view either specifies WITH CHECK OPTION or spans a view that specifies WITH CHECK OPTION and one or more rows resulting from the operation did not qualify under the CHECK OPTION constraint. User-defined functions are not yet enabled. 556 556 16 16 いいえ No ストアド プロシージャが対象テーブルのスキーマを変更したので、INSERT EXEC が失敗しました。 INSERT EXEC failed because the stored procedure altered the schema of the target table. 557 557 16 16 いいえ No 関数内から実行できるのは関数と一部の拡張ストアド プロシージャだけです。 Only functions and some extended stored procedures can be executed from within a function. 558 558 16 16 いいえ No 関数内では、リモート関数呼び出しは許可されません。 Remote function calls are not allowed within a function. ファイルにアクセスできるのは、共有を使用する場合だけです。 Files can be accessed only through shares 563 563 14 14 いいえ No INSERT EXEC ステートメントのトランザクションがロールバックされました。 The transaction for the INSERT EXEC statement has been rolled back. INSERT EXEC 操作は終了されます。 The INSERT EXEC operation will be terminated. 565 565 18 18 いいえ No クエリをコンパイル中にサーバーでスタック オーバーフローが発生しました。 A stack overflow occurred in the server while compiling the query. クエリを簡単にしてください。 Please simplify the query. 566 566 21 21 はい Yes 監査トレースを書き込み中にエラーが発生しました。 An error occurred while writing an audit trace. SQL Server をシャットダウンします。 SQL Server is shutting down. ディスク領域の不足などのエラー状態を調べて修正してから、SQL Server を再起動してください。 Check and correct error conditions such as insufficient disk space, and then restart SQL Server. または、ファイルを開くときにエラーが発生しました。 Or there was an error opening the file. 570 570 15 15 いいえ No INSTEAD OF トリガーでは直接再帰はサポートされません。 INSTEAD OF triggers do not support direct recursion. トリガーの実行に失敗しました。 The trigger execution failed. 575 575 16 16 いいえ No LOGON トリガーから結果セットが返されました。 A LOGON trigger returned a resultset. 結果セットを返さないように LOGON トリガーを変更してください。 Modify the LOGON trigger to not return resultsets. 577 577 16 16 いいえ No タイムアウトに指定された値は有効ではありません。 The value provided for the timeout is not valid. タイムアウトには、0 ~ 2,147,483,647 の有効な整数を指定してください。 Timeout must be a valid integer between 0 and 2147483647. 578 578 16 16 いいえ No WAITFOR クエリでは、Insert Exec は許可されません。 Insert Exec not allowed in WAITFOR queries. 579 579 16 16 いいえ No スナップショット分離レベルでは、WAITFOR クエリを実行できません。 Cannot execute WAITFOR query with snapshot isolation level. 582 582 16 16 いいえ No オフセットが、書き込み時に更新される列の長さを超えています。 Offset is greater than the length of the column to be updated in write. 583 583 16 16 いいえ No 書き込みに負のオフセットまたは長さが指定されています。 Negative offset or length in write. 584 584 16 16 いいえ No WAITFOR クエリでは、SELECT INTO は許可されません。 Select Into not allowed in WAITFOR queries. 585 585 16 16 いいえ No リソース データベースのデータ設定中に、データベース コンテキストは変更できません。 Changing database context is not allowed when populating the resource database. 587 587 16 16 いいえ No 無効な遅延された CLR 型フェッチ トークンが指定されました。 An invalid delayed CLR type fetch token is provided. 588 588 16 16 いいえ No セッション内の複数のタスクで、同一の遅延 CLR 型フェッチ トークンが同時に使用されています。 Multiple tasks within the session are using the same delayed CLR type fetch token at the same time. 589 589 16 16 いいえ No このステートメントから、アセンブリによってアクセスが制限されているデータにアクセスしようとしました。 This statement has attempted to access data whose access is restricted by the assembly. 590 590 16 16 いいえ No RPC が実行前に中止されました。 RPC was aborted without execution. 596 596 16 16 いいえ No セッションが強制終了状態なので、続行できません。 Cannot continue the execution because the session is in the kill state. 597 597 16 16 いいえ No ユーザー データグラム プロトコル UDP でのエラーにより、インプロセス データ アクセスの実行を終了しています。 The execution of in-proc data access is being terminated due to errors in the User Datagram Protocol UDP. 詳細については、以前に発生したエラーを参照してください。 Please look at the previous error for more information. 12 12 いいえ No データが移動されたので NOLOCK を使用したスキャンは続行できませんでした。 Could not continue scan with NOLOCK due to data movement. このエラーは、削除されたテーブルをストアド プロシージャが参照している場合、またはメタデータが壊れている場合に発生する可能性があります。 This error can occur if a stored procedure references a dropped table, or metadata is corrupted. ストアド プロシージャを削除して再作成するか、DBCC CHECKDB を実行してください。 Drop and re-create the stored procedure, or execute DBCC CHECKDB. このエラーは、削除されたテーブルをストアド プロシージャが参照している場合、またはメタデータが壊れている場合に発生する可能性があります。 This error can occur if a stored procedure references a dropped table, or metadata is corrupted. ストアド プロシージャを削除して再作成するか、DBCC CHECKDB を実行してください。 Drop and re-create the stored procedure, or execute DBCC CHECKDB. 606 606 21 21 はい Yes メタデータに一貫性がありません。 Metadata inconsistency. DBCC CHECKDB または CHECKCATALOG を実行してください。 Run DBCC CHECKDB or CHECKCATALOG. メタデータに一貫性がありません。 The metadata is inconsistent. DBCC CHECKDB を実行してメタデータが壊れているかどうか確認してください。 Run DBCC CHECKDB to check for a metadata corruption. 609 609 16 16 いいえ No RowsetBulk で開始するときに BTree が空ではありません。 BTree is not empty when waking up on RowsetBulk. 610 610 16 16 はい Yes ページのヘッダー値が無効です。 Invalid header value from a page. DBCC CHECKDB を実行して、データの破損の有無を確認してください。 Run DBCC CHECKDB to check for a data corruption. 16 16 いいえ No 行を挿入または更新できません。 このデータベースはオフラインの可能性があります。 The database may be offline. しばらく待ってから再試行してください。 Wait a few minutes and try again. 作業テーブルがエントリに見つかりません。 A work table is missing an entry. クエリを再実行してください。 Rerun the query. カーソルが含まれている場合は、カーソルを閉じてから再度開いてください。 If a cursor is involved, close and reopen the cursor. ファイルが追加されるまで、このファイル グループについて、テーブル、インデックス、text 型の列、ntext 型の列、および image 型の列に値を設定することはできません。 Tables, indexes, text columns, ntext columns, and image columns cannot be populated on this filegroup until a file is added. 627 627 16 16 いいえ No 分散トランザクション内では SAVE TRANSACTION は使用できません。 Cannot use SAVE TRANSACTION within a distributed transaction. 628 628 16 16 いいえ No アクティブなトランザクションが存在しない場合は SAVE TRANSACTION を実行できません。 Cannot issue SAVE TRANSACTION when there is no active transaction. 650 650 16 16 いいえ No READ COMMITTED または REPEATABLE READ 分離レベルでは、READPAST ロックだけを指定できます。 You can only specify the READPAST lock in the READ COMMITTED or REPEATABLE READ isolation levels. 指定された粒度でロックすることは禁止されています。 このファイル グループは変更できません。 この問題はインデックスを削除し、再作成することで解決できます。 それ以外の場合は、別のクラスター化キーを使用してください。 Dropping and re-creating the index may resolve this; otherwise, use another clustering key. このファイル グループはオフラインか、復元中か、または機能していません。 669 669 22 22 いいえ No 行オブジェクトに一貫性がありません。 The row object is inconsistent. クエリを再実行してください。 Please rerun the query. ls" に存在します。 ls" that cannot be accessed. ls" に存在します。 ls" , which cannot be modified. ディスク領域の一部が使用できなくなっている可能性があります。 Some disk space may be wasted. データベースの再起動時に、クリーンアップが再試行されます。 Cleanup will be attempted again on database restart. のデストラクターで例外が発生しました。 このエラーは、一括挿入操作中に使用される事前に割り当てられたディスク ブロックの解放に関連する問題を示している可能性があります。 This error may indicate a problem related to releasing pre-allocated disk blocks used during bulk-insert operations. この問題を解決するには、サーバーを再起動してください。 Restart the server to resolve this problem. 作業テーブルに遅延削除が設定されています。 Worktable is marked for deferred drop. このメッセージは情報提供だけを目的としています。 This is an informational message only. ユーザーによる操作は不要です。 No user action is required. このエラーは、例外が適切に処理されていない可能性を示しています。 This error may indicate incorrect exception handling. SQL Server Management Studio の現在の利用状況ウィンドウまたは Transact-SQL の KILL ステートメントを使用して、エラーを生成したサーバー プロセス識別子 SPID を終了してください。 Use the current activity window in SQL Server Management Studio or the Transact-SQL KILL statement to terminate the server process identifier SPID responsible for generating the error. そのため、クエリ結果が制限される可能性があります。 This may limit the query result. 681 681 16 16 いいえ No NULL 値が許容されていない列の値を NULL に設定しようとしています。 Attempting to set a non-NULL-able column's value to NULL. 682 682 16 16 いいえ No 内部エラーです。 Internal error. 列の値を読み取るために用意されたバッファーが小さすぎます。 Buffer provided to read column value is too small. DBCC CHECKDB を実行して、破損の有無を確認してください。 Run DBCC CHECKDB to check for any corruption. 683 683 22 22 いいえ No 10 進形式を可変長と固定長の間で変換中に内部エラーが発生しました。 An internal error occurred while trying to convert between variable-length and fixed-length decimal formats. DBCC CHECKDB を実行して、データベースの破損の有無を確認してください。 Run DBCC CHECKDB to check for any database corruption. 684 684 22 22 いいえ No 圧縮されたストレージ形式と圧縮されていないストレージ形式の間で変換中に内部エラーが発生しました。 An internal error occurred while attempting to convert between compressed and uncompressed storage formats. DBCC CHECKDB を実行して、破損の有無を確認してください。 Run DBCC CHECKDB to check for any corruption. 685 685 22 22 いいえ No ヒープの転送されたレコードの戻りポインターを取得中に内部エラーが発生しました。 An internal error occurred while attempting to retrieve a backpointer for a heap forwarded record. 708 708 10 10 はい Yes 少ない仮想アドレス空間でサーバーが実行されているか、少ない仮想メモリでコンピューターが実行されています。 Server is running low on virtual address space or machine is running low on virtual memory. クエリを取り消して再実行するか、サーバーの負荷を減らすか、他のアプリケーションを取り消してください。 Cancel query and re-run, decrease server load, or cancel other applications. 17 17 いいえ No バッファー プールで使用できるメモリが不足しています。 There is insufficient memory available in the buffer pool. バッファーが見つかりませんでした。 The buffer was not found. ご購入元に問い合わせてください。 Contact Technical Support. ご購入元に問い合わせてください。 Contact Technical Support. SQL Server エラー ログとシステム イベント ログ内の別のメッセージで詳細情報が報告されることもあります。 Additional messages in the SQL Server error log and system event log may provide more detail. このシステムレベルのエラー状態は深刻で、データベースの一貫性を損なう可能性があるので、すぐに解決する必要があります。 This is a severe system-level error condition that threatens database integrity and must be corrected immediately. 完全なデータベース整合性確認 DBCC CHECKDB を完了させてください。 Complete a full database consistency check DBCC CHECKDB. このエラーには多くの要因があります。 詳細については、SQL Server オンライン ブックを参照してください。 This error can be caused by many factors; for more information, see SQL Server Books Online. SQL Server エラー ログまたはシステム イベント ログ内の別のメッセージで詳細情報が報告されることもあります。 Additional messages in the SQL Server error log or system event log may provide more detail. このエラー状態は深刻で、データベースの整合性を損なう可能性があるので、すぐに解決する必要があります。 This is a severe error condition that threatens database integrity and must be corrected immediately. 完全なデータベース整合性確認 DBCC CHECKDB を完了させてください。 Complete a full database consistency check DBCC CHECKDB. このエラーには多くの要因があります。 詳細については、SQL Server オンライン ブックを参照してください。 This error can be caused by many factors; for more information, see SQL Server Books Online. SQL Server エラー ログとシステム イベント ログ内の別のメッセージで詳細情報が報告されることもあります。 Additional messages in the SQL Server error log and system event log may provide more detail. このエラー状態はデータベースの整合性を損なうので、解決する必要があります。 This error condition threatens database integrity and must be corrected. 完全なデータベース整合性確認 DBCC CHECKDB を完了させてください。 Complete a full database consistency check DBCC CHECKDB. このエラーには多くの要因があります。 詳細については、SQL Server オンライン ブックを参照してください。 This error can be caused by many factors; for more information, see SQL Server Books Online. ディスクが破損している可能性があります。 この状態から復旧するには、復元操作を実行してください。 To recover from this state, perform a restore. Unable to deallocate a kept page. これは一般的に、メモリの障害、またはハードウェアか OS の破損を示します。 This usually indicates a memory failure or other hardware or OS corruption. 待機を続行します。 Continuing to wait. 17 17 いいえ No バッファー ラッチを待機中にタイムアウトが発生しました。 10 10 いいえ No バッファー ラッチを待機中にタイムアウトが発生しました。 待機は続行されません。 Not continuing to wait. 10 10 はい Yes ラッチを待機中にタイムアウトが発生しました。 待機を続行します。 Continuing to wait. 848 848 10 10 はい Yes バッファー プールに大きなページを使用しています。 Using large pages for buffer pool. 849 849 10 10 はい Yes バッファー プールにロックされたページを使用しています。 Using locked pages for buffer pool. ls' は、このエディションの SQL Server では起動できません。 ls' が含まれています。 ls'. パーティション分割は SQL Server Enterprise Edition でしかサポートされません。 Only Enterprise edition of SQL Server supports partitioning. このファイル グループを復元または変更して、使用可能にしてください。 Restore or alter the filegroup to be available. ls' の一部または全体でデータ圧縮または vardecimal ストレージ形式が有効になっているため、このエディションの SQL Server では開けません。 ls' is enabled with data compression or vardecimal storage format. データ圧縮および vardecimal ストレージ形式がサポートされているのは、SQL Server Enterprise Edition だけです。 Data compression and vardecimal storage format are only supported on SQL Server Enterprise Edition. 名前が正しく入力されていることを確認してください。 Make sure that the name is entered correctly. ls' のスクリプト レベルのアップグレードが失敗しました。 このエラー状態は深刻で、通常の操作に影響を与える可能性があるので、データベースはオフラインになります。 This is a serious error condition which might interfere with regular operation and the database will be taken offline. 'master' データベースのアップグレード中にこのエラーが発生した場合は、SQL Server インスタンス全体を開始できません。 If the error happened during upgrade of the 'master' database, it will prevent the entire SQL Server instance from starting. スクリプトのアップグレード手順が最後まで実行されるように、これまでのエラー ログ エントリを参考にしてエラーを調査し、適切な方法で対処して、データベースを再起動してください。 Examine the previous errorlog entries for errors, take the appropriate corrective actions and re-start the database so that the script upgrade steps run to completion. データベースがまだ有効になっていないか、状態遷移中である可能性があります。 Database may not be activated yet or may be in transition. データベースが使用可能になってから、クエリを再発行してください。 Reissue the query once the database is available. データベースが状態遷移中であるためにこのエラーが発生したとは考えられず、エラーが引き続き発生するときは、サポートの提供元に問い合わせてください。 If you do not think this error is due to a database that is transitioning its state and this error continues to occur, contact your primary support provider. Microsoft SQL Server エラー ログおよびエラー発生時の環境に関する詳細を確認できるようにしておいてください。 Please have available for review the Microsoft SQL Server error log and any additional information relevant to the circumstances when the error occurred. ls' のスクリプト レベルのアップグレードが失敗しました。 ls' was aborted before completion. 'master' データベースのアップグレード中に手順が中止された場合は、SQL Server インスタンス全体を開始できません。 If the abort happened during upgrade of the 'master' database, it will prevent the entire SQL Server instance from starting. スクリプトのアップグレード手順が最後まで実行されるように、これまでのエラー ログ エントリを参考にしてエラーを調査し、適切な方法で対処して、データベースを再起動してください。 Examine the previous errorlog entries for errors, take the appropriate corrective actions and re-start the database so that the script upgrade steps run to completion. 'master' データベースの起動中にエラーが発生した場合は、SQL Server インスタンス全体を開始できません。 If the error happened during startup of the 'master' database, it will prevent the entire SQL Server instance from starting. スクリプトのアップグレードが最後まで実行されるように、これまでのエラー ログ エントリを参考にしてエラーを調査し、適切な方法で対処して、データベースを再起動してください。 Examine the previous errorlog entries for errors, take the appropriate corrective actions and re-start the database so that script upgrade may run to completion. ls" にアクセスできません。 ls" under the current security context. コンパイルが失敗する原因となった行については、以前に発生したエラー メッセージを確認してください。 Check the previous error message for the line which caused compilation to fail. このエラー状態は深刻で、通常、インストールが破損しているか不完全であることを示します。 This is a serious error condition, which usually indicates a corrupt or incomplete installation. SQL Server インスタンスを修復すると、このエラーの解決に役立つ場合があります。 Repairing the SQL Server instance may help resolve this error. 920 920 20 20 いいえ No sysadmin ロールのメンバーだけが、データベースのスクリプト レベルを変更できます。 Only members of the sysadmin role can modify the database script level. しばらく待ってから再試行してください。 Wait and try again. 復旧が終了するまでお待ちください。 Waiting until recovery is finished. データベース所有者、dbcreator ロールおよび sysadmin ロールのメンバーだけがアクセスできます。 Only the database owner and members of the dbcreator and sysadmin roles can access it. 同時に 1 人のユーザーだけが開けます。 925 925 19 19 はい Yes クエリごとに使用されるデータベースの最大数を超えました。 Maximum number of databases used for each query has been exceeded. このデータベースは、復旧により問題ありと設定されています。 It has been marked SUSPECT by recovery. 詳細については、SQL Server のエラー ログを参照してください。 See the SQL Server errorlog for more information. 復元中です。 It is in the middle of a restore. 原因を判断するには、例外番号を使用してください。 Use the exception number to determine the cause. 929 929 20 20 はい Yes 現在開いていないデータベースは閉じることができません。 Unable to close a database that is not currently open. アプリケーションを再接続して、再試行してください。 The application should reconnect and try again. それでも問題が解決しない場合、ご購入元に問い合わせてください。 If this action does not correct the problem, contact your primary support provider. ご購入元に問い合わせてください。 Contact Technical Support. ご購入元に問い合わせてください。 Contact Technical Support. 現在インストールされている SQL Server のエディションでは、変更の追跡がサポートされていません。 The currently installed edition of SQL Server does not support change tracking. サポートされている SQL Server のエディションを使用してデータベースの変更の追跡を無効にするか、変更の追跡をサポートするエディションにインスタンスをアップグレードしてください。 Either disable change tracking in the database by using a supported edition of SQL Server, or upgrade the instance to one that supports change tracking. 現在インストールされている SQL Server のエディションでは、Change Data Capture がサポートされていません。 The currently installed edition of SQL Server does not support Change Data Capture. サポートされている SQL Server のエディションを使用してデータベースの Change Data Capture を無効にするか、Change Data Capture をサポートするエディションにインスタンスをアップグレードしてください。 Either disable Change Data Capture in the database by using a supported edition of SQL Server, or upgrade the instance to one that supports Change Data Capture. 通常、これは、今後のバージョンのデータベースがアタッチされた場合に、ダウングレード パスが現在のインストールでサポートされないことを示します。 This usually implies that a future database was attached and the downgrade path is not supported by the current installation. 新しいバージョンの SQL Server をインストールしてから、再度データベースを開いてください。 Install a newer version of SQL Server and re-try opening the database. 詳細については、SQL Server エラー ログを参照してください。 See the SQL Server errorlog for details. データベースを最新のバージョンにアップグレードしてください。 Upgrade the database to the latest version. 以前に発生した関連するエラーを確認し、操作を再試行してください。 Check for previous additional errors and retry the operation. このダウングレード パスはサポートされません。 A downgrade path is not supported. 949 949 16 16 いいえ No tempdb はスキップされます。 tempdb is skipped. このバージョンの sqlservr. exe と互換性がないデータベースは開けません。 You cannot open a database that is incompatible with this version of sqlservr. exe. データベースを再作成してください。 You must re-create the database. 後でステートメントを実行してください。 Try the statement later. ミラー データベースとして機能しています。 It is acting as a mirror database. パートナー接続とミラーリング監視接続を構成している場合は、それらの接続を確認してください。 Check the partner and witness connections if configured. 後で操作を再試行してください。 Try the operation again later. データベース名を変更できません。 このメッセージは情報提供だけを目的としています。 This is an informational message only. ユーザーによる操作は不要です。 No user action is required. 正しいバージョンを復元するか、SQL Server を再インストールしてください。 Restore the correct version or reinstall SQL Server. ls" に変更されました。 ls". "sys" は、このバージョンの SQL Server で予約されているユーザー名またはスキーマ名です。 "sys" is a reserved user or schema name in this version of SQL Server. 詳細については、エラー ログまたはイベント ログを参照してください。 See errorlog or eventlog for more information. データベースをオンラインにするには、ALTER DATABASE を使用します。 Use ALTER DATABASE to bring the database online. ls' が復元されました。 ls' and has been restored. このユーザーは、SQL Server 操作を行うために必要です。 This user is required for SQL Server operation. ls". インデックスが壊れている可能性があります。 The index may be corrupt. DBCC CHECKTABLE を実行して一貫性を確認してください。 Run DBCC CHECKTABLE to verify consistency. このインデックスにバインドされた XML データには、xs:date および xs:dateTime として、サポートされなくなった負の値が含まれている可能性があります。 ls". ls" に更新されます。 SQL Server では、xs:date 型および xs:dateTime 型の値の中で年に負の値を使用することはできません。 ls" because Sql Server does not support negative years inside values of type xs:date or xs:dateTime. ls" に更新されます。 SQL Server では、型 xs:date および xs:dateTime の値の中で年に負の値を使用することはできません。 ls" because Sql Server does not support negative years inside values of type xs:date or xs:dateTime. この XML インスタンスでは、XQuery を実行することも、プライマリ XML インデックスを作成することもできません。 It will be impossible to run XQuery or build a primary XML index on these XML instances. 971 971 10 10 いいえ No 2 つの異なる場所でリソース データベースが検出されました。 The resource database has been detected in two different locations. ls' のリソース データベースの代わりに、sqlservr. ls' のリソース データベースをアタッチします。 Attaching the resource database in the same directory as sqlservr. ls'. 974 974 10 10 いいえ No sqlservr. データベース ファイルが存在していないためです。 Attaching the resource database in the same directory as sqlservr. データ移動が中断されているか、可用性レプリカの読み取りアクセスが有効になっていません。 Either data movement is suspended or the availability replica is not enabled for read access. ls' に関連付けられたインデックスが見つかりませんでした。 ls'. 現在、これに対しては、アプリケーションの目的が読み取り専用に設定されている場合に接続できます。 アプリケーションの目的の詳細については、SQL Server オンライン ブックを参照してください。 For more information about application intent, see SQL Server Books Online. アプリケーションの目的の詳細については、SQL Server オンライン ブックを参照してください。 For more information about application intent, see SQL Server Books Online. 現在インストールされている SQL Server のエディションでは、 The currently installed edition of SQL Server 列ストア インデックスがサポートされていません。 does not support columnstore indexes. 読み取り専用アクセスに対して有効にされているオンライン セカンダリ レプリカがないためです。 可用性グループの構成を調べて、少なくとも 1 つのセカンダリ レプリカが読み取り専用アクセス用に構成されていることを確認します。 Check the availability group configuration to verify that at least one secondary replica is configured for read-only access. データベース レプリカがプライマリまたはセカンダリ ロールに含まれていないためです。 可用性データベースへの接続は、そのデータベース レプリカがプライマリ ロールまたはセカンダリ ロールに含まれている場合にのみ許可されます。 Connections to an availability database is permitted only when the database replica is in the PRIMARY or SECONDARY role. dll のバージョン管理されたコピーを実行できませんでした。 Failed to perform a versioned copy of sqlscriptdowngrade. このメッセージは情報提供だけを目的としています。 This is an informational message only. ユーザーによる操作は不要です。 No user action is required. 後で操作を再試行してください。 Try the operation again later. ls". ls". これは読み取り専用ファイルグループにあるため、アップグレードすることができません。 It cannot be upgraded as it resides on a read-only filegroup. ls". この列ストア インデックスをアップグレードできません。 テーブル名が指定されていません。 プロシージャ番号には 1 から 32767 までの値を指定してください。 Must be between 1 and 32767. 1006 1006 15 15 いいえ No CREATE TRIGGER にステートメントがありません。 CREATE TRIGGER contains no statements. 変数が使用できるのは、列名を参照する式で順序付けするときだけです。 Variables are only allowed when ordering by an expression referencing a column name. 1009 1009 16 16 いいえ No キーワード DEFAULT は DBCC コマンドでは許可されません。 The keyword DEFAULT is not allowed in DBCC commands. ls' と同じ公開名を持っています。 ls'. ls" の公開名が同じです。 ls" in the FROM clause have the same exposed names. 相関名を使用してこれらを区別してください。 Use correlation names to distinguish them. 1014 1014 15 15 いいえ No TOP 句が無効な値が含まれています。 TOP clause contains an invalid value. 1015 1015 15 15 いいえ No HAVING 句または選択リストに含まれるサブクエリの場合、および集計される列が外部参照の場合にだけ、ON 句に集計を含めることができます。 An aggregate cannot appear in an ON clause unless it is in a subquery contained in a HAVING clause or select list, and the column being aggregated is an outer reference. 1016 1016 15 15 いいえ No 外部結合演算子は、結合テーブルを含むクエリでは指定できません。 Outer join operators cannot be specified in a query containing joined tables. この構文がテーブル ヒントの一部の場合、WITH キーワードとかっこが必要になります。 If this is intended as a part of a table hint, A WITH keyword and parenthesis are now required. 適切な構文については、SQL Server オンライン ブックを参照してください。 See SQL Server Books Online for proper syntax. 1020 1020 15 15 いいえ No サブエンティティ リスト 列やセキュリティ式など は、エンティティレベルの権限に指定できません。 Sub-entity lists such as column or security expressions cannot be specified for entity-level permissions. 1026 1026 16 16 いいえ No GOTO を使用して TRY または CATCH スコープに移動することはできません。 GOTO cannot be used to jump into a TRY or CATCH scope. 1028 1028 15 15 いいえ No GROUP BY ALL 句では、CUBE、ROLLUP、および GROUPING SETS コンストラクトは許可されません。 The CUBE, ROLLUP, and GROUPING SETS constructs are not allowed in a GROUP BY ALL clause. 1029 1029 15 15 いいえ No サブクエリおよび派生テーブルでは、ブラウズ モードは無効です。 Browse mode is invalid for subqueries and derived tables. 1030 1030 16 16 いいえ No ここでは定数だけを使用できます。 Only constants are allowed here. 時刻のリテラルは現在の日付を参照するので使用できません。 Time literal is not permitted because it refers to the current date. 1031 1031 15 15 いいえ No パーセント値は 0 から 100 までの値を指定してください。 Percent values must be between 0 and 100. ls' は使用できません。 ls' のオブジェクトと一致させてください。 ls'. ls'. 1033 1033 16 16 いいえ No TOP または FOR XML が指定されていない場合、ビュー、インライン関数、派生テーブル、サブクエリ、および共通テーブル式では ORDER BY 句は無効です。 The ORDER BY clause is invalid in views, inline functions, derived tables, subqueries, and common table expressions, unless TOP or FOR XML is also specified. ls' 付近に不適切な構文があります。 ls' である必要があります。 ls'. 1037 1037 15 15 いいえ No CASCADE、WITH GRANT、または AS オプションはステートメント権限では指定できません。 The CASCADE, WITH GRANT or AS options cannot be specified with statement permissions. 1038 1038 15 15 いいえ No オブジェクト名または列名がないか、空です。 An object or column name is missing or empty. SELECT INTO ステートメントの場合は、各列に名前が付いていることを確認してください。

次の

メモリ(RAM)が足りないため操作を完了できません

レポート表示に必要なユーザー属性データが不足しています

YouTube では、チャンネルに関する十分な情報に基づいて意思決定を行っていただけるように、クリエイターの皆様に有益な情報を提供するよう努めています。 ただし、YouTube アナリティクスの一部のデータは限定的にしか利用できない場合があります。 公開動画やチャンネルについて、選択した期間に十分なトラフィックがない場合は、一部またはすべてのデータが表示されないことがあります。 また、地域や性別などの特定のフィルタを選択した場合も、データが表示されない場合があります。 表示される内容 次の情報が表示される場合があります。 完全なレポートにはアクセスできないことを示すアナリティクス内のメッセージ(例: 「ユーザー属性データが不足しています」)• レポートまたはカードの「合計」と各行の集計値との差異。 ある特定行のデータは利用できないが、その行を含めた合計の値は正確である場合にこの情報が表示されます。 表示されているのは上位数件の結果のみであることを示す注記が表の下に表示されます。 さらに多くのデータを確認したい場合は、対象期間を長くしたり、フィルタや内訳を解除したりしてみてください。 これにより、完全なレポートでデータ量が増える可能性があります。 限定的データの種類 次の情報の表示が制限される場合があります。

次の

レポートの一覧

レポート表示に必要なユーザー属性データが不足しています

項目 詳細 インポートデータ リスト データの一覧です。 追加 インポートデータを追加します。 コピー 選択したデータを複製します。 削除 選択したデータを削除します。 上移動 選択したデータをひとつ上に移動させます。 下移動 選択したデータをひとつ下に移動させます。 データの属性 インポートするデータの属性を選択します。 詳細は。 データ指定 ここでインポートするデータのCSVファイルを指定します。 詳細は。 データの属性:指数 NYダウ等の指数データをインポートする場合に選択します。 項目 詳細 出来高は管理しない 出来高情報を使用しない場合はONにします。 小数点以下の桁数 インポートするCSVの小数点以下の桁数を確認し、 入力します。 例えば100. 12なら2と入力します。 1Tickの値幅 呼び値の幅を指定します。 01単位で増減するなら0. 01と入力します。 データの属性:普通の個別株 イザナミが標準対応していない個別銘柄を検証する場合に選択します。 例 地方市場の銘柄等 項目 詳細 出来高は管理しない 出来高情報を使用しない場合はONにします。 単元株数 単元株数を指定します。 データの属性:証拠金取引 証拠金取引のデータを検証する場合に利用します。 例 先物やFX等 項目 詳細 出来高は管理しない 出来高情報を使用しない場合はONにします。 小数点以下の桁数 インポートするCSVの小数点以下の桁数を確認し、 入力します。 例えば100. 12なら2と入力します。 1Tickの値幅 呼び値の幅を指定します。 01単位で増減するなら0. 01と入力します。 倍率 1取引単位を入力します。 証拠金 1取引単位の証拠金 保証金 を入力します。 データ指定 CSVファイルを指定し、データを読み込む設定です。 項目 詳細 フォーマットの指定 読み込むCSVのフォーマットを指定します。 インポートする ファイルを選択 インポートするCSVを指定します。 アプリケーションで 開く 指定したcsvをExcel等の関連付いたアプリケーションで開きます。 時系列情報の表示 インポートしたファイルの中身を参照します。 エラーがあればここで表示されます。 証拠金 1取引単位の証拠金 保証金 を入力します。 サンプルデータのNYダウをインポートする例です。 ダイアログ下の「+」ボタンを選択します。 リストをダブルクリックして名前を入力します。 取引の種類を「指数」にします。 小数点第2位までのデータなので、小数点以下の桁数を「2」、1Tickの値幅を0. 01にします。 OFFにした場合、出来高がゼロとなってしまい、データを読み込むことができませんのでご注意ください。 「インポートするファイルを選択」ボタンを選択し、CSVファイルを選択します。 正しく読み込めているか「時系列情報の表示」ボタンを選択して確認します。 エラーがあれば「レポート表示」ダイアログが表示されます。 NYダウのサンプルCSVファイルでは、日本市場の休場日と米国市場休場日が一致しないために、多くのレポートが出ますが特に問題はありません。 サンプルデータ作成日以降のデータも不足していますので、必要でしたら「アプリケーションで開く」を選択し、不足分のデータを追加しから、再度「インポートするファイルを選択」ボタンで読み込みを行なって下さい。 個別銘柄のインポート手順 サンプルデータの大証:任天堂をインポートする例です。 ダイアログ下の「+」ボタンを選択します。 リストをダブルクリックして名前を入力します。 取引の種類を「普通の個別株」にします。 単元株数を設定します。 通常は「出来高は管理しない」のチェックはOFFにします。 「インポートするファイルを選択」ボタンを選択し、CSVファイルを選択します。 正しく読み込めているか「時系列情報の表示」ボタンを選択して確認します。 エラーがあれば「レポート表示」ダイアログが表示されます。 サンプルデータに不足している日の一覧が表示されますが、特に問題はありません。 必要でしたら「アプリケーションで開く」を選択し、不足分のデータを追加しから、再度「インポートするファイルを選択」ボタンで読み込みを行なって下さい。 証拠金取引 FX データのインポート手順 サンプルデータのドル-円をインポートする例です。 ダイアログ下の「+」ボタンを選択します。 リストをダブルクリックして名前を入力します。 取引の種類を「証拠金取引」にします。 小数点第2位まであるデータなので小数点以下の桁数を「2」、1Tickの値幅を0. 01にします。 倍率 単位 や証拠金も入力します。 出来高を気にしない検証を行う場合は、「出来高は管理しない」にチェックを入れます。 「インポートするファイルを選択」ボタンを選択し、CSVファイルを選択します。 正しく読み込めているか「時系列情報の表示」ボタンを選択して確認します。 エラーがあれば「レポート表示」ダイアログが表示されます。 サンプルデータに不足している日の一覧が表示されますが、特に問題はありません。 必要でしたら「アプリケーションで開く」を選択し、不足分のデータを追加しから、再度「インポートするファイルを選択」ボタンで読み込みを行なって下さい。 分足データのインポート手順 ある個別銘柄の分足データをインポートする例です。 ダイアログ下の「+」ボタンを選択します。 リストをダブルクリックして名前を入力します。 取引の種類を「普通の個別株」に設定にします。 出来高と単元株数を設定します。 「出来高は管理しない」のチェックはOFFにします。 「フォーマットの指定」を選択し、データの区切りが「カンマ」、日付のタイプを「適当にふりなおす」に設定します。 「インポートするファイルを選択」ボタンを選択し、CSVファイルを選択します。 正しく読み込めているか「時系列情報の表示」ボタンを選択して確認します。 分足データの行数を超えた日付分は、「データが存在していません。 」と表示されますが、問題ありません。 シグナル確認を行うときは、分足データのCSVファイルの最新データが、イザナミ上の日付でいつになるのかを確認し、検証期間の最新日と同じになるように合わせてから、シグナル確認を行ってください。 関連リンク.

次の