お腹 を 壊す 原因。 すぐにお腹を壊す。。お腹が弱い原因は?

お腹が冷えて腹痛・下痢になる原因は身体の防御反応にあり

お腹 を 壊す 原因

水道水が硬水• しかし、 一部では水道水が硬水の地域もあるんですね。 なぜ、水道水が硬水だとお腹を壊しやすくなってしまうのかと言うと、水に溶けているカルシウムとマグネシウムの量が関係します。 硬水はカルシウムとマグネシウムの量が多いお水。 人間の身体はカルシウムやマグネシウムなどの ミネラルを多く摂ると胃腸の働きが活発になります。 そして結果的にお腹を壊してしまうわけなんですね。 日本の水道水の硬度はこちらのサイトで詳しく調査されているので参考にしてみてください。 もし、雑菌入の水道水を飲んでしまうとお腹を壊してしまうのは簡単に想像できますよね。 特に学校や職場、マンション・アパートなどにある 貯水タンクの中は雑菌が繁殖するのに絶好の環境なんです。 夏場なんかは貯水タンクが高温多湿になるので、環境的には雑菌が大量発生してもおかしくないんですよね。 しかし、貯水タンクは 清掃を年1回、水質検査を年3回実施することが義務付けられていますし、水道水には塩素が含まれているので安全性は保たれています。 だから安心してOKなのですが、雑菌が繁殖しやすい環境・地域であるほど塩素濃度が高くなるので水道水に雑味やニオイはキツくなってしまいます。 水道水を飲んでお腹を壊す人にオススメの対策3選 水道水を飲んでお腹を壊す原因がわかったところで対策をしなければ腹痛が続いてしまいます。 ペットボトルによって硬度を選べるので、硬水が苦手な方は軟水を選ぶこともできます。 浄水器は性能によってピンきりで、 だいたい数千円〜5万円程度で購入できます。 浄水器にはアルカリイオン水や水素水に整水するものもあります。 ウォーターサーバーの良いとこは、雑菌や塩素を除去できることはもちろん 冷水や温水が飲めるのがポイントですね。 浄水器は雑菌や塩素を除去するだけで常温のお水しか飲めません。 もしくは冷蔵庫で冷やさないとキンキンに冷えたお水を飲むことはできません。 しかし、ウォーターサーバーならコックをひねるだけで 冷たい水・熱々の熱湯が出てきます。 ウォーターサーバーの利用料金が気になるのであれば、お水が飲み放題のウォーターサーバーもあるのでチェックしてみてくださいね!.

次の

お腹が冷えて腹痛・下痢になる原因は身体の防御反応にあり

お腹 を 壊す 原因

辛いものを食べると何故お腹を壊すの? 辛いものが好きで食べたいけれどお腹を壊してしまう。 そもそも辛いものを食べると、何故お腹を壊すのだろうかと疑問に思っている方は多くいると思います。 ここではカレーを題材にお腹を壊す原因を紹介していきます。 実は辛いカレーを食べてお腹を壊してしまうのには身体の調子の他に、カレーの種類にも原因がありました。 ここではお腹を壊しやすいカレーの種類や、身体の調子についてご紹介していきます。 カレーの種類 大好きな人が多いカレーですが、実は種類によってお腹を壊しやすくなってしまいます。 1つずつご紹介していくので、参考にしてみてください。 グリーンカレー タイカレーとも言われているグリーンカレーですが、実はある材料がお腹を壊しやすくしてしまう原因なのですが、ご存知ですか?その材料というのは、私たちもよく知っている「ココナッツミルク」です。 何故、グリーンカレーに入っているココナッツミルクがお腹を壊してしまうのかというと、脂肪分が多いのと身体への作用が関係していました。 ダイエットにもおすすめされているココナッツミルクですが、脂肪分が多く日本人の体質では消化不良になりやすいのでお腹を壊してしまいます。 また、体を冷やす作用があるので、お腹を冷やしてしまい壊してしまう場合もあります。 ココナッツミルクを使用しているグリーンカレーでお腹を壊してしまう場合、少量のココナッツミルクを摂っていき慣らしていけばお腹を壊すことが少なくなります。 インドカレー 色々な種類のスパイスを使用しているインドカレーですが、そのスパイスがお腹を壊してしまうことがあります。 私たちがよく聞くスパイスである「クミン」ですが、実は「消化促進」効果を持っているのをご存知ですか? また、インドカレーに使用されているスパイス全般に「血行促進」効果があるので、血行が良くなり消化器系が活発になるのでお腹を壊してしまう事が多いのです。 カレーの辛さに使用されている唐辛子などに含まれている「カプサイシン」も、とり過ぎてしまうと腸を刺激してしまうのでお腹を壊してしまう原因にもなってしまいます。 辛いものを食べる時には、あまり辛過ぎないものを食べるようにしましょう。 身体の調子 辛いものを食べるとお腹を壊してしまう理由には、身体の調子も大きく関わってきます。 風邪気味など喉や胃の粘膜が弱っている時に辛いものを食べると、刺激が強くお腹を壊してしまいます。 なるべく風邪気味の時は唐辛子を使用している辛いものを食べるのは避けましょう。 どうしても辛いものが食べたい時は、納豆やレンコン、オクラなどのネバネバしている食材は粘膜を保護してくれる働きがあるので、辛いものを食べる時は野菜カレーなどを食べるのがおすすめです。 辛いものでお腹を壊さないようにするために 辛いものを食べてもお腹を壊さないようにしたいけれど、どうしたらいいのかわからないという方が多いと思います。 私も最初はどうしたらいいのかわからなかった一人です。 ネットで調べてみたりもしましたが、嘘の情報もあるので何を信じたらいいのかわかりませんでした。 そこで私が色々と試してみた中で、実際にお腹が壊しにくくなった方法を2つご紹介します。 辛いものを食べるとお腹を壊してしまうと悩んでいる方は、ぜひ試してみてください! カラダを慣らす まず1つ目は「辛いものにカラダを慣らす」事です。 カラダが辛いものになれていないと、辛さの原因でもあるカプサイシンの刺激でお腹を壊してしまいます。 お腹を壊さないようになるためには、カラダに辛いものに慣れてもらわなければいけません。 いきなり辛いものを沢山食べてしまうと、身体に毒なので少しずつ食べて慣れていきましょう。 私はカレーの他に韓国料理が好きなのですが、韓国料理もかなり辛い料理が沢山あるので、食べるとお腹を壊してしまう事が多々あるのですが、キムチを少しずつ食べるようにした所、お腹を壊してしまう事が減りました。 毎日少しずつ辛いものを食べてカラダに慣れてもらうことは大事ですが、体調が良くない時はお休みをしてくださいね。 辛いものは粘膜を刺激してしまうので、風邪など悪化させてしまう恐れがあります。 元気な日に少しずつ食べるようにしましょう。 食べる前に牛乳を飲む そして2つ目は「辛いものを食べる前に牛乳を飲む」事です。 辛いものを食べる時には、牛乳を飲むのが良いと聞いた事があるという方もいると思いますが、実は牛乳やヨーグルトといった脂肪分・乳酸菌が含まれている飲み物には辛さを緩和してくれる効果があります。 インドカレーのお店にラッシーという飲み物が置いてある事がありますが、ラッシーはカレーの辛さを緩和してくれる理にかなった飲み物なのです。 私も辛いものを食べる時には必ずといっていいほど、牛乳を一緒に飲むようにしています。 牛乳に含まれている成分「カゼイン」が、カプサイシンなどの刺激から守ってくれる働きをしてくれるのでお腹を壊す事が少なくなります。 牛乳アレルギーの方はヨーグルトでも大丈夫なので、ぜひお試しください! 辛いものを食べ過ぎてしまって起こること 辛いものは食欲が進むので、ついつい食べ過ぎてしまう事ってありますよね。 実は、辛いものを食べ過ぎてしまうと、味覚紹介や病気を悪化させてしまったりするので食べ過ぎには注意が必要です。 実際に辛いものを食べ過ぎてしまうとどんな事が起きてしまうのかをご紹介します。 味覚障害 辛いものを食べ過ぎて起きてしまう症状として「味覚障害」があります。 私たちの舌には「味蕾」という甘さや塩気、酸味、苦味を感じる受容器があるのですが、辛いものを食べ過ぎてしまうと味蕾が壊れていってしまいます。 味蕾が壊れてしまうと味付けが薄く感じたり、より刺激が強いものを欲しがったりしてしまうので悪循環に陥ってしまいます。 味覚障害を起こさないためにも、辛いものを食べる時は適量を食べるようにしましょう。 病気の悪化 辛いものを食べ過ぎてしまって起きてしまう2つ目は「病気が悪化」してしまう事です。 例えば喘息を持っている方は辛いものを食べ過ぎてしまうと、粘膜を刺激して気管支狭まってしまうので、咳や息切れなどの症状を引き起こしてしまいます。 喘息を持っている方は悪化させないためにも、辛いものの食べ過ぎには注意が必要です。 また、辛いものを食べ過ぎてしまうと食道の細胞が傷付き、「食道がん」になりやすくなってしまいます。 ガンになってしまうリスクを最小限に抑えるためにも、辛すぎる食べ物には気をつけてくださいね。

次の

お腹が冷えて腹痛・下痢になる原因は身体の防御反応にあり

お腹 を 壊す 原因

スポンサーリンク 玄米でお腹を壊す原因と対策 玄米でお腹を壊す原因は、消化吸収が悪いからです! 玄米を食べ慣れていない現代人は、玄米を消化吸収することが難しいのです。 玄米は殻(種皮)で覆われているため、固くて食べづらいですよね。 玄米の殻は食物繊維であり、消化吸収されません。 食物繊維は大腸を刺激して、腸の活動を促すので、便秘にいい栄養素でもあります。 しかし便秘で腸の活動が鈍っている人は、急に腸が刺激されることで、一時的に下痢などをおこすこともあります。 さて一番の問題は、普段柔らかい物ばかり食べている現代人は、噛む能力が衰えていることです。 固い玄米でも、あまり噛まずに飲み込んでしまう人が、多いのです。 すると玄米の外皮は消化されないので、よく噛まずに飲み込んだ玄米は、消化されにくくなってしまいます。 もともと玄米の外皮は、自分自身の種子を残すために、消化されないように守っているものです。 玄米が動物に食べられたときに、消化されずに排出されることで、新しい芽が生み出されます。 そう考えると、玄米が消化しにくいのは当たり前です。 しかし原因が分かれば、対策は簡単です。 この3つの対策で、お腹を壊さずに玄米食を楽しめるようになります。 玄米を柔らかく炊く 玄米を食べやすくするために、柔らかく炊くようにします。 しかし健康のために、わざと固い玄米を食べて、咀嚼能力を高めたいと考える人もいるでしょう。 固い玄米が食べたい方は、この章は飛ばして次章の「玄米をよく噛んで食べる」へ移動して下さい。 玄米を柔らかく炊くには、 玄米専用の炊飯器を使うのがベストです。 最近は普通の炊飯器でも、玄米モードが付いている物があります。 玄米モード付きの炊飯器を持っていない人は、水の量を1.5~2倍にして炊きます。 そして玄米を柔らかく炊く一番のコツは、じっくり水に浸してから炊くことです。 白米であれば、30分~1時間程度水に浸せば十分です。 しかし玄米は殻に覆われている分、水を吸収するのに時間がかかります。 玄米は約6時間ほど水に浸すことで、柔らかく炊くことができます。 また水に塩を少量加えることで、浸透圧が高くなって水を吸収しやすくなります。 塩を入れると、玄米特有の臭みも緩和されます。 玄米をよく噛んで食べる 玄米をよく噛んで食べることで、消化吸収をアップさせましょう。 玄米を食べるときは、意識してよく噛む事が大事です。 それには噛む回数を数えてから、飲み込むようにしてください。 玄米を噛む回数は最低でも30回、できれば100回噛むようにします。 よく噛むことで、固い玄米がすり潰され、唾液ともよく混ざることで、消化吸収がアップします。 また噛む回数を増やすことで、脳の血流量がアップしたり、免疫力が高くなるなどの研究結果もあるようです。 健康のためにも、食べ物はよく噛んで食べるようにしましょう。 発芽玄米を食べる ここまで紹介した「柔らかく炊く」、「よく噛んで食べる」の2つの対策をしても、まだ玄米でお腹を壊す人がいます。 実は私がそのタイプで、1ヶ月ほど頑張ったのですが、まだ下痢などをすることがありました。 そして最終的には発芽玄米を食べることで、改善することができました。 玄米でお腹を壊す原因のところで、玄米は身を守るために外皮で消化されにくくしていると言いました。 しかし玄米が身を守る仕組みは、外皮だけではありません。 アブシジン酸やフィチン酸といった発芽抑制因子を持つことでも、玄米は身を守っています。 発芽抑制因子は発芽に適した環境になるまで、栄養成分が外に出ないように閉じ込める役割をします。 この発芽抑制因子は発芽毒であり、ミトコンドリアを傷つけます。 人によってはこの発芽毒によって、吐き気や下痢などお腹を壊すことがあります。 しかし発芽抑制因子は発芽することで、その役割を終えて分解されます。 つまり発芽玄米は、毒性のある成分は分解されているので、お腹を壊さずに食べることができるのです。 普通の玄米を食べてお腹を壊す人は、発芽玄米を食べてみてはいかがでしょう。 スポンサーリンク 発芽玄米の問題点は値段が高いこと! 発芽玄米は消化がいいだけでなく、ふっくらと柔らかく炊けます。 味もほんのりと甘みがあり、玄米特有の臭みもなくなり、いい事だらけなんですよ。 しかし、そんな発芽玄米の最大の問題点が、値段が高いことです。 発芽玄米は1kgで1000円くらいで、売っています。 探せばもっと安い発芽玄米もあるかもしれませんが、いずれにせよ玄米よりは高くなります。 でも発芽玄米は、玄米を発芽させるだけですから、自分でも作れます。 玄米をボールに入れて、水に浸しておきます。 定期的に水を取り替えて、軽くゆすぎ洗いをします。 すると2、3日で芽が出て、発芽玄米が出来上がります。 ボールを3つ用意して、1日ずつローテンションしていけば、毎日発芽玄米が食べれます。 私はしばらくこの方法で、発芽玄米を作っていました。 しかしこの方法だと、一つだけ問題点があります。 それは季節によって、発芽の時間が変わってくることです。 夏の暑い時期は発芽が早く、冬の寒い季節になると、発芽が遅くなります。 実は玄米は発芽させ過ぎると、逆に栄養価が落ちてしまいます。 だから発芽玄米を自分で作ると、品質が安定しないという問題が出てきます。 そこで何かいいものがないかと探して見つけたのが、なでしこ健康生活という炊飯器です。 楽天で購入 普通の玄米と水を入れるだけで、最短2時間で発芽玄米が炊けてしまいます。 なでしこ健康生活があると、自分で水を替えたりする手間も省けて、毎日簡単に発芽玄米が食べられます。 更になでしこ健康生活には、玄米酵素ごはんを作る機能も付いています。 私はなでしこ健康生活で、初めて玄米酵素ごはんを知りました。 玄米酵素ごはんは、玄米に小豆を混ぜて炊いて、しばらく寝かせて発酵させたものです。 玄米酵素ごはんは発酵させることで、更に消化が良くなり、栄養価も高くなります。 玄米酵素ごはんは腹持ちもいいので、間食などもしなくてよくなりますよ。 まとめ 玄米でお腹を壊す原因は、消化吸収が悪いことである。 対策としては玄米を柔らかく炊いて、よく噛んで食べること。 上記の対策でもダメな人は、発芽玄米を食べると良い。 発芽玄米は値段が高いので、自分で作ることもできる。 発芽玄米を作れる炊飯器を使うと、更に便利である。

次の