怠惰な生活。 Re:ゼロから始める異世界生活

怠惰な生活。

怠惰な生活

特徴1.メリハリがなくだらしない 目に見える人の行動や発せられる会話の中で「怠惰」という言葉を使うことがあります。 主なケースとしては、 メリハリがない言葉や、だらだらとした話し方などです。 例えば、「〜かもしれないけど、そうじゃないかもしれないし」というような結論がはっきりしない話し方です。 また一つ一つの行動についても使用されます。 この場合もだらだらとしただらしない動きをするという特徴があります。 特徴2. 向上心が感じられない 「怠惰」という言葉は、人の内面について表現する方法としても使われています。 本来やるべきことをせずに現状に甘んじている、成長のための行動をせずに留まっている、というような人に対して使われます。 例えば、もっと質の高い仕事が求められているのに、自分の基準でOKラインを下げてそれ以上の向上を求めないなどという人です。 特徴3. 楽観的で自分に甘い 「怠惰」は人の考え方とそれに伴う行動について表すときにも使われます。 本来は、もっと別の行動をするべきなのに、 「まあこのくらいでいいだろう」と自分に対して甘くなり行動をしない、という場合にも使われます。 特徴4. 自信がない 怠惰な人や怠惰な行動をするケースの背後には、精神面も影響しています。 その一つが 「自分への自信のなさ」です。 心理的に「未来が怖い・自信がない」ことからあと一歩の行動ができなくなっていることも考えられます。 例えば、「失敗をしたら恥ずかしいので、今のままで動かずにいよう」などの考えで、始めから前に進めない状態もその一例です。 続いては「怠惰の類語」と「怠惰を使った例文」について解説します。 4.「怠惰」の類語と例文 「怠惰」の主な類義語には以下の言葉があります。 これら3つの例文も一緒に見ていきましょう。 <例文> 報告書を提出しない場合、 職務怠慢と見なされるので注意が必要です。 「怠慢」という言葉と「職務」という仕事を意味する言葉を組み合わせた表現です。 また、「業務怠慢」という風にも使われます。 自分が担当している職業上の勤めをきちんと果たさないこと、また職務を怠ること、などの意味があります。 類語2.横着 おうちゃく 「横着」とは 「するべきことを故意に怠けること」「できるだけ楽をしてすまそうとすることや、そのさま」という意味です。 「横着」は「怠惰」と同じように「怠けている」ということも意味します。 しかし「横着」は、それに加えて 「わがままで図々しい」というも含む言葉なのです。 実例では、人を自分の思うように動かすことで自分は楽をする、などする人に対して使用します。 「横着」は以下の例文のように使いましょう。 <例文> 世界中から日本人は真面目で 勤勉な性格というイメージを持たれています。 ここで使われている「勤勉な性格」は、仕事や勉強、そしてあらゆることに関する事柄に対しての取り組みや、心がけを意味しています。 勤勉という言葉自体は、プラスのイメージを与える言葉なのです。 対義語2.真面目 まじめ 「真面目」には、 「本気であること。 うそや冗談でないこと。 」「まごころをこめること。 誠実なこと。 」という意味があります。 「怠惰」は「楽をしてだらだらしている」という意味もあり、 その様子は誠実さや本気度が感じられません。 このことからも「真面目」は「怠惰」と逆の意味があることが分かりますね。 「真面目」は以下の例文のように使いましょう。 <例文> 彼女は急に 真面目な顔になり、病気で仕事を休んでいる同僚の話を始めた。 この文に出てくる「真面目」とは、「心配をしている気持ち」や「冗談では話すことができない」ということを表しています。 このように、真面目とは人の性格を表すとき以外に、「冗談ではなく本気になっている時」などにも使われます。 対義語3.精勤 せいきん 「精勤」とは、 「熱心に職務に励むこと。 」「仕事や会合などを休まずに出勤・出席すること。 」を意味する言葉です。 「怠惰」には「やるべきことをせずに怠けている」という意味もあり、精勤が持つ 「熱心な姿」や「休まずに仕事をする」ことの逆の意味の言葉。 「精勤」は以下の例文のように使いましょう。 <例文> Beware of indolence! 怠惰に陥るなかれ! このように、indolenceは名詞でも「a」や「the」などを付けずに使います。 前に「terrible」などの形容詞をつける使い方もあります。 「indolence」は人のことは指しません。 怠惰な態度や事柄などについて述べるときに使います。 まとめ 「怠惰」という言葉は主に 「なまけること」や「だらしないこと」などの意味があります。 日常の生活の中での実例を挙げると、「怠惰な生活」「怠惰な態度」などのように使用されます。 形容詞として使い後ろに名詞をつけて使うことが多い言葉です。 また、「怠惰」の類語や反対語、そして英語での表現方法も覚えておくと、日常で会話をするときに話題も広がりますね。 「怠惰」という言葉の意味を正確に理解し、ビジネス上の会話ので上手に使えるようにしましょう。

次の

怠惰な人の特徴。自分自身に甘く外見がだらしない!

怠惰な生活

「怠慢」とは? 怠慢は、 「タイマン」と読みます。 怠けて、仕事や義務的な業務を怠る事を言います。 怠慢の怠は、おこたる、なまける、だるい心がたるんできて、なまけてしまうといった意味が含まれています。 慢には、他を軽んじて自分を良しとする意味や、たかぶる、進み状況が遅い、だらだらと長引く、おこたる、おごる、あなどるといった意味があります。 怠慢とは、このように自分を良しとして、他を軽んじながら仕事や業務を怠けたり、侮ったりする様子を示します。 「怠惰」とは? 怠惰は、 「たいだ」と読みます。 意味は、なすべき事をなまけて、だらしない様子や性質を表します。 「怠慢」と「怠惰」の違い 怠慢と怠惰の違いは、同じ怠という文字が使われていますが、語尾の慢と惰のそれぞれの漢字の意味が異なってくるので、それぞれの言葉に含まれる意味のニュアンスも微妙に変わってきます。 これから下記に、怠慢と怠惰の違いについて解説していきますね。 慢の意味 慢とは、おこたる、あなどる、他を軽んじて自分を良しとするといった傲慢な様子が伺えます。 また、進行状況が遅い、だらだらと長引く様子も表します。 惰の意味 惰の意味は、気が緩んで精一杯になれない様子や、なまける、おこたる様子を表します。 だれてしまりのない様子やだらける態度といった意味でも使われます。 どちらもなまけている様子を表しますが、違いとしては、怠慢はやらなければいけないミッションがある状態なのに、わざとなまけている様子を表します。 怠惰は、特に予定がなくダラダラと過ごしている様子を示すので、やり遂げなければいけないミッションがあるのかどうか? といった点で言葉の意味のニュアンスが異なります。 「怠慢」の対義語 怠慢の対義語は、勤勉や努力です。 勤勉や努力は、コツコツと仕事や勉強を積み重ねていく様子を表すので、サボっている怠慢と対義する言葉になります。 「怠惰」の対義語 怠惰の対義語は、勤勉です。 勤勉とは、努めて励むといった意味があるので、ただ目的もなくダラダラと怠けている怠惰な生活とは対象的な表現となります。 「怠慢」と「傲慢」の違い 怠慢は、やり遂げなければいけないミッションがあるにも関わらずに、なまける態度やおこたる様子を表します。 傲慢は、思い上がって横柄な様子や人を見下して礼儀を欠いている様子を表します。 違いとしては、怠慢は自分だけで自分の仕事や勉強といったミッションをなまける様子ですが、傲慢となると人を見下したり、横柄な態度で周りの人を不愉快にさせる態度になるので、それぞれの言葉を使うシチュエーションは大きく異なります。 子供だけでなく、ペットの飼育放棄にも使われます。 それぞれの英単語には、意味が微妙に異なるので、状況に応じて使い分けるようにして下さい。 どれも怠惰という意味が含まれていますが、その他の意味にも着目して、使う時には、怠惰の意味以外に含まれている意味にも充分注意しながら、適切な場面で用いるように注意して下さい。

次の

怠惰な人が貧しい人間関係を築く理由

怠惰な生活

珍しくきちんと起きている朝です。 そろそろ子どもにあわせてではなくて、ちゃんとした生活リズムを作らなくては…と思う今日この頃。 先日子どもが2か月になりました。 やっとかと思うような、あっという間のような。 そして月曜日に予防接種デビューしてきました。 注射された時は泣いていたけれど、そのあときょとんとした顔していたので、まだ何されたかわからないんだろうなぁと。 院内には1歳と思われる子とかもいて、走り回る姿を見て微笑ましくなりました。 我が子もそのうち走るようになるのかな…大変だな。 段々大きくなるにつれて出来る事が増える反面、危険も増えるので、余計に目が離せなくなるんだろうな。 直近での悩みは学資保険と私の就活。 学資保険はどこがいいのか全くわからん。 仲介屋に相談したけれど、あれって仲介者が一番取れ高いいものから紹介されるから、本当にこれがいいの?と疑わしく思ったり。 何だか丸め込まれてる気持ちになって、結局断ってしまった。 旦那は普通に貯金でよくない?とか諦めムードだし…貴方が生命保険入ってないから学資保険で保障をつけたいと言っているんだけどもね〜中々。 それから就活ね。 10月まで休止中にしてあるんだけど、このご時世で就職できるのかな。 できないと保育園入れるの難しいんだよな… かといって子どもを積極的に預けたい!とも思えなくて、傍で見てたい気持ちもある。 でもお金を稼いでもおきたいような。 今って単なる内定済みってだけだと保育園は入れないかもしれんのよね。 既に働いてる人優先だって役所の人にも言われてしまった。 あー悩ましいな!特に秀でた資格とか持ってないから尚更。 本当、仕事辞めるタイミング間違えたなー!今更だし、仕事持ってたら子ども来てくれなかったかもだしな!! いっそこのまま立て続けに2人目産んで、本当に落ち着いた時に復帰する? 失業手当は貰っておきたいんだけど、うーん… 悩みながら育児してると伝染するのか泣くんだよな。 子どもって不思議。 大丈夫、母はなるようになると思っているのだよ。 だから眠りな、ね。 今日は子どもつれて病院へ。 乳児湿疹の経過をみてもらいました。 順調だけど来月も受診することになった〜。 これから汗疹の時期にもなるし、何だかんだもやついた事を相談できるのは良い機会って事で。 勿論情勢が変わったらそれも再検討するけども。 気付けば6月も中ごろで、何だか1年があっという間な気がする。 カレンダーを捲るのが早いというか…。 朝…の区切りが最近はあやふやではあるんだけど、起きてまず授乳して、子どもの洗濯。 終えたら自分らの洗濯して、ぐずったら授乳しつつ日光浴。 合間に自分のご飯食べて、洗い物とか片付けとかして、気づけば沐浴の時間。 そのあと授乳して旦那帰宅するからご飯用意して、様子みながら交互に風呂…みたいな生活。 ミルク待ちの時は時間の流れが遅く思えるのに、振り返るとあっという間なんだもんな…感覚って面白いな。 自分の衣替えもできてない…今年は諦めるかって思いつつある… そろそろお散歩とかしなきゃいけないんだけど、重い腰があがらなくてな… せめてベランダで日光浴を5分くらいしてる感じです…あかん…子どもの為だと思って頑張らねば… 1か月ぶり?のブログ更新。 ブログはPCからの更新の方が楽だったので…。 4月終わり頃に出産しました。 里帰りだったので、その後実家に1か月滞在。 実家ではただただ赤子の世話だけに集中できるように実母の協力のもと過ごしておりました。 ありがたや。 つい先日、自宅に戻ってきた次第です。 出産に関して簡単に記録。 予定日よりも4日遅れで、いつくるかそわそわしながら過ごしてました。 昼頃に、生理前のような腹部に違和感。 痛みとまではいかないものの、重い感じでした。 私は生理痛があまりない方なので、痛みも生じにくかったのかな?わからんけど。 それから15時半頃破水。 尿漏れではない、生理二日目くらいの量の水が一気にドバっと流れる感覚。 その辺りから、7分〜15分くらいの間隔で生理痛くらいの圧迫感が腰に。 いよいよ10分間隔になったところで病院に電話し、状況説明の後、タクシーで移動しました。 タクシーを待っている間に何か詰め込め!と母親に言われてオムライスをかっこむ。 この判断が吉と出るか凶と出るか…。 18時半頃、病院に到着。 スタッフさんに荷物を持ってもらいながら分娩室へ。 まだ動いてはいられるものの、腰に来る鈍痛にウッ!って立ち止まったりする。 ナプキンを提出し、分娩台に寝る。 その後、破水認定を受けて分娩台で子宮口が開くのを待機。 ママ友より聞いていたひたすら深呼吸に集中しろの助言を元に、段々と痛みの増す中で、ただただ自分の呼吸を考えていました。 鼻から吸って、二倍くらいの時間をかけて口から出す。 この間、声を出すと赤子まで酸素が行き届かないので、なるべく声はあげない。 でも陣痛は地味に痛い。 段々と内側に広がる痛みが強くなります。 イメージ的には骨をね、こう…電動の歯ブラシみたいなのでちょっとずつ削られてるような痛みのタイプ。 歯を削るのと近いのかな? 尾てい骨が徐々に開いていく痛みなので、体内にじわーっと広がる感覚ですな…。 子宮口が9cmを超え、あと少しで10㎝到達という時に赤子が呼吸困難になる。 場合によっては切開や吸引器を使う旨の説明を受けました。 私自身も呼吸困難のような状態に。 自分が息吸ってるんだか吐いてるんだかわからない状態だったのと、マスクしてたからですかね。 一応通常の分娩にチャレンジしつつ、急いで取り出す事になりました。 ここで、初のいきみね。 いきむってどういう感覚かわからないままトライです。 鼻から息を吸ったら、持ち手に捕まって、助産師さんの掛け声に合わせて息を吐きつつ腹筋の容量で上体を持ち上げる。 この時に声をあげてはならなくて、それから、目を瞑ってはなりません。 これがうまくできなくて、最終的にタイミングに合わせて、助産師さんにお腹を押してもらいながら出産しました。 最後までうまくいきめなかったな…。 そして何とか出産。 あ、股は裂けました。 裂けたのわかったし、助手さんが一部切ったのもわかったwもはや痛みは麻痺してて、その場では感じないんだけどね。 出産直後、泣くと思っていた我が子の産声が聞こえず…。 戸惑いながら後産に臨む。 何かしらの処置を行うため別室に運ばれて行ったのですが、その先で泣き声がしたので、そこで漸くほっとしたのを覚えています。 今思えば他の赤ちゃんの可能性もあったけども、でもまさか同じ時刻にって事は早々ないとも思ったから、やはりあの泣き声はうちの子でいいんだよな…? 笑 ちなみに出産時刻は20時前でした。 まさかのスピード出産っぷりに驚いた〜。 破水だから早いってのはありましたが。 私は後産のあと、裂傷した箇所を縫ってもらいました。 随分と時間がかかっていて、傷口大きいのか〜ってちょっと嫌気がさしたのを覚えてます。 実際、尻まで裂けてた 笑 処置が終わったら、どっときた疲労感にただただ身を任せておりました。 息上がってたし、本当に疲れたの一言だった。 出産から1時間経ったあたりかな?やっと我が子と対面しました。 特に泣く事もなく、実際に目にする赤子に、本当にこれが私の腹の中にいたのか…?という不思議な感覚でした。 これは大きい…って感じかなぁ。 まぁ腹の中にいた時は手足丸まってたからもっとコンパクトだったとは思うけれども。 赤子はすやすや眠っていたので、動画とか写真とかパシャパシャ撮ったら解散。 翌日から同室になる流れでした。 手足が兎に角小さい!偽物みたい!というよくわからない気持ちになりました。 以上が出産の一部始終。 出掛ける直前に食べたオムライスについて、陣痛時に横になって呼吸する時にウッてなったけど、結果的にあれがエネルギーになって出産を乗り越えられた説。 看護師さんからは、直前にエネルギー補給されてて良かったとは言われました。 出産エネルギーに替えられたからか、はたまた、病院で夕食準備しなくて済むからか 笑 ただやっぱり陣痛の時の深呼吸が大変よね。 これはねー、妊娠中に練習すべきだと思った。 一応深呼吸の練習はしてた。 看護師さんから練習してるかしていないかはわかると言われていたので…。 あとはいきむ動作ね。 これがうまくいかなかったのは悔しいな。 練習する時間がなかったからしょうがないとは言われたけど、緊急事態ではない出産であれば可能なのか?それってどういう状況なんだろう…。 あ、それから産後の入院期間について。 出産直後に痛いだろうけど沢山水飲んでトイレに行ってくれって言われるのね。 これはちゃんとやった方がいいです。 私はトイレ回数が少なかったせいか、3日目あたりに利尿感を感じなくなってしまい、カテーテルを刺す羽目になりました…そして入院期間の延長。 異例の事態だったからお見舞いもないし、ぼっち入院だっただけに、退院日未定って状態になったのは本当に精神的に参りました。 体が自由に動けないから、売店とかも行けなくてお菓子食べるとかもできなかったし、ただただしんどかった。 赤子のサイクルもできていないから、いつ起きなきゃならないかわからなくて、常に眠くてストレスってのもあった。 本当、大変だけどトイレトライはちゃんとするべきです…。 あとは体力かな。 つけた方がいいね。 妊娠中はあまり動かなくなるから余計に体力落ちてるので、落ちないように努力するって感じ。 便座に立ったり座ったりを10回繰り返すだけでも、臨月にはだいぶしんどいのでやっておくべきと思います。 備忘録終了。 2人目を考える余裕ができた頃にきっと振り返るだろうから記録しておきました。 1か月検診を終えた今は少し余裕が出てきて、家事との両立に少しずつトライしています。 基本的に旦那が協力的なのもありがたい。 あと完璧を目指さない姿勢ね。 これも大事だと思いますん。 ちょこちょこ息抜きをしながら、次は予防接種と首据わるのを目指してがんばります〜。 無暗な外出は控えて下さいに従って、家に引きこもる日々です。 直近では友人とテレビ電話したかな。 特にずっと話してるわけでもなく、お互いにゲームやったりテレビ見たり好きに過ごしながら気ままに話す感じ。 お互いの生活音は聞こえるけど、まぁそれが逆に一人じゃない感じがしてよいのだろうか。 なるほど、テレビ電話はこういう使い方もあるのね、と思った次第です。 これは電子飲み会もさぞかし楽しいだろうと思いました! 唯一のママ友さんから無事に出産を終えた連絡をいただいて、大変ほっこり。 前向きな彼女につられるように、私も続きたいなぁと思いつつ。 ニュースは相変わらずの内容ばかりで持ち切りだから、最近あまり目にしてないな。 ゲームやってご飯作ってまたゲームして、テレビみて…。 本当、非生産的な事しかしてないんだけど、でもメンタル崩すよりはマシかな!なんて。 太陽光は浴びた方がよいようなので、換気ついでにベランダでも覗くかな? しかし花粉症という罠…。 最近旦那がPCをカスタマイズし始めたので、いつもと違うキーボードが非常に打ちづらいです…。 なれるしかないけど。 在宅ワークならデスクトップなりなんなりをカスタマイズしたら?って言ったのが悪かったのか? いや、でも慣れだね。 4月になりました。 また体調が良かったり悪かったり、という感じです。 胎動も少し強めになってきた、かな?大きくなって臓器や皮膚との距離がより近付いたからか。 けだるいのは耐えられるんだけど、頭痛はしんどいね…もらった薬も効いてくれなくて困っておる。 でもあと1か月きってるし、乗り切るぞー。 一昨日のおやつ。 ちょっと贅沢。 先週血液検査等をしました。 血糖値、塩分、大丈夫かな…。 今週結果が返されるから、ここまできたら優秀のまま終えたいところ!指摘なしでいきたいな〜。 いつ、本陣痛が起こるかわからないから、荷物の最終点検しなきゃなぁ。 その一方で、これ果たして一人で持っていけるのか?と不安になったり。 一部ニュースにもなっているけれど、私の通う産院でも同様にこの度の新型ウイルスを受けて面会及び立ち合い全面禁止になりました。 一人で入院して出産して退院する。 勿論病院には親身になってくれる助産師さんや看護師さんがいるんだけど、それでも少し心持ちが違うよね…。 あまり頼り過ぎたら申し訳ないよなぁとか思っちゃうしな…。 産まれてくる子どもがタイムリーに祝福されないのも少し寂しいね。 何事もなければ1週間以内には退院できるにせよ、やっぱりそこだけちょっともやつく。 君が生まれた時は大変でね…なんて、本人のわからないところでの話なんかしてもしょうがないしなー。 語り草にはなるけど。 まぁでもまずは、無事に、ってところですかね。 旦那の話。 お仕事が在宅ではできないので相変わらず会社に通ってます。 なんだかなぁって思います。 リスクしょってるなーと。 でも私が実家に早めに帰省したとて、実父も働きに出てるし、私と接触する人数が増えるだけなので、それも危険か?とか。 胎児の感染についてがよくわからないだけに、不用意に妊婦と接触するわけにいかないよねー…まぁ私自身も怖いなって思うし。 早くおさまらないものかね。 本当そればかりです。 あと最近ゲームばっかしてます。 お出掛けできないし、ここぞとばかりに。 最後の自由時間!って気持ち。 まぁ産後も適度に息抜きしたいとは思っておりますが! は〜、また今年は色々ありそうだなぁ! 最近また昼夜逆転気味…というか、睡眠時間がガクンと減りました。 今までが寝すぎっていうのもあったかもしれないけど、昼寝をしていないからかな…? その間は先日発売になったゲームにいそしんでいます。 リアルタイムで作業しているので、どうしても日中頑張っちゃう…。 今日は幼馴染とゲームしてました。 その前に少し買い物も手伝ってもらいました。 今日から10か月、臨月を迎えました。 荷物持つの手伝ってもらえて良かったです。 巷では相変わらずインスタントやレトルトが消失していました。 皆さん動きが早いのね。 私は通常の買い物だったんだけど、簡単に身動きできないから、自宅待機とか自制とか長引くと困るなぁ。 早く消滅しないかな。 ウイルスは見えないから怖いねぇ。 そういえば先日弟ちゃんがくれたホワイトデーのお返しがあまりにBIGだったので写真添付。 ホットケーキミックスで作ったパウンドケーキです。 実家の材料不足に対し、彼なりに試行錯誤してくれたみたい。 本人は少し納得いってないみたいだけど姉は嬉しかったよ。 食べではありました 笑 食事に代用したりして消費しました〜。 美味しかった。 最近は甘味も食べたいし食事もしたい!って気持ちは強いんだけど、後期悪阻なのか簡単に限界になります。 限界になるというか…油断すると吐きそうになる。 胃がだいぶ上にあがってきてるような…? 昼食べて夜食べられないって事もあるので、困ったもので…。 そんな中でもなんとかやや子には育って欲しいものである。 あ、でも私からあまりカルシウム奪わないで…笑 カルシウムと鉄分は頑張って摂取しよ…。 あと約1か月!待ち遠しいような、戸惑いのような、なんだか変な気持ち! 夜分遅くに更新。 これ書いたら寝よ〜。 今週は病院にいってきました。 一応順調、なのかな? さすがにちょっと重いなって感じになってきました。 体重的にはまだ余裕あるんだけど、動きにくいというか。 あと1か月くらいだからね〜…ほんと、あっという間なんだろうな。 ようやく専業主婦の生活に慣れたのにね 笑 あとは恐らく肩こりからくる頭痛ですね、これが厄介。 右側だけズキッとくるのよね…。 痛み止めもらったから飲んだけど効かないし…。 こう、時折ズキッとくるやつだから効かないのか?わからんけど。 あと昼間の眠気がすごい。 こんだけ寝られる?ってくらい寝てます。 代わりに夜に眠れなくなるのはダメらしいから、それは避けなきゃなーって思いながら寝てます。 お友達のママさんが後期悪阻で炭水化物がとれないって言ってたな…。 私も口の中とか喉あたりがムカムカすることがよくあって。 これがそれなのか?って思いながら過ごしてます。 胃との距離が近いから仕方ないのかもしれないが…うう、つら。 今のうちに食べたいもの食べるんや… 日頃あんましPCとかスマホとか見てちゃいけないんだろうけど、でもやることなくてなぁ… ま、それもあと1か月か…カウントダウンだね〜 最近はやたらPCと向き合ってる時間が多いです。 ネサフ楽しい〜。 結局PCの方が操作しやすいところもあるんだよなぁ…ま、呟きはスマホの方が見易いんだけども。 弟が美味しいチャーハンのコツを教えてくれたので作ってみた。 確かに美味しかった。 これ沢山いれる。 代わりに塩は入れませんでした。 塩分は控えようと頑張れても油分が中々控えられない難しさ… 栄養バランスのとれた食事って本当難しいよねぇ… 旦那が怒涛の連勤期間に入ったので、何とか鼓舞して頑張ってもらってます。 私も働いてる時はやるかーみたいな気持ちで仕事行ってたみたいなんだが、専業主婦になってからいいなぁ〜って気持ちが拭えないみたい。 基本的に我々二人とも怠けたい病 笑 とはいえ、頑張ってもらわねば。 昨今のウイルスのせいで経済が〜とか色々騒がれているけれども。 自粛ってどこまでするものなんだろうね? 知り合いが来週に結婚式をあげるんだけど、続々と欠席連絡が来てしまってどうも気が滅入っていらっしゃる。 そりゃそうだよねぇ…1年も準備したって言ってたし。 それに、費用だってばかにならないよね。 欠席者の分のキャンセルとか適用できないだろうし。 こんな直前の欠席、するんだったらご祝儀だけでも別途送るべきよね。 本当に祝う気があるなら。 友達を鑑別できたかもしれないけど、本当気の毒でしょうがない…。 私も妊婦でなければ平気で外に出るんだけどな。 妊婦がどのくらい危ないかとか、いまいちよくわからん…。 ま、そうでなくてもだいぶ動きが悪いから、遠出は難しいんだけどね。 友達に会いたくても、気を遣わせるのが申し訳なくて声かけられないし。 あれか、オンラインで女子会とか開催すればいいのか? 笑 今日は偶然実父と旦那がお休みだったので、ランチに出かけました〜。 うへへ、お肉美味しかった〜。 ナポリタンにライスがついてくる不思議。 とはいえペロリで食べてしまった……。 今週検診があったので行ってきました。 体重増加に対して、赤ちゃんの増加量が少なかったのであれ?ってなりました。 さすがに食べ過ぎか…ちょっと間食なりを控えねばならないなぁと。 とはいえ、最近食べ物がおいしい!ってなっているので、結構苦労するかも。 歯を磨くしかない。 昨今のウイルス対策で病院も入場制限がかかることになりました。 通院の付添い禁止、入院時の面会も基本的には禁止、立ち合い出産も限定、みたいな…。 生まれた赤ちゃんを親族に見てもらえないのは寂しいけど、入院期間は耐えるしかないかな。 写真撮れるなら極力撮ってあげることにしよ…。 じゃなきゃちょっと可哀想で。 せっかくの吉事なのにね、本当ウイルス許せない。 今日は少し肌寒いっすね。 旦那が朝早かったのですが、何となく二度寝ができなかったので、そのまま洗濯して…と珍しく午前中から活動中。 や、でも最近は午前中から活動してる事が多いかな。 なんか二度寝しにくくなっている。 ま、規則正しい生活はいいことか。 巷では某新型ウイルスが流行ってるから、自粛ムードというか、家にいるように〜みたいな感じですね。 突然生活形態を変えなければならないのって結構ストレスだと思う。 在宅ワークも休校措置も、もし該当になったら大変だったなってぼんやりと。 台湾での対応がスピーディーで素晴らしいとか言われているけれども、むしろなぜ日本はそこまで対応遅れとか騒がれる事態なのか考える必要があるよね。 何、書類文化で上が判子押さないと先に進まないとか?はて、そういう些末な話なのかな? 私は相変わらず冷蔵庫消費キャンペーンをしておりまして、いつぞやのパイシートがあったのでポテトパイ作りました。 オーブンの天板に何もフォローしなかったので、パイ生地が張り付いちゃって、裏側大惨事でした。 次からはちゃんとクッキングシート敷く…何で今回忘れてたか謎… 日曜日。 最後のお出掛けかなって事で、先週に引続き元上司に会ってきました。 サントラお借りする事になってたのだ〜。 胎教に使お。 久し振りのグリーンカレー。 水曜日に検診だからそれまでに何とかせねば…… そしてその日の夕飯。 新じゃがを煮っころがしてみたのですが、思ったよりうまくいった! やはり鍋の違いってのもあるね。 あとひたすら野菜沢山食べよう週間です。 栄養バランスとか中々難しいものだよね…。 早速今日の朝と昼は崩壊したし。 夕飯はちゃんと頑張りたいところ…!•

次の