ケーキ型。 ケーキ型おすすめ15選!製菓専門学校卒業生が教える、お菓子作りの必須アイテム

【通販で買える!】おすすめのケーキ型12選

ケーキ型

製菓の専門学校を卒業して早10年…(ちょっとサバ読み)。 いまでは二児の「お菓子づくりが好きなお母さん」です。 現在ではそんなに頻繁にお菓子を作っているわけではありませんが、誕生日やクリスマス、誰かの家に遊びに行くときの手みやげなどには簡単なケーキを作ることがあります。 子どもが大きくなるにつれて、リクエストも出るようになってきました。 「誕生日はいちごのケーキがいい!」「パウンドケーキが食べたい!」など。 意外とリクエストは嬉しいもので、色々なケーキを作り出すうちに気づいたらケーキの型も増えていきました。 型が増えるとケーキのバリエーションもかなり増えるんですよね。 そこで今回は「おすすめのケーキ型」についてご紹介していきます。 ケーキ型といっても、色々なケーキがあるのでかなり幅広いですけどね! 目次• バリエーション豊かなケーキ型 「ケーキ型」といっても色々な形のものがあります。 たとえば型の形からできるケーキを挙げるとします。 丸形 スポンジケーキ、チーズケーキ(レア・ベイクド) タルト型 タルト、キッシュ、パイ パウンド型 パウンドケーキ、パン(ロールパン、食パン) ロールケーキ型 ロールケーキ、伊達巻き、クッキー スクエア型 スティックケーキ、スコップケーキ、ブラウニー、ちぎりパン シフォンケーキ型 シフォンケーキ、パン ざっと挙げただけでもこんなに! 「ひとつの型で1種類のお菓子」というわけではありません。 型が増えると一気にケーキ作りのレパートリーが増えるのです。 これ、お菓子作り好きにはたまらないですよね。 ケーキ型の素材の違いとは? シリコンゴム製 やわらかく軽く、扱いやすい素材。 型にくっつきにくいので外しやすく、熱に強い。 一方で熱伝導率が金属に比べるとよくないので、焼きムラや焦げができやすい。 小さめのお菓子向け。 アルミ製 熱伝導率がよく、焼きムラや焦げができにくい。 価格もお手頃なものが多い。 やわらかく変形しやすいので、扱いに注意が必要。 傷もつきやすい。 耐熱ガラス製 焼き菓子だけではなく、冷菓にも使える。 そのままテーブルに出してもおしゃれに見える。 一方で熱伝導率が低いので、焼きムラやふくらみが金属に比べて劣る。 ブリキ製 焼き色がきれいに出て、プロが使用することが多い。 価格はお手頃なものが多いが、手入れが面倒。 ステンレス製 固くサビにくいので、お手入れが簡単。 合金は熱伝導率が悪いので焼きムラや焦げに注意。 フッ素加工樹脂 テフロン加工やシルバーストーン加工とも呼ばれる。 お手入れが簡単で型からも外しやすい。 取り扱いかたによっては傷がつきやすいので、注意が必要。 紙製 100円均一などでも販売されている紙製のケーキ型。 簡単に手に入りやすく、かわいいプリントがされているものも多いので、シンプルな焼き菓子でもおしゃれに見せることができます。 使い捨てなので片付けも楽なのが特徴。 誰かにプレゼントするときもそのままあげられるので便利ですよね。 ただ金属製のものと比較すると熱伝導率が良くないので、膨らみがイマイチ、と感じる人もいるようです。 何を重視するかをよく考えましょう。 ケーキ型を選ぶときはココをチェック! ケーキ型は本当に色々な種類があるので、何を選べばいいかわからない、という人も多いはず。 チェックしておきたいのは以下のポイントです。 底タイプで選ぶ 底が取れるタイプ スポンジケーキなどを焼いた後にまわりだけ先に型を外すことができる。 型を外すときの失敗が少ないのが特徴。 共底タイプ まわりの底が一体化しているタイプ。 底が取れるタイプと比べると価格はお手頃。 湯せん焼きをする場合はこちらがおすすめ。 形で選ぶ ケーキ型を選ぶとき、まず最初に考えるのは「どんな形のケーキを作るか」ということです。 丸型やスクエア型 誕生日やクリスマスにホールケーキを作る場合に人気なのはやはり丸型やスクエア型。 見た目もとても華やかですし、人数が多いときも均等に切り分けることができます。 素材によっては焼き菓子だけでなく冷製のケーキも作れるので、バリエーションも豊富ですよ。 一番最初にケーキ型を買うなら、とりあえずまずは丸型かスクエア型のどちらかを選ぶ人が多いのでは? と感じます。 タルト型・シフォンケーキ型・パウンド型などレシピ専用型も! もしタルトやシフォンケーキ、パウンドケーキなど作りたいケーキが決まっている場合は、専用の型を購入するのがおすすめです。 1度しか使わないなら紙製の型で十分ですし、何度も作ることがあるなら購入したほうがいいかもしれません。 専用の型があればよりきれいに、よりおいしくケーキを作ることができます。 バリエーション豊富に作りたい人は、色々な型をチェックしてみるといいですよ。 ちなみにパウンドケーキの型は料理にも幅広くアレンジが効くので、ひとつあると便利な型です。 よく使うのはどの大きさ?ケーキ型のおすすめサイズ きっと一般家庭の場合、一番よく使うケーキ型はやはりホールケーキに使う丸型のタイプでしょう。 これって「4号」「6号」などサイズがあるのですが、見分け方ってご存知ですか?数え方としては、「1号=1寸」という決まりがあります。 1寸は3cm。 たとえば 3号=1〜2人 4号=2〜4人 5号=4〜6人 6号=6〜8人 7号=8〜10人 8号=10〜12人 です。 もちろん目安ですので、スポンジの厚さやトッピングの内容によってはもっと人数が増えてくることもあります。 わける人数は「1号大きくなるごとに、2人分の量が増える」と覚えておくといいかもしれません。 自分の家族が何人か、来客の頻度はどれくらいか、などを考え、一番よく使うサイズのものを購入するようにしましょう。 ちなみにわが家は4人家族なのですが、4号と6号を使用しています。 ケーキ型のおすすめ定番メーカー ここからはケーキ型(主にホールケーキの丸型)の中から、有名メーカー別のおすすめ商品をご紹介します。 貝印 タイガークラウン バネ式 デコ型 とにかく素材と品質にこだわっているタイガークラウン。 製菓器具専門ブランドの「CAKE LAND」を立ち上げています。 型の種類はもちろん、素材にもかなりこだわっているので種類も豊富。 こちらの商品は最近では少し珍しいバネ式。 バネ式の留め具を緩めるとリングが外に広がるので、よりスポンジなどを取り出しやすくなっています。 「型から外すのが苦手」という人には特におすすめの商品です。 ケーキ型おすすめ15選 ここからはデザインや素材などを熟慮し、おすすめのケーキ型15選ご紹介します! Dream DIY マドレーヌ型 ケーキ金型 マフィン型 ドーナツ型 6ケ取 シリコン加工 天板 サイズ 26. 5cm 重さ 約600g 素材 高品質炭素鋼材質 フッ素加工 シリコン加工 1度に6個焼ける!可愛いケーキ型 高品質炭素鋼材質なので熱伝導率が良くしっかりと均一に焼くことができます。 可愛い型で1度に6個焼くことができます。 ドーナツ型、貝型、猫の手、魚などバリエーションも富んでいるので子どもが喜ぶことまちがいなしです!また、1度にたくさんのケーキを焼くことができるのでホームパーティーの時にも映えるスイーツとして出せると思います。 違う色の生地を使って焼きあげたり、後からデコレーションすることでもっとオリジナリティを出せるケーキ型です。 焼く際には生地を流しいれる前に少量のオイルを塗ってから使ってください。 また食洗機は使えません。 ヨーロッパの僧侶の帽子からできた山のような形の型で、ブリオッシュ生地やバターケーキ生地を流し入れてケーキやシフォンケーキを作って楽しむことができます。 アイシングや粉砂糖をかけることで素朴な可愛さが出てシーンに合わせて作ることができます。 サイズは大・小・12cmから選ぶことができます。 中央の穴がしっかりと熱を通すのでキレイに焼き上げることができます。 ケーキを焼くのにもチョコレートを固めるのにも、ゼリー、アイス、マフィンなど幅広いお菓子を作るのにも適していますが、石鹸やキャンドルを固める型としても使われています。 シリコンを100%使っているので型離れしやすく、しっかりと丸い形を作れる型になっています。 サイズは手のひらに収まるほどの小さめなのでちょっとしたティータイムのお茶菓子として焼いたり、ホームパーティーの時のスイーツとしても使いやすい型になっています。 これが使いやすいと大評判なのです。 タルトはもちろん、具沢山のキッシュなども贅沢に作ることができます。 キッシュもタルトも高さがあるとインパクトもかなり変わります。 おもてなしのときやパーティーにもおすすめです。 錆びにくい素材で「一生使えそう」との声も。 価格はそれなりですが、一生モノと考えたら決して高くないお値段ですね。 むしろコスパで考えたらかなり良いのかも? 側面の波型の汚れは少し水に浸しておくと取れやすくなりますので、丁寧にお手入れしてあげるようにしましょう。 シリコン製なので、型にクッキングシートを貼りつけるという手間が一切不要! 熱伝導率も問題なく、きれいに焼いて型から取ることもできます。 型のにおいがうつるという心配もなく、「簡単に扱える型が欲しい」という人にはかなりおすすめです。 ロールケーキをくるくると巻きやすい高さに設計されているので、きっと快適に使うことができるでしょう。 軽くて扱いやすく、コスパも良好!「ロールケーキ型」といってもかなりシンプルなので色々なお菓子を作るときに使用することができます。 クッキー、ピザ、パンを焼くのにまで使える優秀な型。 これひとつあるだけでバリエーションがかなり増えるでしょう。 自宅のオーブンの大きさと合うか、サイズを確認してから購入するようにしてくださいね。 貝印 Kai House Select スイーツが楽しくなるデザイン自在のスクエア型 サイズ 21. オリジナルのケーキも色々作れそうです。 フッ素樹脂加工で型から離れやすく、失敗もしにくいのがポイント。 使い終わった後のお手入れも簡単です。 最近ではちぎりパンもこのスクエア型で作れると人気です。 底は抜けないので、レアチーズやムースを作るときはクッキングシートを使うようにしましょう。 そのままスクエアで使ってもよし、カットして小分けにラッピングすればバレンタインなどのときも大人数分作れます。 お菓子作り上級者の人にはより楽しめる商品かもしれません。 5cm 重さ 280g 素材 ー フッ素加工 ー 少し小さめのスクエア型が使いやすい! 貝印とクックパッドが共同開発したスクエア型。 15cmサイズなので少し小さめ。 でもこれくらの小ぶりが意外と使いやすいんですよね。 せっかく作ったケーキも大きいと食べるのに時間がかかってしまい意外と大変。 うれしいのは食べきりサイズということもありますが、小さめだと焼きムラが出にくく熱伝導率もよし。 底が取れるので、ケーキを取り出しやすいのもポイントです。 ケーキだけではなく人気のちぎりパンも作りやすいと評判のアイテム。 スクエア型は色々なケーキにトライできるのでひとつ持っているととても便利ですよ。 もはや名前すらかわいすぎると思うのは私だけ? テフロン加工ではがしやすく、お手入れも簡単。 焼き菓子だけではなく、ムースやゼリー作りに使ってもとてもかわいいです。 混ぜて焼くだけの簡単レシピや、ミートローフなどの料理もエンゼル型を使うだけでかなり見た目がはなやかになります。 パーティーなどのおもてなしのときには特におすすめ。 焼き菓子、冷菓、パンと本当にアレンジがきくのでかなり使えますよ。 18cmというサイズも色々展開しやすい大きさなのでこれが丁度いいかと思います。 ケーキ型を使ったおすすめケーキレシピ ケーキ作り初心者のかたのために、基本のショートケーキのレシピをご紹介します。 これは私が製菓の専門学生時代からずっと使っているレシピなのでおすすめです。 混ぜすぎに注意。 ここでも混ぜすぎに注意。 プリンカップに水を入れて一緒に入れておくと蒸気が出るのでおすすめ。 型から外して冷めるまで待つ。 カットした面とデコレーションする上面にシロップをうつ。 基本の工程は上記の通りです。 薄力粉、バター牛乳を入れた後は混ぜすぎると膨らまなくなってしまうので注意しましょう。 ケーキ型を代用することはできる? もしも急に「ケーキを作りたい!」と思ったとき、型がなくても、じつは色々なアイテムを使って代用できるのです。 いくつか代用できるアイテムをあげてみますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 バット、天板を使う 料理によく使うバットやオーブンの天板は、簡単にケーキの型として代用できます。 素材はステンレス、ホーロー、アルミなど。 耐熱のものを使うようにしましょう。 上にクッキングシートを敷いて使えば、ロールケーキやスクエアケーキのスポンジなどを焼くのにピッタリです。 シンプルな形なので、お菓子作り初心者の人にもおすすめですよ。 バットだったら冷やして固めるムースにも使えますし、ひとつあるとかなり便利ですね。 缶を使う よくおみやげなどでいただく焼き菓子の缶。 食べ終わった後、使い道に困ったことありませんか? ツナ缶や鯖缶などの小さな缶詰でも、ステンレス製であればクッキングシートを敷いてケーキの型として使うことができます。 パンの型として使うこともできますよ。 プチケーキがいくつもできたらかわいいので、あえていくつか缶をとっておくのもいいかもしれませんね。 素敵なリサイクル方法です! 紙コップ・牛乳パックを使う 紙コップや牛乳パックでもケーキを作ることができます。 紙コップや牛乳パックが燃えないか心配になる人もいるかと思いますが、紙が発火する温度にはオーブン内では基本的には到達しません。 (バターや油などの油分を加えて長時間加熱すると、まれに危険が伴う可能性があるので注意してください。 ) 紙コップを使えばパーティーにもおすすめなカップケーキができますし、牛乳パックを使えば好きな形、高さで型を作ることができます。 四角のまま使わなくても、切り開いてホチキスなどで止めれば丸やハートなど、好きな形の型を作ることができます。 牛乳パックのコーティングが熱で溶けてケーキについてしまった場合は、その部分をカットしてくださいね。 クッキングシートを使う クッキングシートは「型に敷くもの」と思っている人もいるかもしれませんが、クッキングシートだけでも型になることができます。 はさみで切って、少し厚くなるまで折るだけ! ふんわりとした生地を作りたいときにピッタリです。 好きな形、大きさで作れるので、自分だけのケーキを作りたいと思っている人には特におすすめです。 お菓子作りが好きなあなたに!.

次の

ケーキ型おすすめ15選!製菓専門学校卒業生が教える、お菓子作りの必須アイテム

ケーキ型

ケーキ型のサイズは、どの種類を見ても様々です。 特に初心者の人は、どのようなサイズを購入したらよいか迷ってしまうでしょうね。 まず初めの1個を購入する場合におすすめのサイズは、ズバリ、レシピで登場しやすいサイズです!丸型・角型であれば18cm(ホールケーキの6号サイズ)が一番多いかと思います。 シフォン型は17cmのもので8カットに切るのにちょうどよいサイズが多いです。 パウンド型はややばらつきがありますが、だいたい20cm前後の型で作るレシピが多いようですよ。 ケーキ作りの上級者でないと、型の大きさに合わせて材料を調整するというのはとても難しいことです。 最初はレシピ数が多い基本的なサイズを揃えておくのがベターです。 アルミ製のケーキ型は価格が高めになりますが、その中でも、アルマイト加工まで施されているのにより安価に購入できるのがこの商品!アルマイト加工は、耐久性をUPさせるとともに熱供給量をさらに上げてくれるという、シフォン型をもっと使いやすくしてくれる加工です。 パティシエたちの意見を取り入れながら改良されているので、まさにプロ仕様。 型につなぎ目がなく、型から外す作業や洗う作業もしやすいです。 ふちの部分は巻き上げ加工されていて、安全に使用できるようにきちんと配慮されていますよ。 しかもケーキは本当にふわふわに仕上がると大好評です!是非使ってみたいシフォン型ですね。 2cm(筒の高さ11. 3cm) 材質 アルミ(アルマイト加工) つなぎ目 無.

次の

【スポンジケーキの型の代用品 8選】型がなくても大丈夫!おすすめ代替品を紹介

ケーキ型

ケーキ型とは、 ケーキを焼くときに使う焼型です。 ケーキを上手に作るためには欠かせないアイテムです。 丸い形のデコレーションケーキや、ふわふわした食感が人気のシフォンケーキなど、手作りケーキを作るときに役立ちます。 クックパッドやネット動画でレシピを確認しても、ケーキ型がなければ作れないとあきらめていませんか?初心者でも使いやすく、便利なケーキ型があれば、思いついたときに手作りケーキを焼いて楽しむことができます。 寒い季節はお菓子を使ったイベントもたくさんあります! 10月のハロウィンに始まり、クリスマスケーキやバレンタインデーを手作りケーキで迎えてみてはいかがでしょうか。 自宅でも本格的なケーキが焼ける、おすすめのケーキ型について紹介します。 一つ目は代表的なケーキの形をした 円形のケーキ型です。 丸いデコレーションケーキの土台になる、スポンジケーキを焼くときに使うケーキ型です。 デコレーションケーキだけでなく、基本的なチーズケーキやチョコレートケーキなど、いろいろなケーキを作ることができるため便利です。 これから幅広くいろんな種類のお菓子を作ってみたいという人は、まず円形のケーキ型を一つ持っていると便利でしょう。 デコレーションケーキを作りたい人は、他にもハート形や星型のケーキ型もあります。 特別なときに合わせてケーキを作りたい人は、代わった形のデコレーションケーキ型もチェックしてみるとよいですね。 ただし、形が変わっていると肩からスポンジを外すのが難しくなる場合があります。 初心者の人は、基本的な円形から始めると失敗も少なく応用もできておすすめです。 シフォン型はシフォンケーキを焼くために使われるケーキ型です。 中に空洞があけられているため、ふわふわの食感が作れます。 良く膨らむケーキなので、高さがしっかりあるものがおすすめです。 素材もいろいろありますが、 熱伝導率が良いアルミ製が向いています。 シフォンケーキは焼きあがった後、生地が重力で沈んでしまわないようにさかさまにしたまま冷まします。 このとき、生地がはがれやすい素材で作られていると生地の重荷でずり落ちてしまうため注意が必要です。 基本的なシフォンケーキ型は、円形の型の真ん中に穴が開いていますが、最近はハートシフォンケーキ型などの例外も登場しています。 シフォンケージは同じ記事をほかのケーキ型で焼いても、ふわふわの食感が出せません。 シフォンケーキを作りたい人は、必ずシフォンケーキ型を用意するようにしましょう。 次にケーキ型のサイズを確認しましょう。 ケーキ型のサイズは作りたいケーキのサイズで決まります。 小さめのケーキが作りたい人は、型も小さいものを準備することが大切です。 一般的なケーキ型は何人分のケーキを焼けるかという目安があります。 よく見られる円形のケーキ型のサイズは以下の通りです。 ・3号サイズ:直径9cm(およそ1-2人分) ・4号サイズ:直径12cm(およそ2-4人分) ・5号サイズ:直径15cm(およそ4-6人分) ・6号サイズ:直径18cm(およそ6-8人分) ・7号サイズ:直径21cm(およそ8-10人分) ・8号サイズ:直径24cm(およそ10-12人分) パウンド型や角形は辺の長さで表示されることが多いです。 だいたい何人分のケーキを作りたいかをイメージして、ケーキ型のサイズを確認しましょう。 ケーキ型を持っていない場合、 自宅にあるものでケーキ型を代用することはできるのでしょうか?例えば角型のケーキ型がない人は天板にクッキングシートを敷いてブラウニーやロールケーキを焼くことができます。 他にも、有名な代用品では紙コップをカップケーキの方に使ったり、クッキー缶を円形ケーキや長方形ケーキ型の代用に使うのもおすすめです。 いきなり専門的なケーキ型を買うのは抵抗があるという人は、これらの代用品を使ってお菓子作りの練習をしてみてはいかがでしょうか。 代用品を使った後で本格的なケーキ型を使うと、腕が上がったような仕上がりの違いに驚くでしょう。 初心者でケーキ型を買うのが不安な人は、まずは代用品で練習をしてみるのもおすすめです。

次の