バッタ大群 アヒル。 【なんJ蝗害部】数千億匹のバッタ軍、ついに不可能と言われた中国に到達「地獄絵図で草」「バッタさんはなんJの草すら食いつくすぞ」

中国がアヒル10万羽をパキスタンに送って迎え撃とうとしているイナゴの大群

バッタ大群 アヒル

そこで中国政府は、水際でバッタの襲来を止めるため、駆除専門家チームを結成してパキスタンに送り込み、更に10万羽のアヒル(Ducksなのでアヒルかカモ)軍をパキスタンに派遣して蝗害(こうがい)に備えるというニュースが、海外メディア各紙で報道された。 だがどうやら、アヒル軍のパキスタンへの派遣はなさそうだ。 ・記録的な大雨によりバッタが大量繁殖したのは事実 サバクトビバッタは、体長5cmほどの黄緑っぽい色をしており、短期間で繁殖し、1日150kmほどの距離を移動する特徴を持つとされる。 image credit: この先も多くの降水によりバッタの繁殖は加速すると予測されており、4月には4000億匹近くにまで数が膨れ上がって中国へ襲来する可能性があることから、FAOは中国当局に警告と対策を促した。 ・パキスタンにアヒル軍を派遣してバッタの襲来を阻止!? 中国は、過去にもバッタ襲来によって大きな被害がもたらされており、「蝗害(こうがい)」と呼ばれる大天災として歴史上古くから数多く記録されている。 新しいところでは、2000年にバッタ対策として新疆ウイグル自治区で「アヒル軍」の配備が講じられた。 "Duck troops" gather at the border to face locust swarms — CGTN CGTNOfficial 中国に隣接するパキスタンでは深刻な被害がもたらされており、今回のバッタによる被害は過去20年で最も大きいと伝えられている。 中国当局では、過去の例もあることから、バッタは中国の食糧安全保障に対する脅威とみている。 そのため、隣接するパキスタンからの侵入を防ぐことが何より重要としているのだ。 そこで、浙江省にある農業科学学院の主任研究員Lu Lizhi氏が、10万羽の水鳥(アヒル)軍が前線(パキスタン)へ派遣される予定であることを発表したと伝えられた。 Lu氏は、このように述べている。 アヒルは、「生物兵器」となります。 というのも、1羽のアヒルは1日に200匹のバッタを食べるからです。 ニワトリはアヒルと比べても1日あたり70匹ほどしか食べません。 アヒルは集団行動が好きなのでニワトリよりも管理しやすく、農薬よりも効果的なのです。 Lu氏いわく、このプロジェクトは中国の専門家らがパキスタンに派遣され、状況を精査したうえで、蝗害に対する大流行を阻止するために執り行われることになるという。 ・実際にはアヒル軍の派遣はないとする専門家 しかし、アヒル軍のパキスタンへの派遣はありえないという。 駆除専門家チームの一員で中国農業大学の教授であるチャン・ロング氏は、「水が必要なアヒルにとって、パキスタンの砂漠地帯は非常に気温が高く、活躍することができない」と語る。 バッタの駆除には化学農薬または生物農薬の使用を勧めているという。

次の

バッタによる蝗害(こうがい)をご存知ですか?2020年の災厄は新型コロナだけではなかった! | ガジェット通信 GetNews

バッタ大群 アヒル

2020年2月27日、中国メディアの観察者網は、で発生している蝗害(こうがい=イナゴ・バッタ類による被害)対策で、中国から大量のアヒルを送ることになったと伝えた。 記事は、パキスタン側の必要に基づき、中国政府はバッタ駆除専門家チームを結成してパキスタンにすでに派遣していると紹介。 これに続いて「10万羽のアヒルの軍隊が国を代表して出兵することになった」と伝えた。 記事によると、この「アヒルの軍隊」は浙江省紹興市のアヒルたちで、「まるでバッタ根絶界における奇才」なのだという。 なぜバッタ被害にアヒルが有効なのだろうか?記事は、バッタの根絶には薬物による方法と生物を用いた方法があるが、環境保護の観点からすると生物を用いたほうがずっと良いと指摘。 「薬物はコストが高いうえに農薬が残留する。 生物は環境を汚染しないだけでなく、食物連鎖を修復できて一挙両得だ」との専門家の意見を紹介した。 生物を用いた方法には、カエルや他の鳥類もあるが、その中でアヒルが用いられる理由について記事は、「カエルや他の鳥類は指定のエリアでしか任務を行わず、バッタが移動しても追いかけない。 すると新たな被災地に改めて投入しなければならず、コストがかかり、生物の種類によっては適さない場所もある」と説明した。 この点、「アヒルやニワトリの作戦能力は優れている」と記事は指摘。 中でもアヒルは「群居を好み、管理がニワトリより容易で、生命力、エサを探す能力、耐寒能力に優れ、屋外で生きるのに適している」という。 さらに「ニワトリ1匹で1日70匹のバッタを食べられるが、アヒルは200匹以上と約3倍の作戦能力を有している。 しかも絨毯方式で食べつくし、サナギも食べてくれる」と専門家は説明している。 このほか、「作戦終了後に退役したアヒルは、現地の食卓に上ってごちそうとなり、経済収入をもたらすことができるとの益もある」と記事は指摘。 2000年に新疆ウイグル自治区で発生した蝗害では、浙江省のアヒル10万羽が「派兵」され、バッタを根絶した実績もあると記事は伝えた。

次の

【なんJ蝗害部】数千億匹のバッタ軍、ついに不可能と言われた中国に到達「地獄絵図で草」「バッタさんはなんJの草すら食いつくすぞ」

バッタ大群 アヒル

先日投稿したブログ「の次は"バッタの大群"!? 迫りくる危機」を投稿しましたが、今回は中国が行った対策をご紹介したいと思います。 過去記事についてはこちらをご覧ください。 前回のブログでもご説明したように、今回話題になっているのは「」です。 実はこのバッタ、今回だけではなく過去に何度も大量発生し、人類を困らせてきた厄介な害虫のようです。 バッタの大量発生による災害のことを「蝗害(こうがい)」と名付けられているほどです。 古くは「聖書」や「」にもその内容が書かれています。 直近では、2003年10月〜2005年5月にアフリカや中東で起きました。 その被害は20カ国以上、面積にすると130,000平方キロメートル、対策費に4億ドル以上かけましたが、被害額は25億ドルにも上りました。 このバッタの大群は、降水量が減り、気温が下がったことでようやくしたようです。 今回の場合、アフリカ諸国やインド・も抑えることができなかったバッタの大群を中国はどうやって阻止しようとしているのか、調べてみたところこんな対策をしていました。 "10万羽のア軍"を派兵 なんと蝗害で苦戦しているへ10万羽ものアを向かわせたというのです。 中国政府はバッタ駆除専門家チームを結成し、「10万羽のアの軍隊が国を代表して出兵することになった」とコメントしています。 薬剤を利用しバッタを駆除する方法もありますが、人体や、コスト等の観点から生物を用いた方が良いという結論になったようです。 ではなぜアなのか? アは群れを好むため管理統制のしやすさ、生命力や耐寒力、バッタを食べられる量が1日200匹とニワトリの約3倍食べることから今回抜擢されたようです。 過去にもア軍の活躍がありました。 2000年にで発生した蝗害では、ア10万羽が派兵され、バッタを根絶した実績も持っているそうです。 今回の派兵の様子がに載っていたのでご紹介させていただきます。 ちなみにこの"ア軍"。 任務を終えた後は、食卓のごちそうとなってしまうそうです…。 また、記事によっては「ア軍の派兵はしていない」とする記事も出ています。 情報が錯綜しているため真偽不明ですが、こんなニュースもあるんだな、くらいの軽い気持ちで見ていただければと思います。

次の