ミョウガ の 保存 方法。 みょうがの保存方法と賞味期限は?

ミョウガ 茗荷 みょうが:旬の野菜百科

ミョウガ の 保存 方法

普段食べている部分は、花の蕾の集まりなので、収穫せずに放っておくと、このように花が咲きます 夏に、独特の香りを楽しませてくれるミョウガ(みょうが・茗荷)。 普段私たちが食べている、ピンク色がかっていてぷっくりとした形のものは花穂の部分で、「花みょうが」とも呼ばれます。 つまり、私たちが食べている部分は、蕾の集まりの部分なのです。 若芽の部分を遮光して育てたものを「みょうがたけ」といい、初夏の香辛野菜として、この季節を心待ちにしているツウの人もいるとか。 ミョウガは、ショウガ科の多年草で、一度植えてしまえば3~4年はあまり手をかけなくても収穫できる便利な香辛野菜です。 また、通常の野菜と違い、土が乾燥しすぎる直射日光の当たる場所は向いていません。 ですから「日陰で、トマトやナスには向かない」という、ちょっと困ったスペースに、むしろうってつけの作物とも言えます。 みょうが(ミョウガ・茗荷)の栽培スケジュール ミョウガの栽培カレンダー ミョウガ(みょうが・茗荷)は、1年目は夏を過ぎた頃から、2年目以降は6月頃から収穫することができます。 みょうが(ミョウガ・茗荷)の栽培で準備するもの ミョウガ(みょうが・茗荷)は、大抵、種株(地下茎)の状態で売られています。 土のついた根っこのようなものが袋に入った状態で売られているので、ちょっと見慣れないかもしれませんが、下記のチェック項目を参考にして、良い状態のものを選びましょう。 地植えの場合は、土に完熟たい肥をたっぷりとすき込んでおきます。 プランター栽培の場合は、2~3年はそのプランターで生育することを見越して、深さが30cm以上ある大きめのプランターを用意します。 通常の培養土に、完熟たい肥を2割程度加えて混ぜ、有機質分の多い土にしておきます。 みょうが(ミョウガ・茗荷)の栽培:植付けの方法 15cm~20cm程度の間隔で、深さ7~8cm程度の穴をあけて、地下茎を植えつけます。 地下茎についている芽をよく確かめて、芽が上を向くようにします。 種株は乾燥に弱いため、植付け後は水をたっぷり与えます。 中国でも自生しているそうですが、食用にしているのは、世界中で日本だけとのこと。 ところで、「ミョウガを食べると物忘れがひどくなる」と、よくいわれます。 これは、古典落語の「茗荷宿(みょうがやど)」という話から来ているそうですが、実際には何の根拠もないようです。 アルファピネン類にはリラックス効果があり、脳からのアルファ波の発生を増加するなどの効果があるといわれています。 また、食欲を促進し消化を助ける・発汗を促し体温を下げるなどの効果もあり、まさに、ミョウガは夏にうってつけの香味野菜といえます。 落語「茗荷宿」の話の根拠は諸説あるようですが、もしかしたら、このリラックス効果が、物忘れの話につながったのかもしれませんね。 【関連記事】•

次の

ミョウガをプランター栽培したい!ミョウガの育て方

ミョウガ の 保存 方法

栽培のポイント ミョウガは日陰でよく育ち、4~5年間は同じ場所で栽培できるので、畑や庭の隅を選んで植えつけます。 乾燥を嫌うので、芽が出始めたころに株元に敷きワラをします。 花が咲くと花蕾がやわらかくなり、味や食感が落ちるので、開花前のかたく締まった状態で収穫すること。 花蕾はワラや落ち葉の下に隠れて見つけにくいので、よく観察して、とり遅れないように注意しましょう。 ミョウガの栽培でよくある疑問、悩み Q.タネが売られていない ミョウガは根株(地下茎)でふやすのが一般的です。 春先、ホームセンターや園芸店などで根株が売られているので、それを購入して植えつけます。 または、ポット苗で売られている場合もあります。 Q.植えつけてから4年ほどたち、株が込み合ってきた ミョウガは、数年たつと地下茎が込み合ってくるので、4~5年ごとに植え替えて株を更新するとよいでしょう。 方法は、2月から3月ぐらいに地下茎をていねいに掘り上げ、15cmぐらいに切ります。 植え替えの際は、連作障害を避けるため、場所を変えて植えつけましょう。 Q.収穫の適期と方法は? 収穫の時期は7月から(植えつけ1年目は9月から)、株元に近い土の中から花蕾が出てくるので、手で折って収穫します。 ポイントは、花が咲く前のかたく締まった状態で収穫すること。 花が咲いてしまうと、やわらかくなってしまい、風味や品質が落ちてしまいます。 花蕾はワラや落ち葉などの下に隠れて目につきにくいことがあるので、よく観察してとり遅れのないように注意しましょう。 これ1冊でお悩み解決!野菜73種の「ギモン」が満載もおすすめです。 特徴 ミョウガは、刻むと独特の香りや辛みがあり、薬味やつまとして利用されます。 通常、ミョウガと呼ばれているのは花蕾(からい)で、新芽を軟化させたものがミョウガタケです。 3月中旬~4月中旬に、根株(地下茎)かポット苗を植えつけます。

次の

ミョウガ 茗荷 みょうが:旬の野菜百科

ミョウガ の 保存 方法

ミョウガとは? ミョウガはショウガ科ショウガ属の多年草です。 大陸から「ショウガ」とともに「ミョウガ」が日本に来た際、香りの強いものを「兄香(セノカ)=ショウガ」、香りの弱いものを「妹香(メノカ)=ミョウガ」と呼んだと言われています。 春に植え、夏になるとニョキニョキと花芽が地面から伸びてくるので、それを収穫して食べます。 毎年ニョキニョキ出てくるので、手をかけなくても収穫できるので家庭菜園に向いている野菜と言われています。 そうめんや冷奴、甘酢漬けなどに使われることが多いです。 ミョウガの根株とは? ミョウガは種では売られておらず、3~4月に根株またはポット苗として売られています。 ミョウガの苗を選ぶときは長さが15~20cm程度で芽が2~3個ついている根株を選ぶようにすると良いでしょう。 植え付けは根株をそのまま土の上に置き、5cmくらいの深さに埋めます。 乾燥を嫌うので、しっかりと水やりをしておくのがポイントです。 株は大きくなるので、株間は20~30cm空けて植えると良いでしょう。 スポンサードリンク ミョウガの栽培方法は? ミョウガは根株を植えると1か月程度で発芽して葉が見えてきます。 日差しが強いところに植えると葉焼けを起こしてしまうので、直射日光が当たらない半日陰くらいの場所で育てると良いそうです。 肥料は、化成肥料を1か月に1回程度あげると良いでしょう。 収穫は、茂った葉っぱの根元に近い土の上から蕾が見えたら収穫できます。 できるだけ花茎のつけ根近くを持ち、手で折って収穫するのがポイントです。 収穫後はそのままにしておくと来年も芽が伸びてきます。 3~4年はあまり手をかけなくても収穫できると言われています。 その後は 植え替えを行わないと、根詰まりを起こしてしまいますので注意が必要です。 ミョウガの保存方法 ミョウガは乾燥を嫌いますので、湿らせたキッチンペーパーなどに包み、冷蔵庫の野菜室で保存します。 傷みが早いので、なるべく早く食べきる方が良いでしょう。 冷凍保存する場合は、ミョウガ特有のシャキシャキとした食感がなくなってしまいますので、味噌汁の具などにするなどしてそのまま使うと良いようです。 まとめ 薬味としてのアクセントに便利なミョウガですが、家庭菜園で育てるのもそこまで手がかからないとのことなので、一度挑戦してみたいですね。

次の