東島 アナ。 フジテレビ永尾亜子アナがかわいい!気になるカップや身長は?

東島衣里アナ(ニッポン放送)の胸のカップ画像と美脚がかわいい!熱愛彼氏と結婚?高校や大学は?

東島 アナ

これが女子アナの実力・・・ フジテレビはどちらかというと、キャピキャピしたアイドルタイプの女子アナが多いんですが、永尾アナは清楚で美人といったイメージで、NHKの女子アナっぽい雰囲気も感じます。 この笑顔でこられたら・・・絶対惚れるでしょ! 好きな物は食べ物全般で、特にとんかつ、かき氷、アイスクリームが好きなんだそうです。 イメージに合いすぎてて最高ですね。 その他にも美術館巡りや散策が趣味だと語っています。 お休みの日はとにかく外に出る!という行動派で、周りを元気にさせてしまう明るさを持っています。 逆に苦手なものは水泳と早起きだそうです(笑)もしかしたら朝の番組よりも夕方からの番組のほうが合っているかもしれませんね。 ただこの清楚な感じと透き通るような明るさは朝にピッタリなんですけどね。 そんな永尾亜子アナの気になるカップはCカップと言われています。 身長が166cmと高いのでスタイルはめちゃくちゃいいです。 身長が高いので、美脚の持ち主でもあります。 それにしても2016年入社は堤アナや鈴木アナといいほんとに粒ぞろいですね。 堤礼実アナや鈴木唯アナに関してはこちらの記事をどうぞ。 堤礼実アナは正統派のフジテレビ女子アナって感じですけど、やっぱり永尾亜子アナは一味違いますね。 この透明感はホリプロスカウトキャラバンの優勝者のような輝きを放っています。 やっぱりNHKっぽい。。。 永尾亜子アナは現在は「めざましテレビ」と「みんなのニュース」を担当しています。 これだけの美人に、アナウンス力もありますから、これからもっと出演番組が増えていくと思いますよ。 今後の活躍が楽しみですね! 永尾亜子アナの経歴は? 永尾亜子アナは長崎県の出身です。 それも長崎県の五島列島である中通島の出身です。 多分めちゃくちゃ田舎だと思います。 この透き通るような魅力はそんなことも影響しているのかもしれませんね。 都会育ちの女性ではこの感じは出せませんよ。 もちろん都会育ちの女性には都会育ちの女性の洗練された美しさのようなものがありますが、田舎育ちの素朴な魅力というのは田舎で育たないと出せません。 高校は地元の長崎県立上五島高等学校。 その後、地元の長崎大学環境科学部に進学します。 高校在学中には、放送部に所属して、高校2年生のときに「第32回九州高校放送コンテスト・アナウンス部門」で優良賞を受賞しています。 さらに高校3年生のときには「第58回NHK杯全国高校放送コンテスト・アナウンス部門」で優良賞を受賞しています。 昔からアナウンサーという職業に憧れていたんですね。 そして実力もあることがわかります。 そんな経歴もあって、大学時代には女子アナの登竜門であるテレビ朝日アスクに通っています。 最近はこういったアナウンススクールに通ったり、学生ニュースに出演したりと、学生時代から色々と活動しないと最難関の女子アナにはなれないようになってますね。 その分、ルックスも実力も兼ね備えたアナウンサーが入社することが多いです。 実は長崎大学のミスコンテストにも出場した経歴がありますが、タイトルは獲得できなかったようです。 確かにミスコンといった雰囲気ではない感じの美人ですよね。 そして永尾亜子アナは念願かなって2016年にフジテレビに入社します。 フジテレビ入社後は研修を経て、現在は「みんなのニュース」「めざましテレビ」に出演しています。 ニュース原稿を読む姿はさすがといった感じですね。 アナウンスコンテストで入賞するくらいですから能力は折り紙付きです。 本人は今後旅番組なども担当したいと語っています。 永尾亜子アナの旅番組なんて絶対面白いでしょ!ぜひやってほしいですねー。 永尾亜子アナの今後の活躍に期待です! 永尾亜子アナの出演番組情報.

次の

ニッポン放送、再び動いた!放送業界初、紫外線でコロナ対策

東島 アナ

引用: YouTube 不倫騒動でメディアをお騒がせしている、俳優の「原田龍二」さん。 自身がパーソナリティーをつとめるニッポン放送のラジオ「DAYS」が放送になり、記者会見後の御本人の言葉に注目が集まりました。 「原田龍二」さんがラジオで語った言葉も、もちろん気になる所ではあるのですが ラジオ「DAY」で「原田龍二」さんのアシスタントをつとめている日本放送の 「東島衣里」アナの言動にも注目。 言葉につまり、号泣している「原田龍二」さんを優しい言葉で慰める訳でもなく、 逆に、厳しい叱責と喝で「原田龍二」さんを問い詰めた 「東島衣里」アナ。 本日放送された・ラジオ「DAYS」、原田龍二さんと 東島衣里アナのやり取りと見ていきましょう。 Sponsored Link 【原田龍二】ラジオで号泣…の一部始終 生放送、冒頭は「原田龍二」さんの謝罪から始まりました。 神妙な面持ちで、声を震わせながら、言葉を発した「原田龍二」さん。 第一声は、リスナーやファン・スポンサーに向けて、言葉を纏めた。 「リスナーの皆さま、スポンサーをはじめ関係者の皆様、この度は僕自身の本当に軽率な行動によって、多大なご心配、ご迷惑をおかけしまして、大変申し訳ありませんでした。 今日の放送で聞いてくださっている皆さまへ対する、僕の思いを少しでもお伝えできればと思います」 声が震え、今にも涙が出そうな。。。 状態の「原田龍二」さん。 記者会見後、 「本当に申し訳なかった」と妻と息子に向けて謝罪を した。 ということもラジオで明かし 妻からは 「一生許さない」 息子からは 「お母さんを悲しませるなんて、僕は絶対に許さない。 今まで一生懸命仕事をするお父さんを見ていて尊敬していたのに」 娘からは 「バカ!! ママを悲しませるなんて…」というメールを受けた。 という「原田龍二」さん。 Sponsored Link 「(これ以前にも妻を裏切った出来事があり)本当に分からない人ね、と飽きられた後 子供がいるから、今すぐ離婚にはならないけど、愛する子供の為にこれからどうするか考えて下さい。 」 と、言葉を積まれたと言います。 そして、 「この件で仕事が無くなったとしても、(息子&娘は未成年なので)どんなことをしても養って行かなければならない決意はある。 」 そのエピソードを話す途中、「原田龍二」さんは涙腺が溢れ、ついに号泣。 その状態を見かね、アシスタントである「東島衣里」アナは強い口調で 「泣いている場合じゃないですよ!!」 と喝を入れた。 Sponsored Link ラジオで号泣の原田龍二に厳しい喝を入れた、ニッポン放送・東島衣里アナ。 「たまったもんじゃないですよ、原田さん! 泣いてるんじゃないですよ! この気まずさ、どうしますこれ?」 と甲高いアナウンサーらしい声で喝を入れた、ニッポン放送の「東島衣里」アナ。 ラジオを聞いていて、そのやりとりが「尻に敷かれている旦那」さんと「妻」のような感じが想像できて、 妙に心地よかった、「東島衣里」アナのツッコミ。 引用: Facebook 「私の素直な気持ちは、ない。 (不倫)これはない。 たしかにアウトだと思うので、擁護はしません」と 厳しい声で喝は続いた。 (原田龍二さんの騒動の一件で)今日の放送分も、色々な番組の仕方が考えられた。 と言います。 ですが 「いつもどおり、原田龍二さんと私(東島衣里)でいつも通り2人で誠意をもって、お伝えしようと思った」 「番組(DAYS のチームの一員として、どう過ごしていたのか?と心配していた。 」 という東島アナ。 優しいじゃないですか~ 「原田龍二」さんに対する世間の視線が冷たい中、優しさと厳しさを併せ持ち (原田龍二さんの気持ちが沈む中)番組の進行を元気よく、手助けしてくれた東島アナ。 Sponsored Link 「誰に何を謝るのかというのが大事だと思いますが、今日はリスナーに向けて、そこをハッキリさせて向き合っていきましょう」 と気合と喝を入れ、番組を盛り上げた東島アナ。 「原田龍二」さんも、今日に関しては 本当に東島アナに救われたんじゃないかと思います。 金曜日の会見から、4キロ体重が落ちたという「原田龍二」さん。 今後の仕事は、テレ東の「5時に夢中」以外はまだ未定。 という厳しい状況の中にいるようですが、持ち前の明るさと素直さで是非頑張っていって欲しいですね。

次の

ニッポン放送女性アナウンサーカレンダー大反響でページ倍増!秘密の女子会など遊び心あふれる

東島 アナ

アーカイブ• 工作系男子&働く男達が愛してやまないホームセンターを特集した。 連載コーナーの「ラジオステーション」にも、 ラジオ好き男子にはグッとくる記事が掲載されている。 このコーナーは巻頭カラーのDJインタビューとはひと味ちがった視線で、 ラジオ業界を取材して紹介するコーナーだ。 今回はの局アナ、にインタビューをした。 東島アナは入社2年目。 文化放送のように他局での経験を積んだ「新人」とは違い、無垢の新卒の新人。 なのでまだ番組を持ってはいないが、朝ワイドの内の 中継コーナー「それゆけハッピー!東島衣里の外はおまかせ!」を月~金で担当している。 裏のTBSラジオではが同じく中継をやっているので、 おじいさんと若い娘という対比もおもしろい それと金曜日のの アシスタントをしている。 彼女の詳細は記事を読んでいただくことにして、 記事作成にあたり東島アナが担当する外回り中継の現場を取材した。 この外回り、東京近郊を走る鉄道の駅を1駅ずつ巡っていくというもの。 なので果てしなく続く可能性がある、すごい中継なのだ。 中継現場は駅に近いお店だったり、お寺だったりと、 人が集まりやすい場所で行われる。 当然、中継車も出るのでラジオマニアも注目の現場だ。 取材当日も番組中継波の164. 85MHzが使われていた。 放送業界の無線もデジタル化が進んでいるが、 まだまだアナログ波も使われているのだ。 受信すればいろいろな音が聞こえてくる。 1時間前に中継現場へ着くと、 そこには東島アナのファンである熱烈なリスナーが7~8名いた。 ラジオライフを名乗って、 お話をうかがうと、遠くから来ている人がけっこう多くてビックリ。 いわゆる常連は地域ごとにたくさんいるそうで、 東島アナのオヤジキラーぶりがうかがえる! そしてのDJインタビュー、 の記事を読んでいる方もいらした。 中継現場の雰囲気は東島アナのイメージどおりのほんわか感がだだよう。 中継時間は10:18~10:28のわずか10分だが、 中継が終わったあとも東島アナはリスナーのみなさんとお話したり、 サインをしたり、写真を撮ったりしていた。 外回りをしてリスナーと接していくことが、 東島アナの財産になるんだと思う。 東島アナへの取材のきっかけは上柳アナの押しがあったことも付け加えておこう。 上柳アナも深夜の特別番組のパートナーにするなど、注目しているようだ。 上柳アナも認める大器の片鱗を見せているのではないかと…。 それをさぐるべき取材でもあった。 そしてそれはあったと思う。 数年後に彼女が番組を持つのがいまから楽しみだ! (編集部/関口岳彦).

次の