ゆで 卵 きれいに むける。 ゆで卵は冷やすときれいに剥ける!?そのメカニズムとは

卵の殻がツルリとむける!「ゆで卵」の作り方の秘密がわかった!

ゆで 卵 きれいに むける

ゆで卵のからむきって苦労した経験って誰でもありますよね。 卵の殻が薄皮と一緒に白身にくっついて綺麗にむけなくてイライラしてしまいます。 そんなゆで卵を剥いた後の表面はガタガタになって美味しくなさそうな感じ。 ちょっと白身も取れちゃったりします。 このゆで卵のからむきを簡単にする方法はいくつかあると思います。 テレビでも裏技などを紹介する番組もあります。 いろいろ試してはみるのですが、個人的には「コレが一番楽だな!」と思った方法があるのでここに紹介しておきます。 普通のゆで卵の作り方。 まずは復習 ゆで卵の作り方はわかりますね。 義務教育の家庭科の授業でやった覚えがあります。 一応、作り方を復習しておきましょう。 鍋にたまごを入れて水で隠れるくらいにひたひたにします。 塩ひとつまみを入れ、火を着けます。 菜箸などでゆっくり転がして、黄身が偏らないようにします。 沸騰したら中火にし、さらに11~12分程度茹でます。 出来上がったら、すぐに冷水に入てたまごを冷やします。 これでゆで卵自体はできるのですが、殻を剥くとくっついちゃうんですよね。 茹でたての卵をよく冷やせば綺麗に殻はむけるという話は聞いたことがあるのですが、そうでもあったりそうでもなかったりという感じではないでしょうか。 このゆで卵を作る前に、ちょっとだけ一工夫すると簡単につるんとむけるようになるんです。 ゆで卵のからむきが簡単になる茹で方 では、ゆで卵のからむきが簡単につるんとむけるようにするにはどうすればいいのか? それは、ゆでる前の生卵に小さなヒビを入れておけばいいのです。 確かおでん屋さんだったか、煮卵をたくさん作るお店がゆで卵を作る時にやっていた方法でやってみるのがいいのではないでしょうか。 その方法はコレです。 卵の殻にあらかじめヒビを入れておく。 殻にはこれくらいのヒビが入ればOKです! スプーンを用意して、スプーンの腹の部分で軽くコンコンと卵の殻を叩きます。 少しだけヒビが入れば十分です。 割れて中身が出てしまうのではないかと心配になりますが、そのあたりはちょっと力の加減を練習するしかありません。 でも、案外大丈夫です。 卵のパック容器の上から叩いてみれば、失敗しにくいと思います。 このヒビの入った卵を使って、普通にゆで卵を作るように調理すればオッケーです。 卵の下側の空洞になっている部分を軽く叩いてヒビを入れるのがいい感じですよ。 茹でている時に、白身が出てくるのではないかと思いますが、そこも案外大丈夫です。 まあ、吹き出ちゃうこともありますけどね。 これはヒビを入れていない卵でもなったりしますから気にしません。 ゆで卵の殻がむきやすくなる理由 殻にヒビを入れてゆで卵を作るとなぜ殻がむきやすくなるのかというと、殻のヒビの隙間から水分が入って白身と薄皮がくっつかないようになるからだそうです。 よく、タッパーに水とゆで卵を入れて、ガシャガシャ振ると殻がむけやすくなるという方法もありますが、これも同じような仕組みですね。 でも、あらかじめヒビを入れておく方がとても簡単にむけますよ。 まとめ 冷めてしまうとむけにくくなるように感じますが、全体にヒビを入れてまた水にしっかりとさらせば、簡単につるんとむけるようになります。 あまりにも簡単にむけるので、最近、ゆで卵を食べすぎてしまうようになりました。 その辺は注意しましょう(笑).

次の

殻がツルン!ゆで卵に穴をあける簡単テク【100均グッズ&画びょう】

ゆで 卵 きれいに むける

この記事の目次• ゆで卵の殻をきれいに剥く方法 前提として、きれいに剥く為には、賞味期限が近いうちにきれるもの(出来ればきれいているものがおすすめ)あくまでも賞味期限であるので加熱すればオッケーなので安心してください。 blog5. fc2. html それでは、以下に手順を記載しますね。 pelogoo. html ここでも、伊藤家の食卓で過去に紹介されて話題になった、ゆで卵の殻を、誰でも簡単に、 「凸凹にならない!w」きれいに剥く方法をお伝えします! 息を吹きかけ殻を剥いちゃう大作戦! 一つ目の方法からお伝えしますね。 まずは、ゆで卵の上下の部分を、1センチほど剥きます。 正しくは、息を吹き込みます。 すると、尖った方とは逆から(息を吹き込んだ方とは逆から)、一気に卵が飛び出します! Sponsored Links 水の力で殻を剥いちゃう大作戦! 二つ目の方法は、水の力を使った方法です。 todax. htm 手順は、息を吹きかける方法と同じです。 息を吹きかける代わりに、蛇口からの水を当てます。 息よりも勢いよく卵が飛び出しますので、ボールなどで受けて下さいね! 皆んなで仲良く殻を剥いちゃう大作戦! 最後の方法ですが、用意するのは、調理用の密封容器です。 blog. fc2. html 密封容器には、3分の1程度の水を入れます。 その中にゆで卵を入れて、しっかりと蓋をしめて、約10秒間振ると、きれいに殻が剥けると言うことです。 ゆで卵が皆で仲良くぶつかり合って、殻が剥けちゃうってことみたいですね。 ゆで卵の数が少ないなら、息や水を使った方法、量が多いなら、密封容器を使った方法がおすすめです!是非お試し下さいね! さらに動画で詳しく確認する! テーブルやまな板などに押し付けて転がす方法.

次の

ゆで卵の作り方完全まとめ【半熟~固ゆで・きれいに剥く】

ゆで 卵 きれいに むける

それは 「ゆでた後、すぐに氷水につけて急冷する」ということ。 実際に、どれくらい差がでるか、試してみました。 卵を1パック用意し、すべて同じ条件でゆでてききます。 今回は、卵を室温に戻した状態で熱湯に入れ、8分ゆでます。 加熱後、半量はゆでた後ざるにあげて、自然に冷めるまで放置します。 残り半量は、ざるで水気を切ったあと、すぐに氷水につけて急冷します。 冷めたゆで卵をむいた結果が、こちら 左 自然に冷ましたもの、 右 氷水で急冷したもの 氷水で急冷したもの 写真右 は、5個中5個がきれいにツルリとむけました。 一方、ざるにあげて自然に冷ましたもの 写真左 は、1つはきれいにむけましたが、残り4個は殻に白身がくっついて、一緒にはがれてしまいました。 殻と卵の収縮の差が、きれいにむける秘訣だった! 氷水で急冷すると、ツルリと殻がむけるしくみについて、宮城大学の石川先生にうかがいました。 ーすぐに冷水につけると、きれいに殻がむけるのはどうしてでしょうか? 「ゆであがった卵を冷水につけると、殻も、中身の卵も冷えて縮みます。 この隙間のおかげで、卵の殻がはがれやすくなるのです。 また、冷水につけて卵の殻の外側が冷えると、まだ熱い卵の中身から出た蒸気が冷えて水となり、殻と中身の間に水がたまった状態にになります。 その水が、殻と白身の密着を防ぐので、殻がむきやすくなるとも考えられています。 」 ー冷水につける以外にも、殻がむきやすくなるポイントはありますか? 「卵の鮮度は、殻のむきやすさに大きく影響し、 新鮮な卵ほどむきにくく、時間がたった卵ほどむきやすいことが明確に分かっています。 卵は産まれてから時間が経つにつれて、卵白に溶けていた二酸化炭素が外に放出されます。 これが卵殻膜の間にたまって、 気室という空気の層ができます。 気室があることで、殻と卵白との間に隙間ができるので、ゆでたときに殻がむきやすくなります。 産みたてのたまごよりも、 一週間くらいたった卵のほうが、むきやすくなっているでしょう。 また、卵のpHも、殻のむきやすさに大きく関係します。 新鮮な卵ほど卵白のpHが比較的低く、時間がたつにつれて高くなっていきます。 pHが低いほど、卵白と殻の内側が強く結合するので、殻はむきにくくなります。 新鮮な卵をむきやすくするには、pHを高くし、アルカリ性にすることです。 卵をゆでるお湯に重曹を加えれば、簡単にアルカリ性にできます。 ただし、重曹を入れると、卵の硫黄臭が強くなるので、注意が必要です。 」 きれいにむけないイライラも、ポイントさえわかれば、これで解消!毎日の食卓に登場する卵だからこそ、きれいにむけたゆで卵で、見栄えよく食卓を飾りたいですね。 取材協力 石川 伸一(いしかわ しんいち) 福島県生まれ、博士(農学)。 宮城大学食産業学部准教授、「クックパッド食みらい研究所」特任研究員。 専門は分子食品学、分子調理学、分子栄養学。 主な研究テーマは、鶏卵の機能性に関する研究。 『料理と科学のおいしい出会い 分子調理が食の常識を変える』(化学同人)、『必ず来る! 大震災を生き抜くための食事学』(主婦の友社)ほか著書多数。 執筆:料理研究家 関岡弘美 出版社にて食育雑誌の編集に携わった後、渡仏。 料理、製菓等を学び、レストラン、パティスリーで研修後、帰国。 雑誌、広告等を中心に活動するほか、都内でおもてなし料理とワインの教室を主宰。 近著に、『10・15・20分でできる毎日かわいい園児べんとう』がある。 ブログは.

次の