プリチャン さら。 『キラッとプリ☆チャン』4月からシーズン3 新しいアイドルも登場

キラッとプリ☆チャン【65話感想】「すずがカッコよくきめてみた! だもん!」

プリチャン さら

2020年5月28日 平素はタカラトミーアーツ商品をご愛顧賜り、誠にありがとうございます。 今後とも弊社製品をご愛顧賜りますようお願い申し上げます。 2020年5月10日• 順次アップデートを実施し、対応が完了した筐体はタイトル画面左下のバージョン番号が 「13. 00」になります。 アップデートの日にちはそれぞれのゲーム機の通信状況によって異なりますので、あらかじめご了承頂きますようお願い申し上げます。 2020年3月26日 プリたまシリーズ「ジュエルパワー」「ジュエルチャンス」に関するお知らせ プリたま1弾稼動に伴うシステム変更のため、4月2日(木)から「ジュエルパワー」や「ジュエルチャンス」はなくなります。 皆様にはご理解賜りますようお願い申し上げます。 2020年3月19日 プリたまシリーズ「キラッCHUポイント」「なかよしポイント」に関するお知らせ• ・4月2日(木)から稼動予定のプリたま1弾以降、キラッCHUポイントは無くなります。 ・4月2日(木)から稼動予定のプリたま1弾以降、なかよしポイントは無くなります。 変更に伴いなる&あいらのやってみた「100%ピュアピュアアロー」「フレッシュフルーツバスケット」はデフォルト解放となります。 また、なかよしポイントを集めることで入手できたマイキャラパーツやパシャっとアイテムは今後別の場所で入手できるようになる予定です。 2020年3月19日• 2020年3月12日 <お客様へのお願い>• ・一部のゲーム内イベントについては、システムの都合上期間の延長ができません。 詳しくは対象のイベントをご確認ください。 ・対象イベントにて入手可能のコーデについては、今後対応を検討致します。 ・トロフィーコンプリートで入手可能な会員証につきましても、今後対応を検討致します。 皆様のご理解・ご協力をお願いいたします。 2020年3月3日 モーリーファンタジー・PALOが3月2日(月)~3月15日(日)の期間を休業されるとの発表がございましたが、現在筐体で開催中の「フェアリーブルーコーデゲットキャンペーン!」は、システムの都合上、予定通り3月8日(日)までで終了となります。 皆様にはご理解賜りますようお願い申し上げます。 2019年9月27日• 2019年5月10日• 正しくは「SR(スーパーレア)となります。 お詫びして訂正致します。

次の

『プリパラ』『キラッとプリ☆チャン』6月ハピプリ(あろま/さら)通販開始!「プリキュアプリティストア」今週末の入場はネット予約必須!!

プリチャン さら

緑川さら「みらいくんがぁ、みらいくんが怖いぃ!」ガタガタ 桃山みらい「誤解だから!誤解だから!」 さら「みらいくんに犯されるぅ!」ブルブル みらい「やめて!」 みらい「ご、誤解してるんだよ!」 さら「そうなのかい……?」 みらい「うん」 さら「じゃああの本、みらいくんのじゃないの?」 みらい「いや、それはまぁ、私のなんだけど……」 さら「犯されるぅ! みらいくんに犯されるぅ!」ガタガタ みらい「ち、違うよぉ!」 さら「あの、みらいくんも年頃だから、そういう事に興味を持つ事自体は全然否定しないよ」ビクビク みらい「……うん」 さら「そういう本を読んだりして見たくなる事も、全然悪い事だとは思わない……」ブルブル みらい「……あの、さらちゃん?」 さら「な、なんだい!? 」ビクゥッ みらい「な、なんで距離とってるの?」 さら「怖いからだよ!!」ガタガタ みらい「やめて!」 さら「超マニアックな方法で犯される!」 みらい「しないよそんなの!」 さら「普段、僕が使ってるベッドに寝かされて 『あの時はめるちゃんとりんかちゃんが居たからできなかったね……』とか言われながら犯される!」 みらい「抜粋するのやめて!さっきの本から抜粋するのやめて!」 さら「なんかみらさら特有のマニアックな言葉責めとかするつもりだ!」 みらい「しないよ!やめて!」 さら「『今日はさらちゃんがギターだね!』とか言いながら犯すつもりなんだろ!」 みらい「抜粋やめて!音読やめて!」 さら「みらいくんがマニアックな言葉責めを身につけてるぅぅ……!」 さら「とにかく、そういうマニアックなプレイしようとしてるんでしょ……?」 みらい「違うから!そういうんじゃないから!」 さら「さ、さらにマニアックな……?」 みらい「違うよ!ていうかさっきさらちゃんが言ったみたいのはみらさらものでは全然マニアックの範疇じゃないよ!」 さら「……え?」 みらい「……あ」 さら「……あ、あれくらいは、基本なのか?」 みらい「なんでもない!さっきのなんでもない!」 さら「正直さっきのでもかなりエグいところ抜粋したつもりだったんだけど……」 みらい「聞いて!さっきのは間違いだから!」 さら「もうあれくらいじゃ、満足できないの……?」 みらい「やめて!」 さら「みらいくんがどんどん遠くに行く……」 みらい「遠くに行ってるのはさらちゃんだよ……物理的に距離とってるよ……」 さら「だ、だって犯されるかもしれないし……」 みらい「しないよ!」 さら「接し方が悪かったのかな…… 知らず知らずの内に、みらいくんに寂しい思いをさせていたのか……」 みらい「やめて!重い感じにしないで!」 さら「ちゃんと良きライバル時には良き友人として接してきたのに……」 みらい「聞きたくないよ!今まで一緒に頑張ってきたのに!」 さら「で、でもプレイ的な見地から言えば興奮ポイントに……?」 みらい「やめて!嗜好を探るのやめて!」 さら「だ、だってさっき言ったくらいはもう基本なんだろ?」 みらい「間違いでした!さっきの無しで!」 さら「とすると純愛とかそっち系に行かざるを得ないじゃない……?」 みらい「っていうか何でちょっと協力的なの!? さっきまで犯される!とか言ってたよね!? 」 さら「さ、逆らったらもっとひどい目にあうんじゃ……」 みらい「そ、そういうことか!いや、しないから!」 さら「じゃ、じゃあ面と向かって言ってくれたら……」 みらい「何を?」 さら「『私はさらちゃんを犯したいと思っていないし、思ったこともありません』って」 みらい「何その宣言!? 」 さら「言わなきゃ信用できない!獣と共に配信はできない!」 みらい「ケモノとか言わないで!」 さら「と、とにかく言ってもらえれば、安心できるかもしれないから……」 みらい「……うーん……」 さら「や、やっぱり虚偽の申告はできない?」ビクビク みらい「虚偽じゃないから!」 さら「いいよ!みらいくんを嘘つきにしたいわけじゃないんだから!」 みらい「その感じやめて!」 さら「みらいくんにその場限りの嘘をつかせるくらいなら、みらいくんの嗜好と向き合うから!」 みらい「言うから!言うから重い感じやめて」 みらい「え、な、なんだっけ……『私は』……」 さら「『私はさらちゃんを犯したいと思っていないし』 みらい「そ、そうだね。 『私はさらちゃんを』……」 さら「……ど、どうしたんだい?」ビクビク みらい「あ、あのー、一応、一応確認ね?」 さら「な、何?」 みらい「こ、この『犯す』の範囲って……?」 さら「!! 」 みらい「い、一応だよ!!」 さら「そ、それはつまり範囲によっては……」 みらい「一応だって!意外と二人の間で食い違ってるかもしれないじゃん!」 さら「範囲によってはありえるってこと?」 みらい「いやだからそのため確認だよ!」 さら「そ、そうだね。 みらいくんの基準はちょっとアレだものね」 みらい「アレとかやめて」 みらい「えーと、じゃぁちょっとずつ確認してこう?」 さら「う、うん。 ここでの『犯す』の範囲が広ければ広いほど、その……」 みらい「……うん」 さら「みらいくんがさっきの宣誓をできなくなる可能性が上がるわけだね」 みらい「いやまぁ多分ていうか絶対大丈夫だけどね!! 」 さら「そうだよね!」 みらい「えー、じゃあ『犯す』の基準決めスタート!」 さら「まずは『キス』!」 みらい「えッ!?」 さら「えッ!?」 みらい「ストップで! 一旦ストップで!」 さら「怖い怖い怖い怖い!!」 みらい「違うって! 普通にするじゃん! キスってするじゃん! 友達同士で!」 さら「しないしないしない怖い怖い怖い」 みらい「私がするかどうかじゃないよ!? 一般的にだよ!? 一般的な基準として、友達同士でキスはセーフだよ!」 さら「しないよぉ……」 みらい「アレだよ? キスって唇同士の奴だよ? 『下の口同士で』とかそういうんじゃないよ? そのつもりで私はOKにしたんだよ?」 さら「当たり前だよ…… ていうか今言った方OKにしてたら本当に絶交してたよ……」 さら「あの、ていうかじゃあさ、キスが基準だとアウトなの? よね? あの、言わなくていいけど」 みらい(心底屈辱的だよ……) さら「うーん……ていうかもう、聞くね…… ど、どこラインにしたらさっきの宣言できるの?」 みらい「……えー?」 さら「あ、みらいくんが決めてくれていいよ。 それを聞いて対処するよ」 みらい「……う、ん・・・…」 (五分後) みらい「……」 さら「……」ドキドキ みらい「……あの」 さら「ひっ!? 」ビクゥッ みらい「そ、そこまで怯えなくても!」 さら「ご、ごめんね? 驚いちゃっただけだから。 ごめんね?犯さないで?」 みらい「やめて!」 さら「……ていうか、これ長考した時点で相当ヤバ……」 みらい「言うから!今すぐ言うから!」 みらい「え、えーと……」 さら「言ってくれていいから!ドンと!」 みらい「えーと……」 さら「もう驚かないから!」 みらい「えー……多分、何をラインにしても、その、無理……」 さら「え」 みらい「あの、だって、したいし……」 さら「うわああああああやっぱりガチじゃないぃぃぃぃ!!!」 みらい「ご、ごめんねぇぇぇぇ! でもしたいんだものぉぉぉぉ!!」 さら「最初ので合ってたじゃなかぁぁぁ!! 最初のリアクションでむしろ正解じゃないか!!!! 」 みらい「ごめんなさい! 本当にごめんなさい! でもさっきの言葉責めとかめっちゃしたいです!」 さら「それは聞いてないでしょおおお!! 怖い怖い怖いぃぃぃ!!」 みらい「し、静かにしてよぉ!! 犯すよッ!?」 さら「め、めっちゃ本性出してるぅぅぅぅ!!!」 さら「プリズムストーンでのプレイは?」 みらい「基本」 さら「モフモフと書いて?」 みらい「ムラムラ」 さら「僕が攻める時は?」 みらい「極上」 さら「みんなへの裏切りは?」 みらい「正義」 さら「こわいよぉぉぉ! みらいくんが怖いよぉぉぉ!」 みらい「う、うるさいよ! プリチケ口に詰めるよ!? 」 さら「なんだいそれは!?」 みらい「よくあるんだよ!」 さら「よくあるんだ!?」 みらい「色々装着したままライブさせたりしたい!」 さら「何急に!? 」 みらい「ご、ごめん、もう我慢しなくていいと思ったら願望出ちゃった」 さら「怖い! そんなことを内に秘めてたとか怖い!」 みらい「みんなでお茶している時にリモコンでいじりたい!」 さら「やめて怖い!」 みらい「こういう時に限ってみんなさらちゃんを心配するの!」 さら「細かな設定とか怖い!」 みらい「うわあああ願望出るぅぅぅ!!

次の

『 キラッとプリ☆チャン 』第82話「最後のだいあフェス! カッコいい対決だもん!」まりすず、今週も尊い【感想コラム】

プリチャン さら

へのが爆発しそうなのでここにぶつけさせてください。 もう無理。 殴り書きです。 プリチャンがは見ないでください。 ッツにどんどんを溜めてうのが本当に嫌だ。 ッツのどこに実力や才能やの跡があるのか、壁を乗り越えたのかみたいなのが全くないままプリチャンなりそうなのが怖い。 もも、やたちはなにしてて才能があってもにそれを磨いて困難にぶつかって乗り越えてそれをにさせてる。 もない、困難にぶつかってもないッツのに感動を覚えることができない。 全う言った積み重ねがない上にえもはの前で平気でを煽るような者としてのに欠ける子なのにしてそのままもなくプリチャンになりそうなのが本当に嫌だ。 なだけどえ、こんなことやっちゃやろ!ってッツがやってもおながに火を注ぐ 回で講座やっといてのアレとか。 スはをしたらと失格になってるのになんでッツには誰も言わないんだ。 メルスタはながしてもめるが抑えてくれるしだよ、って注意してくれる。 そしてなもんだプリチャンとしてのは惜ないしがすごいのに、ッツものはだし3人揃っての前に者としそれどうなの?って感じるところがあるのが本当に無理。 そんなメルスタがもなければチームとしての積み重ねもない、3人のチームの絆も感じられないッツのなのが、はって感じ。 したばかりのッツがいきなり対等なツラしてもの進行上メルックに勝つって透けて見えるのが最高〜にです!!メルスタはッツの引き立て役じゃねえ! ウの再予選の、やるあった?みたいなをやるプリチャンでなんでみたいなことをやってるの? ッツはんどりんかがを答えてるし。 そしてえもはしてないのを二人は、を決め込んで引きずってるし。 チームの結束力とか、そういうのを見て競うべゃない?そんなんでどうしてプリチャンに相応しいのはどのチーム、って決められるの? そしてが勝ち上がってズ7のへの回答にプリチャンはのゴールです、って答えて落とされて。 でもでも神やを目指してやってきたのにプリチャンはその答えではだめならにすごい回答があるんだろうと思って。 でもッツの回答はプリチャンのことはわない、でもやってみなくちゃわならなってみたい!って…確は変わるけど…そんな答え用意してないのになんでッツはなの いや、百歩譲ってッツの回答はだとしても、棚ぼた的にッツに回答権が移るのがわない。 なんでッツはに負けたのに成り行きで回答してもッツのが決まるのッツ何もしてないじゃん。 ただズ7のに対して答えただけじゃん。 そしてその回答権すら勝ち取ってないじゃん。 そのがなら再予選で脱落したチームにも同じしてよ。 全員に同じをして、その上でッツの答えが一番ふさわしい、ならともかく。 おおよそをするのにふさわしくない項目で争われるは都合よくッツが回答するわ、ぜーんぶッツがするために陣が逆算してるのが透けて見える。 だ運、って言われるんだよ! ウ、まで訳の分さと溜めることなかった…したもで済んでたりがを行っとにどころかメルスタをしてるし。 あとッツい加減えもがを煽るようなことをしたらだよとか注意して。 して無関心でも頑張ろうね!とかどんだけチームの絆がいの。 ことしてたら注意し合うのもでしょ。 それもないの?が回ってるんだよ。 が回っててそのしててする?そしてそれがしない?どうなってんの宿の。 そして陣、何供が見てるなんだよ。 実際にプリチャン見たがしたにえもみたいなを真似したらどうするの。 供がそんな真似したら嫌だわに見せたくないわ。 りんか、すごくプリチャンに詳しくて二人の行動に出しするくせに、えものそういうところはッツのに繋がるよ!って言わないのもすっごくだわ。 プリチャン、曲単体いと思うしコーデもし、ーのプリチャンチームのが本当にすごくてしたいと思ってるのにのプリチャンのの描き方、そしての進行がことごとくのを踏み抜いててつらい。。 のを読んでもにを踏み抜かれるばかり。 いつかの亡霊をやめなきゃって思ってたのにとうとう亡霊のまま年を越しそうだよ。 どうするの。 どうしたらプリチャンを愛せるの。 愛憎はいうけどどうしの憎しみをプリチャンへの愛に変えることができか。 どなプリチャンのここはこういうブなができるんじゃな、みたいなのを授けてください…お願い…プリチャンを送りたい….

次の