ご了承 意味。 「了承いただく」の意味と使い方・「承諾・了解いただく」の違い

「了解」「了承」「承知」「承諾」

ご了承 意味

「ご了承」の意味 「ご了承」は「納得する」の敬語表現 「了承」は「納得する・承諾する」という意味の言葉で、「ご了承」は、「了承」に「御(ご・お)」をつけた形です。 つまり、「ご了承」は「納得してください」「承諾してください」を丁寧に表現した言葉になります。 そのため「ご了承」でよく使われる「ご了承ください」という言葉は、相手に自分の提案などに対し、了解、納得を得るために投げかけるための敬語表現となります。 「ご了承」と類語「ご了解」「ご容赦」との違い 「ご了承」と「ご了解」の違い ご了承と「ご了解」という言葉は似ていますが、意味は若干違います。 ご了承は「承諾する」、ご了解は「理解する」という意味があります。 そのため、相手にこちら提案を納得してもらう場合は「ご了承ください」というのが正解です。 また、「ご了承ください」は目上の人間に使用できますが、「ご了解ください」は目上の人間には使用できません。 目上の人間に対して「ご了解ください」という場合は、「ご理解ください」というのが自然な使い方です。 「ご了承」と「ご容赦」の違い ご了承に似た言葉として「ご容赦」という言葉もあります。 しかし、ご容赦の場合は、相手に納得を得るという意味以外にも、謝罪の意味も込めらています。 そのため、自分に不手際があった場合などに「ご容赦いただけますようお願い申し上げます」という使い方をすることになります。 「ご了承」の使い方 「ご了承ください」は事前に使う言葉 「ご了承ください」という言葉は、その事柄がまだ始まっていない段階、つまり事前に納得をしてもらうために使います。 また、「ご了承ください」という言葉には、相手に選択肢を与えるわけではなく、こちらの提案をそのまま受け入れてもらいたいという意味も込められています。 「ご了承願います」という使い方が適切 「ご了承ください」という言葉自体が失礼に当たるというわけではありませんが、前述でも説明したように、相手によってはあなたの言うことを一方的に押し付けられる、無理やり納得させられるという印象を持たれる恐れがあります。 そのため、ビジネスシーンの中で、上司や取引先などの目上の相手に使う場合、「ご了承願います」などの、より丁寧な言葉に言いかえるのがよいでしょう。 「ご了承」を使った例文• 誠に恐れ入りますが、今回の件はお受けできかねます。 何卒ご了承ください。 返信につきましてはお時間をいただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。 年末年始はお休みとさせていただきます。 誠に恐れ入りますがご了承ください。 原価高騰のため、一部の商品を値上げさせていただくこととなりました。 ご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんが、ご了承ください。 こちらの都合で大変申し訳ありませんが、次回からの会議はこちらの会議場で行うこととなりました。 ご了承願います。 例文を見るとわかりますが、「ご了承ください」には、こちらの提案を一方的に納得してもらうという意味合いもあるため、「誠に申し訳ありませんが」や「 ご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんが」、「こちらの都合で大変申し訳ありませんが」など、相手に謝罪する言葉と一緒に使用することの多い言葉になっています。 「ご了承」を使ったさまざなな表現 「ご了承いただけますでしょうか」でより丁寧に 「ご了承いただけますでしょうか」という言葉は、了承という言葉に尊敬語である「御(ご・お)」をつけ、さらには「いただく」という丁寧語から構成されています。 ご了承くださいに比べて、相手に判断を仰ぐ形になりますので、相手にも一方的という不快感を与えずに使うことができます。 「あらかじめご了承ください」で「事前」を強調 「あらかじめご了承ください」という言葉の「あらかじめ」(予め)は、「前もって」などの意味のある言葉です。 そのため、「あらかじめご了承ください」という言葉は、前もって納得してくださいという意味になります。 もともと「ご了承ください」という言葉には、事前に納得してもらうという意味がありますが、あらかじめを付けることで事前にという部分を強調しています。 「ご了承いただいております」は目上の人の納得を示す 「ご了承いただいております」は、自分よりも目上の人から、納得をしてもらっているという意味です。 また、相手にすでに納得してもらってる場合も「この度は、ご了承いただき~」などの使い方をする場合もあります。 「了承いたしました」は自分の納得を示す 「了承いたしました」は、自分が相手に投げかける言葉ではなく、相手からの申し出に対して納得したという意味になります。 ただし、「了承しました」という言葉は、相手の提案に承諾するという意味合いになっており、敬語としては不適切ですので、目上の方に対しては「承知いたしました」などの言葉のほうが適切です。 まとめ ご了承という言葉は、相手にこちらの言い分や提案を、選択肢を与えることなく納得してもらうというシチュエーションで使う場合がほとんどです。 そういったことから使い方を誤ると、相手をより不快な気持ちにさせてしまったり、怒らせてしまったりする恐れもあります。 そのため、前後に謝罪の言葉を付けるなど、その時々に応じて上手な使い方をすることが重要な言葉のひとつだと言えるでしょう。

次の

「了承」の意味と使い方を詳しく解説!「承諾」との違いとは?

ご了承 意味

1つ目の「了承を得る」を使う場面は、許可をもらい報告するときに使います。 例えば取引先など外部の人から納得して許可をもらったことを、上司など目上の人へ報告するときです。 また上司が許可したものを取引先へ提案するときも使います。 自分の意思表示ではなく、第三者の意思表示として伝えるものです。 「了承を得た」報告には「了承した」本人はいません。 例えその本人がいない場面で使うものであっても、ビジネスでは相手に敬意を払った言葉遣いをするのが常識です。 丁寧な言葉遣いできちんとした報告をしましょう。 また「了承」という言葉を用いて目下の人と話す場面は、要望を承知するという意味で「了承した」と表現します。 この場合も「了解」という言葉は使わず、仕事での会話やメールなどは、「了承」を使うようにしましょう。 これは取引先など外部の人に、提案や企画を出したものに納得して許可してもらったことを、上司や目上の人に報告するときなどに使います。 「了承を得た」の例文• 交渉の結果、A社から了承を得られました。 B社はしぶしぶですが、了承を得られました。 「了承を得た」ときに「了解を得た」という言葉と間違いやすいので、「了解」は同僚などの親しい間柄の会話だけにしておきましょう。 上司に報告する場合は、やはり敬意を払って丁寧な言葉遣いが必要です。 気分を害さないような話し方をしましょう。 これは上司の許可がおりているときに、取引先などの外部の人へ使います。 この案件は上司も納得していますのでご安心くださいというような印象を与えます。 「了承済みです」の例文• この案件は部長の了承済みです。 弊社で了承済みの企画になります、ご検討ください。 「了承」は「了解」と間違いがちですが、「了解」はわかったというだけなので意味が違ってきます。 ここでは許可を得ているという意味になりますので、「了承」を使うのが正しい表現になります。 取引先や外部の人への応対には注意が必要です。 これは部下からの意見や要望を納得したというときに、上司から部下へ向けて使い、部下から上司へ向けては使いませんので、気を付けましょう。 「了承した」の例文• イベントの予算案は了承した。 予算をオーバーしているので、了承はできない。 「了承した」は、目上の人から目下の人へ向けて使いますが、親しい人へは「了解した」と言ってしまいます。 目の前で会話している場合は、それでも許されることがありますが、メールなどでは上から目線な言葉と勘違いされる場合もありますので、気を付けましょう。 これは相手との関係性に関わらず使えます。 こちらの事情や状況を伝え、相手にとっては不都合なことであったり、相手の要望に応えられないことを納得してもらうようにお願いするときに使います。 「ご了承くださいますよう」の例文• 雨天により中止いたします。 何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。 事情により見送らせていただくことになりました。 ご了承くださいますようお願いいたします。 「ご了承くださいますよう」は、お詫びをして許してもらうときに使い、「了承」を丁寧にした言葉ですが、このほかにも相手の都合には合わせられないときに使われる言葉として、「ご容赦」があります。 この「容赦」の使い方については関連記事でご紹介していますので、そちらも合わせてご覧ください。 「承諾」の類語は「受諾」です。 「了承を得る」と間違いがちな「承諾を得る」や「了解を得る」をみてきましたが、「了承を得る」は許可をいただくのに対して、「承諾を得る」には要望を引き受けていただくという意味があり、契約するときなどに使われるものでしたね。 一方、「承諾」の類語の「受諾」には、同意・受け入れる・聞き入れるなどの意味がありますが、公的な依頼に正式に受け入れるという場面などで使われます。 または相手からの依頼を、元のまま受け入れるという受動的な意味も含まれます。 降伏して要求を受け入れるときにも使われる言葉です。 「承諾を得る」の例文• 幹事を頼まれたので承諾した。 著作権の承諾を得る必要がある。 「受諾」の例文• その役職へ就任することを受諾した。 今回の交渉を受諾した。 提案は受諾されました。 「承諾」には「得る」という言葉をつけて使われることが多くあります。 「受諾」は「得る」という言葉をつけずに使われます。 例文のように「受諾した」「受諾する」という使い方になります。 また「承諾」は「ご承諾」という言い方をする場合がありますが、「受諾」は「ご受諾」というようには使われません。 「了解を得る」は親しい人との会話や連絡を取るときに使うのは問題ありませんが、「了承を得る」と「承諾を得る」は意味を理解すれば、使い分けはもう迷わずにできるのではないでしょうか。 仕事のときには頭を切り替えてビジネスモードの言葉遣いに変えるようにしましょう。 取引先や外部の人、そして上司に対しても尊敬の意を持って敬語を話すのが常識です。 このほかの間違いやすい言葉やまぎらわしい言葉もしっかりと勉強しておきましょう。 「了承」は「ご了承いただき」という使い方も多く使われます。 意味と使い方を関連記事でもご紹介していますので、そちらもご覧になってみてください。

次の

「了承を得る」の意味とは?「承諾を得る」と「了解を得る」との違いも

ご了承 意味

了承の意味は、相手の提案や要望を納得して承知することです。 了承は目上のものから目下のものに使う言葉で、目下のものが「社長の意見、了承しました。 」と言うと失礼になります。 目上の相手や顧客など自分より上の立場の相手に対して、「提案や要望を納得いただけますでしょうか。 」という意味で、「ご了承いただけますでしょうか。 」のように使用します。 ビジネスの中で了承を使用するのは、会話の中よりもメールや手紙などの文章の方が多いです。 相手に頼み事をするときに、なるべく相手の気分を悪くさせないように使うのが了承という言葉です。 了承の意味をしっかりと把握して、ビジネスや生活の中で上手に使うことで、人間関係がスムーズになります。 ぜひ、この記事を読んで了承の使い方をマスターしてください。 Web電話帳を導入しませんか?.

次の