エクセル グラフ 横 軸 変更。 表示または項目軸の日付を変更します。

エクセル グラフの目盛を変更する

エクセル グラフ 横 軸 変更

表を元に作られた横棒グラフ。 この表とグラフを見比べた時、何かおかしいと思うことはありませんか? そうなんです! 元となる表の項目の順番に対して、横棒グラフの項目の順番が逆になってしまっているんです! これ、何か特別なことをやらかしたわけではなく、でこうなってしまいます。 原因は後でご説明するとして、項目の順番が逆だと、表とグラフを見比べたときにややこしいので、グラフの項目の順番が逆になるように設定していきたいと思います! グラフの、項目名があるところにマウスポインタを合わせると、現在マウスポインタを合わせている所の名前が表示されます。 表示された名前が「縦(項目)軸」になっていることを確認してからクリックすると、 グラフの項目名が並んでいる軸である「項目軸」が選択できます。 そして、「項目軸を選択しましたよ〜」という合図で、項目名の周りが枠で囲まれます。 この枠内ならどこでもいいので右クリック、 [軸の書式設定]をクリックします。 この先は、Excelのバージョンで若干の違いがありますので、お使いのバージョンの部分をご覧ください。 【Excel 2013】 画面の右側に作業ウィンドウが表示されます。 【Excel 2013】 この作業ウィンドウの先頭には「軸の書式設定」という風に作業ウィンドウのタイトルが大きい文字で書いてあります。 その下にある[軸のオプション]が選択されていることを確認し、更にその下にあるグラフのマークが選択されていることを確認します。 ちなみに、このグラフのマークにマウスポインタを合わせると、[軸のオプション]と表示されます。 もう、あっちもこっちも[軸のオプション]と書いてあるのですが、更に、グラフのマークの下にある、これまた[軸のオプション]の[軸位置]のところにある、[軸を反転する]にチェックを付けます。 【Excel 2013】 この時、もし[軸を反転する]の項目が見当たらない時は、この項目があるエリア自体が折りたたまれているので、グラフのマークの下にある[軸のオプション]という文字をクリックすると、展開されて項目が見えるようになります。 【Excel 2010・2007】 表示されたダイアログボックス左側の一覧で[軸のオプション]を選択し、その右側にある選択肢の中から[軸を反転する]にチェックを付けます。 まだ、この後も設定が続きますので、このダイアログボックスは表示したままにしておきます。 【Excel 2013・2010・2007】 これでグラフの項目の順番を逆にすることができました! Excel 2010・2007で、ダイアログボックスがグラフに重なってしまい、グラフが確認できない方は、すれば確認できますヨ。 が!、しか〜し! グラフをよ〜く見ると、項目の順番が逆になった代わりに、さっきまでグラフの下部にあった横軸が、上部に来てしまっているではありませんか! 【Excel 2013】 そこで、先程チェックを付けた[軸を反転する]の項目のやや上に、[横軸との交点]があるので、その中の選択肢から[最大項目]を選択します。 【Excel 2010・2007】 そこで、先程チェックを付けた[軸を反転する]の項目の下を探していくと、[横軸との交点]というものがあるので、その中の選択肢から[最大項目]を選択します。 設定は終わりなので、ダイアログボックス右下の[閉じる]ボタンをクリックしておきます。 【Excel 2013・2010・2007】 これでグラフの上部に来てしまった横軸が、グラフの下部に戻ってくれました! もちろん、最初に設定した項目名の順番もちゃんと逆になったままです。 それにしても、どうして横棒グラフの項目軸は、元となる表の項目と逆の順番で作られてしまうのでしょう? その理由と、今回ご紹介した設定のうち、間違えやすいポイントをでご紹介します!.

次の

Excelで作成したグラフの軸ラベルの文字の向きを変更する方法

エクセル グラフ 横 軸 変更

散布図のX軸とY軸を入れ替える:エクセルの使い方• 散布図のX軸とY軸を入れ替える スポンサードリンク• 下図は体重の変化を記録したものです。 下図では、説明のために 7〜321行を非表示にしていますが、実際は表示した状態で操作します。 この項では、データリストをそのままの状態で散布図を作成した場合、X軸とY軸が想定したものを異なって入れ替わっていたケースです。 このようなケースでは元のデータリストの列を入れ替えれば、想定した散布図を一番簡単に作成することができます。 この項ではデータリストを入れ替えて作成する方法を説明します。 下図のような、X軸に体重、Y軸に時刻の散布図が作成されました。 作成したいグラフはX軸とY軸を入れ替えたものです。 このグラフは失敗・・・ということで削除します。 データリストの列を入れ替えます。 B列のデータを選択します。 枠線にマウスを合わせて、[Shift]キーを押した状態で C列の右枠にドラッグします。 選択したデータを移動することができます。 X軸に時刻、Y軸に体重の散布図を作成することができました。 下図のようにグラフの書式を整えて、完成としました。 データリストの列を入れ替えて散布図を作成する方法が使用できない場合は、 [データの選択]を使います。 この辺の操作方法を説明します。 下図のような、X軸に体重、Y軸に時刻の散布図が作成されました。 体重の変化をグラフにしたいので、X軸とY軸を入れ替えたいと思います。 「使用可能なデータ系列の数は、1グラフあたり最大 255個です。 データ数が多くてコマンドでは実行できないので、他の方法で軸を入れ替えます。 グラフを選択して、グラフツールリボンの[デザイン]タブを選択し、[データの選択]をクリックします。 [編集]ボタンをクリックします。 系列Xの値にB列が指定してあります。 系列Yの値にはC列が指定してあります。 系列 X の値では BをDeleteキーで消してCを入力します。 系列 Y の値では CをDeleteキーで消してBを入力します。 [OK]ボタンをクリックします。 横 項目 軸ラベルに時刻が表示されました。 [OK]ボタンをクリックします。 X軸とY軸を入れ替えることができました。 下図のようにグラフの書式を整えて、完成としました。 スポンサードリンク ||散布図のX軸とY軸を入れ替える.

次の

グラフの軸の表示を変更する

エクセル グラフ 横 軸 変更

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに があります。 日付を使用してワークシート データからグラフを作成すると、グラフの横 項目 軸にプロット、日付、Excel によって日付 タイム スケール 軸に、軸が自動的に変更します。 項目軸は、日付の軸を手動で変更できます。 ワークシートの日付が順番に並んでいない場合や、それらの基本単位が同一でない場合でも、日付軸には、日付が特定の間隔または基本単位 日数、月数、年数など で時系列に表示されます。 既定では、Excel ワークシートのデータで 2 つの日付の差を最小に基づいた日付の軸の基本単位を決定します。 たとえば、データがある株価の日付の差を最小はどこに 7 日間場合、は、Excel は、基本単位を日を設定は、長い期間にわたって、株価チャートのパフォーマンスを表示したい場合は、月数または年数を基本単位を変更できます。 日付の軸を使うグラフ• グラフで、軸] をクリックするか、グラフ要素の一覧から軸を選択するのには、次の操作します。 グラフをクリックします。 [ グラフ ツール] が表示され、[ デザイン] タブ、[ レイアウト] タブ、[ 書式] タブが追加されます。 [ 書式] タブの [ 現在の選択範囲] グループで、[ グラフの要素] ボックスの横の矢印をクリックし、使用するグラフ要素をクリックします。 [ 書式] タブの [ 現在の選択範囲] で [ 選択対象の書式設定] をクリックします。 軸のオプション] カテゴリの [ 軸の種類] で [ 日付の軸が選択されていることを確認します。 軸のオプション] で [ 基本単位数 固定] をクリックし、 基本単位] ボックスに、 日 月、または 年] をクリックします。

次の