アマゾン 初 売り。 【市況】アマゾン株に初の投資 バフェット氏明かす

【市況】アマゾン株に初の投資 バフェット氏明かす

アマゾン 初 売り

レーティングで表示されているのがユニーク。 木目のきれいなハードウッドフロアに、温かみのある木製の本棚が並ぶ店内には、「オンライン」の無機質な感じはありません。 書籍はすべて表紙を表に向けて並べられているので、一度にたくさんの書籍が目に入りやすくなっています。 『ビジネス』『トラベル』『スタッフのお勧め(Staff Picks)』など一般的なカテゴリと、Amazon. com のレビューに基づいた 『4. シアトル関連の書籍なら、全米・世界的に有名なシェフによる料理本、ローカルの話題で人気の絵本、ローカルのスポーツチームに関する書籍などが並ぶ『Read Local』 をチェックしてみてください。 絵本・児童書のセクションが充実。 家族連れの多いユニバーシティ・ビレッジならではです。 家族連れの多いこのショッピング・モールにあわせてあるのか、絵本・児童書のセクションが充実しているのが自慢の一つ。 乳児から学齢期の子供の本が一番多く、特に奥の壁は端から端まで3-7歳児を対象にした書籍が並びます。 中央のテーブルには青とピンクの子供向け Fire HD も備え付けてあり、早くも子供たちが夢中になっていました。 また、料理本のセクションも、子供向けのセクションより小さいですが、人気本がずらり。 表紙が正面を向いているおかげで、名前を覚えていなくても顔を覚えているシェフの本を見つけたりすることもできますし、日本食では弁当や土鍋料理などの本が人気ということもわかります。 本の価格は Amazon. com と同じ。 店内スキャナでチェック! 価格はスマートフォンにダウンロードしてある Amazon. com のアプリやバーコード検索アプリ、または店内のスキャナでチェック。 店内スキャナなら、書籍の背表紙にあるバーコードをスキャンすると、定価・Amazon. com 価格・差額が表示されます。 割引を目の前で実感できる上、配送を待つ必要がないとあって、まとめ買いしてしまいそう。 ワシントン大学に近く、レストランやさまざまなショップがあり、駐車場も完備していることから、幅広い年齢層に人気があるユニバーシティ・ビレッジ。 この Amazon Books の開店で、さらに楽しくなりそうです。 Amazon Books University Village 店 206 524-0715 営業時間:月~土 9:30am-9pm; 日 11am-6pm 掲載:2015年11月.

次の

【市況】アマゾン株に初の投資 バフェット氏明かす

アマゾン 初 売り

スポンサードリンク 累乗的に伸びる売上、営業利益は2002年からようやく黒字に アメリカ合衆国では電子開示システムEDGAR Electric Data Gathering、Analysis and Retrieval で、1995年以降の各種財務データを誰でも自由に入手することができる。 改定文書削減法 The Document Reduction Act of 1995 で、アメリカ合衆国の公文書の電子化が義務付けられたからだ 無論インターネット上での公開なので、アメリカ合衆国の国外からでも取得可能。 この場所から、さらにを選択していく。 そして検索キーワードには「amazon com inc 10-K」を入力。 ちなみに「10-K」とは「年次報告書」を意味する。 アメリカ合衆国以外の企業なら「20-F」、四半期報告書は「10-Q」、臨時報告書は「8-K」。 また、アマゾンドットコムは12月末決算なので、今記事執筆時点では2020年1月31日付で収録された2019年分まで年次決算報告書が用意されている。 他方、四半期報告書は2019年第3四半期分までの収録が確認できる 第4四半期の四半期報告書は年次報告書に内包される。 他方アマゾンドットコムの公式サイト内では2020年4月30日付 現地時間 で各種コメント、解説とともに内において、直近分となる2020年第1四半期分の決算関連の報告書 Earnings Release の掲載が行われたのが確認できる。 その他SEC向けの各公開ファイルは、でも取得可能となっている。 次いで2月1日には「10-K」も公開された。 今回は最新分の2020年第1四半期分については、公式サイト内で先行登録された「10-Q」を用いて各種精査を行う。 アマゾンドットコムのデータは1999年3月5日提出のものが最古となる。 このデータには1994年以降のものも掲載されているが、初年度は立ち上げ時期なこともあり、売上がゼロなので、これは省略。 1995年以降のものを抽出し、グラフを作成する。 最新のデータは上記の通り年次分は2019年分、四半期単位分は2019年第4四半期まで。 それらの決算データを逐次引き出し、必要な計算を行い、値を算出する。 日本の企業と比較する際には、それぞれの年の為替レートを考慮する必要がある。 しかし今回はアマゾンドットコムそのものの推移を見るので、ドルベースのままで問題は無い。 一方、グラフの構成上、営業利益率の動向がやや見づらい形となるので、同項目がプラスに転じた2002年以降に限定したものも併せて作成する。 なおQとは四半期を意味する。 つまり総売上と営業利益 その企業の本業における利益 の関係を示している。 計算方法はシンプルで「総売上を営業損益で割る」。 この値で「本業の稼ぎにおける効率のよさ・悪さ」が分かる。 高い方が効率よい本業をこなしていることを意味し、マイナスならば本業が赤字を出している 採算割れをしている。 四半期単位では年末セールを含む第4四半期 Q4 の売上が突出している。 アメリカ合衆国の「ブラックフライデー」をはじめとした年末商戦が、いかに大きな稼ぎ時であるか分かる。 直近四半期の売上における単純な前年同期比は26. 4%増。 セグメント別の動向を見ると、クラウドサービスのAWS 32. 8%増 、そして北米地域 28. 8%増 の売上が大きく伸びたのが確認できる。 年ベースではグラフの動向からも分かるように、売上高は累乗的に増加する一方、営業利益率は1999年に一度落ち込み 営業費用の大幅な増加が原因 、2001年まではマイナスのまま推移。 2002年にはようやくプラスに転じている。 しかしそれ以降、大きな上昇を見せること無く、営業利益率は横ばいを続けていた。 2007年以降は4%台、2014年にいたっては0. 2%しか無く 第3四半期のマイナス2. 6%の主要因となったFire Phoneの販売促進費用がかさんだことなどがあり、年ベースでも低迷 、日本の一般小売店とさほど変わりが無い、むしろ低い値を示している。 アマゾンドットコムが大きな黒字額を示したニュースを見聞きした記憶がある人は多いだろうが、これは「利益率の高いビジネスをしているから」ではなく、「スケールメリットを活かした」結果、言い換えれば「規模の大きなビジネスをしている・薄利多売だから」得られたものであることが理解できる。 2010年以降営業利益率は減少傾向を続けていた。 2011年以降は額面上の営業利益、そして純利益まで減少 2012年と2014年では純損失が発生している。 これはでも解説しているが、アマゾンでは「電子書籍端末のKindleの開発・販売も手がけており、同端末は競合するiPadなどに比べて、機能を絞り込み価格を抑える一方、アメリカ国内では通信コストは同社が負担するなど普及に向けた取組みを進めて」いるのが原因。 また2012年における損失の原因の一つである、2010年に出資したLivingSocial クーポン共同購入サイト の損失に代表されるように、社内外を問わずに投資案件を積み上げ、領域拡大を推し量っており、その影響から利益が圧縮されている。 現時点では「電子書籍事業やクラウドサービス、映像配信に代表される新事業と業務領域拡大への投資に注力する時期にある」と見た方が納得はしやすい。 続々登場するキンドルの新しいバージョンと増加する電子書籍のラインアップ、AWS Amazon Web Services の拡充と浸透、飽くなき領域拡大を続ける映像配信の実情を見れば、それも理解できるはず。 また昨今ではドローンの積極活用の姿勢を見せ、AIアシスタント「Alexa」への研究投資を惜しまなく続け成果を生み出しているなど、未来的な分野への積極参入・開発姿勢も意欲的。 この挙動はグーグルやアップルと似た方向性にある。 あるいは発想が逆で、新事業を展開して領域を拡大することこそ、つまり成長と拡大がアマゾンの大義であり、利益はそのためのエネルギー源でしか無いとの認識なのかもしれない。 それは生物の本能、自種の生存領域の拡大とDNAの拡散に似ている感すらある。 一方、年ベースで直近となる2019年の営業利益率は5. 2%と、前年の5. 3%と比べればほぼ同率。 利益率の高いAWSのビジネスが順調に成長を示しているのを背景に、手堅く利益を確保している。 2015年の年次報告書以降、四半期決算報告書では逐次強調されているように、同社ではより大きな利益面での貢献が期待できる、有料制会員サービスのプライム会員 Amazon Prime への投資にも積極的。 商品購入時の迅速な配達と手数料の割引、音楽や写真、映画の提供、図書館的なものへのアクセス Kindleオーナーライブラリー など、多様なサービスを提供し、同社への傾注度を高める「囲い込み戦略」を展開している。 あるいは上記で言及しているさまざまな新技術、未来的サービスの開発と利便性の向上を包括し、利益を底上げする方法論として、Amazon Primeなる手法を見つけ出したのかもしれない。 テーマパークで例えれば、多様な新しい遊具を続々と導入し、全体としての入園魅力を高め続け、入園費で利益を得る発想である。 さらにAmazon Primeの魅力を高め利用者をとりこにし、日常生活には欠かせない存在に位置づけさせ、その上で売上を底上げするための会費の値上げも継続的に行っている。 これもまた、アマゾンの経営基盤の強固さに貢献することになる。 アメリカ合衆国におけるAmazon Primeの年会費を従来の99ドルから119ドルに値上げした 2018年5月11日から実施 のがよい例だ。 日本でも値上げが発表されたのは記憶に新しい 2019年5月17日請求分から1000円プラスの年間4900円に。 ちなみにこの値上げが行われても全世界における会費収入 売上 の上昇度合いはほとんど変わりが無く、値上げ直後の2018年第2四半期では34. 08億ドル 前年同期比プラス57. 値上げ前の2018年第1四半期は31. 02億ドル 前年同期比プラス60. 0% で、それと比較して9. 9%の増加となる。 ちなみに直近四半期の2020年第1四半期では55. 56億ドルで、前年同期比は29%ものプラス。 今期の報告書ではハイライトとして7000文字以上にわたりアマゾンの現状と方向性、新たに始めたサービスの一覧が掲載されている。 アマゾンが単なる通販会社としてではなく、新技術の総合商社的な存在であることを再認識させられる。 また今四半期では新型コロナウイルスに関する対応 社内、対顧客 が9100文字以上にわたり言及されており、アマゾンでも新型コロナウイルスには大いにリソースを割いていることが確認できる。 2015年第1四半期決算報告書以降、それ以前は「その他」区分で他の事業と合算していたAWS事業に関する区分売上が公開されるようになった。 直近となる2020年第1四半期決算に関する報告書でも引き続き開示が行われており、その堅調さが確認できる。 株主に対するアピールの意味合いも大きい。 96億ドル。 それと比べて直近四半期は102. 19億ドルでプラス32. 8%もの成長を示している 事業区分別営業利益は前年同期比でプラス38. 直近四半期に限ればAWS売上は、総売上のおおよそ13. 5%に達している。 売上の継続的な上昇は、アマゾンにとって頼もしく見える存在に違いない。 各種営業指標をグラフ化 よい機会でもあるので、アマゾンドットコムの1995年以降における「総売上」「売上原価」「営業費用」「営業損益」「純損益」の推移もグラフ化し、状況を確認する。 ただし割合としては小さくとも、規模そのものが大きいので、結果的にダイナミックな額の利益を確保できる次第である。 また、2007年から営業費用が急激に上昇しているのが確認できる。 これは2011年提出分から計算様式が少々変わり、売上原価を営業費用に含めていたため。 提出された書類から、確認可能なものまでさかのぼり、グラフには反映させている。 アマゾンの財務体質に根本的な変化が生じたわけでは無い。 さらに上記の総売上・営業利益率動向のグラフでも記しているが、2015年以降は営業損益・純損益でも明らかに、売上などと比べればわずかではあるが、確実に上昇の動きを見せているのが確認できる。 今後の動向に とりわけ株主は 期待できる動きではあるものの、これまでのアマゾンの行動姿勢を思い返せば、さらなる研究投資活動に励むことになるのかもしれない。 アマゾンでは当初立ち上げ時から5年位の間は、利益が十分にあがらないだろうことを前提に戦略を組んでいたとの話もある。 実際には利益を出すまでさらに数年の月日を要したわけだが、赤字の間にも ご承知のとおりその期間にはいわゆる「ITバブル崩壊」の時期も含まれる 自らの戦略を信じ、売上と規模を拡大し続けた努力と強い意志があったからこそ、今の地位を築くことができた。 何しろ昔のことなので番組名も含め詳しいことは失念してしまい、記録も見つけられなかったが、あるビジネス番組に登場していたアマゾンの関係者は「予定よりは遅れているが、必ずこのビジネス アマゾン は成功する」と確信を持って答えていた。 そのシーンがグラフを見るたびに思い起こされる。 現在ではアマゾンは、インターネット上の通販ビジネスで世界ナンバーワンの地位を占めている。 そして昨今では電子書籍・リーダーの世界にも乗り出し、関連事業も含め、確実に躍進を続けている。 その上プライム会員への独自サービスを次々と打ち出し、インターネット通販利用者の囲い込みに惜しみ無くリソースを注入している。 アマゾンの創設者でありCEOでもあるJeff Bezos氏は報告書の中で「アマゾンの各種サービスは結果として新型コロナウイルスの流行によって生じた危機に対しても、ビジネスの観点で優れた適応力・耐久性を示す形となったが、これまで直面した中でももっとも大きな困難な状況に置かれていることに違いはない」とし、アマゾンにおいても新型コロナウイルスの影響を大きく受けていることを表明するとともに、このような状況だからこそインフラとしての役割を果たし社会を維持するために、さらなる投資が必要で、 新型コロナウイルスへの対応や検査方法開発への投資も含め それを実行すると述べている。 常に新しく便利な、そして未来的なサービスを提供する確固たる意志とそれを体現化するための絶え間ない努力、そして関係者の協力が、今のアマゾンの状況を作り出していることは間違いない。 電子書籍リーダー「Kindle」や昨今の「Alexa」への注力ぶりやさまざまな未来志向の商品の自主開発と提供、そして「営業利益率を下げてでも注力する価値のあるものへの邁進」「利益を前進と拡大へのためのエネルギー源としての認識」的な同社の方針も、同社の中長期的なかじ取りの一環と見れば、十分理解できる。 さらにいえばこれらの日々是前進の姿勢を財務的に後押し、裏付けできる仕組みとしてAmazon Primeが有効に作用しているように見える。 Amazon Primeの存在は、アマゾンの成功方程式をより強固なものにした感はある。 「10-K」では主要地域別の年間売上高推移が米ドル単位で記されている。 為替レートの問題もあるので単純比較をするのはややリスクが高いが、本社のあるアメリカ合衆国では各販売エリアの売上をどのようにとらえているのかとの解釈で見ればよいだろう。 なお公開値の都合上、グラフでは2012年までは北米 アメリカ合衆国とカナダ 、2013年以降はアメリカ合衆国の値を適用させている。 特にここ数年の売上の伸びは驚異的ですらある。 投資歴10年超。 本業の事務所では事務その他を担当。 ウェブの世界には前世紀末から本格的に参入、ゲーム系を中心とした情報サイトの執筆管理運営に携わり、その方面の経歴は10年を超す。 商業誌の歴史系、軍事系、ゲーム系のライターの長期経歴あり。 ゲームと歴史系 架空戦記 では複数冊本名での出版も。 経歴の関係上、軍事、歴史、ゲーム、ゲーム情報誌、アミューズメント系携帯開発などに強い。 現在ネフローゼ症候群で健康診断も兼ねて通院、食事療養中。 、三級ファイナンシャル・プランニング技能士 ・ 先月度人気記事 [1] [2] [3] [4] [5] 過去の記事 月別.

次の

セット売りの商品はアマゾンFBAにどのように納品すれば良いのか?その方法について

アマゾン 初 売り

マルクス・エンゲルスの『共産党宣言』の有名な書き出しをもじれば、こうなる。 アマゾン・エフェクトとは米ネット通販大手アマゾン・ドット・コムが進出する業界で進行している変化や混乱を指す。 影響は百貨店やスーパー、衣料品といった伝統的な小売業だけではなく、コンテンツなど幅広い業界に及ぶ。 玩具大手トイザラスや百貨店大手シアーズ・ホールディングスなどの名門企業の行き詰まりが相次いだ。 米国のファストファッション大手 フォーエバー21は9月、米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請し、経営破綻した。 フォーエバー21を追い詰めたのも、やはりアマゾンだった。 1984年創業のフォーエバー21は、売り切ったら追加発注せず新しい商品を仕入れる「ファストファッション」と呼ばれるビジネスモデルで成長してきた。 日本には2009年に初上陸。 東京・原宿に1号店をオープンして話題となった。 その後、銀座松坂屋にテナントとして入居したのをはじめ、北海道から沖縄まで最盛期には25店舗を構えていた。 銀座店は13年、原宿店も17年にクローズするなど、規模を縮小してきた。 経営破綻に伴い、日本国内の全店舗14店を10月末までに閉店した。 カナダからも撤退し、欧州の大半の店を閉じる。 米国内では200店近くを閉鎖。 グローバルな店舗数は800店からほぼ半減する見通しだ。 「ZARA(ザラ)」などを運営する衣料品の世界最大手、スペインのインディテックスは、銀座マロニエ通り店を閉じた。 スウェーデンの「H&M(エイチ・アンド・エム)」は銀座店をクローズ。 米国の「GAP(ギャップ)」は渋谷店、原宿店を閉めた。 アマゾン・エフェクトの猛威に抗する術(すべ)がなかった。 ネット通販の普及によって消費構造は劇的に変化した。 とりわけ、2000年前後に生まれた世代は、スマホを通じてネット空間の店と常につながっている。 そこには開店時間も閉店時間もない。 スマホの画面には、過去の購買履歴をもとに、次々と「あなただけへのお薦め商品」の情報が溢れ返っている。 わざわざ店に足を運んで衣料品を買う必要がなくなった。 ユニクロはショッピングセンターの中核テナントとして引く手あまただが、ネット通販が米国並みに拡大すれば、ユニクロも今の競争力を保つことが難しくなる。

次の