平沢 進 ギター。 テクノポップの先駆者!天才・平沢進の初心者おすすめ曲をまとめた!

平沢進×核P

平沢 進 ギター

天才とは、時代を先行くもの。 だが、天才と変人は紙一重といわれるように、斬新な発想や行動は、なかなかその価値に気づかれない。 そこで突然だが、「泣く子も黙るテクノの巨匠 平沢進」をご存知だろうか? 長州力の入場曲として有名な 『パワーホール』の作曲者であり、またNHKの 「おかあさんといっしょ」に提供した曲に泣き出す子供が相次いだり、人気アニメ 「けいおん!」の元ネタという噂もあるが……これらを差し引いて冷静に考えても、「知っていた方が得」な音楽家だと思うので、今日は筆者(DEBUNEKO)が天才と信じて止まない、平沢進の魅力について述べたいと思う。 ・見たこともない楽器を使用 元P-MODELのリーダーかつボーカルで、現在はソロで活動している平沢さんは、アルミ製ギター「Talbo(タルボ)」や「EVO(イーボ) 」をはじめ、シンセサイザーや電子音、そして自身の透き通った歌声など、様々な『音』を用いて壮大な世界観を演出する音楽家。 なかでも創作楽器であるレーザーハープは、レーザーを手で遮ることで音を出す不思議な楽器。 奏でる姿は、 魔法使いやオーケストラの指揮者のようでもあり、視覚的な演出効果も高い楽器だ。 ライブでは、演奏する手の動きを真似る観客もいるほど。 ・「魅せる男」である そんな壮大な音楽を繰り出す様は、音楽家というより 音楽使いという言葉が何よりふさわしい。 楽曲がファンタジー、演奏がアミューズメントで、物語を見ているような気分になるのだ。 ずばり、「魅せる男」なのである。 その世界観は アニメーション作品との相性も良く、多数の作品の音楽も手がけている。 代表的なものは、今敏監督の映画『妄想代理人』や『パプリカ』、三浦建太郎作の漫画『ベルセルク』のTVアニメ・映画・ゲームなど。 作品の世界観と見事に調和しているので要チェックだ! ・「聴かせる男」である 平沢さんの楽曲は歌詞も独創的。 ストーリー性が豊かな歌詞の中には、哲学的な難しい言葉や、謎のカタカナ言葉もあり、また英語だと思ったら日本語だったり、 何語でもなかったなどなど……言葉遊びが実に巧み。 それらの言葉が字余りにもならず、時に韻を踏み、メロディーに馴染んで流れ込んでくるのが心地よい。 そして、絶妙なタイミングでの転調。 また、軍人のような低い声からオペラのようなファルセットまで、様々な声色を使い分けることで、楽曲のストーリー性をより劇的に表現するなど、随所で 仕掛けられているな、と感じる曲構成なのだ! リスナーの「たぎるポイント」を完全に知り尽くしており、「聴かせる男」でもある。 ・時代を先駆けた音楽活動 平沢さんは、まだネットでの音楽配信など存在しなかった1999年から、自身の楽曲を自身の運営するサイトで配信してきた 音楽配信の先駆者でもある。 そう、平沢さんの視線は、常に近未来を読んでいるのだ。 そしてそれは、作品そのものにも現れているといっても過言ではない。 現代の人類とその日常を、近未来から見つめたような楽曲。 ゆえに 神々しくもあり、時に身近でもある。 そんな平沢進の作品に、まずは一度触れてみてほしい。 おそらく、 出会ったことのないような音楽と出会うことだろう。 なお、平沢さんに関しては、先日行われたインタラクティブ・ライブという斬新なスタイルのライブについても追ってご紹介したい。 今日のところは、これにてごきげんよう。 参考リンク:平沢進公式サイト 執筆: Photo:RocketNews24.

次の

タルボ遣いの先人たち

平沢 進 ギター

で延期になっていたのライブツアーの千秋楽ですが、一般のお客さんは入れずに無観客ライブを配信するという形で実現することとなりました。 大阪公演のときの感想はにまとめてあります。 今回も曲名の横の()は収録アルバムです! 1. 電光浴-再起動( ) 大阪のときと同じく今回もOPはこれ。 もちろん直立不動真顔ギター。 何回見ても笑う。 カメラが高画質で余計に面白い。 言うまでもないとは思いますが曲は良かったです。 世界タービン ( ) 2曲目も同じく世界タービン。 大阪のときは2日とも会人の演奏用ボタンが倒れたり、レーザーハープ台が間に合わなかったりしてたのに今回は特にトラブルなし。 大阪のときに気付かなかっただけなのか、今回が特別そうなのかちょっと分からないですけれども、元曲と比べて音がかなり違いますね。 いつもの無料配信と違ってレーザーハープ捌きがきっちり見えて素晴らしいです。 ライブのとき毎回有料配信もしてほしいです。 今回のライブではデストロイギターはこの曲のときだけ。 今見返して気づいたんですけど、 何かギターが予想外のタイミングで膝に当たったのか着地が変じゃないですか? 一回目見たときは60越えのおじいちゃんとは思えない躍動感に感動してて見逃してました。 祖父なる風 ( ) 世界タービンのみたいな音がバグったよなり方したメロディから祖父なる風のイントロへ。 冒頭のコーラスをレーザーハープで鳴らすのマジかっけえなーすげえなーって見てたら、突然と会人が観客席でライブを楽しんでる映像が割り込んできたのが気になって曲どころじゃ無くなる。 何だあれおい。 RIDE THE BLUE LIMBO ( ) レーザーハープ捌きが相変わらず格好いい。 よく振り付け覚えられるなあ。 アレンジは多分無かった……ですよね? 5. 狙撃手 ( ) 知らないイントロから狙撃手へ。 出だしはマイクの調子か声の調子が悪くて聞き取りにくかったけれども、の高音部分が絶好調。 ここに大幅な弦のアレンジが入って緊張感が漂うメロディになってるのも良かった。 間奏を挟んでからの3番も緊張感あるメロディが続きます。 今回のライブのアレンジで一番良いかも。 『人の役割として』の部分でちょっとだけ音を外したのを聞いて「ああ、本当にヒラサワ歌ってたんだ」と安心する。 あと間奏部分の変な音はギターで出してたんすね。 アディオス ( ) わかりやすくレーザーハープしてるからライブ映えして良いですよねこの曲。 レーザーハープ映えといえば東京異次弦空洞のDUSToidも良かったのであれもいつかライブでまたやってほしい。 この曲にも観客席でライブを鑑賞するヒラサワのカットインが入る。 だからおっさん何してんの。 二重展望2020?() 変なイントロ来たなーと思ったら「いーわのようにそーびえたつ」の歌詞。 これ何だっけと思ってたらメロディは全然違うけど二重展望2020の歌詞だ。 ここでヒラサワ自らがステージの楽器をお片付け。 YouTuberのラファエルみたいな仮面を被った変な人と会人とで協力して会人の使っていた台とレーザーハープの乗っている台をロープでえっちらおっちら運び出します。 東京異次弦空洞を思い出す演出。 「岩のようにそびえ立つ道には見えない1000年いける」 8. caravan( ) 「1000年いける」 「1000年いける」「1000年いける」「1000年いける」「1000年いける」「手をふれば謎は二度と見えない とおおおおおおおおおおおくまで」 こんな始まり方でした。 マジで。 何か黒いステッキを持ち出して何だあれと思ったら通称ハリコンカメラじゃないですか。 ハリコンカメラとは回=回のライブのときにヒラサワが振り回していた全方位カメラです。 ヒラサワがこのカメラを持って舞台上をめっちゃうろちょろし始める。 会人と一緒にヴァイオリンを弾いてるように見えたのは狙ってやったのかな。 間奏は綺麗なんだけどすごく不安定で気持ち悪い会人のヴァイオリンソロ。 素人の俺でもわかる変態メロディ。 () これはイントロも同じ、ヒラサワが座りながらアコギ弾くのも同じ、テントに会人が入って影絵で演奏するのも同じ。 SWITCHED-ON LOTUS () ヴァイオリンのメロディに挟まれて聞き覚えのあるメロディが入ってきて「ああ、これ何だっけなー」となりました。 ヒラサワはさっきの曲に引き続き座りアコギ。 連続でアコギ演奏するなんて珍しい。 ヒラサワのギターは「インチキ」とか「ペテン」の類らしいんだけれども、俺にはめちゃめちゃ上手く聞こえる。 生まれなかった都市 ( ) 舞台を横切るように一本の長いレーザーハープが現れる。 この曲は音が複雑すぎて何だか曲に呑み込まれたような感じになってしまう。 パレード ( ) 大阪のときは会人が長いレーザーハープを切ると増えてたのが、今回は上下にぼよよんと揺れるように。 そして例の不気味なへ。 ぱーぱぱんぁがぁはいるがゆーなーむねやーがあぁぁあ~。 庭師KING ( ) パレードのが余韻を残すように流れて庭師キングへ。 両脇の会人はに乗りながらギターを弾いています。 間奏に歪んだようなギターの音が入るのがめっちゃ格好いい。 Wi-SiWi ( ) この曲は両脇の会人にギターじゃなくてヴァイオリン持たせてほしかったなと思ったけど、間奏のギターが格好いいから別にいいや。 思念公園( ) あんなにみごとなひこおきぐううもおおおおおおおおお!!! 今回はアンコールじゃなくて本編にか。 まあ無観客だからアンコールとかあるわけないか。 前回はこの曲でレーザーハープ使っていなかったように記憶していたけど、今回はレーザーハープで小鳥さんの声を流してましたねー。 3番で伴奏がピアノだけになる演出が相変わらず良い。 このおっさん自曲のアレンジ本当に上手いな。 救済の技法 ( ) バカコーラス・オブ・バカコーラス。 崇めよ我はTVと救済の技法はバカコーラスの二大巨頭です。 レーザーハープ捌きが絵になるなあ。 音が多すぎてヒラサワが何の音出してるのか全然分かんないけど。 この曲は完成度が高すぎてアレンジの余地無さそう。 QUIT ( ) の音が鳴り響き、エンディングの到来を察する。 の音が増えるだけで曲の存在感というか立体感が増してて良いなあ。 そして忘れた頃に挟まれる観客席のヒラサワの映像。 アウトロでヒラサワが去り、会人が去り、照明は落とされ、舞台にはひとりでに鳴り続けるのみ。 演奏が全て終わり、 の余韻に浸る間もなく聞こえる電動チェーンソーの音。 は??? 18. 現象の花の秘密 ( ) カメラが切り替わってDUNEで使ったテントの裏でチェーンソーの準備をするヒラサワが大写しになる。 特に説明することもなく歌いながらテントにザクザクと切れ込みを入れていくヒラサワ。 なにこれ。 なにやってんの。 らーんらんいーやおーやいやー (ぶおぉぉぉぉぉぉん!!!!!) いや、ぶおーんちゃうて。 そのままヒラサワは歌いながら切り取ったテントを引き裂いていく。 余韻を台無しにしたまま曲は終わり、観客席に大量の半透明の観客が現れて歓声をヒラサワに送る。 ヒラサワと会人は客席に降りて、半透明の観客と握手をしながらカメラアウトしていく。 あまりに意味不明な光景すぎて「いやいやいやいやいや」とか声に出して言っちゃった。 よくわからないまま画面の最大化を解除するとライブの概要が目に入って全て納得する。 2019年 出演で幕開けた +会人 「会然」 ツアーの到着地点 そこは人間が消えたGHOST TOKYO。 空っぽのGHOST VENUEだった。 まるで海に投じたメッセージボトルのように漂流する現場からの映像。 それはSOSなのか、召喚の合図なのか。 その渾身のメッセージは貴方に受信されるのを待っている。 なるほど。 あるいは召喚の合図に応じたのはヒラサワの方なのか。 CAMDUKI.

次の

第6フォルマント|平沢進 Susumu Hirasawa (P

平沢 進 ギター

第6フォルマント 平沢進 WC-00053 2400円+税 2017年12月21日発売 01. 電光浴-再起動 (楽曲:新録音) 06. ふいご吹きの男 (BGM:アンチモネシア) MP3 6ファイル(320kbps)+ PDFファイル(HALDYN DOME からのアウトテイク写真使用)が1個のZIPファイルにまとめられています。 ご購入方法 こちらの商品は、 ダウンロード販売のみとなります。 2017年12月21日(木) 15時販売開始 販売は下記2つのショップにて行います。 その際はこちらをご利用ください。 こちらはアカウントを作成せずゲスト購入も可能です。 【重要】 ・スマートフォン等のモバイル端末ではZIPファイルが適切に処理できない場合がございます。 ご使用の機器がファイルのダウンロード及びZIPファイルの展開(解凍)に対応していることをご確認下さい。 当コンテンツのご購入にはPCをご利用いただくことを推奨しております。 ・ご購入の際、入力したメールアドレスが間違っていたり、スパムメール処理されたりすると、ダウンロードURLをお知らせするメールが受信できず、ダウンロードができません。 メールアドレスのご入力には、くれぐれもご注意ください。

次の