いとへんに減。 「酒」の部首はどうして「さんずい」ではなく「酉」なのですか?|漢字文化資料館

封緘とは?封緘印(ふうかんいん)を押印する意味

いとへんに減

糸(いとへん) スポンサードリンク 部首が 「いとへん」の漢字一覧です。 糸部に属する部首で左側に位置するときは「いとへん」と呼びます。 糸の種類・糸製品など糸に関する漢字、「いとへん」を含む漢字などが集められています。 主にJIS第1水準・JIS第2水準の漢字を対象に記載しています。 +1画• +3画• +4画• +5画• +6画• +7画• +8画• +9画• +10画• +11画• +12画• +13画• +14画• +15画• +16画• +17画• +22画• 背景色の は常用漢字、 は人名用漢字(表一)、 は人名用漢字(表二)を示しています。 スポンサードリンク•

次の

【緘】のハンコの呼び名(駄)

いとへんに減

以前の漢字文化資料館で掲載していた記事です。 2008 年以前の古い記事のため、ご留意ください。 Q0238 「酒」の部首はどうして「さんずい」ではなく「酉」なのですか? A もっともな疑問ですよねえ。 私だってこの仕事に就く前は、「さんずい」が部首だと思っていました。 しかし、以前にもご説明したように、部首というのはもともと、漢字の意味分類の方法だったのです。 従って、ある漢字の部首を考えるときには、その漢字の意味に注意を払う必要があるのです。 そこで問題の「酒」ですが、これが「さけ」という意味であることは間違いのないところです。 お酒はたいてい液体ですから、意味から考えても「さんずい(水の変形)」が部首であってもおかしくありません。 どうして「酉」が部首なのか、ますますわからなくなってきそうです。 この謎を解くためには、「酉」について考える必要があります。 この部首は「とりへん」とか「ひよみのとり」とかいう名前で呼ぶので、なんとなく鳥と関係がありそうな気がしますが、それは「酉」がたまたま十二支で「とり」と読むからだけのことです。 もともとは、この字はなんと、お酒をいれる容器を表す象形文字だったのです! そんなわけですから、「酉」が付く漢字は、お酒にまつわる意味を表すものが多いのです。 「酌」「酔」は当然のこと。 「酢」「酪」「酵」なども、お酒と同様に何かを人為的に醗酵させて作るものを表している、というわけです。 この事情を知っていれば、「酒」の部首を「酉」にしていることもうなずけることでしょう。 お酒は水よりも濃いのです。 漢和辞典の仕事を通じてこのことに気づいて以来、私は「酉」の字を見るたびに、徳利の形を連想するようになりました。 いや、連想というよりは、この字が徳利そのものに見えてくるのです。 というわけで、今日もそろそろいい時間。 しがらみの多い会社をひけて、どこかで静かに一杯傾けるとしましょうか。

次の

【みんなの知識 ちょっと便利帳】旧字体・新字体対照表(旧漢字・新漢字対照表)印刷用最適化版

いとへんに減

トピを開いていただきありがとうございます。 (封筒でのり付けしたところに押印するものです。 ) これを、私の隣の人は「げんぷういん」と言っているのですが、【緘】の読み方は「かん」ですよね? 「開封(かいふう)」の反対語は「封緘(ふうかん)」。 私はまだ入社したばかりですし、そのことについては何も言っていませんが、 今日、社内の他の人も「げんぷういん」と言っていて、すごく気になりました。 隣の人は【減】と【緘】を間違っていて、その方の中では「緘封印」のだと思うのですが、 二人目がいるとなると、私が間違っているのかと気になりました。 その印の名は、分かりませんでした。 意味として、 「封緘」=封を閉じる。 封を閉じたもの。 「厳封」=封を厳重に閉じる。 とありました。 封緘とは、手紙等の封をしたことを言うので(緘の印を押した事も指すが)、重要度の違いを出す為に、社内的に言っている可能性があります。 私が思うには、印その物を指すなら単に「緘印(カンイン)」でよいと思います。 その印を押す意味合いを込めているなら、「厳封(げんぷう)印」と呼んでもおかしくないと思います。 どう思われますか? ユーザーID: 1581492197• うちの職場では.

次の