バーボン ぺろる。 有名YouTuber総長ウララさんが率いるバーボンクラン

バーボンのおすすめ21選。高級な銘柄から安価に買えるモノまでご紹介

バーボン ぺろる

アメリカン・ウイスキー アメリカ• スコッチ・ウイスキー スコットランド• カナディアン・ウイスキー カナダ• アイリッシュ・ウイスキー アイルランド• ジャパニーズ・ウイスキー 日本 バーボンはアメリカンウイスキーに含まれるので、バーボンもスコッチも世界五大ウイスキーの一つということになります。 なんと日本のウイスキーも バーボンとスコッチは前提として、作っている国が異なるんですね。 バーボンは、 アメリカでバーボン独自の規定に沿って作られたアメリカン・ウイスキーを指します。 後述します スコッチは、その名のとおり、単純にスコットランドで作られたウイスキーの略称です。 ややこしいけど覚えておきたい「原料」の違い まず前提として、ウイスキーは「モルト」「グレーン」と呼ばれる穀物が原料となって作られます。 モルトとは、ビールでもよく聞く 大麦を少しだけ発芽させたもの のことです。 そして グレーンは、モルト以外の穀物全般 とうもろこし、ライ麦、小麦など のことです。 スコッチは、このモルトとグレーンの使い方によって主に2つのタイプに分けられます。 モルトとグレーンを混ぜて ブレンドして 作られたモノをブレンデッド・スコッチ、もしくは単純にブレンデッド・ウイスキーと呼びます。 ジョニーウォーカーやバランタインはこのブレンデッドにあたります それに対して、モルト100%、つまりモルトだけで作られたモノはシングルモルト・スコッチ、もしくはシングルモルト・ウイスキーと呼ばれます。 ブレンデッド・ウイスキーとシングルモルトについては、こちらも記事で詳しく解説しています。 実は、まだ出来立てのウイスキーは無色透明で、この樽による熟成によってだんだん樽の成分を吸収して、茶色になるんですね。 バーボンとスコッチとでは、この熟成に使用する樽が少し異なります。 ざっくりいうと、、 バーボン=新品の樽で熟成 スコッチ=中古の樽で熟成 です。 バーボンは、熟成には新品の樽を使用します。 というのも、そういう決まりがあるんですね。 より詳しくは「内側を強く焦がした新樽の使用」 対するスコッチは、樽に関して特に決まりはなく、一度何らかのお酒の熟成に使用した中古の樽を使用するのが一般的です。 バーボンの樽は一回きりなので使用後はバーボンにはもう使えなくなり、実はその樽が今度は スコッチの熟成に使われているのですね。 実際、スコッチの多くはバーボン樽を熟成に使用しています。 たかが使用する樽が新品か中古かの話ですが、なぜ紹介したかというと、この樽の違いが味わいに大きな違いをもたらすからです。 バーボンとスコッチとでは味がまるで違う! ウイスキーは樽による熟成によって、味が決まると言われています。 新品の樽を使用するバーボンは、樽に使用している木の成分の影響を大きく受けるため 熟成が早く進みます。 子供の方が、吸収がよく早く成長するのと同じですね。 中古の樽を使用するスコッチの場合、すでに一度使用されている分、樽の影響力は弱まり 熟成はゆっくりと進みます。 こちらは大人が穏やかに成長していくような感じですね。 味わいはバーボンの方が、より はっきりとした味になります。 バニラのような甘みと、木を焦がしたような香ばしさや辛味を同時に感じるような味わいになります。 熟成が早く進む分、多少の荒っぽさが出る感じですね。 対してスコッチは、より 穏やかな味になります。 主張は控えめになり、程よい甘さや辛さを感じる味わいになります。 熟成がゆっくり進む分、味が洗練されていくのですね。 敢えて個人的な意見を述べるなら、お酒初心者の方にはスコッチの方が飲みやすいので、初めはスコッチから入っていくのがおすすめです。 筆者も最初はスコッチから入りました。

次の

バーボンのおすすめ人気ランキング20選【おしゃれな飲み方も紹介】

バーボン ぺろる

「渋い大人の男性がカウンターで飲む感じ」 「クセがあって飲みにくそう」 「そもそもバーボンって普通のウイスキーと何が違うの?」等々。 一般的に「バーボン・ウイスキー」には、少々取っつきにくいイメージがあるようです。 ほかのウイスキーなら水割りやハイボールで飲むという方でも、バーボン・ウイスキーには手をつけずにいるというケースもあります。 しかし、バーボン・ウイスキーはけっして敷居の高いお酒ではありません。 特に、ある程度ウイスキーに親しんでいる方であれば、気取らず、自由な飲み方で、気軽に楽しめるお酒なのです。 そこで今回、著名なウイスキー評論家がつくった愛好家団体『ウイスキー文化研究所』で難関のマスター・オブ・ウイスキーに合格し、東京・八重洲でリカーショップの店長も務めるプロ、倉島英昭さんにおすすめのバーボン・ウイスキーをうかがいました。 これからバーボン・ウイスキーを飲んでみようかなというビギナーの方も、この機会にぜひ、甘く香り高い、バーボン・ウイスキーの豊かな味わいに触れてみてください。 私がおすすめするのは、ケンタッキー州のバッファロートレース蒸溜所で造られたプレミアムバーボン・ウイスキー『E. テイラーJr. スモール・バッチ』です。 バッファロートレースは『ブラントン』の製造元として有名な蒸溜所ですが、ここのプレミアムバーボン・ウイスキーは、時に伝説化するほどバーボン通のあいだで人気があります。 テイラーJr. スモール・バッチ』は、バーボン・ウイスキー業界の発展に尽力した、エドムンド・へインズ・テイラー・ジュニアに敬意を表して作られた一本です。 その味わいは、バニラエッセンスと黒糖をまぶしたシナモントーストや、上質なアメリカン・チェリーパイを連想させます。 飲み応えを維持しつつ、ドライに展開していく滑らかで上品な余韻は、極上の気分を味わわせてくれます。 「せっかくなので、読者の方にとって目新しい銘柄を」とセレクトしてくださった倉島英昭さん。 プレミアムバーボン・ウイスキーということで値は張りますが、プロが「極上」と評する味わい、機会がありましたらお試しいただきたいと思います。 品名にある「スモール・バッチ」とは「小ロット」のことです。 厳選した良質の樽からのみブレンド(ヴァッティング)されたバーボン・ウイスキー。 ゆえに少数生産であり、プレミアムなのです。 なお、もっとリーズナブルなバーボン・ウイスキーにもおいしい商品はいろいろあり、倉島英昭さんも日ごろはよくお飲みになるそうです。 まだまだお話をうかがっていますので、のちほどまたプロ目線の「バーボン観」をご紹介します。 テイラーJr. スモール・バッチ 750ml の詳細 輸入販売元 REMY COINTREAU 内容量 750ml 参考価格 9,180円(税込) 2. バーボン・ウイスキーの選び方 さて、ここからは、バーボン・ウイスキーというお酒に親しみを持っていただけるよう、まずはバーボン・ウイスキーにまつわる基本情報をお伝えしたのち、味わい方や選び方へとお話を進めていきます。 2-1. バーボン・ウイスキーってどんなお酒? ウイスキーとは穀物を原料とした蒸溜酒です。 世界中で広く親しまれていますが、特に生産が盛んな五つの国で作られたものを日本では「世界五大ウイスキー」と呼び、それぞれに異なる特徴を持っています。 〈世界五大ウイスキー〉• スコッチ・ウイスキー• アイリッシュ・ウイスキー• アメリカン・ウイスキー• カナディアン・ウイスキー• ジャパニーズ・ウイスキー 本記事のテーマであるバーボン・ウイスキーは、上記のアメリカン・ウイスキーに該当します。 2-2. バーボン・ウイスキーの由来 バーボン・ウイスキーの「バーボン」という名は、意外なことにフランス王家の「ブルボン家」に由来しています。 アメリカ独立戦争(1775~1783)の際、フランス軍が味方したことでアメリカはイギリスを降伏させ、独立を勝ち取りました。 これに謝意を示して命名されたのがケンタッキー州のバーボン郡であり、この地で生まれ、やがて世界に広まることになったのがバーボン・ウイスキーなのです。 バーボン・ウイスキーの誕生は、ジョージ・ワシントンが初代大統領に就任した1789年といわれていますから、バーボン・ウイスキーはまさにアメリカ合衆国とともに歩んできたといえるでしょう。 現在でもバーボン・ウイスキーは、その95%がケンタッキー州で製造されています。 2-3. バーボン・ウイスキーの定義 「アメリカン・ウイスキー=バーボン・ウイスキー」といいたくなるぐらい、バーボン・ウイスキーはアメリカを代表するウイスキーですが、じつはアメリカには、バーボン・ウイスキーと名乗るために課せられた厳格な規定(法律)があります。 連邦アルコール法で定められた決まりは、以下のとおりです。 〈バーボン・ウイスキーの定義〉• アメリカ国内で製造されている• 使用する穀物の51%以上がコーン(とうもろこし)である• アルコール分80%以下になるよう蒸溜する• 樽詰めの際はアルコール分62. 5%以下にする• 使用する樽は新品のホワイト・オークで、内側を焼いて炭化させる• 2年以上熟成させる• 瓶詰めの際は水以外加えず、アルコール度数は40%以上とする• 熟成4年未満で瓶詰めされた製品はその旨ラベルに明示する ひと口にアメリカン・ウイスキーといっても、穀物の比率などに応じてライ、モルト、ホイート、コーン、ライモルトと名称が変わります。 そのなかで、上記の基準を満たした製品だけが「バーボン」の名を冠されるのです。 2-4. バーボン・ウイスキーの製造工程 前述の定義とも関わってきますが、バーボン・ウイスキーの製造工程には、独特の味わいを生みだすための特徴があります。 糖化 まずは他のウイスキー同様、穀物を粉砕して温水を加えるところから始まります。 この作業によって、糖化酵素の働きでデンプンが糖分に変化します。 穀物に加水・加熱をして、お粥状の液体となったものを マッシュといいます。 発酵 マッシュに酵母を加え、数日間発酵させると、糖分がアルコールに変わり、 ビアとなります(見た目も味も濃いビールに似ていることからそう呼ばれます)。 なお、この発酵工程で、多くのバーボン・ウイスキー蒸溜所が サワー・マッシュと呼ばれる製法を取り入れています。 これによって発酵液中のバクテリアが抑えられ、酵母が活性化するそうです。 蒸溜 続いて蒸溜器でビアを蒸溜。 抽出されたバーボン・ウイスキーの「元」は ホワイトドッグと呼ばれ、この段階では無色透明、アルコール度数も非常に高い状態です。 ウッドフォードリザーブの伝統的な単式蒸溜器 熟成 最後に「ホワイトドッグ」を樽に詰めて熟成が行われるわけですが、多くのウイスキーは、過去に使用されたことのあるお古の樽を使います。 一方、バーボン・ウイスキーは、前述の定義にもあったとおり新品の樽、それも焦げるぐらいまでバーナーで内側を焼いた樽を使うのです。 樽を焦がす作業のことを チャーといいます。 真新しい樽からは木(ホワイト・オーク)の成分がたっぷり溶けだします。 また、焼かれた樽の繊維質は化学反応を起こしています。 これらがバーボン・ウイスキー特有の風味を徐々に育み、透明だった液体も次第に濃い琥珀色に変化していくのです。 こうした樽を使うことと、蒸溜度数の低さ、ケンタッキーのダイナミックな気候の寒暖差などから、バーボン・ウイスキーの熟成は、スコッチ・ウイスキーやジャパニーズ・ウイスキーと比べ、格段に早く進みます。 なお、熟成期間が長すぎると、樽のなかの蒸発量が多くなってしまうため、かえってスコッチ・ウイスキーのような長期熟成には向いていません。 それゆえバーボン・ウイスキーには、何十年物といった熟成の長さをアピールする商品が少ないのです。 2-5. バーボン・ウイスキーの楽しみ方 さて、お勉強的な内容はこのぐらいにして、ふたたびウイスキーのプロ、倉島英昭さんにうかがったお話をご紹介しましょう。 2-5-1. バーボン・ウイスキーの現状 世間一般におけるバーボン・ウイスキーの立ち位置を、倉島英昭さんはどのようにご覧になっているのでしょうか。 バーボン好きな方というのは、ずっとブレずにバーボンが好きで、飲みつづけることが多いんですよ。 流行に左右されない硬派な感じがしますね。 バーボン・ウイスキーは主に連続式蒸溜機で作りますが、蒸溜時のアルコール度数が低いため、香味がしっかり残っており、いかにもアメリカらしいダイナミックさがあるんです。 しかし、その個性ゆえに苦手という方も多いんですね。 スコッチ・ウイスキー派だけどバーボン・ウイスキーも好き、という方は少ないように思います。 バーボン・ウイスキーのシェアはスコッチ・ウイスキーやジャパニーズ・ウイスキーと比べて高いとはいえませんが、いつも変わらぬ姿で存在し、愛好者もいる。 最近は、各メーカーがCMをはじめ、バーボン・ウイスキーの宣伝に力を入れていますよね。 2-5-2. バーボン・ウイスキーの魅力 倉島英昭さんご自身は、日ごろバーボン・ウイスキーとどのような付き合い方をされているのでしょう。 おすすめはストレート……なのですが、慣れていないとやはりきついと思います。 でも、バーボン・ウイスキーはハイボールなどにしてもおいしいですし、ロックで氷の溶ける時間をゆったり楽しむのもいいでしょう。 飲み方は皆さん自由でいいんですよ。 2-6. 好みのバーボン・ウイスキーと出会うには 「バーボンはストレート」で、というのはよく聞かれる話ですが、倉島英昭さんがおっしゃるとおり、慣れていないと喉に焼けるような刺激を感じるかもしれません。 2-6-1. バーボン・ウイスキーのアレンジ バーボン・ウイスキーベースのカクテルもいろいろあります。 カクテルの女王と賞される「 マンハッタン」、グレナデン・シロップで夕陽の色に染まる「 ニューヨーク」、角砂糖とフルーツを使った「 オールド・ファッションド」、パイナップルジュースとシェイクする「 ケンタッキー」、「トム・コリンズ」のジンをバーボン・ウイスキーに変えた「 カーネル・コリンズ」などなど。 また、生粋のバーボン・ウイスキーにアップルやミントのフレーバー、ハチミツなどを加えたリキュールも発売されています。 2-6-2. 迷ったらプロの手を バーボン・ウイスキーは甘さも魅力のウイスキーですが、それでも銘柄によって甘口・辛口ありますし、飲み口もキレのあるものから濃厚なものまでさまざまです。 これからバーボン・ウイスキーを知ろうという方にいちばんいいのは、ある程度品揃えの充実したバーで、ご自身の好みを伝えて選んでもらうことです。 バーボン初心者だと伝えれば、バーテンダーが二つ三つとボトルを取り出して、丁寧に説明してくれます。 そうしてお気に入りの銘柄を覚えておけば、違うお店に入ったときもオーダーに迷うことはなくなりますし、後日、酒屋さんやネットでボトルを購入するのもよいでしょう。 レビュー評価の高いバーボン・ウイスキー人気ランキング10選 ここからはレビュー評価の高いバーボン・ウイスキーをご紹介します。 「クラフトバーボン」という言葉があります。 「クラフト-」は、大量生産品と差別化して、職人気質で作られた少数生産の高級品を指します。 バーボン・ウイスキーの誕生から間もない1795年創業の名門ビーム家。 ここで生まれたクラフトバーボンの逸品として名高いのが『ブッカーズ』です。 アルコール度数は63. バニラや自然の樹木に喩えられる香りと、いくぶんカラメルのほろ苦さを伴ったまろやかな口当たり。 上品に続く余韻。 ショッピングサイトのレビューでも、さすがプレミアムだけあるという感想が大半でした。 商品は木箱入りですので、ウイスキー好きへの贈り物にも喜ばれるのではないでしょうか。 なお、現在『ブッカーズ』は入手困難で価格も高騰しています。 代わって、『』が数量限定で販売されていますので、あわせてチェックしてみてください。 ブッカーズ 750mlの詳細 輸入販売元 サントリー 内容量 750ml メーカー希望小売価格 6,048円(税込) 今回の記事にご協力くださったプロ、倉島英昭さんもお気に入りというのが、この『ワイルドターキー8年』です。 スタンダードの『ワイルドターキー』がアルコールを40. 「定義」の項でもご紹介したとおり、バーボン・ウイスキーには蒸溜時にアルコール分を80%以下に調整する決まりがあります。 ワイルドさと、8年熟成のコクの融合。 ライ麦の比率が多めなのでスパイシーでもあり、主張の強いバーボン・ウイスキーといえるでしょう。 ワイルドターキー8年 700mlの詳細 輸入販売元 明治屋 内容量 750ml 参考価格 2,678円(税込) テレビCMも積極的に展開している『ジム ビーム』。 1973年以降、売上世界No. 1を誇るバーボン・ウイスキーです。 スタンダードタイプの白ラベルは、酒類を扱うスーパーやコンビニでも必ず目にするメジャー商品で、価格の安さと入手のしやすさ、そして飲みやすさから人気があります。 味わいはかなりライトで、ストレートでも抵抗なく飲めます。 むしろ水割りにすると弱いぐらいでしょう。 アルコール40%。 ウイスキー特有の辛さは控えめですっきりした甘さがありますので、万人受けするバーボン・ウイスキーの代表格といえます。 ジム ビーム 700mlの詳細 輸入販売元 サントリー 内容量 700ml メーカー希望小売価格 1,663円(税込) 純粋なバーボン・ウイスキーで、Amazonのレビュー数が最も多いのがこちらの『ノブ クリーク シングルバレル 』でした。 「シングルバレル」とは、1つの樽から瓶詰めしたバーボン・ウイスキーということです。 通常、バーボン・ウイスキーは複数の樽の原酒を混ぜて作ります。 すべての商品の味を均一化するためです。 その点、シングルバレルは1樽ですから、出来のいい樽が選ばれることになります。 世界約30カ国からエントリーがある酒類の品評会「ISC(インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ)」において、『ノブ クリーク』は2014年度のウイスキー部門金賞に輝き、『ノブ クリーク シングルバレル 』は金賞のなかの最高賞を射止めました。 『ブッカーズ』同様、名門ビーム家の手に成る「クラフトバーボン」を味わってみてください。 ノブ クリーク シングルバレル 750mlの詳細 輸入販売元 サントリー 内容量 750ml メーカー希望小売価格 4,320円(税込) 『ブッカーズ』同様、ビーム社(現・ビーム サントリー)のプレミアムバーボン・ウイスキーとして知られるのが『ベイカーズ』です。 新樽由来の芳醇な香りはバニラ、レーズン、カラメルと表現され、味わいは甘みとまろやかなコクを感じます。 一方、ショッピングサイトのユーザーレビューでは、せっかくの高品質バーボン・ウイスキー、やはりストレートで味わいたいとの意見も見られました。 ベイカーズ 750mlの詳細 輸入販売元 サントリー 内容量 750ml メーカー希望小売価格 6,048円(税込) 高級バーボン・ウイスキーの代名詞として、丸みを帯びたボトルデザインとともに『ブラントン』の名をご存じの方は多いのではないでしょうか。 1,000円台で入手できるバーボン・ウイスキーもあるなか、日常的に飲むには少々厳しい価格ですが、しかしそれだけの価値はあります。 『ブラントン』といえばシングルバレル。 シングルバレルの象徴的存在が『ブラントン』。 ラインナップ全品がシングルバレルの『ブラントン』は、選ばれし1樽1樽への自信の表れといえるでしょう。 ボトルトップに乗せられたケンタッキーダービーのサラブレッドのフィギュア(全8種)。 ラベルには1本1本手書きのナンバリング。 見た目にもスペシャルな逸品ですが、柔らかな口当たりで、ビギナーが馴染みやすいバーボン・ウイスキーでもあります。 ブラントン 750mlの詳細 輸入販売元 宝酒造 内容量 750ml メーカー希望小売価格 11,340円(税込) チェーン店の居酒屋さんなどでもメニューにあるバーボン・ウイスキーといえば、アーリータイムズ、フォアローゼス、そしてハーパーといったところでしょうか。 それだけ広く流通し、長年人気を得ているということです。 ラベルに印刷された五つの金メダルは、1885年のニューオーリンズ万博を皮切りに、世界の博覧会で受賞したもの。 『ゴールドメダル』と名づけられた由来でもあります。 飲みやすさと価格の安さは入門編に適しているといえますが、ショッピングサイトのレビューでは「アルコール臭がして美味しくない」という低評価も複数見られました。 ハーパー ゴールドメダル 700mlの詳細 輸入販売元 キリン 内容量 700ml 参考価格 1,660円(税込) ずばり、「安いのにおいしいバーボン」といってよいと思います。 居酒屋チェーンにはないかもしれませんが、バーなら置いてあるお店が多く、一杯の値段もリーズナブルに提供されています。 オールドクロウ蒸溜所の創業者・ジェイムズ・クロウ医学博士は、「サワー・マッシュ製法」(2-4. バーボン・ウイスキーの製造工程参照)の考案者として、バーボン・ウイスキーの歴史に偉大な足跡を刻んだ人物です。 軽い口当たりはコクよりも爽やかさ。 アルコール度数も控えめで、たいへん飲みやすいバーボン・ウイスキーです。 オールド クロウ 700mlの詳細 輸入販売元 サントリー 内容量 700ml メーカー希望小売価格 1,512円(税込) バーボン・ウイスキーの売れ筋ランキングはこちら ご参考までに、バーボン・ウイスキーの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

次の

バーボンのおすすめ人気ランキング20選【おしゃれな飲み方も紹介】

バーボン ぺろる

ワイルドターキーはバーボンの定番ブランドで、日本国内でも人気の高いブランド。 ワイルドターキーは、樽の内側を特に強く焦がし熟成させることで知られ アリゲーターチャーという 、そのため樽由来の香りとバニラの香りが強く、そこにライ麦のスパイシーな風味が織り混ざった味わいがベースとなっています。 さらに基本的にアルコール度数が高めに設定してあり、 フルボディタイプの飲みごたえのある味わいが魅力のバーボンです。 そのため有名バーボンの中では、どちらかというとワイルドでパワフルなバーボンなのですが、こちらの スタンダードは度数が40度になっており、ソフトな飲み口に仕上げられています。 飲みやすさと飲み応えが混在した、バーボンらしい味を知るには最適な一本です。 フォアローゼズも、昔から日本で親しまれているバーボンの定番ブランド。 日本の キリンビールが蒸留所を所有しており、日本人の有名ブレンダーが深く関わっていたブランドでもあります。 バーボンにしては珍しく、風味が違う10種の原酒を造り分けしており、これにより複雑かつ華やかで優しい味わいのバーボンが仕上がっています。 そのため、バーボンの中では かなり穏やかで飲みやすい味わいと言えるでしょう。 フォアローゼズという名と、バラが描かれた特徴的なボトルは、創業者がある舞踏会でプロポーズしたところ、返事が「イエス」なら次の舞踏会にバラのコサージュを付けていくと返事。 彼女はバラの4輪のバラを飾って現れたとされ、それが由来になっています。 ジョンハミルトン 赤い蝋のキャップが印象的なメーカーズマークは、近年日本で急速に知名度を上げているバーボンブランド。 それもそのはずでオーナー企業はサントリー系列のビーム・サントリー。 そのためコンビニで見かけることも多く、今日では親しみやすいバーボンの代表格となっています。 実はメーカーズマーク、ボトルだけではなく造りも特徴的。 通常のバーボンは、トウモロコシとライ麦、大麦麦芽を原料とするのですが、 メーカーズマークではライ麦の代わりに冬小麦を使用。 そのため、ライ麦のスパイシーな風味が冬小麦のまろやかで甘い風味に置き換わり、バーボンの中ではとりわけまろやかで優しい飲み口に仕上がっています。 スイートでリッチな味わいのメーカーズマークは、 初心者や女性にもオススメできるバーボンです。 ミクターズは、小規模蒸留所が手がけるこだわり派の、いわゆる クラフトバーボンの中でも有名なブランド。 クラフトバーボンという性質上、基本的には上級者向けなのですが、バーボンの面白さを知っていただく上でぜひ味わって欲しいブランドです。 ミクターズは元々はペンシルバニア州に拠点を構えていた蒸留所。 一度は閉鎖されるものの、ケンタッキー州ルイビルに新生ミクターズ蒸留所として復活。 以降、少量生産&独自製法で、特に熟成工程には並々ならぬこだわりを見せ、 コスト度外視で丁寧に造られています。 各メディアや有名評論家から絶賛されているバーボンでもあり、トゲがなく、バニラやカラメルのようなまろやかで深い味わいが魅力。 値段は高いですが、他のバーボンとは一線を画する味わいのバーボンです。 まとめ ここまで、初心者にオススメのバーボン銘柄を5つご紹介してきました。 気になる銘柄は見つかったでしょうか? バーボンは、スコッチやジャパニースウイスキーとは違った特徴を持ち、 少々荒々しいながらも、バニラの甘い香味とスパイシーな風味が魅力。 ぜひ、ご自分のお気に入りの銘柄を探してみてください。

次の