カラミ ざかり 広告 消す safari。 【☓】思わずスマホをブン投げたくなるほど「ウザい広告」7選

[桂あいり] カラミざかり vol.2

カラミ ざかり 広告 消す safari

一つ目として、特定のスマホに表示されるうざい広告のブロックについて紹介します。 ・オンラインのスマホに表示されるうざい広告が表示されないようにすることはできないが、不要である特定の広告をブロックすることはできるのです。 または、ユーザー自身の興味や関心の個人情報に基づいたうざい広告などを表示されないようにすることもできると思います。 次は、スマホに表示されるポップアップ広告を停止する方法について紹介します。 Chromeなどの他のほとんどのブラウザでは、スマホに表示されるポップアップ広告を無効にすることができるのです。 また、無効にしてもスマホに表示されるポップアップ広告が表示される時は、Chromeなどから不正な広告ソフトウェアを削除する方法についての記事を探してみてください。 3つ目として、不要なスマホに表示される広告をブロックする方法について紹介します。 スマホに表示されるうざい広告などをブロックすると、そのうざい広告主の広告が見れなくなります。 また、広告主が複数の広告のウェブサイトを所有している時は、複数の広告のブロックが必要になるでしょう。 詳し方法は、すべての端末でうざい広告設定を適用する方法についての記事をみてみてください。 次は、Google のうざい広告サービスの場合について紹介します。 まず、スマホに表示されるうざい広告の横にあるアイコンから次のように操作してください。 それでは、スマートフォン、タブレットの Google 検索の場合は、情報アイコン広告 [広告の表示について] をタップしてください。 [この 広告のURL からの広告を表示を無効にしたいと思います。 次に、YouTube の場合は、情報の広告アイコン [この広告の表示を停止] を選択してください。 また、Gmail の場合は、情報アイコンの [同様の広告を管理] [この広告主をブロック] を選択してください。 そして、Google のサービスを利用して広告を表示するウェブサイト、アプリの場合は、広告の右上にある削除アイコン [この広告の広告表示を停止] を選択しましょう。 加えて、スマホに表示される広告の右上にある削除アイコンの[問題がある広告として報告] を選択しましょう。 そして、ポリシーに違反している広告について Google に広告を報告することもできるようになります。 ここで、メリットとデメリットについて紹介します。 まず、ネットでブラウザで広告をブロックすることのメリットは、「OSには依存しなくなる」という点だと思います。 さらにアプリの場合、iOS向けのアプリがほとんどなので、広告をブロック出来るブラウザなどがsafariに限定することが多いのです。 しかし、ネットでブラウザの広告ブロック機能を使うことによって、iPhoneを使っていてもブラウザはGoogleChromeを使っているという方でも、迷惑な広告のためにストレスを抱えることがなくなると思います。 加えて、みなさんのスマホの内部容量をアプリによって、圧迫するということが無くなるということも大きなメリットとなります。 一方、デメリットとしては、これは、ネットで迷惑な広告ブロックアプリでも言えることですが、「新しい発見」が無くなってしまうという点のことを指します。 これまでに表示されて、多く見てきたネットでの迷惑な広告の中には良い意味で気になった広告もあったと思います。 そのようなネットでの「有益な情報」が少なくなってしまうという点に関して言えば、デメリットになるでしょう。 さらに、ブラウザの標準搭載の機能を活用することで、迷惑な広告ブロックのアプリに比べると、少し機能が劣る部分があると思います。 また、迷惑な広告ブロックのアプリの中には有料のアプリもあるのです。 そのようなものと比べてしまうと性能としては差が大きく開くでしょう。 ここで、Chrome、Google、Yahoo! の場合の方法を紹介したいと思います。 まずは、Chrome、Google、Yahoo! のブラウザで迷惑な広告をブロックする方法について紹介します。 まず、Chrome、Google、Yahoo! では、迷惑な広告をブロックするための機能が搭載されているというより、前提として、「ポップアップをブロックするような機能が搭載されているための自動的に表示される広告も減る」というような認識をしてみてください。 そこで、迷惑なポップアップ広告とは何なのか? それは、あるWebページを開いた時に内容よりも先に、画面の全体を使って表示される広告や小さなウインドウで表示されているような広告などのことを示します。 つまり、間接的ではなく、直接的な迷惑な広告のブロックの機能はありませんが、ポップアップなどをブロックすることで、ポップアップ広告はブロックすることが出来るようです。 それでは、設定方法について説明していきます。 まず、Chrome、Google、Yahoo! を起動して、画面右上「︙」をタップしてメニューを表示させて、メニュー内にある「設定」をタップしてください。 そして、設定内にある「サイトの設定」という項目をタップしてみましょう。 次に、サイトの設定内にある「ポップアップ」をタップしてください。 加えて、ポップアップ内で「許可」担っていた場合に、表示されているスイッチなどをタップして、「ブロック」に切り替える作業をしてください。 以上で、迷惑なポップアップ広告をブロックする設定の方法は完了となります。 こうして、簡単に迷惑な広告を非表示にできる、Android用のGoogle、Yahoo! におけるブラウザJavelin Bowserは、迷惑な広告などがあろうがなかろうが速くネットサーフィンが可能になります。 もはや、速度重視のためにad-blockする必要はほとんどなく、広告をどうしても消したいという人だけ広告を非表示にすれば可能というブラウザでした。 また、Google、Yahoo! におけるブラウザには何よりも「速度」を求めるという人には、間違いなく必要であるのラウザとなっています。 また、305円の有料版の「Javelin Pro」にアップグレードすることによって、無料版では、10個に制限されている開けるタブの数などが無制限になり、ホーム画面のURLなども変更できるようになっているのです。 ここで、Safariを快適にする日本向け広告ブロックアプリを紹介します。 ・お邪魔な広告をWEBサイトから簡単除去します ・通信ごとブロックするから通信量削減&ページ表示が高速になります ・好きなサイトの広告を復活できるサイト別設定機能を搭載しています ・ブロックルールを自分で作成できるカスタム機能を搭載しています 続いて、このアプリについて説明します。 AdFilterはWEBサイトのメインコンテンツではない、広告などのソーシャルボタンなどの不要な通信を遮断して、Safariによるブラウジングを快適にするアプリのことを指します。 また、広告ブロック since v1. 0についてです。 これは、日本で開発されたアプリなので、海外アプリでカバーできない国内サイトやブログでよく見る広告をしっかりブロックすることが出来ます。 また、広告を通信から止めるられるので、サイトの読み込みが数倍高速になり、そして通信量もグッと削減できるでしょう。 次は、高度なブロック since v1. 1についてです。 これは、ソーシャルメディアなどのシェアボタンやアクセス解析機能といった広告以外の不要なコンテンツもブロックできるのです。 そして、より通信量を削減したい場合に有効にしましょう。 補足として、「ネイティブ広告ブロック」は、ニュースサイトなどに見られるような「関連記事」にも利用されるサービスをブロックします。 そして、これらの機能が使用不可となる場合があるので注意してください。 また、カスタムフィルター since v1. 4について紹介します。 そして、画面から基本的なルールを作成する機能やコンテンツブロッカーのJSONファイルやブロック対象のURLなどをまとめて設定する上級者向け機能を備えているのです。 カスタムフィルターなどは5つまで無料にしているので、一度の課金により無制限にすることができます。 そして、動作などを正常に保つために各項目の入力内容は保存時にチェックしています。 また、フィルター設定では、全角、半角スペースが禁止文字となっているためご注意ください。

次の

みんなのレビューと感想「カラミざかり」(ネタバレ非表示)

カラミ ざかり 広告 消す safari

インターネットと広告は、切っても切れぬ関係にある。 あなたがこの記事をどこのメディアで読んでくれているのかは分からないが、ほぼ全てのメディアは広告で成り立っている。 当然、当記事の元であるロケットニュース24も、広告だけで食っているのだ。 そんなインターネットの広告は、はっきり言ってピンキリだ。 質の高い広告もあれば、クソみたいな広告もある。 思わずスマホをブン投げたくなるほどウザい動きをするクソ中のクソ広告なんてのも存在する。 たとえば以下に紹介する7つのように。 焦って人差し指や親指でタップしたものなら、ほぼ100%の確率で広告に飛ばされる。 もう一度押してみるけど無反応。 もう一度……もう一度……とやってるうちにイライラしてきてガシガシ押して、ちょいと狙いがズレて広告押しての1クリ献上だ。 なんとなく、何かを仕掛けてきそうな雰囲気……だが、動きはない。 よし……こいつは一撃で倒せる。 なぜか広告自体が「ピクッ」と少しだけ移動して、広告スペースに指が触れて広告ページに大ジャーンプ!! なぜこちらの動きがわかるんだ? 魔法なのか? スマホ自体に指先の動き検知機能でもあるのだろうか? その4:動画を再生しようとした瞬間にヌボっと出現する広告 つねづね「世界七不思議」に加えたいと思っている現象がコレ。 主に動画を取り扱っているサイト(YouTubeやニコニコ動画を除く)で発生するのだが、どう考えても変。 一体なぜ、動画を再生しようとした瞬間に「ヌボッ」と広告が出現するのか? しかも出現する位置は、動画の再生マークの位置ドンピシャだったり、ズバリ「この動画を見ようかな」と思った動画のサムネイルの位置だったり……と、明らかにユーザーの心を先読みした位置に出現するのである。 やはりスマホに指先検知機能が……!? その5:スクロールで逃げようとしているのに、それにあわせて流れてくる広告 意表をついて出現するだけならまだ許す。 やっかいなのは動くやつだ。 いきなりヌボッと煙のように出現したかと思ったら、タラ〜リタラ〜リ……と下へ下へと流れてくる。 それはまるで、スクロールで逃げようとする私の指先を追うがごとく!! 何が恐ろしいって、ヌボッと出現するポイントも「真ん中とは限らない」し、動きのスピードも一定ではないということ。 かなり中途半端な上部で出現し、とんでもないスピードで下に流れていく広告もあったりで、一瞬の油断も許されない。 その6:どう考えても再生ボタンを邪魔する広告 たまに「なんでそこで止まるんだお前は」という広告とも出会う。 上記のようにヌボッと出現したかと思ったら、動画の再生マークの位置ドンピシャで止まるのだ。 しかもやっかいなことに、このパターンの広告は「やたらと細長い(薄い)」のである。 このパターンと「動いて下に落ちてくる広告」が同時に出たこともあり、なんというか避けまくり系のシューティングゲームのようだった。 どんな広告なのかというと、まずは細長いバナーが出ている。 当然、それは「閉じるボタン」だと思うのでタップ。 すると…… さも当然のように広告ページに飛ぶ。 いくらなんでもクソすぎる。 Report: イラスト: Photo:RocketNews24.

次の

iPhone/iPadアプリ「BCG ブラウザ

カラミ ざかり 広告 消す safari

一つ目として、特定のスマホに表示されるうざい広告のブロックについて紹介します。 ・オンラインのスマホに表示されるうざい広告が表示されないようにすることはできないが、不要である特定の広告をブロックすることはできるのです。 または、ユーザー自身の興味や関心の個人情報に基づいたうざい広告などを表示されないようにすることもできると思います。 次は、スマホに表示されるポップアップ広告を停止する方法について紹介します。 Chromeなどの他のほとんどのブラウザでは、スマホに表示されるポップアップ広告を無効にすることができるのです。 また、無効にしてもスマホに表示されるポップアップ広告が表示される時は、Chromeなどから不正な広告ソフトウェアを削除する方法についての記事を探してみてください。 3つ目として、不要なスマホに表示される広告をブロックする方法について紹介します。 スマホに表示されるうざい広告などをブロックすると、そのうざい広告主の広告が見れなくなります。 また、広告主が複数の広告のウェブサイトを所有している時は、複数の広告のブロックが必要になるでしょう。 詳し方法は、すべての端末でうざい広告設定を適用する方法についての記事をみてみてください。 次は、Google のうざい広告サービスの場合について紹介します。 まず、スマホに表示されるうざい広告の横にあるアイコンから次のように操作してください。 それでは、スマートフォン、タブレットの Google 検索の場合は、情報アイコン広告 [広告の表示について] をタップしてください。 [この 広告のURL からの広告を表示を無効にしたいと思います。 次に、YouTube の場合は、情報の広告アイコン [この広告の表示を停止] を選択してください。 また、Gmail の場合は、情報アイコンの [同様の広告を管理] [この広告主をブロック] を選択してください。 そして、Google のサービスを利用して広告を表示するウェブサイト、アプリの場合は、広告の右上にある削除アイコン [この広告の広告表示を停止] を選択しましょう。 加えて、スマホに表示される広告の右上にある削除アイコンの[問題がある広告として報告] を選択しましょう。 そして、ポリシーに違反している広告について Google に広告を報告することもできるようになります。 ここで、メリットとデメリットについて紹介します。 まず、ネットでブラウザで広告をブロックすることのメリットは、「OSには依存しなくなる」という点だと思います。 さらにアプリの場合、iOS向けのアプリがほとんどなので、広告をブロック出来るブラウザなどがsafariに限定することが多いのです。 しかし、ネットでブラウザの広告ブロック機能を使うことによって、iPhoneを使っていてもブラウザはGoogleChromeを使っているという方でも、迷惑な広告のためにストレスを抱えることがなくなると思います。 加えて、みなさんのスマホの内部容量をアプリによって、圧迫するということが無くなるということも大きなメリットとなります。 一方、デメリットとしては、これは、ネットで迷惑な広告ブロックアプリでも言えることですが、「新しい発見」が無くなってしまうという点のことを指します。 これまでに表示されて、多く見てきたネットでの迷惑な広告の中には良い意味で気になった広告もあったと思います。 そのようなネットでの「有益な情報」が少なくなってしまうという点に関して言えば、デメリットになるでしょう。 さらに、ブラウザの標準搭載の機能を活用することで、迷惑な広告ブロックのアプリに比べると、少し機能が劣る部分があると思います。 また、迷惑な広告ブロックのアプリの中には有料のアプリもあるのです。 そのようなものと比べてしまうと性能としては差が大きく開くでしょう。 ここで、Chrome、Google、Yahoo! の場合の方法を紹介したいと思います。 まずは、Chrome、Google、Yahoo! のブラウザで迷惑な広告をブロックする方法について紹介します。 まず、Chrome、Google、Yahoo! では、迷惑な広告をブロックするための機能が搭載されているというより、前提として、「ポップアップをブロックするような機能が搭載されているための自動的に表示される広告も減る」というような認識をしてみてください。 そこで、迷惑なポップアップ広告とは何なのか? それは、あるWebページを開いた時に内容よりも先に、画面の全体を使って表示される広告や小さなウインドウで表示されているような広告などのことを示します。 つまり、間接的ではなく、直接的な迷惑な広告のブロックの機能はありませんが、ポップアップなどをブロックすることで、ポップアップ広告はブロックすることが出来るようです。 それでは、設定方法について説明していきます。 まず、Chrome、Google、Yahoo! を起動して、画面右上「︙」をタップしてメニューを表示させて、メニュー内にある「設定」をタップしてください。 そして、設定内にある「サイトの設定」という項目をタップしてみましょう。 次に、サイトの設定内にある「ポップアップ」をタップしてください。 加えて、ポップアップ内で「許可」担っていた場合に、表示されているスイッチなどをタップして、「ブロック」に切り替える作業をしてください。 以上で、迷惑なポップアップ広告をブロックする設定の方法は完了となります。 こうして、簡単に迷惑な広告を非表示にできる、Android用のGoogle、Yahoo! におけるブラウザJavelin Bowserは、迷惑な広告などがあろうがなかろうが速くネットサーフィンが可能になります。 もはや、速度重視のためにad-blockする必要はほとんどなく、広告をどうしても消したいという人だけ広告を非表示にすれば可能というブラウザでした。 また、Google、Yahoo! におけるブラウザには何よりも「速度」を求めるという人には、間違いなく必要であるのラウザとなっています。 また、305円の有料版の「Javelin Pro」にアップグレードすることによって、無料版では、10個に制限されている開けるタブの数などが無制限になり、ホーム画面のURLなども変更できるようになっているのです。 ここで、Safariを快適にする日本向け広告ブロックアプリを紹介します。 ・お邪魔な広告をWEBサイトから簡単除去します ・通信ごとブロックするから通信量削減&ページ表示が高速になります ・好きなサイトの広告を復活できるサイト別設定機能を搭載しています ・ブロックルールを自分で作成できるカスタム機能を搭載しています 続いて、このアプリについて説明します。 AdFilterはWEBサイトのメインコンテンツではない、広告などのソーシャルボタンなどの不要な通信を遮断して、Safariによるブラウジングを快適にするアプリのことを指します。 また、広告ブロック since v1. 0についてです。 これは、日本で開発されたアプリなので、海外アプリでカバーできない国内サイトやブログでよく見る広告をしっかりブロックすることが出来ます。 また、広告を通信から止めるられるので、サイトの読み込みが数倍高速になり、そして通信量もグッと削減できるでしょう。 次は、高度なブロック since v1. 1についてです。 これは、ソーシャルメディアなどのシェアボタンやアクセス解析機能といった広告以外の不要なコンテンツもブロックできるのです。 そして、より通信量を削減したい場合に有効にしましょう。 補足として、「ネイティブ広告ブロック」は、ニュースサイトなどに見られるような「関連記事」にも利用されるサービスをブロックします。 そして、これらの機能が使用不可となる場合があるので注意してください。 また、カスタムフィルター since v1. 4について紹介します。 そして、画面から基本的なルールを作成する機能やコンテンツブロッカーのJSONファイルやブロック対象のURLなどをまとめて設定する上級者向け機能を備えているのです。 カスタムフィルターなどは5つまで無料にしているので、一度の課金により無制限にすることができます。 そして、動作などを正常に保つために各項目の入力内容は保存時にチェックしています。 また、フィルター設定では、全角、半角スペースが禁止文字となっているためご注意ください。

次の