ソード いのちのたま。 いのちのたま (いのちのたま)とは【ピクシブ百科事典】

インテレオン育成論 : 【いのちのたま基本型】インテレオン【初手ダイマアタッカー】|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ソード いのちのたま

とくにS種族値120は環境の多くの高速アタッカーを抜くことができます。 逆に耐久はペラペラで、できるだけ相手の攻撃を受けない運用が必要です。 コンセプト いのちのたまで火力を強化し、初手に出して敵を1体以上持って行くことを目的とした型です。 ダイストリームで水技の威力上昇、ダイジェットですばやさ上昇を行うことが出来るので、ダイマックスとの相性が良いです。 なので、後続がダイマックスをしなくても強い編成に入れることが多かったです。 トリルなど 不利な対面は上からとんぼがえりで有利なポケモンに交代できます。 持ち物 今回のコンセプトなのでいのちのたまで確定です。 しんぴのしずく 水技1. 2倍 との差別化点として、れいとうビームなどにも補正が出るので、ドラパルトなどにも有利に出れます 性格 環境に多いを抜くためにおくびょうで確定です。 努力値調整 H84 C252 S172 H … あまり C … ぶっぱ S … 最速抜き Sを最速抜きまで振り、残りをHに振っています。 これにより、相手の攻撃をある程度余裕を持って耐えてくれます。 それにより、いのちのたまのダメージ込でも仕事しやすくなります。 私はこの努力値振りをおすすめしますが、を意識するなら最速にしましょう。 技構成• 確定技 ハイドロポンプ タイプ一致水技。 命中不安定ですが、反動なしの高打点です。 ハイドロカノン、なみのり、ねっとうとの選択になります。 れいとうビーム 氷打点。 対ドラゴン、草用。 役割対象を広げるために確定かなと思います。 選択技 エアスラッシュ 飛行打点。 貴重なダイジェットを使用できます。 S上昇により、や大抵のスカーフアタッカーを抜けるのでオススメです。 とんぼがえり 不利な相手や襷持ちに対して有効です。 シャドーボール ゴースト打点。 環境に多いやに抜群をつけます。 あくのはどう 悪打点。 こちらも対ゴースト用ですが、に弱点をつけません。 しかし、ダイアークがと相性がいいので、採用するならシャドーボールよりこちらをおすすめします。 ふいうち 元からすばやさが早く、ダイジェットもできるは先制技の採用はあまり必要ないのですが、削ったドラパルトを縛れるので、採用もありです。 物理技なので気をつけよう アクアジェット タイプ一致先制技。 ふいうちより使いやすいですが、環境的にふいうちの方が合っているのであまりおすすめしません。 ハイドロカノン 水技最高火力。 反動が大きすぎるので使いづらいですが、ダイマ時の火力はいちばん高いです。 僕は一時期なみのりとハイドロカノン両採用で使っていました なみのり ハイドロポンプと違い命中安定。 外しを嫌うならこちらがオススメです。 ねっとう なみのりより威力が低いですが、追加効果が大きいです。 相手をやけどに出来れば、後続の起点に出来ます。 与ダメ• 通常でのダメージ後にダイマックスでのダメージを載せます。 対ダイマックスはダメージ割合を半分にしてください。 雨下、げきりゅう下での水技はそれぞれ1. 5倍で計算してください 天候が耐久力に関係があるポケモンだけ特定の天候下の火力も書いています ハイドロポンプ• とんぼがえり 特に対象が居ないため省略 シャドーボール• のダイマックス火力を受けきれるポケモンが居ない• を上から一撃で倒しきれるポケモンが居ない などの場合に初手に出すことで、試合を有利に進められます。 逆に、• 対面で負けるポケモンがいる。 を上から一撃で倒しきれるポケモンがいる。 スカーフなど。 メガネの10万ボルトはダイマックスで受けられる。 側に有効打がないポケモンがいる などの場合は出さない方が良いでしょう。 しかし、対象のポケモンを他のポケモンで見れる場合は出すのも一つの手です。 初手に出した場合は、対面によるもののダイマックスを積極的に切りましょう。 の目的は敵を最低一体以上持っていくことです。 上記の出せる条件を満たしている時点で最低限の仕事はしっかりしてくれます。 理想の動きは1体持っていった後に相手に受けのダイマックスを切らせることです。 相手にダイマックスを消費させれば後続の2体で持って行けることが多かったです。 相手の初手がや襷持ちが予想できる相手だった場合はトンボで逃げるのも手です。 が裏にいる時はできるだけ死に出し、後攻ボルチェンとんぼがえり、または相手が攻撃してこないことが予想できるターンに交換。 つまり、にダメージを追わせないように交換しましょう。 は打たれ弱いポケモンなので注意しましょう。 最後に 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 ガラル御三家はがいちばん強いと言われていますが、私はこのにポテンシャルを感じております。 相手を一体で壊滅させるパワー。 雨、げきりゅう状態の火力はウオノラゴンを連想します。 不利対面がハッキリしているので対策しやすいのも個人的には高得点。 こんなインテレオン、いかがでしょうか。 3〜38. 5 〜57. 失礼しました。 修正致します ハイドロカノンは通常の威力とダイマ時の威力が同じ150で、両方の結果が同じになるので片方のみ載せています。 しかし、より他のわざと比較しやすいように対象を何体か追加しましたので、ご確認ください.

次の

インテレオン育成論 : 【いのちのたま基本型】インテレオン【初手ダイマアタッカー】|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ソード いのちのたま

とくにS種族値120は環境の多くの高速アタッカーを抜くことができます。 逆に耐久はペラペラで、できるだけ相手の攻撃を受けない運用が必要です。 コンセプト いのちのたまで火力を強化し、初手に出して敵を1体以上持って行くことを目的とした型です。 ダイストリームで水技の威力上昇、ダイジェットですばやさ上昇を行うことが出来るので、ダイマックスとの相性が良いです。 なので、後続がダイマックスをしなくても強い編成に入れることが多かったです。 トリルなど 不利な対面は上からとんぼがえりで有利なポケモンに交代できます。 持ち物 今回のコンセプトなのでいのちのたまで確定です。 しんぴのしずく 水技1. 2倍 との差別化点として、れいとうビームなどにも補正が出るので、ドラパルトなどにも有利に出れます 性格 環境に多いを抜くためにおくびょうで確定です。 努力値調整 H84 C252 S172 H … あまり C … ぶっぱ S … 最速抜き Sを最速抜きまで振り、残りをHに振っています。 これにより、相手の攻撃をある程度余裕を持って耐えてくれます。 それにより、いのちのたまのダメージ込でも仕事しやすくなります。 私はこの努力値振りをおすすめしますが、を意識するなら最速にしましょう。 技構成• 確定技 ハイドロポンプ タイプ一致水技。 命中不安定ですが、反動なしの高打点です。 ハイドロカノン、なみのり、ねっとうとの選択になります。 れいとうビーム 氷打点。 対ドラゴン、草用。 役割対象を広げるために確定かなと思います。 選択技 エアスラッシュ 飛行打点。 貴重なダイジェットを使用できます。 S上昇により、や大抵のスカーフアタッカーを抜けるのでオススメです。 とんぼがえり 不利な相手や襷持ちに対して有効です。 シャドーボール ゴースト打点。 環境に多いやに抜群をつけます。 あくのはどう 悪打点。 こちらも対ゴースト用ですが、に弱点をつけません。 しかし、ダイアークがと相性がいいので、採用するならシャドーボールよりこちらをおすすめします。 ふいうち 元からすばやさが早く、ダイジェットもできるは先制技の採用はあまり必要ないのですが、削ったドラパルトを縛れるので、採用もありです。 物理技なので気をつけよう アクアジェット タイプ一致先制技。 ふいうちより使いやすいですが、環境的にふいうちの方が合っているのであまりおすすめしません。 ハイドロカノン 水技最高火力。 反動が大きすぎるので使いづらいですが、ダイマ時の火力はいちばん高いです。 僕は一時期なみのりとハイドロカノン両採用で使っていました なみのり ハイドロポンプと違い命中安定。 外しを嫌うならこちらがオススメです。 ねっとう なみのりより威力が低いですが、追加効果が大きいです。 相手をやけどに出来れば、後続の起点に出来ます。 与ダメ• 通常でのダメージ後にダイマックスでのダメージを載せます。 対ダイマックスはダメージ割合を半分にしてください。 雨下、げきりゅう下での水技はそれぞれ1. 5倍で計算してください 天候が耐久力に関係があるポケモンだけ特定の天候下の火力も書いています ハイドロポンプ• とんぼがえり 特に対象が居ないため省略 シャドーボール• のダイマックス火力を受けきれるポケモンが居ない• を上から一撃で倒しきれるポケモンが居ない などの場合に初手に出すことで、試合を有利に進められます。 逆に、• 対面で負けるポケモンがいる。 を上から一撃で倒しきれるポケモンがいる。 スカーフなど。 メガネの10万ボルトはダイマックスで受けられる。 側に有効打がないポケモンがいる などの場合は出さない方が良いでしょう。 しかし、対象のポケモンを他のポケモンで見れる場合は出すのも一つの手です。 初手に出した場合は、対面によるもののダイマックスを積極的に切りましょう。 の目的は敵を最低一体以上持っていくことです。 上記の出せる条件を満たしている時点で最低限の仕事はしっかりしてくれます。 理想の動きは1体持っていった後に相手に受けのダイマックスを切らせることです。 相手にダイマックスを消費させれば後続の2体で持って行けることが多かったです。 相手の初手がや襷持ちが予想できる相手だった場合はトンボで逃げるのも手です。 が裏にいる時はできるだけ死に出し、後攻ボルチェンとんぼがえり、または相手が攻撃してこないことが予想できるターンに交換。 つまり、にダメージを追わせないように交換しましょう。 は打たれ弱いポケモンなので注意しましょう。 最後に 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 ガラル御三家はがいちばん強いと言われていますが、私はこのにポテンシャルを感じております。 相手を一体で壊滅させるパワー。 雨、げきりゅう状態の火力はウオノラゴンを連想します。 不利対面がハッキリしているので対策しやすいのも個人的には高得点。 こんなインテレオン、いかがでしょうか。 3〜38. 5 〜57. 失礼しました。 修正致します ハイドロカノンは通常の威力とダイマ時の威力が同じ150で、両方の結果が同じになるので片方のみ載せています。 しかし、より他のわざと比較しやすいように対象を何体か追加しましたので、ご確認ください.

次の

【ポケモン剣盾】いのちのたまの入手方法&効果【ポケモンソードシールド】

ソード いのちのたま

鎧の孤島攻略ガイド 注目記事• データベース• お役立ち• 人気記事• ポケモン図鑑 分類別• 世代別ポケモン一覧• ワイルドエリア 攻略情報• ストーリー攻略 攻略チャート• トレーナーバトル• お役立ち• 育成論• 新着育成論• 人気の育成論• パーティ レンタルパーティ• パーティの対策• 掲示板• お役立ち 初心者におすすめ• やり方・方法まとめ• 新要素 鎧の孤島からの新要素• 剣盾からの新要素• English Walkthrough Wiki 英語版)•

次の