ディビジョン 2 ニューヨーク。 The Division 2 Warlords of New York Expansion

ディビジョン2(DIVISION2)攻略wiki

ディビジョン 2 ニューヨーク

TU8:ハンターマスク/WoNY(ニューヨーク) ラッキーマスク・トリップマスク・パラノイドマスク・ベールマスク 最初にバッテリーパーク/セーフハウス/トリニティ教会から西のこの場所でPCをインタラクトする。 すると画面にマークが浮かび、部屋がオレンジ色になる。 次は各場所にあるそれぞれのツリーにある星を撃って、点滅させる。 撃つツリーは全部で4つ。 昼間だと点滅が分かりにくいが、正しく点滅させていれば、四つ目でビー、ビーという警告音が鳴る。 一つ目:コミュニティ/ヘイブンの少し左辺り。 二つ目:セーフハウス/トリニティ教会の少し右上辺り。 三つ目:セーフハウス/トリニティ教会の外側の壁。 四つ目:メインミッション/ウォール街の左上辺り、噴水広場。 警告音が鳴ったら、ツリーのすぐ側にプレゼントボックスがあるので、それを開けて、コンソールの鍵を入手する。 次はこの場所で発電機をインタラクトする。 セーフハウス/居住ビルの下の辺り。 クリスマスの装飾がされている場所。 ここはハンターが出現する場所なので、最後にもう一度訪れる事になる。 ここまでが下準備の段階。 ここから少し面倒になってくる。 次にトゥーブリッジズのこの周辺をマップで確認すると、X型のビルが12個ある。 それぞれの建物には、ターゲットマークがある窓が1枚あるので、これからそれを数字の順番通りに撃っていく。 時間の指定があるので、要注意。 分かりやすいものもあれば、 分かりにくいものもあるので、注意。 ターゲットマークの画像は分かりやすくする為に、全て日中のもの。 1(夜間) 2(夜間) 3(夜間) 4(夜間) 5(夜間) 6(夜間) 7(日中) 8(日中) 9(日中) 10(日中) 11(日中) 12(日中) 手順通りに窓を撃ったら、前述の発電機のあった場所へ戻り、再度インタラクトすると… ハンター登場。 倒して、マスクを入手する。 ヘイブンのオフホワイトの箱を開けると… ネームド防具の 『ハンターキラー』が入手できる。 ちなみにスペックはこんな感じ。 各ステータスはランダムになっている。 ニューロティックマスク 最初にバッテリーパーク/コントロールポイント/ボートハウスの東、この場所へ行く。 カジカの調査ミッションで訪れた建物。 目印は壁のグラフティ。 入った先、右手側のロープから3階へ。 反対側の建物に渡り、窓から中へ。 部屋の奥右側、壁を AM5:30~AM7:00の間にインタラクト。 次はバッテリーパーク/セーフハウス/トリニティ教会へ 東出口から、外の出口の間、右側の壁。 AM7:00~PM18:00にタッチスクリーンを使う。 最後にバッテリーパーク/コントロールポイント/ボートハウスの南 屋根の時計の下、黄色い配電盤を PM21:00~AM5:00に銃で撃つ。 ハンター登場。 倒して、マスクを入手する。 ドリップマスク・サイコマスク 地図A:ランドリー ランドリー23をインタラクト。 電力フューズが1本足りない。 地図B:電力フューズ トゥーブリッジズのセーフハウス・居住ビルを出て、前方左側へ。 黄色の配電盤を撃つ、手前の黄色の線から壁を乗り越える。 扉から中へ入る。 奥の電力フューズを取る。 地図A:ランドリー 最初のコインランドリーに戻り、電力フューズをインタラクト。 23番のランドリーをインタラクトすると、23号室の鍵が手に入る。 建物の入り口左の階段を上がる。 2階の23番のドアを開ける。 左壁のアルファベットと数字が書かれた壁をインタラクト。 地図C:「 DARE YOU TO COME CLOSER」 ロープを撃って降ろし、屋上へ上がる。 はしごを下りて、橋を渡り、右奥へ進んで行く。 閉ざされた扉は、黄色の配電盤を撃って開ける。 部屋の中の「DARE YOU TO COME CLOSER」をインタラクト。 地図D:死体 死体をインタラクトすると、死体が爆発し、ハンターが2人登場する。 倒して、マスクを入手する。 ディバイドマスク 地図A:発電機 金融地区/コントロールポイント/ウォーターフロント北東。 国旗が掲げられている場所。 夜に発電機をオンにする。 地図B:国旗 金融地区/コントロールポイント/ウォーターフロント 裏側の階段を降り、国旗を拾う。 地図C:国旗 金融地区/コントロールポイント/セレブレーションホテルから、隣の建物の扉の鍵を銃で撃つ。 黄色いシートから上がり、扉を開け、すぐ左の国旗を拾う。 地図D:国旗 金融地区/セーフハウス/フードバンクを出た前方の、水溜まり。 排水装置のボタンを押す。 水が抜けた後、下へ降り、国旗を拾う。 地図E:国旗 ピア26、海沿いの電灯の下で、国旗を拾う。 地図A:旗を掲げる 最初の地点へ戻り、旗がない柱4本に旗を掲げ、 夜に発電機のスイッチを入れる。 ハンターが登場。 倒してマスクを入手する。

次の

「ディビジョン2」の拡張コンテンツ「ウォーロード オブ ニューヨーク」が3月3日に配信決定

ディビジョン 2 ニューヨーク

追記: セールは終了しました。 このタイミングにあわせてアメリカではXbox One版とPC版が2. 前作のニューヨークを舞台に、アーロン・キーナーと戦う有料拡張パック「ウォーロード オブ ニューヨーク」は3月3日に配信 なお、PC版はユービーアイソフト公式のUbisoft Storeと、エピックゲームズのEpic Games Storeで販売されておりどちらもセールとなっています。 どのストアで購入してもPC版は共通のサーバーでプレイできますので、ご自身の環境にあったストアをご利用ください。 Ubisoft Storeセール• 『ディビジョン 2』本編通常版: 396円(定価は9,240円)• 『ディビジョン 2 — ウォーロード オブ ニューヨーク エディション』: 4,356円(定価は7,920円)• ゲーム本編と「ウォーロード オブ ニューヨーク」エクスパンションの同梱セット• 新規プレイヤーもニューヨークからプレイできるレベル30ブーストと早期購入特典タクティカルレスポンスパックが同梱• 『ディビジョン 2 — ウォーロード オブ ニューヨーク アルティメットエディション』: 7920円(定価は10,560円)• 「ウォーロード オブ ニューヨーク エディション」にくわえてスキン、コスチューム、エモートなどを含むアルティメットパックが同梱• 1年目有料コンテンツも含む Ubisoft Storeの販売ページは。 Epic Games Storeセール• 『ディビジョン 2』本編通常版: 453円(定価は9,072円)• 『Warlords of New York エディション』: 4,276円(定価は7,776円)• 『Warlords of New York アルティメット・エディション』: 7,776円(定価は10,368円) Epic Games Storeの販売ページは。 このとおり、『ディビジョン2』のゲーム本編のみを楽しみたい方はUbisoft Storeから、3月のDLCとあわせてプレイしたい方はEpic Games Storeから購入するとオトクになります。 といっても誤差の範囲ですが。 どちらのストアでも収録されているコンテンツは同じです。 500円玉1枚で20時間は遊べる 『ディビジョン2』の1年目コンテンツはごく一部をのぞいて すべて無料で配信されています。 これから始める方も1年目コンテンツなら追加で購入する必要はとくにはありません。 2年目コンテンツの目玉となる「ウォーロード オブ ニューヨーク」のストーリーは有料の拡張パックを買うことでプレイが可能になりますが、購入していないプレイヤーも装備システムの変更といったゲーム全体の調整に関する恩恵は受けられます。 レイド「オペレーション・ダークアワー」は実装当時はマッチングがないことで強烈な批判をうけましたが、現在は難易度をさげてマッチングも対応した「ディスカバリーモード」を実装したので、レイドの雰囲気を味わうことは可能です。 しかし、なによりも『ディビジョン2』が素晴らしかったところはエンドゲームコンテンツよりも、レベル1からレベル30に到達するまでのレベル上げと、そこから装備スコア500に到達するまでの装備集めによる 成長している段階の快感です。 どんなコンテンツをプレイしていてもキャラクターが強く成長していけるので、序盤からエンドゲームにかけてはルーターシューターの一つのお手本ともいえる完成度だと筆者は考えています。 そんな作品をたったの500円でプレイできるのはとてつもないコスパと言えるのではないでしょうか。 GeForce NowはUplayやEpic Games Storeで購入済みのゲームをプレイできるので、このセールで『ディビジョン2』だけでも購入して寝かしておくのもアリかもしれません。 公式ストア: 3月3日に配信予定の『ウォーロード オブ ニューヨーク』については別記事にてまとめてありますので、そちらをご参照ください。 『ディビジョン2』は2019年3月15日に発売済みで、ニューヨークが舞台となる2年目有料拡張コンテンツ「ウォーロード オブ ニューヨーク」は3月3日に配信。 対象機種はPlayStation 4、Xbox One、PC。

次の

舞台は再びニューヨークへ。「ディビジョン2」,YEAR1コンテンツ エピソード3「コニーアイランド: ハント」プレビューレポート

ディビジョン 2 ニューヨーク

2019年2月7日に発売された本作だが,その最初のアップデートシーズンとなる「YEAR1コンテンツ」の最終章エピソード3 「コニーアイランド: ハント」が,2020年2月12日にYEAR1 PASS購入者向けに先行配信された(YEAR1 PASS未所有の場合は1週間後の2月19日にプレイ可能になる)。 「ディビジョン2」では舞台を前作のニューヨークからワシントンD. へと移したが,エピソード3では再びニューヨークへと戻る。 エージェントが赴く場所はレトロな遊園地で知られる「コニーアイランド」だ。 エピソード3では,2つのメインミッションが追加され,「ディビジョン」シリーズのキーパーソン 「アーロン・キーナー」にまつわる物語がようやく進展する。 また,新スペシャリゼーションとして,火炎放射器を持った 「ファイアウォール」が登場するほか,新たなエキゾチックと武器も追加される。 さっそくプレイしたので,そのプレビューをお届けする。 憩いの地だったコニーアイランドはブラックタスクが占拠 今回用意されたデータはコニーアイランドに入る直前のものだったので,どういった経緯で,そこに向かうことになったのかは不明だ。 だが,移動した直後に流れるムービーで,コニーアイランドには「アーロン・キーナー」と 「ヴィタリー・チェルネンコ」がいることが分かった。 チェルネンコは前作で,アーロンの部下であるローグ・エージェントに拉致されていた人物だ。 エージェントがもう少しで到着するというところで,連れ去られてしまうという苦い過去がある。 アーロンがチェルネンコを拉致したのは,より強力なウイルスを作り出すためだという。 そうした状況の中,コニーアイランドにチェルネンコの姿が確認された,というわけだ。 これは何としてもチェルネンコを救出しなければならない。 「これこそアーロンだよね」と,期待通りのストーリー展開となっていく。 実際にどういった顛末となるのかはプレイして確認してほしい。 コニーアイランドでは 「ブラックタスク」に加え,懐かしい敵 「クリーナーズ」が登場する。 炎の力ですべてを浄化しようとする超過激派集団である。 前作で壊滅したはずだが,どういうわけかまだ勢力を保っていたらしい。 敵として相対した場合,接近戦を好むクリーナーズは非常に戦いやすい。 どうにかして近づいて来ようとするので,狙い撃ちしやすいのだ。 一方のブラックタスクは身を隠しながら攻撃してくるため,相手にしていて厄介だ。 コニーアイランド遊園地ではアトラクション内に入ることも そしてクリーナーズに対抗するかのように実装された,新スペシャリゼーション「ファイアウォール」。 シグネチャーウエポンは火炎放射器 「K8-ジェットストリームフレイムスローワー」で,スキルには,アサルトライフルや火炎放射器を構えながら使用できる 「ストライカーシールド」が用意されている。 火炎放射器の射程は15mと短く,シールドと相まって,接近戦で効果を発揮する。 使った感想としては,たしかに気持ちよさそうなエフェクトが出るのだが,近づく必要があるため,やや上級者向きという印象だ。 普通に銃を撃った方が安全に早く倒せるという場面も多く,効果的に扱うには少し慣れが必要だろう。 とはいえ,装備やタレント次第でかなり面白い構成ができそうなので,実用的なビルドを見つけてほしい。 グラシファイド任務にはトゥルーサンズから市民を救出する 「中央拘置所」と,薬物拠点に侵入し取り仕切っている人物を排除する 「デンズ」が登場。 そのほか,エキゾチック武器にはアサルトライフルの「カメレオン」と「ハニーバジャー」,ライフルの「UIC15 MOD2」,マークスマンライフルの「G28」が追加された。 さらなる広がりを見せるディビジョン2 3月3日には新たな拡張コンテンツ 「ウォーロード オブ ニューヨーク」が配信されることも発表()された。 夏のニューヨークが登場し,レベル上限が30から40に引き上げられ,新たな成長システム「SHDレベル」が導入されるなど,遊び方が大きく変わるものとなるようだ。 こちらは拡張コンテンツとして発売予定で「YEAR1コンテンツ」とは別物になる。 ともあれ,2年めに突入する「ディビジョン2」はまだまだ遊べそうだ。

次の