餃子 の 皮 余り レシピ。 【余った餃子の皮を活用】ちょちょいと出来るお手軽レシピ2種

餃子の日の献立|時短で作りたいときのおすすめ副菜レシピ

餃子 の 皮 余り レシピ

お弁当の一品に「餃子の皮のウィンナー巻き」 ウィンナーを餃子の皮でクルッと巻いて焼くだけのレシピ。 一緒にチーズとピザソースを巻いているので小さなお子さんも喜んでくれる味になっています。 所要時間も5分ほどでできてしまうので、お弁当にあと一品欲しいなという時にも便利ですよ。 こちらのレシピではえのきを使っていますが、他のきのこや野菜などにアレンジしても良さそうですね。 あっという間にできてしまうので朝食にもオススメのレシピです。 残りカレーを使って「餃子の皮でラザニア風」 なんと余った餃子の皮とカレーの残りを使ってラザニアができてしまうんです! 作り方も耐熱皿にホワイトソースとカレー、餃子の皮を順番に重ねてオーブンで焼くだけなのでとっても簡単。 ちょっとひと手間掛けたい方はホワイトソースを手作りしてみてもいいかもしれませんね。 甘いきな粉と餃子の皮だなんて驚きの組み合わせですが、もちもちした食感の美味しい和スイーツに仕上がっています。 さっと作れるので晩酌のお供にも。 具材やソースを変えるだけでアレンジ可能なので、色々挑戦してみるのも楽しいですね。 肉食べてる〜って感じです。 片っぽ食べかけ。 残りものの強力粉を使った活用方法やおすすめレシピを紹介しています。

次の

余った餃子の皮のアレンジレシピ5選(お弁当・おかず等)

餃子 の 皮 余り レシピ

張り切って餃子を作ったけれど、皮が余ってしまった……そんな経験、ありませんか?使い切ろうとしても、あらためて餃子のタネを作るのは面倒だし、せっかくならばもう一品、二品、さっと作れたらいいですよね。 実は、餃子の皮はひと手間加えるだけで、おつまみやおやつがすぐにできる便利な食材。 そのバリエーションはとても豊富なのです。 そこで今回は、料理ブロガーの山本リコピンさんに餃子の皮を使って、家族みんなが楽しめるおつまみやおやつのレシピをお聞きしました。 パーティーメニューとしてもぴったりですね。 トマトは1㎝角に切る。 〜調理のPoint〜 サルサソースはタバスコを入れず、チリパウダーのみで作ればお子さまでのおやつにも!また、型で抜いた際に残った部分は、同じように揚げてから細かく砕き、クルトンのようにサラダに散らすと味や食感のアクセントにもなってオススメです。 自分好みの具材や、オリジナルのトッピングを考えて作るのも楽しいですよ。 シリコンカップから外して、さらに3分焼く。 電子レンジ(600W)で3分加熱したら、熱いうちに潰してバターを混ぜ、塩とこしょうで味をととのえる。 レトルトカレーとスライスしたうずらのゆで卵を乗せたものには粉チーズをまぶす。 〜調理のPoint〜 カップを作るときは2枚のカップがなるべく水平になるように、しっかりとカップを重ねてください。 こうすることで、底の安定した形に焼きあがります。 いちご風味のチョコレートを使用すると、また別の味わいが楽しめます。 〜調理のPoint〜 加熱した後の餃子の皮は割れやすいため、力を入れずにそっと重ねるようにしてください。 〜調理のPoint〜 餃子の皮を円形にする際は、広げやすいように丸いお皿を使うと、円形の目安となってきれいに仕上げることができます。 具材を詰める作業をお子さまと一緒にやってみてはいかがでしょうか。 コツをつかめば、お子さまでもお料理気分が楽しめるでしょう。 飾り用のバナナを浮かべ、ミントを飾る。

次の

餃子の皮を使ったアレンジレシピ13選!余りでピザやラザニアの作り方も

餃子 の 皮 余り レシピ

でも家庭では手の込んだものを作るのも大変ですし、こってりしたものばかりだと栄養バランスの偏りや胃もたれも気になるところ。 自宅で餃子を食べる日は、さっぱりと食べられるような和え物やサラダ、あっさりした味付けの炒め物など選ぶのがポイント。 ヘルシーだけど餃子がおいしく食べられるような、食べ合わせの良い組み合わせを考えましょう。 具体的には、きゅうりの中華和え、中華風に仕上げた冷やっこ、チンゲン菜の塩だれ炒めなどが食べ合わせも良くおすすめです。 また、あつあつのスープは、口の中に残った餃子の脂を洗い流してさっぱりさせてくれるので、餃子を最後まで楽しみたい場合はスープもあるといいでしょう。 わかめスープやたまごスープ、残り野菜のスープなど、簡単なものでOKです。 こちらは餃子をさっぱり食べたい&時短もできる献立です。 餃子以外は包丁いらずであっという間に作れてしまいます。 鶏ガラスープの素と塩、ごま油、お好みでにんにくも一緒にポリ袋に入れて放置しておくだけで完成します。 餃子に取り掛かる前に仕込んでおくと、食べる頃にはちょうどいい具合に味がなじんでいますよ。 きゅうりがない場合は、もやしやほうれん草でナムルを作ってもいいでしょう。 もずくのサンラータンスープは、市販のもずく酢を使って、鶏ガラスープの素と醤油で味を整えて、卵を溶きいれるだけの簡単スープです。 もずく酢の酸味がほどよく効いており、お好みでラー油をたらせば味が引き締まります。 ほかにも、わかめスープなどでもOKです。 餃子を食べたあとのニンニクのニオイは、翌日に残ってしまうこともあり、人と話すときに気になってしまうものです。 餃子にニンニクを入れない選択をするのもひとつの方法ですが、ニンニク入りでも食べ合わせ次第では消臭効果が期待できるものがあるんですよ。 ニンニクのニオイ対策に効果がある食べ物としては、牛乳や緑茶、チョコレート、りんごジュースなどが知られており、口臭対策にはセロリも効果が期待されています。 この献立では牛乳とセロリを取り入れています。 えびとチンゲン菜の中華ミルクスープは、いつもの半分の水分量で中華スープを作り、仕上げに牛乳を入れ、味を調えて作ります。 えびの代わりにベーコンやかにかま、豚肉など、ある材料でもOKです。 セロリのナムルは、筋を取って斜め薄切りにしたセロリをごま油、塩、レモンと合わせるだけで簡単にできます。 セロリが苦手……という方は、一度熱湯をかけてから調理すると苦みが気になりにくくなりますよ。 手作りの餃子は、具や皮が余ってしまうこともありますよね。 具はハンバーグのように焼いても良いですし、皮はチーズなどを載せて焼いてピザ風にアレンジするのもおすすめです。 このピリ辛スープは、餃子の余った具を炒めたあと中華スープの素で味付けをしてスープにしています。 もやしをプラスして、具だくさんにすれば食べ応えもばっちりです。 余った皮があれば、4等分に切ってワンタンスープのようにしてしまうものいいですよ。 仕上げにラー油をたらすのがピリッとしておすすめです。 冷やっこは時短のお助けメニューですよね。 トマトを載せて、ごま油とポン酢を合わせた中華風のたれをかければ、中華メニューにもぴったりの一品になります。 もちろん普通の冷やっこでもOKです。 餃子の日は時短でもいろいろな献立が選べそうですね。 目的に合わせて、さまざまな組み合わせで餃子を楽しんでくださいね。

次の