外壁塗装 耐用年数 減価償却。 アパートなどの賃貸物件を外壁塗装する場合の減価償却の年数とは

外壁塗装の耐用年数も国税庁が発表しているの?

外壁塗装 耐用年数 減価償却

このページの目次• 修繕費と資本的支出は会計上の処理方法が全く異なりますので、違いを押さえておきましょう。 修繕費の税務処理の方法 修繕費と認められた外壁塗装は、その年に費用の全額を経費として処理することができます。 経費はその年の所得から差し引かれますので、翌年かかる所得税を減らす効果があります。 特に法人所有のビルや賃貸用マンションなどにかかる外壁塗装は100万円以上かかる高額な工事ですので、全額を経費にできれば大きな節税になるでしょう。 ただし修繕費と認められない外壁塗装もありますので、工事費用を全額経費処理する目的で安易に外壁塗装を行わないよう注意が必要です。 資本的支出の税務処理の方法 資本的支出とは、固定資産の価値を高めるために要した費用のことです。 会社が所有する建物や賃貸マンションなどは「固定資産」に該当します。 固定資産の購入費用は減価償却しなければなりませんので、「法定耐用年数」で按分して経費処理することになります。 例えばオフィスで20万円のプリンターを買った場合、プリンターの法定耐用年数は5年ですので20万円を5年間かけて減価償却します。 つまり減価償却とは、プリンターの使用できる期間を約5年とみなし、1年間で消耗した価値(減価)分のみをその年に経費として処理することを意味します。 外壁塗装の工事費用が資本的支出に該当した場合は、全額を経費にできず数年かけて減価償却しなければなりませんので、該当するケースの例を工事前に知っておきましょう。 つまり費用を全額経費にできるか、それとも耐用年数で按分して数年に分けて計上すべきかは、行った外壁塗装の内容で判断されることになります。 外壁塗装が「修繕費」になるケース 建物を修繕した結果、建物の耐久性が本来の状態まで戻ったとみなされれば、その外壁塗装は修繕目的で行われたことになり「修繕費」として扱われます。 あるいは3年や5年など短い周期で定期的に行っている清掃やメンテナンスにかかった費用なども修繕費にできることがあります。 修繕費とみなされた外壁塗装費用は、全額その年に経費として処理することができます。 塗膜がひび割れており、ウレタン塗料による塗り替えや補修工事によって劣化する 前の耐久性を取り戻すことができた• 雨漏りが起きていたので該当箇所の防水性を元通りにした• カビだらけになったエントランスの壁を、業者を呼んで洗浄した• 前回シリコン塗料で塗り替えてから10年経ったので、前回と同じシリコン塗料で再塗装した• 3~5年周期で定期的に行っている建物のメンテナンス これらの例に共通しているのは、• 元の状態に戻していること• 価格が高額ではない の2点です。 修繕費に該当しないケースと区別するために重要ですので覚えておきましょう。 外壁塗装が「資本的支出」になるケース 建物を工事で元の状態よりもグレードアップさせたときや高額な工事費用が発生したときは、「資本的支出」とみなされ修繕費として認められないことがあります。 外壁の塗装が剥がれたりひび割れが発生したりしていて、その補修を目的として行った塗装は修繕費として扱うことができます。 しかし剥がれやひび割れを補修して元に戻すだけではなく、サイディング外壁からタイル外壁に張り替えるといったデザインの変更や耐久性向上を目的とする工事も行った場合は、「建物の価値を高めた」とみなされ資本的支出になります。 資本的支出とみなされた工事費用は減価償却の対象となり、その年に全額を経費にすることはできません。 モルタル壁をサイディング壁にする外装工事を行って建物の耐久性を高めた• 無機塗料やフッ素塗料など耐候性が高い高額な塗料で塗装したため、外壁塗装費用が高くなった• 前回使用したアクリル塗料ではなく、耐久性が高く断熱性能を持つ断熱塗料で塗り替えた• 集客アップを目的として、外壁塗装で店舗の大幅なカラーチェンジを行った 外壁塗装が資本的支出になるケースには上記のような例が考えられますが、その他にも、カーポートを設置して駐車場を以前よりも使いやすくしたり、フェンスを設置して防犯性を高めたりした場合の工事費用も資本的支出とみなされることがあります。 しかし資本的支出となった外壁塗装費用を減価償却する場合は、別の税務処理が発生します。 外壁塗装の塗料には法定耐用年数が存在しない どの固定資産も、減価償却は『法定耐用年数』に従って行います。 法定耐用年数は、パソコンならパソコン、車なら車にそれぞれ設定されています。 しかし外壁塗装には法定耐用年数が設定されていません。 よく塗料の耐用年数と言われているのは「期待耐用年数」のことです。 外壁塗装の種類と塗料別の期待耐用年数は以下の通りです。 アクリル系塗料…5~8年• ウレタン系塗料…8~10年• シリコン系塗料…10~15年• ラジカル塗料…12~18年• フッ素系塗料…15~20年• 断熱塗料…16~18年• 光触媒塗料…16~22年• 無機塗料…18~22年 など 期待耐用年数は塗料メーカーが製品ごとに公表していますが、法で定められたものではなく減価償却とは何の関係もありません。 外壁塗装費用を減価償却する際は、法定耐用年数と期待耐用年数の違いを必ず把握しておきましょう。 外壁塗装の法定耐用年数は塗装した建物に準拠する 外壁塗装費用を減価償却するときは、塗装を行った建物の法定耐用年数を使います。 建物は同じ構造の建物でも使用用途が違えば法定耐用年数は異なります。 木造の建物を例にして、用途別の法定耐用年数を見てみましょう。 木造・合成樹脂造の建物の法定耐用年数 用途 法定耐用年数 事務所 24年 店舗、住宅 22年 飲食店 20年 旅館、ホテル、病院、車庫用 17年 公衆浴場 12年 工場、倉庫 15年 このように同じ構造材でも用途別に異なる耐用年数が設定されている理由は、使い方によって建物の劣化速度に違いが生じるためです。 仮に木造の事務所で200万円の外壁塗装を行ったとすると、200万円を22年間かけて9万2千円ずつ減価償却していくことになります。 その他の建物の耐用年数は国税庁ホームページで調べることができます。 確定申告の直前になって修繕費ではなく資本的支出だったことが判明すると、申告内容や所得税が大きく変わってしまいます。 どのように税務処理すべきか迷ったときは早めに税理士などの専門家に相談し、施工業者とも工事内容をしっかり打ち合わせておきましょう。 厳選された優良な塗装業者のみが登録されており、しかも一度に複数社の見積もりを出して比較できます。 完全に無料で利用できる上に、様々な悩みにも乗ってくれ、お断り代行などもするすごいサイトでした。

次の

外壁塗装の耐用年数はどのくらい?長持ちの秘訣は塗替え&メンテナンス

外壁塗装 耐用年数 減価償却

外壁塗装をするのは一軒家だけではありません。 アパートやマンションであっても、外壁は経年劣化するので塗り替えが必要になります。 アパートは一軒家よりも規模が大きいことが多いため、必要になる費用も大きくなってしまいます。 ですが賃貸物件ですので外壁塗装にかかった費用は修繕費として計上可能なこともあります。 申告時にこれを申告しないとかなり損をすることになるため注意が必要です。 修繕費として計上するのであれば、複数年にわたる減価償却ではなく、一括計上となるでしょう。 ということはその該当年の分の税金は安くすることができます。 しかし修繕費としての計上ではなく、減価償却を行う形になると少々事情が異なってくるでしょう。 申告の時には減価償却をしなくてはならず、その年数が外壁塗装で使用する塗料の種類によって異なってきます。 法定耐用年数を元に減価償却を行う形となるでしょう。 例えばウレタン樹脂の塗料を用いて外壁塗装をした場合、法定耐用年数は10年となります。 ということは、10年間減価償却を行うということです。 例えば外壁塗装に1000万円かかった場合、10回に分けて経費を計上するという認識です。 一度に全額計上できないので目に見える税金の安さは感じにくいかもしれません。 上記したように減価償却をすることになると、法定耐用年数が関わってきます。 具体的な法定耐用年数は、アクリル系の樹脂塗料が5年から7年、ウレタン系が10年となっています。 そしてシリコン樹脂系の塗料が12年から15年、フッ素樹脂系は15年から20年となっています。 これらはあくまで目安ですし、修繕費に該当するのか、それとも資本的支出に該当するかは、判断がしづらいこともあります。 不安であれば税務署に相談するのがベストでしょう。 アクリル系が5年から7年、フッ素系が15年から20年、これは一般的に目安とされている耐用年数に準じているのが分かるでしょう。 本格的にアパート経営を行っている人や、専門的な知識を有しているのなら別ですが、多くのケースでは、確定申告の際に修繕費に入れられるかどうかで悩むものです。 修繕費で計上したものの結果NGで、減価償却せざるを得ないなんてこともあるはずです。 基準自体が曖昧ですし、分かりづらい判断基準となっているため、事前に確認した上で外壁塗装を行うと安心です。

次の

外壁塗装の法定耐用年数や費用の税務上の取り扱いは?

外壁塗装 耐用年数 減価償却

耐用年数の実際 外壁塗装では、使用する塗料によって耐用年数が変わってきます。 まず、塗料と耐用年数を安い順に見て行きましょう。 アクリル系塗料…約4年• ウレタン系塗料…約6年• シリコン系塗料…約13年• 断熱塗料、フッ素系塗料…約18年• 光触媒塗料…約20年 リフォームにおいて人気が高いのはシリコン系塗料です。 価格はそれほど安くはありませんが、耐用年数が約13年あるので、コストパフォーマンスに優れているんですね。 耐用年数を見るとアクリル系塗料などは約4年で塗り替えなければならないので、初期費用は安いのですがコストパフォーマンスはむしろ悪いと言えるでしょう。 もっとも、「」でも述べたとおり、「〜系塗料」という括りでわかるのはあくまで目安です。 本当に安いだけが取り柄のアクリル系塗料もあれば、他の塗料の長所を併せ持つ高級塗料もあります。 つまり各塗料の名称から調べないと、塗料の実際の耐用年数はわからないということです。 また、塗料は耐用年数ほど持たない場合もあります。 気候や環境によっては早く傷むこともあるのです。 このため5年おきぐらいに外壁の状態を点検した方が良いでしょう。 耐用年数と減価償却費 外壁塗装の耐用年数は、税法上も重要になってきます。 もっとも、塗料には税法上の耐用年数はありません。 実際には外壁塗装を施した建物の耐用年数が問題になります。 例えば外装塗装に100万円かけたとして、その建物の耐用年数が10年だったとすると、その建物自体の価値は100万円アップしますが、耐用年数は10年のままで変わりません。 つまり外装塗装にかかった100万円は10年で償却されることになるので、毎年10万円が減価償却費として計上されることになります。 そもそも外壁塗装は建物の修繕に必須の工事費用なので、経費として認められます。 修繕費として認められれば、その年の収入から差し引くことが可能です。 しかし、塗装の目的がひび割れなどの修繕ではなく、建物そのもののの価値を高めたり、デザインを変えるような場合は、修繕費ではなく資本的支出とされます。 建物の耐久性を高めたり、寿命を延ばしたりする目的で行う工事も資本的支出となるのです。 外壁のひび割れや剥がれなどの補修は修繕費ですが、物理的に何かを付け加えたり外壁の材質を替えたりすると資本的支出として処理されます。 すると勘定科目は建物となり、減価償却の対象となるのです。 雨漏り防水工事も修繕費の対象です 外壁のほんの少しのひび割れ、雨染み。 「そろそろ塗りどきかなあ」と言った話ではありません。 雨染みがあるということは建物内部から水が染み出ているということです。 ということはアパート・マンション内部へ水が侵入している経路があるということになります。 このまま放置しておくと台風・ゲリラ豪雨といった時に雨漏りが発生する可能性があります。 転ばぬ先の杖、早めの対処が肝心です。 外壁が粉状に吹いている• 外壁にひび割れが生じている• コーキングに劣化がみえる 上記は一例です。 詳しくはお気軽にください。 大規模修繕における手抜き工事 個人宅と違いマンションは管理組合の決議で施工会社が決まります。 そのためネームバリューがある大手が選ばれやすい傾向にあります。 しかし大手の場合は下請け・孫請けが当たり前なので、実際に施工を行う業者によっては「塗布量を守らない」「塗り重ねの乾燥時間を守らない」といった手抜き工事がありえます。 また知識不足につけ込んで、建物構造に合わない塗料を提案されることもあります。 直接施工だからこそ施工の安心感が得られるといえます。 よろしければクリックお願いします。 外装劣化診断士、雨漏り診断士。 不動産・住宅業界の実績が豊富で、現場職人と施主様を繋ぐパイプ役を担っています。 プロタイムズ総研の大規模修繕工事についてはをご覧ください。 アパート塗装の耐用年数と減価償却費の関連記事 屋根:スレート、外壁:モルタル 2018年12月06日UP• 屋根重ね葺き• 外壁塗装• マンション 外壁:モルタル 2018年12月05日UP• 外壁塗装• 防水工事• ビル 屋根:シンダーコンクリート、外壁:モルタル・タイル 2018年12月05日UP• 外壁塗装• 防水工事• マンション 外壁:モルタル・タイル 2018年12月05日UP• 外壁塗装• 防水工事• マンション 屋上:塩ビシート、外壁:モルタル・打ちっぱなし 2018年12月05日UP• 外壁塗装• 防水工事• マンション 屋根:スレート、外壁:サイディング 2018年11月05日UP• 屋根塗装• 外壁塗装• アパート 屋根:ガルバリウム鋼板、外壁:RCモルタル 2018年07月31日UP• 外壁塗装• タイル補修• ビル 屋根:ウレタン防水、外壁:ホーロー鋼板 2018年07月31日UP• 屋上防水工事• 外壁塗装• お客様の声• マンション 外壁:RCモルタル 2018年07月31日UP• 外壁塗装• 防水工事• マンション 外壁:鉄骨 磁器タイル 2018年07月31日UP• 外壁塗装• マンション 屋根:スレート瓦、外壁:モルタル ジョリパッド仕上げ 2018年07月31日UP• 屋根塗装• 外壁塗装• アパート 屋根:スレート瓦、外壁:モルタル 2018年07月17日UP• 外壁塗装• バルコニー防水工事• 外壁塗装• 防水工事• マンション バルコニー:シンダーコンクリート、外壁:モルタル 2018年07月17日UP• 外壁塗装• 防水工事• マンション 屋根:シンダーコンクリート、外壁:RCモルタル 2018年7月17日UP• 屋上防水工事• 外壁塗装• マンション 屋根:アスファルト防水 2018年07月17日UP• 防水工事• マンション 外壁:モルタル 2017年11月06日UP• 外壁塗装• 防水工事• マンション 外壁:モルタル・タイル 2017年11月06日UP• 外壁塗装• 防水工事• ビル 屋根:タイル、外壁:モルタル 2017年11月06日UP• 屋根重ね葺き• 外壁塗装• 防水工事• ビル 屋根:ウレタン密着工法、外壁:モルタル・タイル 2017年10月25日UP• 外壁塗装• 防水工事• ビル 屋根:塩ビシート機械的固定工法、外壁:モルタル・タイル 2017年10月25日UP• 外壁塗装• 防水工事• マンション 屋根:ウレタン密着工法、外壁:モルタル 2017年10月25日UP• 外壁塗装• 防水工事• ビル 屋根:折半屋根、外壁:サイディング 2017年10月25日UP• 屋根塗装• 外壁塗装• アパート 屋根:スレート瓦、外壁:サイディング 2017年07月11日UP• 屋根塗装• 外壁塗装• アパート 外壁:モルタル 2017年05月15日UP• 外壁塗装• 防水工事• 外壁塗装• 防水工事• マンション• 外壁塗装• 防水工事• マンション• 外壁塗装• 防水工事• マンション• 屋根重ね葺き• 外壁塗装• アパート 外壁:モルタル 2016年10月24日UP• 外壁塗装• 防水工事• マンション 外壁:モルタル 2016年09月01日UP• 外壁塗装• 防水工事• マンション 屋根:オークリッジスーパー、外壁:RCタイル 2016年09月01日UP• 屋根重ね葺き• 外壁塗装• 防水工事• マンション 外壁:モルタル・タイル 2016年06月20日UP• 防水工事• 外壁塗装• 外壁塗装• アパート 屋根:タイル面、外壁:ALC 2016年06月05日UP• 外壁塗装• タイル塗装• 防水工事• マンション• 動画 屋根:ダイテック、外壁:ランデックスコート 2016年05月19日UP• 屋根塗装• 外壁塗装• 防水工事• マンション 屋根:折板、外壁:ALC 2016年04月15日UP• 屋根塗装• 外壁塗装• アパート 外壁:ALC 2016年01月26日UP• 外壁塗装• 防水工事• マンション 外壁:ALC 2016年01月19日UP• 外壁塗装• 防水工事• マンション 外壁:鉄 2015年11月25日UP• 外壁張り重ね• アパート 屋根:スレート、外壁:サイディング 2015年07月31日UP• 屋根塗装• 外壁塗装• アパート 屋根:スレート、外壁:サイディング 2015年07月03日UP• 屋根塗装• 外壁塗装• アパート 屋根:サーモアイ4F、外壁:ファインF 2015年05月23日UP• 屋根塗装• 外壁塗装• アパート 外壁:ALC 2015年03月31日UP• 外壁塗装• マンション 屋根:スレート、外壁:サイディング 2015年03月25日UP• 屋根塗装• 外壁塗装• アパート 屋根:スレート瓦、外壁:サイディング 2015年03月20日UP• 屋根塗装• 外壁塗装• アパート 外壁:モルタル・磁器タイル 2014年08月12日UP• 外壁塗装• マンション 屋根:スレート、外壁:サイディング 2013年11月25日UP• 屋根塗装• 外壁塗装• アパート 屋根:スレート、外壁:モルタル 2013年10月31日UP• 屋根塗装• アパート プロタイムズ総研では日々施工済みのお客様の元へ伺っています。 その活動の様子をお伝えいたします。

次の